Monthly Archives: 8月 2016

妻の不倫 慰謝料請求

妻の不倫 慰謝料請求

Published by:

妻の不倫 慰謝料請求

岡山 倉敷 津山

 不倫の慰謝料請求時に注意しないといけないことがあります。それは感情的にならないと言うことです。感情的になると冷静な判断ができなくなるのです。冷静に獲物をを追い込むことが重要です。感情的になることは十分に理解できますが、我慢できなければ別の方法を考える必要がありました

配達先の客先になる奥さんと不倫、相手の夫に不倫がばれて蹴られけけられたりする 妻に浮気をされた夫は傷害容疑で逮捕される。

妻の不倫相手を蹴ってけがをさせるなどしたとして、会社員の貴容疑者を傷害や器物損壊などの疑いで逮捕された事件があった。

容疑者は、30歳代前半の妻の不倫相手で生協職員の男性をゴルフ練習場の駐車場に呼び出し、「100万円払うか、ここでお前の携帯電話を壊すか選べ」とすごみ、金づちで男性の携帯電話をたたき壊した上、男性の右足を数回蹴ってけがをさせるなどした疑いがある。容疑者は容疑を認めているということです。

男性は生協の配達員で、容疑者の自宅も担当。配達を通じて容疑者の妻と知り合い、不倫関係になったという。

この事件は、本来不倫をされた被害者が十分な考えのもとで感情を殺し、相手を追い詰めることができなかった結果として、自分が傷害で逮捕されました。

悔しいことですが、感情を相手にどうぶつけるかは示談交渉では重要なことです。

暴力といった行動を選択してしまったら、不倫の被害者は変わりませんが、暴行の加害者となってしまったようです。

当社では不倫の慰謝料請求のサポートも行っています。不倫の慰謝料請求をお考えなら当社に相談ください。

ストーカー対策 ストーカー調査

上司がストーカー

Published by:

上司がストーカー

誰にでも悩み事を相談するものではありません。相談した相手がストーカーに変貌するということもよくあることです。親身に相談に乗るという行為が恋愛感情を相手に抱かすきっかけとなるのです。相談先は十分に検討するべきです。

部下の女性宅に繰り返し侵入

部下の女性職員宅に侵入を繰り返していたとして、中学校の教頭を公務外非行による懲戒免職処分にした。

教頭として勤務していた昨年、部下の20代女性宅の鍵を盗んで合鍵をつくり、計10回程度、女性の留守中に侵入を繰り返していたという。

住居に侵入していることに気づいた女性が、警察に被害届を提出。教頭は、警察の任意聴取に自らの行為を認めた。

女性が仕事上の悩みを相談され好意を持つようになり、人間関係が気になって確かめたくなった。と話している。
男女トラブルに関するご相談が増加しております

ストーカーの加害者となる人の多くは、被害者と面識がある人が多いことを考えると対応が困難なものになってきます。まして職場の上司となればなおさらです。

また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。

そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。