Monthly Archives: 7月 2016

男女トラブル

男女トラブル

Published by:

男女トラブル

岡山 倉敷 津山

男女トラブルから事件へ

男女トラブルを放置していると大きな事件に発展することもあります。

九州の路上で、同じ予備校に通う女子生徒を刺殺したとして殺人容疑で逮捕された元少年について、鑑定留置の結果、刑事責任を問えるとの判断が出た。

元少年の精神状態を調べた鑑定留置は終わり、地検は勾留期限までに殺人罪などで起訴するとした。

帰宅途中の女子生徒を刃物で刺して殺害したとして、殺人容疑で逮捕されていた。

検察側は勾留途中に、「犯行前後の元少年の精神状態を慎重に調べる必要がある」として簡裁に鑑定留置を請求。医療施設で精神鑑定を行った結果、元少年はいくつかの発達障害の兆候はみられるものの刑事責任を問うことは可能との判断が出たと。

少年法は殺人などの重大事件を起こした1少年について原則、検察官が家裁に送致した後に検察官送致され、起訴されると定めている。捜査段階で20歳に達した場合は家裁を経由せずに、成人事件と同様の刑事手続きとなる。

元少年は、動機について「交際を断られ、女子生徒を恨んでいた」「勉強が手に付かなくなった」などと供述していた。

近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。

恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

養育費問題、トラブル

養育費の受け取り事情

Published by:

養育費の受け取り事情

離婚家庭の貧困が深刻のようです。8割を占める母子家庭の就労環境の厳しさに加え、元パートナーからの養育費が得られていないことがあげられる。母子家庭は養育費を受け取っている家庭は約20%といわれている。

 

国が違えば養育費の考え方も違ってきます

米国では運転免許停止などの制裁もあり、養育費不払いは犯罪の位置づけとなる。
養育費の取り決めが離婚時の条件になっている。さらに任意の支払いが滞ったときのために、さまざまな履行確保制度がある。

米国では、父親が養育費を支払わずに行方不明になった場合、「養育費強制プログラム」に沿って国や州政府が父親の捜索や支払い命令を行い、最終的に給与からの天引きや、失業給付の差し押さえなどをして徴収する。応じなければ、指名手配犯のように顔写真付きのポスターが街に張り出される。

スウェーデンでは、国が養育費相当額を立て替えて支払い、もう一方の元パートナーから回収する、立て替え払い制度が運用されている。低収入で養育費の取り決め額が少ない場合は、子の生活保障の観点から国が養育費に補助をしている。

国によっては全ての離婚を裁判所が審査し、養育費もチェックしている。

日本と同様、協議離婚の多い韓国でも、離婚時に養育費の支払い方法を記した協議書を裁判所に提出するよう義務付けらている。

日本では、離婚届に、養育費取り決めの有無についてチェック欄が設けられたが、強制ではない。

養育費でトラブルを回避するには自分で対応しなくてはならない。

今の日本では自ら対策を講じていかなくてはならない。

 

不倫 失踪調査

不倫相手と失踪 失踪調査

Published by:

不倫相手と失踪 失踪調査

失踪場所が福井県ということで、特定失踪者の一人だったそうです。

特定失踪者とは

原則として家族・関係者等から調査依頼があった「夜逃げをするような理由が全く見あたらないのに突然姿を消した人」で「北朝鮮による拉致の疑いが完全には排除できない人」を指す。

最近になって2人は失踪男性の女性問題を巡って喧嘩をしたようで、激怒した女性が警察に彼の居場所を伝えたそうです。

失踪には必ず理由があるものです。拉致されるということも理由ですが、不倫相手と失踪ということも当社では少なくない失踪理由です。

家族に不倫してますとは言うわけもなく、家族には失踪理由を知ることは大変困難なことです。

不倫、浮気はあらゆる問題を引き起こすことがあります。

不倫、浮気のトラブル回避は真実を知るところかr始まります。

事実を知ることが何よりも重要なことで、妄想を膨らませて妄想であらゆることを考えも、解決できることすら状況の悪化を招くことがあります。

パートナーに不信を感じているなら調査をお勧めします。不信感を持ってパートナーと接していても喧嘩が絶えないような状況になってしまいます。

不倫、浮気は黙っていて解決できないことがあることを理解してください。

パートナーが不意に失踪したなどの場合、失踪者の身辺調査をお勧めします。家族は知らなかった事実もたくさん出てくるものです。
 

交際相手とのトラブル

交際相手とのトラブル

Published by:

交際相手とのトラブル

交際相手と口論、車降り高速道路で事故
新名神高速道路で、道路上を歩いていて大型トラックにはねられ、死亡した女性は、22歳と分かったようである。交際相手の男性は、乗用車内で口論になり、女性が車を路側帯に止めるよう求め、自ら車を降りたという証言をしているようである。

男女間の交際では、しばしばパートナーと喧嘩や口論になってしまう。感情むき出しの喧嘩をしている最中は冷静な判断が出来なくなってしまうことがよくあります。そこ様な経験は誰でもあることです。

しかし冷静な判断ができないときの行動や言動は失敗することが多く、考えて高度をとっていないため、取り返しがつかないことをやったり,言ったりするものです。

感情抜きで冷静に判断する方法の一つに事実、現実を見つめなおすことで冷静に、事実のみを見つめることができます。

浮気を疑ったときにも、感情的になってもよいことはなくまずおつつくことが重要です。その上で事実のみを精査すればどうしたらよいか見えてくるのです。

妄想で怒っていたのでは、だれも相手にしてくれないのです。そんな時には私たちに浮気調査依頼をすることをお勧めします。

浮気の事実、浮気の状況を十分に分析できる資料をもって浮気の問題を解決すれば大きな間違いを起こさなくて済むのです。

 

交際相手とのトラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みをアンバサダー調査事務所がが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

不倫トラブル

不倫トラブル事件

Published by:

不倫トラブル事件

 

妻の友人と不倫 結末は殺害

妻の友人の26歳の女性を殺害したとして逮捕された男が「別れ話になり不倫が妻にばれてすべてが嫌になった」と供述しているとの事件がありました。

容疑者はマンションで、被害女性の首を電気コードで絞めて殺害した疑いで逮捕されました。容疑者が「被害女性と別れ話になり、妻に不倫がばれて大事になり、すべてが嫌になって死にたいと思った」と供述しているようです。被害女性は別の交際相手ができたため、容疑者との不倫関係を清算しようと友人でもある容疑者の妻にLINEを送ったとみられています。

被害者である女性の行動は一般的には理解に苦しむ行動ですが、なぜ自らの不倫を不倫相手の妻に送ったのか、当然慰謝料が発生することも考えるし、相手も傷つけてしまうことは当然誰でも理解できることです。

どのような理由があれ不倫相手の妻に連絡をとる行動は普通ではないと考えられます。

この被害女性は、不倫したことの責任も取らずに死んでしっまっていますが、恋愛は自由ですがその責任をとることは義務であることを分かったいなかったのか不可思議な事件です。
ちなみに容疑者は、「気が付いたら首を絞めていた。殺意はなかった」と容疑を一部否認しています。

 

不倫トラブル解決

岡山の探偵アンバサダー調査事務所では、あらゆる調査を通じて交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えていることに直面していきました。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。