Monthly Archives: 12月 2013

未分類

離婚の準備

Published by:

離婚の準備

探偵 岡山・倉敷・津山

離婚を決意する前に

離婚をするには、まず離婚後の生活に向けて準備をしておく必要があります。最低でも離婚する1年前から仕事を見つけたり、住む場所を確保したりといった準備をしていかなくてはなりません。離婚のための準備すべき点を整理しておく必要があります。

準備期間は1年ぐらいをめどに考えましょう。 1, 1年とはいえ、その人その人が抱えているものや状況によって、当然前後してきます。 2, 貯金が全くないという人は、まず離婚を考え出してから1年間分の生活費を蓄えなければい けません。離婚しても生活費がなければ生活もままなりません。 3, 相手の不倫等の原因で離婚する人は、証拠をとることも大切です。離婚原因がパートナーの不貞 行為なら慰謝料の金額、離婚条件も変わってきます。 4,仕事を持ち、定収入がある人でも、慎重に今のうちしておくべきことは何か考えてみましょう。

1,住む場所の確保  実家に住めればそれに越したことはないです。

2, 賃貸マンション・アパートに住む為の資金、〈前家賃・敷金・礼金・手数料などの金額)

3,母子寮各自治体に問い合わせてみましょう。

4, 県営住宅ひとり親家庭の優遇制度がありますが、離婚成立後でないと該当しないこともありますので自治体に問い合わせてみてください。

 

離婚の準備

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山 倉敷 津山

男女 トラブル  離婚トラブル 盗聴調査 大阪  電磁波調査 大阪

未分類

浮気の慰謝料請求 不倫の慰謝料請求

Published by:

不倫の慰謝料請求 浮気の慰謝料請求 

 探偵 岡山・倉敷・津山

自分が受けた肉体的・精神的苦痛に対して、不倫相手に謝罪や慰謝料請求をするのは当然の権利です。 配偶者(夫または妻)だけではなく、不倫相手に罪の意識を認識させる必要があります。 あなたの肉体的・精神的苦痛を不倫相手に理解させるためには行動するしかありません。

不倫相手に対しては、精神的苦痛に対する慰謝料請求だけではなく、きちんとした謝罪も要求するようにしましょう。 不倫相手に慰謝料請求が出来る立場だということを分かっていても、実際に行動するには勇気がいると思います。

慰謝料とは

慰謝料とは、「精神的苦痛に対する損害賠償」、つまり、加害者のせいで受けた精神的苦痛に対して加害者が被害者に支払うべきお金の事です。

例えば
あなたに配偶者」がいたとします。そして、その配偶者に(夫・妻)がいると知りながら不貞行為に及んだ不倫・浮気相手がいる場合、あなたはその不倫・浮気相手のせいで、きっと精神的苦痛を受ける事でしょう。

あなたはこの不倫・浮気相手に対して何か償いをさせたいと感じるはずです。

しかし、ひとたび受けた精神的苦痛を回復させる事はとても困難です。謝ってもらえればまだいいのですが、それもなかなか望めませんし、それに実際、心からの謝罪なのかどうかも良くわかりません。又、ちょっとでもいいから不倫・浮気相手をとっちめてやりたいと思う場合もあるはずです(この感情は表に出さないように心の中にしまっておきましょう)。そこで、この精神的苦痛に対する償いについてはお金を払わせる事で手を打とうじゃないか、というこの「お金」が慰謝料であり、これを請求する事が慰謝料請求なのです。

 

不倫の慰謝料請求 浮気の慰謝料請求

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

男女 トラブル  不倫トラブル 盗聴器発見 大阪  思考盗聴 大阪

 

 

未分類

倉敷市での浮気調査事例

Published by:

倉敷市での浮気調査事例

浮気調査事例 岡山県倉敷市

相談内容  夫(55歳)にはもう15年以上も続く浮気相手がいます。本人は否定しますが、家に入れるお金や、生活態度で明らかです。もうすぐ2人息子がいますが、このたび長男が結婚しますので、これを機に離婚しようと考えています。今後の為にも、離婚の協議に必要なあらゆる証拠を押さえておきたいのですが何処から手をつけたらよいのかという相談でした。まず状況確認からはじめました。張り込み調査、尾行調査から始めることとなったのです。

調査内容

クライアントからの情報を参考に尾行パターンを決定し、綿密な尾行調査・素行調査を行いました。また相手女性の身辺調査も進めました。

調査結果

相手の女性(37歳)はスナックで働いている女性で、彼女が22歳で水商売に勤め出してからの不倫関係でした。今までかなりのお金を注ぎ込んで来たようです。数度にわたり岡山市内の庭瀬のラブホテル街に入っていく2人の様子を、ビデオ撮影・写真撮影により証拠として記録しました。ご依頼主と別れて女性と結婚する約束の会話も岡山市内の喫茶店で録音できました。離婚協議では、夫婦での十分な話し合いによりクライアントの希望する条件での離婚が実現できました。このように長年付き合っている場合、ラブホテルはまれなことなのですが、たまたま行ったようです。それ以外の密会場所は、女性の倉敷のマンションでした。

 

倉敷市 浮気調査

倉敷の浮気調査ならアンバサダー調査事務所

浮気調査ダイヤル 086-226-1099

 

 

男女 トラブル  浮気 トラブル  集団ストーカー 大阪  盗聴器 大阪

未分類

社内不倫調査 岡山 倉敷 津山

Published by:

社内不倫の結末

手を握ったら「気持ち悪い」 社内不倫の結末

49歳シングルマザーと12歳年下男性の悲劇

〇〇・〇〇のラブホテルで8月、会社同僚の男性(37)を刺殺したとして、1人の女が〇〇庁に殺人容疑で逮捕された。〇〇都〇〇区〇〇、会社員、〇〇〇〇容疑者(49)は、2児を育てるシングルマザーだったが、妻子のある、一回り年下の男性と恋に落ち、不倫関係になっていた。別れ話を切り出す男性に、我を失った1人の女性。捜査関係者への取材などから、事件の真相を探ることにした。

「人を殺した」血に染まったラブホテル室内

〇〇日午前10時半ごろ、女の声で110番通報があった。

「人を殺してしまいました」

声の主は泣きながら、自分のいる場所などを説明した。現場はJR〇〇駅〇〇のラブホテル街にある4階建ての古いホテル。〇〇庁〇〇署員が4階の一室に駆けつけると、ベッド横の床に血まみれの男性が仰向けの状態で倒れていた。すでに息はなく、柄の部分まで血に染まったナイフが転がっていた。

室内にいた〇〇容疑者が「私が刺しました」と認めたため、〇〇署員は殺人容疑で緊急逮捕した。逮捕容疑は、同日午前1時ごろ、男性の左脇腹をナイフで刺し、殺害したとしている。〇〇容疑者は、約9時間にわたって、男性の遺体と一緒にいたのだった。

「別れたくなかった。別れ話になったら一緒に死のうと思ってナイフを持っていった。一緒に死のうとすれば振り向いてくれるだろうと思って説得したけど、うまくいかなかった」

この様にこの事件は、相手男性に固執してしまった結果が殺人ということになってしまった。これがお金に対してのトラブルで殺人となれば、お金に固執した結果のトラブルです。

固執がトラブルの原因なら当事者間での解決は考えないのが得策と言えます。

 

社内不倫調査の調査依頼なら

岡山の探偵アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山県 岡山市 倉敷市 津山市

トラブル 解決  不倫トラブル 電磁波調査 大阪  盗聴調査 大阪