Monthly Archives: 7月 2015

未分類

警察を恐れないスト-カー

Published by:

警察を恐れないスト-カー

ストーカーは警察も逮捕も恐れないことはよくあります。なぜならストーカー行為の対象者には固執と言う感情を加害者側が持っているからでこの個室は非常に厄介で、警察の逮捕、注意ぐらいでストーカー行為が停まるとは限らないのです。

ストーカー行為を辞めさすために必要なことは法律の整備ではなく、この個室の対応にあるのです。対応は加害者のタイプとストーカーの進行状況などを十分に把握し対策を施していくことになります。

もちろん、警察に言えばすぐに逮捕してくれるようになったのですが、被害者の中には表ざたにせず解決をしたいと思われている方も多く、私どものクライアントの方は表ざたにせず解決したいと思われている方たちです。

元交際相手の男性にメールで暴言を吐くなどしたとして、秋田県警秋田東署は、ストーカー規制法違反の疑いで秋田市御所野元町、無職、佐藤英美(えみ)容疑者(29)を逮捕した。

逮捕容疑は、今月上旬、かつて交際していた30代の男性が拒んでいるのに数十回にわたって電話やメール送信。メールは「早く秋田から出ていけ」「ふざけるな。逃げても無駄だ」「逮捕させるならさせてみろや」などと乱暴な内容だったとしている。
このように事件にしたくないと思われている方は当社に相談ください。あなたの力になります。

未分類

枕営業判決

Published by:

枕営業、判決波紋

枕営業とは、業務上で付き合いのある人間同士が性的な関係を築くことによって物事を有利に進めようとする営業方法のことである。

文化によっては正当な等価交換と見られ、必ずしも不道徳・不正でない。性的な関係に至らなくても、同じ業務をするなら好意を抱く人間を選ぼうとするのは心理現象(脳の影響)であり、好意の結果の業務便宜なのか業務の派生としての好意なのか区別がつきにくいため、また、本当の恋愛関係に発展する事もあるため、強要・淫行・売春等犯罪行為が伴わない限りは規制は不可能に近い。

東京・銀座のママと客の関係は、「不倫」ではなく「枕営業」である。東京地裁が出したこんな判決が波紋を呼んでいる。クラブで結ばれた男と女、それは不倫なのか、営業なのか? 線引きできるものなのか?

銀座のクラブママが夫に「枕営業」 妻の賠償請求を棄却

ママと男性客の社長が約7年間、繰り返し肉体関係をもったとして、男性の妻が「精神的苦痛を受けた」とママに慰謝料400万円を求めた裁判。始関正光裁判官が昨年4月に出した判決はこうだ。

対価を得て大人の関係を持つのと同様に、ママは商売として応じたに過ぎない。だから、結婚生活の平和は害しておらず、妻が不快に感じても不法行為にならない。枕営業をする者が少なからずいることは「公知の事実」で、客が払う飲食代には枕営業の対価が間接的に含まれる。

今後この判決により、どのような影響が出てくるかは、見守りたい。

未分類

不倫トラブル

Published by:

不倫トラブル


36年前の不倫

暴行のきっかけは、36年前の夫の不倫だった。東京で昨年7月、介護していた夫(を殴って死なせたとして、傷害致死の罪に問われた妻の裁判員裁判の判決が、東京地裁であった。裁判長は「夫の不倫を思い出して不満がこみあげ、暴力に及んだ」と認める一方、「反省している」として、懲役3年執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。

判決によると、被告は夫の介護を続けていた昨年7月24日、東京都の自宅で、夫の頭や顔を数回殴り、8月2日に急性硬膜下血腫で死亡させた。

公判で、犯行に至る経緯が明らかになった。被告は約50年前に大手銀行員の夫と結婚。夫の退職後も生活に不自由することはなかった。ところが昨年2月、胃がんなどの手術をした夫は介護が必要な状態に。法廷で被告は「あまりに急な介護で心の準備が追いつかなかった」と証言。

1979年、夫は45歳、被告は36歳だった。夫はゴルフだと言って、よく泊まりがけで出かけた。ある日、夫の名刺入れから女性の写真を見つけた。夫の職場前で待つと、20歳ぐらいの女性と一緒に出てきた。夫は不倫を認め、謝罪した。

被告は20歳で夫と結婚。夫以外の男性と交際したことはないという。不倫発覚後も、子どもに夫婦げんかを見せまいと、夫を責め立てることはしなかった。自分のプライドもあった。胸にしまったはずだった。

一昨年から、夫婦の思い出話をする中で、ふと、この不倫が話題にのぼった。夫は時効と思ったのか、女性を次第に好きになり、旅行に行ったことなどを打ち明けた。「妻としては、一番聞きたくないことでした」と被告。そこに介護の不安が重なり、犯行に及んだと説明した。

保釈後にカウンセリングを受けた被告は、こうつづった。「もっと夫に頼って、甘えれば良かった」「お互いに本心をぶつけ合う機会だったのに、逃してしまった」

裁判長は判決の最後に、「被害者との約50年間の思い出は楽しいこともあったはず。感謝の気持ちを忘れず、弔ってください」と諭した。被告は涙ぐんでうなずいた。

不倫が起こした悲劇、この中ででも触れていたことで「不倫と向き合う」このことが、このことが不倫を乗り越える最も重要なことです。

未分類

個人情報流出問題

Published by:

個人情報流出問題

危機管理の中でも細心の注意を払わなければならないのが、情報漏洩・顧客の個人情報の流出です。情報の流出は企業間でも、また顧客との間でも信頼関係をなくし、大きな損失となります。

企業内でもごく一部の者しか知らないはずのことが、全く関係のない人間が知っていたというようなことも大変恐ろしいいことです。一旦失った信用を取り戻すのは大変なことです
早稲田大は22日、事務用のパソコンが標的型メールによるサイバー攻撃で不正なプログラムに感染し、少なくとも約3300人分の個人情報が流出したと発表した。同大は約半年間感染に気付いておらず、別のパソコンにも被害が広がっていた。同大は「情報管理やセキュリティー対策を強化する」と謝罪した。
同大学によると、昨年12月、事務の職員1人が健康保険組合を装うメールを開き、所属部署のパソコンが不正プログラムに感染した。職員は感染に気付かず、被害は他の部署のパソコンにも拡大。卒業生を含む学生と職員の個人情報が入った事務用の管理サーバーのパスワードも盗まれていた。
今月5日に外部から情報流出を指摘されて発覚し、大学側は19日に外部との通信を遮断した。これまで3300人分の氏名やメールアドレスのデータの外部送信が確認されたが、不審な連絡などの被害情報はないという。
このほか同大は、幹部のスケジュール管理サイトが今月1日に攻撃を受け、14人分の携帯電話番号などが流出した恐れがあることも発表。担当者が対策ソフトの更新を怠っていたという。

 

個人情報を悪用

勤務するコンビニエンスストアで入手した個人情報を利用し、女子高校生を呼び出して性的暴行を加えたとして、警視庁捜査1課は22日、強姦(ごうかん)容疑で、大手コンビニ加盟店元オーナーの東京都新宿区山吹町、無職片山朝之容疑者(43)=恐喝未遂罪などで起訴=を再逮捕した。「強姦まではしていません」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は2011年5月1日、都内のコンビニで勤務上知った女子高生=当時(17)=の携帯電話番号に電話をかけ、「自分の先輩が襲おうとしている。助けるから1回会おう」などと偽って呼び出し、同日午後に新宿区内にある公園の公衆トイレに連れ込んで性的暴行を加えた疑い。

未分類

ストーカー行為

Published by:

知人女性へのストーカー行為

ストーカー行為から殺人などに至る悲惨な事件が後を絶ちません。人を好きになるということは、生きていく上で 誰しもが抱いて良いはずの素晴らしい感情であるのに、いつしか、つきまといや待ち伏せ、面会の強要など、 ストーカー行為に発展します。ストーカーは、誰にでも起こりうることです。
知人女性に付きまとうなどしたとして、ストーカー規制法違反と脅迫の罪に問われた元県警水戸署地域課の巡査部長、岩間克則被告(58)=那珂市菅谷=の判決公判が23日、水戸地裁で開かれ、長島銀哉裁判官は懲役1年6月、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

長島裁判官は判決理由で、「被害者の精神的苦痛は大きい」と指摘した上で、「罪を認め反省の弁を述べており、母が監督を約束している」として執行猶予判決が妥当とした。

判決などによると、岩間被告は今年1月から3月にかけて、日立市の元交際相手の女性(58)に「恥ずかしい写真をばらまくぞ」「会いたい」などと20回以上メールや手紙を送りつけたほか、女性の自宅周辺でつきまとったとしている。

岩間被告は昨年12月まで女性と10年以上交際していた。3月30日付で県警を依願退職し、現在は無職。

一人で考え込んで自己流で解決を試みると思わぬ問題を引き起こすケースが多々あります。
心の問題に対処する訓練を積んだ臨床心理士や精神科医が、問題に対する解決法を一緒に考え、心の困った状態に向き合うお手伝いをいたします。

未分類

警官汚職

Published by:

警官汚職

汚職(おしょく)とは、公職にある者が、その地位や職権を利用して収賄や個人の利益を図る不正行為を行うことをいう。狭義には収賄、受託収賄及び事前収賄罪が該当するが、他に背任罪、虚偽公文書作成等罪、偽計業務妨害罪などがある。また、証拠隠滅罪、強要罪、名誉毀損罪、侮辱罪、詐欺罪、財物侵奪罪、不動産侵奪罪、横領罪についても公務・公職にある者の規定が設けられている。

不正行為には贈収賄や便宜供与のほかに、作為・不作為による公務上の義務に反する行為がある。公務上の義務に反する行為は、違法行為を黙認する不作為も含めて公務員職権濫用罪に問われる。また汚職のうち、政治にからむ大規模な贈収賄事件や、犯罪の事実が特定しにくく判決のむずかしい裁判事件のことを、特に疑獄(ぎごく)という。警察用語では「汚」の部首からサンズイとも呼ばれる。

 

巡査部長、オービスも、もみ消しか

 

無免許運転で事故を起こした男の違反をもみ消したなどとして、奈良県警奈良署の巡査部長、中西祥隆容疑者(44)=同県橿原市新賀町=が犯人隠避容疑などで逮捕された事件で、中西容疑者が県警高速隊に勤務していた数年前、速度違反自動監視装置(オービス)による取り締まりで別の違反者についてももみ消した疑いがあることが22日、複数の関係者への取材で分かった。

関係者によると、中西容疑者は、道路沿いに設置され、速度超過車両を自動で取り締まるオービスのチェックなどを高速隊で担当していた際にもみ消した疑いがある。

中西容疑者は今月3日、昨年1月に同県大和郡山市の西名阪自動車道で事故を起こした住所不定、風俗店経営、堀遼被告(24)=風営法違反罪などで起訴=が無免許運転をしたのに、風俗店従業員の20代男性を身代わりにさせたなどとして逮捕された。

県警などによると、中西容疑者と堀被告は初対面とみられる。中西容疑者は事故現場で現金数万円を受け取ったほか、事故後には堀被告が経営する派遣型風俗店を無償で利用した疑いがあり、県警は贈収賄容疑でも捜査している。

未分類

身元不明者の写真付き台帳

Published by:

身元不明者の写真付き台帳

この手のトラブルでよくあるのが対象者の情報が少ないからと言ってクライアントの方自ら探せ出せれないと諦めていることが多いのです。
しかし、あなたにとって印象が強い人というのは他の人の記憶にも残っていることが多く、調査を行えば探し出すことが思いのほかにできることが多いのが現実です。

失踪人とは弊社では何らかの理由でクライアントの皆様から姿を隠さなければならない人だと定義しています。
一番多いのがトラブルに巻き込まれた場合がほとんどです。そういう場合はできるだけ早いうちに弊社にご連絡ください。もしかすると取り返しのつかないことになる可能性が高くなります。
早めにご連絡をいただければ見つけ出す可能性は上がり、費用も抑えることができる場合がほとんどです。

家族トラブルは、近年遺産相続の問題であったり、金銭トラブルなど、避けては通れない事も多々あるのが現状です。しかし家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうか?そんなお悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。宗教トラブル、結婚詐欺,いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。
認知症などで氏名や住所が不明のまま保護された人の身元特定に役立てるため、身元不明者の写真付き台帳を警察で閲覧できる制度が昨年始まったにもかかわらず、全国で閲覧可能な台帳は16人分にとどまることが分かった。保護された都道府県での閲覧に限られる23人分を含めても39人分しかない。身元不明のまま保護されている人は全国に300人規模でいるとみられ、身内が行方不明になっている家族らは「きちんと情報を出してほしい」と訴えている。

身元不明のまま保護された人が長年、家族の元に帰れなかったことが昨年相次いで発覚したことで、警察庁は昨年6月、自治体の要請に基づいて身元不明者の情報をまとめた台帳を警察本部か警察署に配備するよう全国に通達した。行方不明者届を提出した家族らに閲覧してもらい、身元判明につなげるのが狙いで、昨年11月には全国の警察で台帳を閲覧できる体制が整った。

ただし、台帳を作るのも閲覧の可否を決めるのも、本人を保護している市区町村の判断で、警察は写真や情報を持っていても無断で閲覧扱いにはできない。警察庁によると、今年4月23日時点で、全国で閲覧できる台帳は16人分、保護した自治体がある都道府県内に閲覧が限られる台帳で23人分。ある県の担当者は「個人情報保護条例との兼ね合いから写真提供について慎重な姿勢を示す市町村は少なくない」という。

全国に先駆けて昨年9月に台帳制度を始めた大阪府警も、府内で保護されている身元不明者40人中、閲覧可能な台帳は4人分だけ。このうち約30人を保護している大阪市は公開の適否について「個人情報の審議会に諮問する予定」と説明する。

身元不明者の情報提供の仕組みは他に厚生労働省ホームページの特設サイトがあるが、こちらも情報掲載に消極的な自治体が多く、性別や推定年齢など基礎情報の公開は今年5月時点で68人分、このうち写真公開は25人分のみ。

未分類

公開捜査

Published by:

公開捜査

 

家出前まで居住していた「部屋」には、多くの指針となる痕跡が残されています。

部屋に残された家具の配置や整理具合から、家出が衝動的か計画的なのかを推測できるからです。

全くの突発である様なら本人の意思に反し、拉致や監禁も視野にいれる必要が出てきます。
警視庁刑事部がTwitterを使った「公開捜査」に関する情報発信を開始した。複数の案件について、防犯カメラなどで撮影された画像や動画付きで投稿。事件の概要や被疑者の特徴などを紹介し、検挙に向け、所轄署へ電話での情報提供を呼びかけている。現時点でアカウントのフォロワー数や投稿へのリツイートは小規模だが、継続的な運用によって早期検挙につながることに期待したい。

警視庁では、これまでも振り込め詐欺などの注意喚起、防犯情報などを発信していたが、他地域の警察組織でもTwitter活用は活発だ。たとえば、神奈川県警察本部刑事部捜査第二課では、振り込め詐欺の電話内容や状況をリアルタイムで発信。更新頻度も高く、具体的な事例が多数投稿されている。

背景には、神奈川県の振り込め詐欺認知件数は、2012年の515件(被害額は13億5100万円)から2013年には1340件(被害額は41億2300万円)と急増したという実態もあるのだろう。

「被害が減らないのでつらいです。どうか皆さんの協力を頂いて、被害を減らしたいと思っています。親御さんがご高齢でしたら、普段からの連絡を続けてくださいね」

Twitterで見かけた情報を、家族や身の回りの人と共有することも大事だろう。

海外の捜査機関もTwitterを活用している。FBIでは、@FBIMostWantedというアカウントで、行方不明者や指名手配犯の顔写真とともに情報発信を行なっている。フォロワー数は1万1317人(記事執筆時点)と多くはないが、FBI内でも多数のアカウントを運用しているようだ。

ほかにも、声掛け事案などの不審者情報、自転車などによる事故対策など、各組織がさまざまな情報発信を行なっている。自身や家族が犯罪に巻き込まれないための防犯情報としても、居住地の行政機関が運用しているTwitterアカウントがないか、チェックしてみてはいかがだろうか。

未分類

子供の認知

Published by:

子供の認知 元不倫相手

不倫関係の男女に子供ができた場合、子供は「非嫡出子」となる。 婚姻関係にある父母の間に生れた子を「嫡出子」といい、そうでない子(=婚外子)のことを非嫡出子という。
子供の母親と法律上の婚姻関係にない男性が、子供との間に法律上の父子関係を発生させるためには、 子供を「認知」する必要がある(民法第779条)。 法律上の父子関係が発生すると、扶養の義務や相続権など重要な法律上の関係が発生するので、子供にとって認知は大切な手続だ。

認知の方法と効果

認知によって、男性と認知された子供との間に法律上の父子関係が生じるが、 その効果は子供の出生のときまでさかのぼる(民法第784条)よって認知後は、 母親から認知した父親に対して養育費の請求が可能となり、出生時にさかのぼって過去の養育費も請求できる。
男性が子供を認知すると、男性の戸籍にはその旨が記載される。 このため、家族に認知をした事実が露見する可能性が高く、それを恐れて認知を躊躇することも多い。
非嫡出子の親権者は母親であり、認知されても自動的に父親が親権者となることはない。 しかし、父母が話合いにより取り決めをした場合、または家庭裁判所に対する請求によって親権者変更を行った場合は、 認知した父親が親権者になることができる(民法第819条第4項、5項、家事審判法第9条第1項乙類第7号)。
認知することについて期間制限はなく、子供が胎児の状態、出生後、成年後でもかまわない。 ただし、胎児のときに認知するためには母親の承諾が必要であり、成年後に認知するためには本人(子供)の承諾が必要となる。
高齢になって生活に困った父親が、ほったらかしにしていた子供をいきなり認知すると、 そのとたんに親子間の扶養義務(民法第877条)が発生するので、生活費や病院の費用を子供にたかることが法律上可能になる。 このようなことを防ぐためである。
認知しようとしていた子供が死亡した後は、子供に直系卑属(孫やひ孫など)があるときに限り認知できる(民法第783条第2項)。 したがって、子供が死亡した後でも、認知によって孫やひ孫に自分の財産を相続させることができる。
兵庫県姫路市議会の酒上太造(さかうえ・たいぞう)議員(47)=無所属=の知人女性が酒上議員から暴行を受けたと訴え、議員辞職を求める騒動があり、酒上議員は16日、緊急記者会見を開いて「女性に不意にたたかれ、反射的に右手で相手の肩をついた」と釈明した。また「(支援者らから)『辞めないでくれ』という声も聞いている。私の不徳のいたすところでありますが、今後も議員として頑張りたい」と議員辞職を否定した。

酒上議員はこの日の会見で、妻子がある立場ながらこの女性と4年前から約3年間交際し、昨年に女性が出産した子供を認知していたことを認めた。

酒上議員の説明によると、今年4月、市内で知人女性やスナックのママと会った際、知人女性がスナックのママと酒上議員の交際を疑い、女性同士が口論になった。酒上議員は「(知人女性が)不意に私の左ほほをたたき、私は『何をするんや』と、彼女の肩をたたいたと記憶している」と釈明した。

酒上議員らによると、知人女性は酒上議員から暴行を受けて軽傷を負ったとして、5月15日に兵庫県警に傷害罪で被害届を提出した。さらに同月28日には酒上氏の議員辞職を求める陳情書を市議会に提出した。

酒上議員は今月15日、議会運営委員会副委員長を辞任し、当時所属していた会派「新生ひめじ」から離脱した。「このたびのことが報じられるようになり、いろんな形で迷惑をかけるといけない。議会を混乱させたという責任もあり、辞任した」と説明している。

未分類

妻の浮気疑い 浮気調査のすすめ

Published by:

妻の浮気疑い

みなさん浮気と言えば気になるのは慰謝料ですよね。
浮気の慰謝料は、決まっていません。
貴方が受けた苦痛をお金に換算すればよいのです。
浮気をされた心の痛みを慰謝料として請求することは、当然の行為です。
少しでも多く慰謝料を払わせたいと思うはずです。
では、一体どうすれば良いのでしょう

浮気の慰謝料は、浮気相手にも請求することができます。
浮気をした旦那様や奥様よりも、浮気相手に対いて慰謝料を請求したいと言う方は多いのです。
浮気相手に慰謝料を請求するためには、浮気の証拠を収集するだけでは足りません。
浮気相手の情報も入手しておきましょう!
この情報は、どこまで入手すれば良いのかはご相談ください。

妻の知人に暴行を加えて金銭を要求したとして強盗致傷の疑いで循環器内科部長の男(47)を逮捕した。
逮捕容疑は路上で男性会社員を土下座させ、脇腹を蹴るなどして打撲などの軽傷を負わせ、近くの駐車場で刃渡り約10センチのナイフを突き付け、「50万円持ってこい。殺すぞ」などと金銭を要求した疑い。
容疑者の男は事件直前にトラブルになった妻からスマートフォンを取り上げ、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で妻になりすまして男性を呼び出した。容疑者と男性は初対面だったという。男性からの110番で、駆け付けた署員が付近の路上で容疑者を発見した。
容疑者は「妻が浮気をしていると思い、カッとなった」と容疑を認めているという。

この様な事件になる前にご相談ください。

 

浮気調査のすすめ

 

事実は事実以上でも、以下でもなくただ事実なのです。事実を知り、理解することでどうしたらよいかが見えてくるのです。

事実なしで判断すること自体無謀なことです。浮気で悩んでいるなら当社に相談ください。

 

未分類

近隣トラブル 岡山

Published by:

近隣トラブル 岡山

近隣の方とトラブルを起こさないために大事なのは、そこに住んでおられる方々とのコミュニケーションが大事となってきます。ですが、近年は昔とは違いそのコミュニケーション自体が希薄になってきている傾向があり、トラブルにも発展しやすいのが現状です。もしあなたが現在近隣トラブルでお悩みなのでしたら、一度私たちにご相談下さい。

「6階の住人が『グル』になり、自分を監視していた」。大阪府豊中市のマンションで住人の滝畠裕美(ひろみ)さん(33)が殺害された事件は、同じ階に住む上原亮宏(あきひろ)容疑者(53)が被害者意識や不満を募らせ、一方的に被害者に恨みや怒りを抱いた可能性が浮上している。上原容疑者が以前暮らしていた兵庫県伊丹市でも、近隣住民とトラブルを繰り返していたことが判明。取材を進めると、物音やゴミの出し方に神経をとがらせ、異常なまでの警戒心をみせる上原容疑者の性格が浮かび上がった。

2台の防犯カメラ

「とにかく不気味だった」。伊丹市の閑静な住宅街。住民の女性は上原容疑者の逮捕を報じるテレビニュースを見て、かつて住んでいた“隣人”だとすぐに分かった。

2階建ての一軒家。現在は取り壊されているが、近隣住民によると、上原容疑者が以前暮らしていたその住宅は、一見して異様だったという。2階の外壁には2台の防犯カメラ。通常は家の前の道路を見下ろすように設置されるが、水平に据え付けられていたからだ。あたかも、近所の家を監視しているかのような方向だった。

両親が他界してから20年近く1人で暮らしていたという上原容疑者。近所付き合いはほとんどなく、その一軒家から外に出ることもほとんどなかった。

「車の音がうるさい!」。近所の住人にこう抗議したこともあった。指定のゴミ袋を使わずにゴミを出したため、自宅の前にゴミを戻された際には、無関係の住民に向かって「ゴミを置いたのはお前か」と迫る場面も目撃されていた。

伊丹市は平成7年の阪神大震災で大きな被害が出たが、隣家の瓦が崩れ、上原容疑者の自宅の窓ガラスが割れると、震災直後にもかかわらず、隣人に激しく文句を言っていたという。

神経質な性格が浮かび上がるが、洗濯物を整然と並べて干すなど几帳面(きちょうめん)な一面も。

近所の男性(67)は「しっかりしている印象だった。大きなトラブルを起こすとは思ってもいなかった」と振り返る。

未分類

住人がグルで監視

Published by:

住人がグルで監視

近隣トラブルに関しては、近年爆発的に増加しており、相談件数も増えております。近隣トラブルには様々なケースがあります。些細な口論から大きな事件にまで発展してしまい、精神的に大変追い込まれてしまう事もあります。近隣トラブルは、早めに解決しておかなければすぐに泥沼化して、解決が困難になってしまう性質を有しています。そんな方のために私たちが全力でサポートいたします。
大阪府豊中市服部西町1のマンション6階で住人の滝畠裕美(たきはた・ひろみ)さん(33)が刺殺された事件で、同じ階に住む上原亮宏(あきひろ)容疑者(53)=殺人未遂容疑で現行犯逮捕=が「6階の住人がグルになって私を監視していた。半殺しにしてやろうと思った」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。供述には意味の通らない点があり、大阪地検は責任能力を調べるため、精神鑑定を行う方向で検討を始めた。
捜査関係者によると、上原容疑者宅の斜め向かいに住んでいた滝畠さんは6階のエレベーター付近で襲われた。上原容疑者は「エレベーターに乗ったら、後から滝畠さん親子が乗り込んできた。我慢の限界で6階で降りた直後に刺した」と供述しているという。こうした供述内容を踏まえ、大阪地検は鑑定留置実施の検討に入った模様だ。

一方、大阪府警が28日に行った司法解剖の結果、滝畠さんの遺体には顔や首を中心に30カ所以上の刺し傷があった。死因は大量出血に伴う失血死だった。

府警は上原容疑者宅を捜索し、台所から血の付いた凶器とみられるサバイバルナイフ(刃渡り12.5センチ)を押収した。室内からは別のナイフや特殊警棒も見つかった。上原容疑者は普段からサバイバルナイフを持ち歩いていた疑いがあるという。

近隣の方とトラブルを起こさないために大事なのは、そこに住んでおられる方々とのコミュニケーションが大事となってきます。ですが、近年は昔とは違いそのコミュニケーション自体が希薄になってきている傾向があり、トラブルにも発展しやすいのが現状です。もしあなたが現在近隣トラブルでお悩みなのでしたら、一度私たちにご相談下さい。

未分類

監視行為

Published by:

監視行為

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。
大阪府豊中市服部西町のマンションで6階に住む滝畠裕美(ひろみ)さん(33)が刃物で襲われ、死亡した事件で、滝畠さんが妊娠中だったことが5月28日、大阪府警への取材で分かった。親族によると妊娠数カ月だった。捜査では首や顔を中心に傷が30カ所以上あり、死因が失血死だったことも判明。府警は、殺人容疑で調べている上原亮宏容疑者(53)に明確な殺意があったとみている。

府警によると、上原容疑者は「半殺しにしてやろうと思った」と供述しているが、殺意は否認しているという。司法解剖の結果、滝畠さんの首に深い傷があり、後頭部や足も切られたり刺されたりしており、両腕には抵抗した際にできる「防御創」とみられる傷もあった。

府警はこの日、上原容疑者宅を家宅捜索し、血痕のようなものが付着したサバイバルナイフ1本(刃体約12.5cm)を押収した。上原容疑者は「持ち歩いていたものだ」と話している。

また、6階に設置された防犯カメラに、事件直前、滝畠さんと上原容疑者が会話している様子が映っていたことも分かった。

上原容疑者は「いろんな人から嫌がらせを受けた。6階の住人に監視されており、我慢できなかった」と供述しており、動機を詳しく調べている。
一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。

未分類

リベンジポルノ相談 岡山

Published by:

リベンジポルノ相談 岡山

リベンジポルノを直訳すると「復讐ポルノ」。
言葉の通り、復讐という意味が込められています。
リベンジポルノとは、元交際相手や元配偶者から交際中のベッド写真や映像を公にされる等の被害です。
裸の写真など、かなりプライバシーに踏み込んだ映像をネットに流出され、結婚や就職などにも影響をきたすこともあります。
このリベンジポルノ被害の恐ろしいところは、放置することで被害が拡散すると言うところです。
インターネットは、世界中いたるところに普及しており、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレット端末などを使い誰でもが見る可能性があります。家族や会社の同僚、町のパン屋さん、交際相手、その両親など
絶対に見られてはならない人物が目にする可能性があるのです。
1カ月で110件 うち脅迫42件
嫌がらせで裸の画像をインターネット上などに公開する「リベンジポルノ」の防止法が施行された昨年11月27日から12月31日までの約1カ月間で、全国の警察に110件の相談が寄せられ、18件では実際に画像などが公開されていたことが2日、警察庁のまとめでわかった。同庁は「画像がネットで拡散すると、完全な削除は難しい。被害に気づいたらすぐ相談してほしい」と呼びかけている。

リベンジポルノに関するトピックスはこちら

110件のうち、相談内容(複数回答)で最も多かったのは「画像を公表すると脅された」の42件。「画像を送りつけられた」の22件、「画像を公表された」の18件が続いた。これとは別に「画像を撮影された・所持されている」といった相談も33件あった。

99件は相談者が女性だった。相談者全体の世代別では20代が41件と最も多く、未成年が24件、30代と40代がそれぞれ16件。一方、相手方の性別が判明しているうち、88件は男性だった。30代が25件、20代が20件、40代が14件。20代と30代で4割に上った。

 

被害に遭っているのはあなただけではありません。最近急増している問題です。リベンジポルノ被害や画像恐喝、ハメ撮り恐喝などと言った被害は、簡単に誰にでも相談できる内容ではありません。相談相手を間違うと二次被害に遭うこともあります。相談相手から脅されることも考えられるのです。リベンジポルノは、会社でのパワハラやセクハラとも関係していることもあり、問題が複雑化しているケースもあります。

誰にも知られずに解決したいと思う方、早期解決を望む方は今すぐお電話ください。当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

未分類

アダルトサイトの相談

Published by:

アダルトサイトの相談件数、年間10万件突破

ショッピングをする際、お店で購入する場合ももちろんですが、近年ではネットショッピングが当たり前となっています。ですが顔が見えない分、取引の際にトラブルが生じてしまうケースも少なくはありません。また契約内容もあいまいな点が多く、相手の言い分を鵜呑みにしてしまい、泣き寝入りされる方も多いのが現状です。そんなトラブルにも私たちならお役に立てます。一度ご相談下さい。

 

現在インターネットが普及すると同時に、商取引トラブルも増加しております。ですがどこに相談したらよいのか分からない。という方が多いのではないかと思います。そのような方のために私たちが全力でサポートさせて頂きます。
また医療トラブル、医療ミス、詐欺、クレーム対策等の御相談も承っております。
必要に応じて、各種専門家を無料でご紹介いたしますのでご安心ください。

被害額平均約27万円 女性・高齢者増加

国民生活センターは4月23日、2014年度に全国の消費生活センターに寄せられた相談のうち、アダルトサイトに関する相談が初めて10万件を超え、過去最多だったと発表した。「すでにお金を支払ってしまった」という相談が増えており、支払い額は1件当たり平均約27万円にのぼるという。

商品・サービス別相談件数で近年、アダルトサイトに関する相談は1位となっており、14年度の相談件数は10万6279件に上った。

当事者は女性や高齢者が増加。男女別では、09年度は女性比率が26.8%だったのに対し、14年度は32.3%に。スマートフォン利用時は38.5%とさらに高くなる傾向があった。年齢別では60歳以上からの相談が21.3%と、09年度の7.6%から大きく増えている。

「お金をすでに支払ってしまった」という相談も増え、14年度は3802件。1件当たりの平均支払い額は約27万円と高額になる傾向もある。

ある30代の女性のケースでは、「有料アダルトサイトの利用料が支払われていない」というメールがスマートフォンに届き、「お金を払えば翌日保険が適用されるので返せる」などと言われ、請求されるがままに25万円、75万円、90万円と立て続けに振り込んだという。

また60代の男性は、タブレット端末で歌手の動画を見ようとしたところ、アダルトサイトに登録されたという画面が表示され、登録料を請求されたという。10代の学生がアダルトサイトで「再生ボタン」をタップすると、カメラのシャッター音がして「有料登録が完了しました。料金は10万円です」という画面が表示された──という例もあった。

同センターは、アダルトサイトは「無料」というキーワードで検索してヒットしても、必ずしも無料とは限らないとして、不用意なアクセスに注意を呼び掛けているる。

未分類

横領

Published by:

横領

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します。

 

1億4千万円横領

財団法人「日米地域間交流推進協会」の資産を無断で売却し約1億4400万円を着服したとして、東京地検は25日、業務上横領の罪で前理事長、甫守敦容疑者(61)と前事務局長、佐藤城容疑者(37)を起訴した。

起訴状によると、2人は平成23年8月、理事会の承認がないのに、協会が保管する投資有価証券を証券会社に売却し、両者が協会名義で開設した預金口座に代金を振り込ませたとしている。

警視庁によると、2人は逮捕時に容疑を否認していた。
元秘書に1千万横領された

 

田城参院議員が地検に告訴状

民主党の田城郁参院議員が24日記者会見し、第2公設秘書だった男性が政治資金約1100万円を着服したとして、業務上横領容疑で東京地検に告訴状を提出したと明らかにした。

田城議員によると、元秘書は宇都宮市の党支部に勤めていた平成23~25年、支部の会計帳簿に数字を付け足すなどして着服を繰り返した。今年8月、親の介護を理由に退職。その後、領収書の情報開示請求があり、支部が会計資料を調べて不正経理が発覚した。

元秘書は着服金を私的に使ったと認めているという。田城議員は24日までに、政治資金収支報告書の修正を届け出た。

長野県警警部、十数万円を着服 ほかに公金86万円も紛失

長野県警警備1課に勤務していた男性警部が、課員の親睦会費の一部を着服した疑いがあることが20日、県警への取材で分かった。県警は十数万円の着服を確認しており、業務上横領容疑などでの立件や懲戒処分を検討している。

県警によると、3月に同課の金庫から公金約86万円がなくなっていることが分かり、窃盗事件として捜査。聞き取り調査などの過程で、課内で定期的に集金し、警部が管理していた親睦会費の一部が警部の金融機関の個人口座に入金されていたことが判明した。

公金の窃盗事件に関与した可能性は低いとみている。警部は3月、県内の警察署に異動。現在は出勤していないという。

 

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。
必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍

未分類

カード情報が危ない

Published by:

カード情報が危ない

今日、私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します。
犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。
必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍

 

スーパーのレジを標的ウイルス急増

スーパーのレジなどを標的としたコンピューターウイルスの感染報告が昨年、全世界で467件に上り、国内でも6件確認されたことが16日、分かった。サイバー攻撃とは無縁と思われがちなレジだが、在庫管理のため本社システムとインターネット接続されており、感染の恐れがあるという。購入者のクレジットカード情報を盗み出すのが狙いとみられ、実際に米国では「ブラックPOS」と呼ばれるウイルスによって顧客情報約1億1千万件が流出した。関係者は「企業側の対策が急務だ」としている。

情報セキュリティー会社「トレンドマイクロ」(東京)の調査で判明した。感染があったのは、POS(販売時点情報管理)システムのレジを狙うウイルス。POSレジは、消費者が購入する商品のバーコードを読み込み、販売情報などを蓄積。店舗のPOSレジと本社のホストコンピューターはネットで結ばれ、レジの情報をホストに送り、一元的な在庫管理や消費動向の分析に使われている。

レジとホストコンピューターは社内ネットワークのような結びつきのため、外部からの侵入は不可能だと思われがちだ。しかし、ホストコンピューターには一般の業務用パソコンなども接続。メールの閲覧やUSBメモリーの使用などでパソコンが感染し、ホストコンピューターを介してPOSレジにウイルスが侵入するという。

同社は、POSレジを狙うウイルスの出現を受け、同社のセキュリティーサービスを利用する企業などを調査。全世界でPOSレジやレジが接続するネットワーク上のパソコンなどの感染例が報告されたのは、一昨年では22件だったのが、昨年には21倍に相当する467件に上った。感染被害の中心は米国で、日本国内でも初めて6件の感染が確認された。

ウイルスの大半は、レジに通されたカード情報を外部サーバーに送信するタイプ。通常、カード情報はレジ内で暗号化されるが、暗号化される前の情報を抜き出す働きを持っていた。

米国ではPOSシステムの端末からの流出被害が相次ぎ、2013年12月には大手ディスカウントチェーン「ターゲット」の端末が「ブラックPOS」に感染し、クレジットカードの暗証番号を含む顧客情報約1億1千万件が外部に流出。昨年はデパートや飲食店、カジノ、駐車場の端末からも流出被害があった。

こうしたウイルスを6千ドル(約70万円)で販売し、有償サポートもうたう“闇サイト”も確認されているといい、トレンドマイクロの鰆目(さわらめ)順介・シニアスペシャリスト(31)は「レジには日々、多くのカード情報が入力される。ウイルス感染させれば効率的に大量の情報を入手でき、犯罪者にとって魅力的な攻撃対象になっている」と脅威を指摘している。

未分類

ゾルゲ事件

Published by:

ゾルゲ事件
警視庁が1941年10月に摘発した国際スパイ事件。ドイツ紙特派員として来日した旧ソ連のスパイ、リヒャルト・ゾルゲが、尾崎秀実(おざき・ほつみ)らから入手した日本の軍事、経済情勢に関する機密をソ連に報告した。治安維持法違反などの容疑で35人が逮捕され、44年にゾルゲと尾崎の死刑が執行された。宮城与徳(みやぎ・よとく)は43年、拘置所で病死。
尾崎秀実とゾルゲ、

尾崎秀実は、多少国士的な漢詩人でありジャーナリストであった父とともに、幼少年期一八年を植民地台湾で送り、若いころから民族問題・中国問題を体験的に肌で接していたが、一高から東大に入学した直後、第一次共産党検挙事件と大震災後の白色テロ事件にあって社会問題の研究に志ざし、大学院に残って中国革命への関心を深めた。大阪朝日新聞社に就職して社会部から支那部に移り、細川嘉六らと中国革命研究会をもったりしたあと、待望の上海支局詰となった。上海では魯迅をはじめ中国の進歩的な知識人たちと交際し中国の文化運動に参加し、在留邦人たちの「日支闘争同盟」などとも密接に結びついた。上海においてアグネス・スメドレーやゾルゲとのむすびつきもでき、社命で帰国したのち、本拠を日本に移したゾルゲと再会し、親密な関係に入った。尾崎は当時すでにすぐれたジャーナリストであり、中国問題の専門家として言論界に重きをなし、また近衛内閣の有能なブレーンとして首相官邸内にデスクをもち、秘書官室や書記官長室に自由に出入りしえたし、政界上層部の動向に直接ふれることのできる地位にあった。尾崎にたいする今日の評価はきわめて多様であるが、彼の英雄的ともいうべき努力の中心は戦争を避け社会主義を防衛しようとする必死の抵抗であった。彼はたしかに情報を収集する活動を意識的におこなったが、それも彼のことばによれば政治的な便宜のための手段の一つにすぎなかった。彼がゾルゲに提供したといわれる情報も、新聞社の特派員や在外公館の手に入れる秘密情報と大差ないものであり、むしろ彼は情報収集者であるまえに一個の独立した情報源であり、彼の政治判断や見通しによってゾルゲの活動に協力したのである。彼がゾルゲと深い関係を結んだのも、彼独自の「東亜協同体」論も、日本民族の将来を思いなやんで求めた結果であった。将来ソ連や新中国と提携してゆく場合に予想される日本国内の変革について、彼は労働者階級を主体とする階級闘争によってではなく、もっぱら既成政治勢力内部の工作によって上からなしとげることができるし、またそうあってほしいと考えていたようにみえる。

なおこの事件に関連して、四二年六月に上海において「中国共産党諜報団事件」として中西功、西里竜夫ら一〇名(うち中国人三名)が検挙された。

未分類

スパイ ゾルゲ

Published by:

スパイ  ゾルゲ

ソビエト連邦のスパイ。1933年(昭和8年)から1941年(昭和16年)にかけてゾルゲ諜報団を組織して日本で諜報活動を行い、ドイツと日本の対ソ参戦の可能性などの調査に従事し、ゾルゲ事件の首謀者として日本を震撼させた。

1933年9月6日に、日本やドイツの動きを探るために『フランクフルター・ツァイトゥング』の東京特派員かつナチス党員として日本に赴き、横浜に居を構える。

当時日本におけるドイツ人社会で、日本通かつナチス党員として知られるようになっていたゾルゲは、駐日ドイツ大使館付陸軍武官補から駐日ドイツ特命全権大使に出世したオイゲン・オットの信頼を勝ち取り、第二次世界大戦の開戦前には最終的に大使の私的顧問の地位を得た。彼は来日前にオットの戦友である『テークリッヒェ・ルントシャウ』紙論説委員であるツェラーの紹介状を入手していた上、政治的逃避のため日本に派遣されることになった当時のオット中佐は日本に関する知識をほとんど持っておらず、そのため日本の政治などに関して豊富な知識を持ったゾルゲとの出会いを喜んだ。

1936年の二・二六事件の際にはドイツ大使館内にいたことが、大使館と戒厳司令部の連絡将校として館内に出入りしていた馬奈木敬信によって戦後証言されている[2]。ゾルゲはこの事件を日本の対外政策と内部構成を理解する好機ととらえた。オットや当時のディルクセン大使にも協力を求めて情報収集に努め、事件を分析した報告書をドイツ外務省や所属先である赤軍第四本部、ドイツの雑誌に送っている(ドイツ外務省と雑誌では匿名)。これを契機に大使館側のゾルゲに対する信頼は向上した。なおドイツの雑誌に掲載された論文は、カール・ラデックがゾルゲの筆とは知らずに評価してソ連の新聞に転載した。ゾルゲはこれに抗議し、以後はこうした事態は避けられた。

日本人共産党員とは接触を避け、ロシア語は口にしないなど行動に注意を払いつつ待っていたゾルゲは、駐日ドイツ大使館付ドイツ軍武官やゲシュタポ将校の信頼も得ることになり、やがてオットが駐日ドイツ大使となると、ゾルゲも1939年頃には公文書を自由に見ることが出来る立場となっていた。ヨーロッパで戦争が始まるとオットはゾルゲを大使館情報官に任命し、ゾルゲはドイツ大使館の公的な立場を手に入れた。ゾルゲはドイツ大使館と彼の諜報網の両方から日本の戦争継続能力、軍事計画などを入手できる立場となり、1940年9月27日の日独伊三国軍事同盟後にはより多くの情報が得られるようになった。

ゾルゲは、その肩書ゆえに諜報入手に大切な支配階級との接触の機会を持てず、スパイとしては物足りなかったアメリカ共産党員の洋画家宮城与徳に代えて、支配階級との接触の機会を持つ男を必要とした。そこでゾルゲが選んだのが上海時代に知り合い近衛内閣のブレーントラストのひとりとなっていた尾崎秀実である。尾崎を仲間にして日本政府に関する情報が入手できるようになった。こうしてアヴァス通信社のユーゴスラビア人特派員のブランコ・ド・ヴーケリッチ、宮城、ドイツ人無線技士のマックス・クラウゼンとその妻アンナらを中心メンバーとするスパイ網を日本国内に構築し、スパイ活動を進めた。ゾルゲが報告した日本の情報は武器弾薬、航空機、輸送船などのための工場設備や生産量、鉄鋼の生産量、石油の備蓄量などに関する最新の正確な数字であった。

 

ナチス外相がソ連スパイのゾルゲに送った書簡、日本で見つかる
ゾルゲをめぐっては、ナチスが独ソ不可侵条約を破棄してロシア西部に進軍する計画を立てていることを突き止めたことで知られている。在日ドイツ大使館の報道官、記者として太平洋戦争前の東京で情報収集していたゾルゲは、日本とナチスがともにソ連への侵攻を計画していることをモスクワに報告した。

今回見つかったのは、1938~1945年までナチス・ドイツの外相だったヨアヒム・フォン・リッベントロップ(Joachim von Ribbentrop)が、ゾルゲの43歳の誕生日に送った1938年の書簡で、この中で同外相は在日大使館におけるゾルゲの「突出した貢献」を称賛している。歴史学者らは、ゾルゲがナチスに非常に信頼されていたことを示す──そしてソ連にとって極めて価値のあるスパイだったことを示す書簡だと評価している。

書簡を発見した東京・神田の神保町にある書店、田村書店(Tamura Shoten)の奥平禎男(Yoshio Okudaira)氏は、ナチスがゾルゲを非常に信頼していたことを端的に示す興味深い資料だと語った。

奥平氏によると、書簡は、ナチス・ドイツ関連資料を処分したいという人から入手したもので、親族の遺品だったとされる。遺品には、リッベントロップ外相のサイン入り写真も含まれていた。売却者は書簡がどういうものか知らなかったという。

書簡は競売に掛けられる予定だが、奥平氏は、リッベントロップ外相の秘書が執筆しているため、どちらかといえば通常の外交文書に近いものになることを注意した。

スパイ活動が発覚し、ゾルゲは当時の日本の当局によって逮捕され、1944年に死刑が執行された。当初、旧ソ連はゾルゲが自国のスパイであることを否定したが、独裁者ヨシフ・スターリン(Joseph Stalin)の死後、一転してこれを認めている。

未分類

パワハラでうつ病

Published by:

パワハラでうつ病

 

パワーハラスメントも深刻 です。

「なぜ私だけが・・」「仕事へ行きたくない・・」

と思いながらも耐え続けてしまう自分がいて、心が傷 つき精神的苦痛を感じながら一日をやっとの思いで過ごしているという方がいます。復讐することを考えた り、事件になるようなことになってからでは遅いのです。
やっと就職先が見つかり希望や不安をもちながら も、やっと仕事に慣れた頃に、パワーハラスメント等を受けてしまって辞めたいと考え悩んでいる人が多くいま す。辛く苦しくても不景気だから辞められないという方は大勢いらっしゃるではないでしょうか? 仕事は生きていく上でも切っても切り離せないものです。

警部自殺、公務災害認定

 

自殺した県警幸署の男性警部=当時(52)=がうつ病を発症したのは元上司のパワーハラスメント(パワハラ)が原因だとして遺族が求めていた公務災害申請について、地方公務員災害補償基金(地公災)県支部は26日までに、男性のうつ病を公務災害と認定した。6日付で、遺族側が明らかにした。

遺族側によると、病院でうつ病と診断されていた男性は2008年12月、自宅で首をつって自殺。遺族側は、当時の幸署次長に繰り返し罵倒されるなどのパワハラが原因でうつ病を発症したとして09年12月、公務災害の認定を求めていた。

県支部の通知書は認定理由に言及していないが、発症時期や補償期間などから遺族側は「パワハラ被害も含めて認められた」としている。今後、療養費や葬儀費用などが支給される予定という。

遺族は元上司と県を相手に損害賠償請求訴訟を起こしていたが、「精神的な負担が大きい」として、12年に訴えを取り下げていた。

遺族側の代理人弁護士は「県警には今回の認定を職場改善のきっかけにしてほしい」とコメントした。

県警警務課は「職員の自殺は非常に残念で、冥福をお祈りする。今後も公務災害の手続きを適正に進めていきたい」としている。

未分類

いじめ問題

Published by:

いじめ問題

いじめ問題は当事者間では解決は困難なものです。加害者、被害者、学校は当事者と考えていいでしょう。
滋賀県大津市の中学2年生男子生徒が、いじめを苦にして自殺した問題で、学校側は当初、いじめの事実をまったく把握していなかったかのような説明をしていた。しかし、保護者や同級生の証言によると、昨年の夏くらいから日常的に、加害生徒3人組による暴行や、金銭の要求が行われていたという。

果たして学校は、実際にこれらのいじめをどこまで察知していたか。近ごろになって、にわかに信じがたい話が保護者の耳にはいってきた。

「担任だった男の先生に、いじめを訴えたクラスの女の子がいるんです」

件の通報は2度、9月の末から10月上旬にかけてだった。訴え出た女子生徒にも、それなりの覚悟があったはずである。いじめられていた男子生徒の生をつなぎとめる、決定的な機会といっていい。

ところが、すでに男子生徒の親から、口座から消えた多額の不明金について相談を受けていたにもかかわらず、「遊んでいるのと違うんか」と、担任は問題をよくある「ふざけっこ」にすり替えてしまうのだ。

状況からして、“信号”は見落とされたのではなく、あえて何度も見逃されてきたと、理解するよりない。「小さい問題のうちに対応する鉄則」を踏み外した結果、学校は抑止力としては機能しえなくなる。

それどころか、事件後も、「遊びの一環」とした担任の判断が大きな影響を及ぼしている。大津では、自殺の20日後に開かれた「緊急保護者会」で、こんな騒動があった。同級生の娘を持つ母親の話だ。

「いじめたとされる生徒のお母さんはPTA会長です。会場にはいると、そのかたからのチラシが手元に配られた。『息子はそんなことはしていない』という内容の文面でした。子供同士の遊びの場面をつかまえられて、いじめだといわれることは心外だと。自分の子供を守ろうとしているのはわかりますが、かなり違和感がありました」

事実関係について保護者に詰め寄られた学校が進退窮まり、ついに「いじめはあったとしかいいようがない」と漏らすや、この母親が「それは憶測です! 憶測でものをいわないでください!」と声を荒らげ、校長がたじろぐ一幕があった。

未分類

ドローン問題

Published by:

ドローン問題

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。
日々の生活の中で、時に思いがけないトラブルに見舞われるものです。ですがいざトラブルに遭遇してしまうと、どうしたらいいのか分からない方が多いのも現状です。また、そのトラブルの元が、親しい方や近隣の方ですと、より塞ぎこんでしまい、泣き寝入りしてしまう方もおられると思います。詐欺被害など様々なトラブルに対応します。

ドローン撮影で無許可の周波数使用容疑

全国初の摘発

昨年11月に開かれた第9回湘南国際マラソンで小型無人飛行機(ドローン)を使って空撮した際、無許可の周波数で動画の送受信をしたとして、神奈川県警は20日、空撮専門会社「フライトエディット」(東京都武蔵村山市)と同社社長(51)を電波法違反の疑いで書類送検し、発表した。社長は容疑を認めているという。

 

総務省によると、ドローンに関連して同法違反容疑で摘発されたのは全国初。同社のドローンは撮影中に墜落し、マラソン大会関連スタッフの女性(40)がプロペラで顔を4針縫うけがをした。県警は業務上過失傷害の疑いでも調べている。

大磯署によると、同社は昨年11月3日に大磯町西小磯で、カメラを設置したドローンの一種「マルチコプター」を使い、使用が禁じられている周波数の電波で動画の送受信をした疑いがある。「他社のドローンも飛行していたので、電波障害を心配し、許可を得ていない周波数を使った」と説明しているという。

未分類

やらせ告発

Published by:

やらせ告発

坂本君が芸能界を干されたのが分かります。報道番組で無い以上このようなやらせはあるものと考えている視聴者が大半でしょう。

大した仕事もしなくていい給料もらっているのでうらやましいと思いますが、ますます世間を狭くした感じです。

便利屋の前は探偵をしていたようですが、うまくいかなかったのでしょうか。

無能な人は何をやってもうまくいくことは無いのです。

 

便利屋の全国チェーン「便利屋!お助け本舗」(以下「お助け本舗」)の取締役を今年3月まで務めた坂本一生氏(44)は、週刊ポスト(5月22日号)誌上で衝撃の告白をした。「お助け本舗」がNHKの人気番組『ドキュメント72時間』(毎週金曜・夜10時55分~)の取材を受けた際、「やらせ行為」をしていたと暴露したのだ。撮影に関わった仕事の依頼者はいずれもスタッフの知人であり、「夜中に風呂場のナメクジを取る」という依頼のためにナメクジをセットしたこともあったという。

だが、「やらせ」はNHKだけではなかった。坂本氏はテレビ朝日系『いきなり!黄金伝説。―特別編 2泊3日便利屋!お助け本舗密着生活』(2012年6月17日放送)で「恋人が来るので3時間で片付けてほしい」という依頼について、依頼者はNHKの番組でナメクジを除去した同社の社員で、「ゴミ部屋の捏造」が行なわれたことを告発。また、TBS『キスマイフェイク』(2014年2月6日放送)でも依頼者は同社の社長の妻でや撮影場所は社長の自宅だったという。読売テレビ『す・またん!』(2014年1月27日放送)では、オーストラリアに住みハウスクリーニングの会社を営む坂本氏の兄に依頼し、「架空の海外支店」を登場させたことも明かした。

坂本氏の告発に「お助け本舗」はどう答えるか。運営会社社長のA氏が書面で回答した。

『いきなり!黄金伝説。』でNHK番組での「ナメクジ駆除社員」が依頼者だったことについては、「撮影当時、当社の社員ではなく、撮影後に自ら便利屋を行ないたいと申し出があった」と回答。また、外から「ゴミを部屋に入れた事実は一切ありません」とした。

『キスマイフェイク』でA氏自宅が舞台だったことは「事実です」と認めている。

オーストラリア支店については、坂本氏と言い分が異なった。

「元々、坂本氏の兄が当社の仕事と重複するハウスクリーニング業をオーストラリアで行なっており、坂本氏の提案を受け現在に至っております。依頼としては成約しておりませんが、同国でのご相談を何度かお受けしております」

坂本氏の兄の会社は、いわばフランチャイズ加盟店であるという主張のようだ。そこでオーストラリアにいる坂本氏の兄に電話取材すると、こう答えた。

「弟から『(同社)相談役のBさんに頼まれた』といわれ手伝いました。うちの会社のスタッフがユニフォームを着て撮影し、写真を送りました。お助け本舗からは仕事も貰っていませんし、契約も結んでいない。弟も会社を去ったのでHPからも消して欲しいです」

坂本氏のいうとおり、番組内容がウソで塗り固められていたら、テレビ局はまんまと騙されたということになる。しかし各局とも検証したり、視聴者に説明したりする気はないようだ。

「坂本一生氏の当時の様子をクイズ形式で取り上げたバラエティ番組です。それ以上お答えすることはありません」(TBS)

「番組担当者や、取材対象者に事実関係等を確認致しました。ご指摘の内容については把握しておりません」(読売テレビ)

「事実関係を確認しているところです」(テレビ朝日)

坂本氏が悔恨の念をこめていう。

「同じスタッフや住宅が依頼者として何度も登場していましたし、いつも“今度こそバレるんじゃないか”と冷や汗の連続でした。もうこんな嘘に塗り固められた生活は送りたくない。すべて吐き出した上で、テレビ局の皆さんにも、視聴者の皆さんにも改めて謝りたいと思います」

日本を代表する大メディアが、ここまで原始的なやらせ、仕込みを堂々と放映していたとすれば、それこそ自民党に呼び出されて吊るし上げられそうな話である。「ウソでもいい」は日本のテレビ界全体の悪習なのだろうか。

未分類

被害者の父

Published by:

被害者の父

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

近年、TVで毎日のように問いただされている犯罪被害に我々は警察すら動いてくれないトラブルにクライアントの皆様と一緒に立ち向かい多くのトラブルをこの手で解決してきました。

犯罪になりそうなトラブルごとについても解決してきました。事件にはなっていないけど不安だ怖いそういうことは生きている限り付きまといます。

同級生にタリウム飲ませ再逮捕 「罪を償ってほしい」

同級生に劇物のタリウムを飲ませたとして、名古屋大学の女子学生が、殺人未遂の疑いで再逮捕された事件で、被害者の父親が、FNNの取材に応じ、今の心境を語った。
被害者の父親は「(タリウムを飲まされたあとは?)1週間くらいしたら、手足とか関節とかに、力が入らなくなり、だんだん、髪の毛も抜けてきて。当時は、もうだめかなと思いました」と話した。
父親によると、被害者が入院中に、容疑者の女子学生が、実際にお見舞いに来たという。
被害者の父親は、「自分がタリウムを飲ませておいて、お見舞い。信じがたいですね」、「とんでもない人だと思いました。罪を償ってほしい。家族全員に謝ってほしい」などと話した。
女子学生は「タリウムを飲ませて、観察をしたかった」という趣旨の供述をしていて、警察では、女子学生が殺人事件や死体に強い関心を持っていたとみて調べている。
警察が動いてくれそうにない犯罪トラブルにもコンサルティングをさせていただいております。

複雑に絡み合った現代社会では気付かないうちに自分が犯罪トラブルに巻き込まれているということがよくあります。

早期解決が一番重要です。秘密厳守は絶対です。どうぞ気兼ねなくご連絡ください。

 

未分類

セクハラ訴訟

Published by:

セクハラ訴訟

現在、就職すること自体が難しくなってきているのが現状です。

一般的にセクハラとは職場等で行われる性的な嫌がらせのことです。特にその多くは男性上司が女性の部下に対し自らの立場を利用して行うものがほとんどです。

そして,不満を持っているのにも関わらず職場で噂がたったりすることを恐れて何もできずに泣き寝入りしている人がほとんどだと思います。

やっと就職先が見つかり希望や不安をもちながら も、やっと仕事に慣れた頃に、パワーハラスメント等を受けてしまって辞めたいと考え悩んでいる人が多くいま す。辛く苦しくても不景気だから辞められないという方は大勢いらっしゃるではないでしょうか? 仕事は生きていく上でも切っても切り離せないものです。

 

女性の職名明かす
宮城県大衡(おおひら)村の跡部(あとべ)昌洋前村長(66)にセクハラを受けたとして、村の50代女性職員が前村長を相手取り1000万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、仙台地裁(宮崎謙裁判官)であった。跡部氏側は答弁書で請求棄却を求め、争う構えを見せた。

また裁判官が訴訟書類上での女性の氏名秘匿を依頼したのに対し、跡部氏側の弁護士が女性の職名を法廷で明言したうえで「難しいと思いますよ。もう出ている」と反発した。訴訟関係者によると、女性の氏名や職名は訴状に明記されているが、閲覧が制限されており一般人が知ることはできない。

職名が明かされたことについて、女性側の弁護士は法廷で「プライバシーの配慮が足りない」と批判。裁判官が重ねて秘匿を依頼し、跡部氏側弁護士は「分かりました」と述べた。

女性側の訴えによると、跡部氏は村長だった昨年4~9月、出張先や自宅などで10回以上女性に性的関係を強要し、食事の誘いや連絡を迫るメール約1300通を送ったとされる。

未分類

着替え盗撮

Published by:

着替え盗撮

 

盗聴に気付いたら、即調査

増え続ける「盗聴被害」。あなたは大丈夫ですか

当社に寄せられる盗聴相談は、なんと年間3000件を超えます。それほど被害は多く、テレビの中だけではなく身近な問題になっているのです。

盗聴調査は、お任せください。

24時間365日安心価格で対応します

盗聴被害の可能性がある方は、プロの調査員にご相談ください。当社は、長年の実績で多くのお客様の安心と信頼を寄せられています。盗聴トラブルは、当社にお任せください。
「原宿H」の社長・樺沢潤容疑者(38)ら5人は1月、東京・渋谷区の事務所で、20代の女性に下着を渡して着替える様子を盗撮し、有料動画サイトに掲載した疑いが持たれています。警視庁によりますと、樺沢容疑者らは、JR原宿駅近くで「モデルに興味ありませんか。芸能関係者も来ています」などとスカウトし、言葉巧みに下着に着替えさせていました。樺沢容疑者は容疑を否認しています。警視庁は、樺沢容疑者らが他にも多くの女性の動画をサイトに掲載し、去年5月以降、390万円を売り上げていたとみて調べています。

警視庁は、撮影対象者が公開を望まない、性的画像の拡散を防ぐ目的で制定されたリベンジポルノ被害防止法違反を適用。
交際相手や元交際相手が、腹いせで動画を公表した以外でこの法律が適用された、初のケースとなった。
樺沢容疑者は、「被害者の名前に記憶がなく、動画を見ないとわからない」と供述しているという。
調べに対し、樺沢容疑者は、容疑を否認しているが、警視庁は、ほかにも被害者がいるとみて捜査している。

未分類

不正受給 

Published by:

年金5,000万円以上不正受給

この問題は不正受給した者からちゃんと回収することができるのかということです。生活保護の不正受給然も当然必死に回収行うことが重要です。

不正してもお金の回収がなければ、不正受給ははいっこうに減ることはありません。

女は市正規職員・税務課で定年退職

死亡した両親の年金5,000万円以上を不正受給。86歳の女による犯行には、制度上の死角が深く関係していた。

8日午後0時40分、鈴木光枝容疑者(86)の身柄が、岐阜地検多治見支部へと送られた。

死亡した両親の年金をだまし取った詐欺などの疑いで逮捕されたのは、岐阜・恵那市の鈴木光枝容疑者。

鈴木容疑者は、1965年に母が60歳、その3年後に父が65歳でそれぞれ亡くなった。

しかし、市役所に死亡届は出したものの、年金については、両親が生存しているかのように装い、2人分の年金を、およそ50年にわたって不正に受給していたとみられている。

近所の人は「(亡くなって)もう何年になるか、わからないくらい。(お葬式は?)やったよ」と話した。

およそ50年にわたり年金を不正に受給し続けた鈴木容疑者。

その額は5,000万円以上にのぼるとみられている。

玄関に、大きなタヌキの置き物が置かれた住宅。

鈴木容疑者は、ここで、妹とその娘との3人で暮らしていた。

近所の人は、「結構、いろんなところに出かけたり、金遣いは結構、派手だったと、おばあちゃんたちに聞いたことがある」、「(みんなで集まった時に)みんな駄菓子を持ってきたんだけど、あの人(鈴木容疑者)は、おまんじゅうとかいいものを持ってきた」などと話した。
また、80年来の友人だという男性は「美人で、このあたりでも一番の鈴木光枝です。一番。(何が一番?)人間的。『金は何とかなるからいらん』(と言っていた)」と語った。

裕福そうに見え、いつもおしゃれに着飾っていたという鈴木容疑者。

8日、恵那市役所は会見で、鈴木容疑者が1989年に定年退職するまで、市の職員として働いていたことを明らかにした。

恵那市役所は、会見で「最後は税務課です。(正規職員?)そうです。定年で退職しています」と語った。

鈴木容疑者の両親がもし生きていれば、112歳と110歳という年齢になる。

年金機構の担当者は「死亡の情報というのは、市町村ではないので持っていない。(生存の)確認方法として、現況届の確認と現在なっています」と語った。

年金機構によると、現在は、年金受給者の99%以上が、住基ネットで情報が共有されているので、生存の確認ができるという。

しかし、0.4%にあたるおよそ14万人については、年に1回提出される現況届に、生存の記載があれば、年金が支払われるという。

塩崎厚労相は「再発防止にしっかり努めていかないといけないので、住基ネットによる生存確認が、いっそう徹底されるよう、手を打ちたい」と述べた。

今回、事件が発覚したきっかけは、75歳以上で介護保険を利用していない人を対象に行った、年金機構による一斉調査だった。

警察の調べに、鈴木容疑者は「身に覚えはない。現況届は見たことがない」と容疑を否認しているという。

未分類

告発 

Published by:

告発 

信頼と実績のリピート率72.8%!!お悩み事、問題事の解決方法をお探しのお客様、当社へ是非ご相談ください!一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。そのようなお悩みをお持ちのお客様がいらっしゃいましたら、ご相談くださいませ。確かな知識を備えた専門のスタッフがあなたのお悩みや問題を徹底的にサポートし、早期解決とへ導くべく、お客様の幸せの一助になる事を志し、誠心誠意、まごころを持ってお手伝いをさせて頂きます。男女のもつれや近隣とのやっかい事、金銭や犯罪にまつわる問題だけでなく、家族・親族間での心配事は勿論の事、職場や企業における悩み事、商取引における衝突などにも対応させて頂きます。これら以外にも諸々のご相談事を承っておりますので、該当するものがないと思われるケースに遭遇しておられる方も、是非一度当方までお問い合わせ頂ければ、専門スタッフがご相談に応じさせて頂きます

NHKドキュメンタリー番組で“やらせ”

また“やらせ問題”か!? 報道番組「クローズアップ現代」での“過剰な演出”で、担当記者らへの懲戒処分が7日に発令されたばかりのNHKをめぐり、新たな告発が飛び出した。別の番組で取材対象者側の作為的行為による「“やらせ”があった」というのだ。告発者は、取材対象の関係者だったタレントの坂本一生(44)ら。「ドキュメンタリーでウソは許されない。NHKが全く真偽を確認しないまま企業の誇大広告を垂れ流したようなもの」と本紙に、番組のからくりを洗いざらい明かした。

“やらせ”があったというのは、企業や店を3日間“定点”で追いかけ、現代の人間模様をあぶり出すNHKのドキュメンタリー番組「ドキュメント72時間」(金曜午後10時55分)。坂本自身が3月まで取締役を務めていた「便利屋!お助け本舗」を取り上げた「便利屋、都会を走る」(今年2月13日放送)の回だ。

これまでは知名度を生かして坂本が「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日系)や「スクール革命!」(日本テレビ系)など数々のバラエティー番組に出演し、同社の宣伝をする広告塔の立場だった。

坂本は本紙と一部週刊誌に「今回、僕は(その番組には)出演しなかったが、番組で紹介された依頼内容のほとんどが“やらせ”で、登場した依頼主の家は過去に私が番組のロケで何度も訪れた同社代表の奥さんの実家なのです。バラエティー番組での多少の仕込みは許容できても、ドキュメンタリーでウソは許されない。NHKが全く真偽を確認しないまま企業の誇大広告を垂れ流したようなもの」と告発を決意した経緯を説明した。

密着取材は昨年12月5日午後から8日午前までの72時間。お客の要望で、風呂場に出たナメクジ駆除、結婚記念日に妻に贈るケーキの購入代行、ケガした主婦の大掃除代行、犬の散歩代行などの依頼内容に出向く便利屋の仕事に密着した内容だった。

だが、現場に同行した関係者は本紙に「夜中に依頼電話がかかってきたナメクジ駆除も仕込みです。従業員が調達した2匹のナメクジを撮影前に風呂場にセッティングしたんです。NHKカメラマンに『こんなキレイな風呂にナメクジが出るんですねぇ』と聞かれて言葉に詰まりました。窓もないのにどこから侵入したのか(苦笑)」と明かした。

取材を受ける側がやらせをしていたというのだ。では、取材したNHK側は、それを知っていたのか。取材クルーは1班5~6人からなる2班態勢で密着取材した。

前出の関係者は「NHKから“こういう絵が欲しい”などと指示されたことはない。ですが、ある従業員が依頼を終えて事務所に戻ると、別の従業員が“依頼”されたというジグソーパズルを完成させており、NHKはずいぶん効率よく絵が撮れておいしいとは思ったはず。実際には12月に依頼の電話がジャンジャン鳴ることはないし、ジグソーパズルの依頼なんてまず聞いたことがない。便利屋の事務所には24時間、定点カメラ2台が設置されていたので、その映像と音声を確認すれば、こちらでやらせを指示する様子にもNHKは気がつく部分もあったと思う」という。

坂本は責任を感じている。自身が広告塔となってフランチャイズに加盟した人々がいたからだ。バラエティー番組では取締役で「年収2000万円」と語っていたが、取締役とは名ばかりで実際は月給数十万円だった。

「加盟店に対する搾取などの社内的問題でたまりかねていたところにNHKの番組が放送されて、これ以上“ウソ”の広告塔に利用されるのは嫌だと会社を離れることにした」

未分類

「クロ現」問題 

Published by:

NHK「クロ現」問題 

近年、個人トラブルと同様に、企業間のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします!

BPOが審議入り

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・川端和治弁護士)は8日、記者の指示によるやらせが指摘されたNHKの報道番組「クローズアップ現代」などについて審議入りすることを決めた。

今後、担当記者らNHK側に聞き取り調査を行うなどして意見を集約する。

対象となったのは、昨年5月に放送された「追跡“出家詐欺”」。同様の内容を扱った同年4月の関西ローカル「かんさい熱視線」も対象となった。川端委員長は委員会後、「BPOとしての意見を言うことに意味がある。『やらせ』かどうかは言葉の定義の問題で、その議論は不毛ではないか。違う切り口を考える必要がある」と述べた。

番組に詐欺に関わるブローカーとして登場した大阪府内の男性は4月21日、BPOの放送人権委員会に人権侵害を申し立てていた。同委員会は今後、放送倫理検証委の審議とは別に、審理入りを議論する。

NHKの調査委員会は同月28日、「過剰な演出や視聴者に誤解を与える編集」を認めた調査報告書を公表。事実の捏造(ねつぞう)につながるやらせは認定しなかった。

未分類

出会い系トラブル

Published by:

出会い系トラブル

 

現在、パソコンを所有している家庭のほとんどがインターネットを使える環境にあります。
そして、ネット環境が生活の一部となりつつあります。それと同時にネットトラブルが多発しています。
ネットが使えることにより個々人のトラブルに遭遇する確率が格段にあがってきました。
多くのネットトラブルに対するお問い合わせに対応するため、弊社ではネットトラブルの専門のスタッフを用意しております。
まずは、ご連絡ください。あなたの力になります。

迷惑メール、出会い系社長送検 全国初

総務省から迷惑メール送信に関する報告を求められたのに期限内に回答しなかったとして、警視庁サイバー犯罪対策課は30日、特定電子メール適正化法違反(報告徴収)などの疑いで、出会い系サイト運営会社「ワールドコミニケーション」(東京都葛飾区)の社長(26)=同区=や実質経営者(28)=台東区=ら男3人と、法人としての同社を書類送検した。
同課によると、報告徴収違反容疑での立件は全国初。いずれも容疑を認め、「回答しなくてもいいと思った」などと話している。
同課は同社が営業を開始した2013年6月以降、20億通以上の迷惑メールを送り付け、有料サイトで約1億3000万円の利益を得たとみて調べている。
社長の送検容疑は13年12月~14年1月、メールの送信や表示方法について総務省から報告を求められたにもかかわらず、回答期限までに提出しなかった疑い。実質経営者ら2人は昨年11月、和歌山県内の50代男性に無断で広告メールを送った疑い。
ます。
当社では、まず十分に打ち合わせ、ヒアリングをし、トラブル、悩みの内容を検証し、その上で対策をします。
よって無駄のない解決へのアプローチが出来、早く、的確なトラブル解決、悩み解決が出来るのです。