Monthly Archives: 5月 2014

未分類

婚約破棄の慰謝料請求

Published by:

婚約破棄の慰謝料請求

 岡山 倉敷 津山

 婚約の定義

 

婚約とは、法的に婚姻(結婚)契約の予約です。婚約が有効に成立すると、当事者は将来に婚姻(結婚)するように努める義務を負います。

もっとも、一方の相手が婚姻(結婚)なかなかしようとはしないからといっても、強制することはできません。


婚約破棄の慰謝料が認められる場合

 

婚約があること

婚約は、口約束でも有効に成立します。結納が必要なわけではありません。ただ、婚約があったという証明するということを考えると、客観的な証拠があるほうが、証明しやすいとこ言うまでもありません。

一方の当事者が、正当な理由なくして、婚約を破棄した場合

脅すことは、厳密には、恐喝罪です。不倫(不貞行為)の慰謝料請求するのであれば、合法的にすることをお勧めします。示談も合法的対処方法です。

 婚約の証拠

婚約は、上記のように、当事者の口約束でも有効に成立しますが、口約束は言った言わないの水掛け論になりやすいです。よって、婚約があったことを推測させる、客観的な証拠があれば、強いです。
婚約指輪、結納、親族、両親への挨拶

 慰謝料請求に証拠が必要か

証拠がなくても、慰謝料請求はできますが、相手がそれに応じて、不倫の慰謝料を支払ってくれればいいのですがそんなに簡単にいくことばかりありえません。

当然、証拠があるほうが、いろんな面で強いということは当たり前です。

婚約破棄の慰謝料の相場

裁判上は、通常ならば30万円から200万円というのが多いでように思います。
慰謝料は、心の損害ですので、具体的にはケースバイケースということになりますし、相手に悪意がある場合の慰謝料の増額も考えられます。慰謝料はいくらです、とは言いにくいです。

また婚約破棄に伴う慰謝料請求(心の損害)でだけでなく、婚約破毀にともなう実損害も、損害賠償請求できます。

婚約破棄の慰謝料請求

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山 倉敷 津山

未分類

男女トラブル解決

Published by:

男女トラブル解決

岡山 倉敷 津山

結婚前や交際中の男女間にトラブルは当社では、多い相談の一つです。
同棲や交際期間が長くなると、交際相手の浮気などのトラブルは頻繁に起こるものです。
浮気という物は、交際をしていれば自然と相手がわかってしまう行動です。浮気をパートナーに隠し通すことはとても難しいのです。あなたに興味がなければわかることは少ないでしょう。
パートナーの浮気や離婚についての悩みを相談する相手は慎重に選定すべきで、相談相手のミスで情報が筒抜けになってしまうこともあります。
浮気トラブルはプライベートな問題だからこそ、深刻な事柄を一人で悩みを抱え問題を大きくさせている傾向があります。また事実の確認を怠りあらぬ方向へ事態が急変することもあります。
当社では、まずは相談に来てもらい、それぞれの問題、トラブルを解決をしていきます。トラブル、悩みを抱えていている時間が長期になればなるほど、問題がこじれていたり、トラブルが大きくなったりして解決 が困難となります。
パートナーの浮気を解決なしでは、その先の幸せはありえないことです。
パートナーの浮気、金銭問題、親族の問題、妊娠、、ストーカー、DV暴力、結婚詐欺などあらゆる、男女トラブルの解決は当社へお任せください。

未分類

浮気契約書の必要性

Published by:

浮気契約書の必要性

 

なぜ、わざわざ手間隙をかけて契約書という書面を作成するのか、また必要であるかを説明します。
その理由として、次にあげるものがあります。

 

契約締結の事実の証拠、証明
 契約内容の明確化
 契約締結意思の確認

次に個々の説明をします。
契約締結の事実の証拠、証明
契約の相手方が個人の場合に、その人が死んでしまったような場合、または、相手方が会社の場合でも担当者が変更になってしまったような場合、契約締結から長期間が経過したような場合など、そもそも、当該当事者間で契約が締結されたのか、また、締結されていたとしてもその内容がどのようなものであったのかが、不明確になってしまう危険があります。そのような場合に、もし、契約書があれば、契約の成立や、その内容は契約書を見れば内容の証明、なたは証拠となるからです。

 

契約内容の明確化
契約の内容は、それが強行法規に反しない限り、当事者間で自由に定めることができます。これを「契約自由の原則」といいます。そこで、当事者間で定めた内容はそれを明確化しておく必要があります。そのために、その内容を契約書に明確に定めておく必要があります。
契約内容は、当事者間がお互いにその履行を行う際の基準となります。契約書でそれぞれの義務の内容を明確化することによって、当事者の契約履行の際の行動基準となり、また、後日のトラブルを防止することも可能となります。

 

契約締結意思の確認
契約書という書面を作成し、それに当事者双方が記名・捺印をするという、ある意味、形式的な行為を行うことによって、当事者双方が契約の内容を確認し、その内容での契約締結を行うという契約意思を再確認することができます。契約をめぐってよくあるトラブルとして、契約内容についての双方の認識の不一致がありますが、契約書を作成し、その内容を相互に確認しあった上でそれぞれが記名・捺印するという形式を取ることで、双方の認識を一致させることでトラブルを防ぐ目的があります。
また、契約意思の確認というという意味では第三者にも証明できるでしょう。

契約書というものは証拠書類に過ぎませんが、その機能として、当事者双方の契約履行行為の指針となり、また、契約意思の確認のための重要な手段となるものとして、将来のトラブル防止という観点からも、非常に有益なものと考えられます。

未分類

探偵 求人情報 岡山

Published by:

探偵 求人情報 岡山

 

ひとつしかない真実にたどり着いた時の達成感と喜び。

人々の為に、他とは違う特別なカタチでお役に立てる仕事です。

私たちアンバサダー調査事務所は、圧倒的な知名度と社会的な信用を得ている総合探偵社。

そのことはテレビや雑誌等で数多く取り上げられていることから、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

私たちがここまで成長した理由の一つは、自社でしっかり教育を受けた人材が業務にあたり、確実に成果を挙げてきたこと。そして他の調査会社が、情報の多い「家族の依頼」に限るのに対し、私たちはどのような行方不明者でも探します。調査会社の精鋭であり続ける当グループは、巨大なイントラネット網と膨大なデータベースを駆使し、比類なき発見率を誇ります。

3カ月の研修期間で基礎を学んで頂くので未経験のあなたでもプロとしての実力が身に着きます。あなたもアンバサダー調査事務所の一員になりませんか。

 

岡山の探偵社なら

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

 

未分類

探偵社への調査依頼方法

Published by:

   探偵社への調査依頼方法

 探偵 岡山 倉敷 津山

 

初めて探偵社・調査会社に相談・依頼される時は、誰だって緊張はするものです。勇気を出して探偵社に相談しても、相談事や依頼内容が伝わらなかったら、意味がありません。そこで探偵社へ連絡する前に、自分なりに依頼の趣旨や相談内容、最終目的などをまとめて整理しておくことをお勧めします。

 

1.何のために何を調査したいのか。

 

2.どんな調査がしたいのか。

 

3.こちらがどのくらい状況把握しているのか。

 

4.どのくらいの期間調べてほしいのか。

 

5.最終的に何を望んでいるのか。

 

また対象者の情報は多いほど役立ちますので、こちらが把握している情報はわかり易くまとめておきましょう。
例えば浮気調査でしたら
配偶者の写真(全身の写真と風貌や顔がハッキリわかるもの)・特徴身長・生年月日・自宅住所・勤務先
車を所有しているなら車種・色・ナンバー・駐車場の駐車場所
普段のスケジュールや立ち寄り場所
浮気相手の情報があるなら整理しておきましょう。

 

 

また探偵社、調査会社に調査を依頼したことは必要以上は他言しないようにしましょう。そこから調査を依頼したことが発覚してしまうことがあります。せめて調査が終了するまで、他言しないようにしましょう。

岡山の探偵なら

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山 倉敷 津山

未分類

浮気殺人事件

Published by:

浮気殺人事件  浮気・不倫のトラブル解決

浮気事件

 

香川県の駐車場で、乗用車が焼けて車内から、会社員(39)の焼死体が見つかる事件があり、県警は、妻の(27)と交際相 手で専門学校生容疑者(21)(同市)を殺人容疑で逮捕した。

2人は「約1年前から不倫していたが、夫にばれたため殺し、焼身自殺に見せかけた」など と容疑を認めているとのこと。

県警の発表によると、両容疑者は共謀、さぬき市小田の大串半島の 展望台駐車場で、バットで城さんの頭を殴打し、車の後部座席に押し込み、灯油を浴びせて火を付け、殺害した疑い。妻は、夫を同展望台に連れ出した車内で睡眠薬を飲ませて眠らせ、専門学校生とは展望台で合流し犯行に及んだという。

あきれた事件だが、浮気をした側が夫を殺してしまうなんて、何とも言い難いが、被害者はさぞ無念だったと思う 。

当社に相談いただいていれば、もっと違う形になったと思う事件だった。

浮気や不倫のトラブルはこじれてしまうと殺人事件に発展するケースもある。正しい対応を正しい考えで行わないと取り返しのつかないことになってしまう。

この様に殺人事件に発展する前には、必ず感情の固執が見られ状況を当事者で変えることができなくなってしまってます。

未分類

浮気調査 浮気と感じたらまずすること 

Published by:

浮気調査 浮気と感じたらまずすること

岡山 倉敷 津山

 

パートナーの浮気を疑ってしまったら、するべきことは、問い詰めることではなく、状況を整理することをまず行います。これには理由があり、冷静になることが重要で、これから起こり得ることを分析できるからです。また今までの事象をもとにどうだったかを、推測することができます。
そして、今後どうすべきかを現状を踏まえ、今後どうすべきかを判断できるようになるのです。
具体的な方法としては次のようなことをしてください

1、今まで、どのようなことが起こっていたか箇条書きにする

2、今後起こり得ると思える状況を箇条書きにする。

3、自分の気持を整理し、箇条書きにする。

4、自分がどうしたいか書き出す。

5、自分でできることを書き出す。

 

この様に、トラブル、問題、悩みを整理することで貴方か今後どうしたらよいか分ってきます。

 

その上で、行動を起こすことで無駄に悩んだり、トラブルを大きくしたり、問題を複雑にしない方法です。

 

感情に任せた行動などをした場合取り返しのつかない結果を生むことを肝に銘じてください。もちろん感情を抑えることは、大変困難なことです。

 

その様な事態意に陥った場合には当社に相談ください。そうすれば私どもがどうすればその悩みを解決できるかをアドバイスします。

 

十分に現状を理解し、そのことに対応できるかが解決の近道と言えます。

未分類

岡山県の離婚の実態

Published by:

岡山県の離婚の実態

岡山県の離婚相談・離婚問題 岡山・倉敷・津山

岡山県の離婚件数

2007年度における 岡山県の離婚件数は3657件で、1日に10組もの夫婦が離婚している計算になります。この数字は全国47都道府県中20位です。

全国の離婚件数は2000年から7年連続で25万件を超えています。(人口動態調査より)

全国の男女別離婚申し立て件数

女性からの離婚申し立て件数は 46,066 件で、そのうち浮気(異性関係)を原因としたものは 12,069 件となり 26.2 %を占めます。これは離婚申し立て原因として、性格の不一致 45.6 %、暴力を振るう 29.1 %に次いで第 3 位となります。
男性からの離婚申し立て件数は 19,199 件で、そのうち浮気(異性関係)を原因としたものは 3,417 件になり 17.8 %を占めます。性格の不一致 62.2 %に次いで第 2 位となります。(司法統計より)

上記の数値はあくまでも申し立て件数であり、中には浮気(異性関係)が原因であっても、協議によって離婚が成立した場合や和解で済んだ場合、子供のためにと我慢している場合など、浮気(異性関係)で悩んでいる人の数ははかり知れません。私どもにおいても、 2009 年度浮気調査の相談問い合わせ件数は 150件を超えています。

 

 

離婚相談なら

岡山の探偵社 アンバサダー調査事務所

 

相談ダイヤル 086-226-1099

未分類

必ず浮気の証拠が必要となるのか

Published by:

必ず浮気の証拠が必要となるのか

浮気の証拠は慰謝料請求に必要か

 

浮気の慰謝料請求に必ず浮気の証拠が必要か通常の人は、裁判をする事を前提に生活しているわけではありませんので浮気の証拠を持っていない事のほうが多いです。それでは証拠がなければ浮気の慰謝料請求はできないのかと言えばできます。必ずしも証拠がなくても当事務所の相談のなかには浮気慰謝料の支払いを受けているケースもこくことがあります。

 

しかし相手が浮気を認めない限り当然支払いには応じてくれないでしょう。事実関係がない限り言いがかりと言われてしまうのです。経験者は分かるのですが、ただ問い詰めても状況の悪化になるだけで、解決できるものではありません。

証拠もなく、浮気を問い詰められて、素直に認めることなど当社では今までそんな経験をしたことは一度もありません。当たり前のことですが浮気はいけないことです。その浮気を素直に認めるには、あらゆる条件を満たさないと認めるわけにはいかないのです。

 

アンバサダー調査事務所ではは、裁判の資料としてだけではなく、さまざまな調査

資料の使い方をアドバイスしている探偵社です。

 

浮気・不倫で悩まれている方は相談ください。あなたの力になります。

 

浮気の証拠収集なら

 

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

 

浮気相談ダイヤル 0860226-1099

 

未分類

岡山の結婚詐欺事件

Published by:

岡山の結婚詐欺事件

 

浮気調査を依頼されて調査を進めていると、実はパートナーは結婚詐欺すだったということが今までに数件ありました。実際にパートナーに不審を感じていて調査を依頼したら、彼氏、彼女が結婚詐欺士だったということです。下記の案件も年齢が50歳をを超えた女結婚詐欺師です。不起訴となったようですが、実際には男性から400万円をだまし取ったのです。ここ数年女性のしかも50代、60代の結婚詐欺師が多く見られます。

この手の結婚詐欺師は、今までろくに仕事もせず、贅沢をして他人のお金で生活をしてきたものが多く、寄生虫のような人間です。このくらいの年齢の詐欺師でも色物の武器を使い巧みに金銭をだまし取っていきます。当然気がついても詐欺師はお金を持ってないケースもあります。

岡山地検倉敷支部は8月12日、結婚相談所で知り合った香川県内の男性(59)から現金400万円をだまし取ったとして詐欺容疑で再逮捕した住所不定、 無職、石原芳子被告(59)と、知人の倉敷市中島、無職、藤本富美子被告(55)を嫌疑不十分で不起訴とした。

この様に、お金を取られただけでは、詐欺を立証出来ないのは法治国家の日本では当たり前のことです。

 

騙されたと大騒ぎする前に一度当社に相談ください。貴方の力になります。

未分類

不倫のリスク 岡山 倉敷 津山

Published by:

 不倫のリスク

岡山 倉敷 津山

不倫のリスクとして、訴訟詐欺が挙げられます。不倫自体ほめられたものではありませんので、そこにつけ入り金銭を要求する手口です。岡山県内でも起きている事案です。

訴訟詐欺の手口 岡山・倉敷

 

「不倫をばらすぞ」と、ラブホテルの駐車場で撮影したビデオテープ、DVDと一緒に現金を要求する脅迫状が送りつけられるなどの事件を訴訟詐欺という。不倫などやましいことをしている相手に対して行う詐欺で、不倫相手の夫、妻を装おうタイプと、そのことを周囲や会社などにばらすとかなどである。

 

ラブホテルの平日昼間は、不倫カップルであふてています。

車利用での不倫カップルの中には、運転席は男性、後部座席は女性が乗りラブホテルに乗り込むのを調査中によく見かけます。誰にも見られたくないためそのような行動をしているのです。

 

詐欺師が狙うのはそのようなカップルを狙い、尾行しあらゆる情報を入手不倫カップルを恐喝や詐欺を働くのです。詐欺師は、家族情報、職場などあらゆる情報を入手しあなたの金銭を巻き上げていきます。
この様なことで、詐欺、脅迫や、恐喝を受けている方はご相談ください。あなたの力になります。

 

詐欺被害解決なら

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

未分類

浮気のトラブル解決・相談 岡山 倉敷 津山

Published by:

浮気のトラブル解決

 

 

浮気・不倫を放置すると次のようなトラブルが舞い込んできます。しかも人生において取り返しのつかなくなるようなトラブルを抱えてしまうこともあります。

 

1 妊娠トラブル

当然浮気不倫につきもののSEX避妊しないと妊娠してしまうのは当たり前のことです.この妊娠は以外に多くあるトラブルです.出産すれば将来、相続問題などが発生してしまいます。

 

2 相続トラブル

妊娠したら出産の当然出てきます。そうすれば、認知、遺産相続などのトラブルは避けられないものとなってしまいます.複雑な家族構成となるためトラブルや問題の絶えない家族となってしまいます。

 

3 家族崩壊トラブル

パートナーの信頼をなくし、家族がバラバラになってしまいます。また子供はその被害者になります。結果として離婚となるケースがあります

 

4 心のトラブル

パートナーの裏切りによる人間不信などにより、トラウマを抱えてしまうこととなります。常に不安を抱えてしまっては心の休まる暇はありません。家庭が安らげる場所ではなくなってしまうのです。

 

浮気・不倫を放置すれば様々なトラブルに発展してしまいます。

トラブルになってからでは、解決するまでに時間も、金額も多くかかります。 浮気トラブル回避のためにも私どもにご相談ください。

 

浮気トラブル解決なら

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山 倉敷 津山

 

未分類

浮気の悩み解決

Published by:

 浮気の悩み解決

岡山 倉敷 津山 

 

浮気が発覚することで男女間の人間関係に亀裂や不信が生じてトラブルとなり悩むことになります。
浮気をされた側が傷つき悩みます。また子供がいる場合当然そのトラブルに巻き込まれてしまいます。
ダブル不倫の場合に浮気していた側もパートナーを傷つけてしまいます。
結婚生活、男女の交際に満足出来ない人が浮気をしてしまうと思われがちですが実際にはそれだけではないのが実情です。
すべての浮気者がパートナーを傷つけるために浮気をしていたわけではないでしょう。
性欲正直に感情のまま行動することで浮気という結果に至っているのです。また女性の言い訳では、「貴方が私を大切にしないから」などとの脇の責任転化をするタイプがよくあります。

このように浮気する人は理性を抑えることが出来ずに本能で恋愛するタイプの人に多いのです。
浮気された側は、結果として浮気が発覚することでパートナーの本性や本質を目の当りにすることになります。

 

浮気のトラブルに関しては、当事者間の前向きな話はまず、期待できないのが通常です。

私どもはそのようなトラブルに対応できますのでご相談ください。

 

 

浮気の悩み解決なら

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山 倉敷 津山

未分類

不倫の示談交渉 不倫の慰謝料請求

Published by:

不倫の示談交渉慰謝料請求とは

不倫の示談交渉 進め方 岡山 倉敷 津山

 

示談は和解契約の一種です。民法での和解契約の規定が適用されるため、次の要件を満たす必要があります。
・当事者間に争いが存在すること
・紛争を解決することを合意すること
和解の効力として、特別な例外を除き、当事者が争っていた法律関係が確定し、和解後事情が変わってもその同一の法律関係については争えなくなります。

 

したがって、いったん示談をすると、後でこちらに有利な事情が判明しても、条件を変更することはできなくなります。よって示談交渉を進めるためには、まず相手のことをよく知ることからはじめましょう。これに尽きます。

 

つまり、調査が必要になってくるのです。交渉相手が分からず交渉は出来ないのが当たり前です。また私共が出来るのは、示談交渉ではなくあくまでサポートです。よって示談交渉は当事者である貴方が行ってください。

 

当事者である貴方には、権利があるのです。

 

また、調査だけでは解らなかったことまで判明することもあり、気持ちの整理もつきやすくなります。

 

当社では、浮気相手の示談交渉をしたいという方には、サポートしています。

 

不倫相手を、何とかしたい方は相談ください。力になります。

未分類

浮気調査の依頼方法

Published by:

浮気調査の依頼方法

 初めての浮気調査依頼の方はお読みください

浮気調査の依頼をされる場合、発覚してからでき るだけ早い時期に依頼することが望ましいです。

理由としては、第一に交際開始直後は警戒心が薄いため調査がやりやすい(証拠を取りやすい)ということが挙げられます。また、早い時期に証拠を掴み、トラブルになる前に浮気相手と分かれさせることができるということが言えると思います。 裁判などで、「別居期間が長く、すでに夫婦の婚姻関係が破綻している」と判断されますと、不貞行為とみなされないケースもあります。

 

また、パートナーの浮気相手が既婚者だった場合(いわゆるW不倫)、こちらが訴えなくとも浮気相手のご主人が訴えてくる可能性もあります。 こういったことから、できるだけ早い時期に相談・依頼されることをおすすめいたします。

 

 

私どもでは多くの浮気調査依頼を受けています。
ほとんどの方は探偵社へ調査を依頼するのは初めてだと思いますが、専門の相談員が丁寧にご相談をお受けします。
全く初めての方でも問題ありません。先ずはご連絡下さい。

 

 

「高い料金を要求されるの?」「こんな悩みを相談していいの?」
悩みごとがあっても、相談・依頼をすることへの不安は決して小さいものではないと思います。そのため、私どもでは、クライアントの相談内容を詳しくお聞きした上で、調査方法やお見積りをお知らせいたします。

調査のご依頼は、相談後クライアントの判断で決めて頂ければかまいません。まずは、気軽にご相談ください。

 

初めてご相談される方から、「何から話せばいいのですか?」という質問をよくいただきます。ご心配はいりません。お話がまとまっていなくても、まったく問題はありません。弊社、相談員が一つずつお尋ねしますのでそれに応えて頂くだけでOKです。親切・丁寧に対応させて頂きますのでご安心ください。

 

 

浮気調査依頼なら

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099