Author Archives: hiroyuki

妻の不倫 慰謝料請求

妻の不倫 慰謝料請求

Published by:

妻の不倫 慰謝料請求

岡山 倉敷 津山

 不倫の慰謝料請求時に注意しないといけないことがあります。それは感情的にならないと言うことです。感情的になると冷静な判断ができなくなるのです。冷静に獲物をを追い込むことが重要です。感情的になることは十分に理解できますが、我慢できなければ別の方法を考える必要がありました

配達先の客先になる奥さんと不倫、相手の夫に不倫がばれて蹴られけけられたりする 妻に浮気をされた夫は傷害容疑で逮捕される。

妻の不倫相手を蹴ってけがをさせるなどしたとして、会社員の貴容疑者を傷害や器物損壊などの疑いで逮捕された事件があった。

容疑者は、30歳代前半の妻の不倫相手で生協職員の男性をゴルフ練習場の駐車場に呼び出し、「100万円払うか、ここでお前の携帯電話を壊すか選べ」とすごみ、金づちで男性の携帯電話をたたき壊した上、男性の右足を数回蹴ってけがをさせるなどした疑いがある。容疑者は容疑を認めているということです。

男性は生協の配達員で、容疑者の自宅も担当。配達を通じて容疑者の妻と知り合い、不倫関係になったという。

この事件は、本来不倫をされた被害者が十分な考えのもとで感情を殺し、相手を追い詰めることができなかった結果として、自分が傷害で逮捕されました。

悔しいことですが、感情を相手にどうぶつけるかは示談交渉では重要なことです。

暴力といった行動を選択してしまったら、不倫の被害者は変わりませんが、暴行の加害者となってしまったようです。

当社では不倫の慰謝料請求のサポートも行っています。不倫の慰謝料請求をお考えなら当社に相談ください。

ストーカー対策 ストーカー調査

上司がストーカー

Published by:

上司がストーカー

誰にでも悩み事を相談するものではありません。相談した相手がストーカーに変貌するということもよくあることです。親身に相談に乗るという行為が恋愛感情を相手に抱かすきっかけとなるのです。相談先は十分に検討するべきです。

部下の女性宅に繰り返し侵入

部下の女性職員宅に侵入を繰り返していたとして、中学校の教頭を公務外非行による懲戒免職処分にした。

教頭として勤務していた昨年、部下の20代女性宅の鍵を盗んで合鍵をつくり、計10回程度、女性の留守中に侵入を繰り返していたという。

住居に侵入していることに気づいた女性が、警察に被害届を提出。教頭は、警察の任意聴取に自らの行為を認めた。

女性が仕事上の悩みを相談され好意を持つようになり、人間関係が気になって確かめたくなった。と話している。
男女トラブルに関するご相談が増加しております

ストーカーの加害者となる人の多くは、被害者と面識がある人が多いことを考えると対応が困難なものになってきます。まして職場の上司となればなおさらです。

また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。

そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

 

 

男女トラブル

男女トラブル

Published by:

男女トラブル

岡山 倉敷 津山

男女トラブルから事件へ

男女トラブルを放置していると大きな事件に発展することもあります。

九州の路上で、同じ予備校に通う女子生徒を刺殺したとして殺人容疑で逮捕された元少年について、鑑定留置の結果、刑事責任を問えるとの判断が出た。

元少年の精神状態を調べた鑑定留置は終わり、地検は勾留期限までに殺人罪などで起訴するとした。

帰宅途中の女子生徒を刃物で刺して殺害したとして、殺人容疑で逮捕されていた。

検察側は勾留途中に、「犯行前後の元少年の精神状態を慎重に調べる必要がある」として簡裁に鑑定留置を請求。医療施設で精神鑑定を行った結果、元少年はいくつかの発達障害の兆候はみられるものの刑事責任を問うことは可能との判断が出たと。

少年法は殺人などの重大事件を起こした1少年について原則、検察官が家裁に送致した後に検察官送致され、起訴されると定めている。捜査段階で20歳に達した場合は家裁を経由せずに、成人事件と同様の刑事手続きとなる。

元少年は、動機について「交際を断られ、女子生徒を恨んでいた」「勉強が手に付かなくなった」などと供述していた。

近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。

恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

養育費問題、トラブル

養育費の受け取り事情

Published by:

養育費の受け取り事情

離婚家庭の貧困が深刻のようです。8割を占める母子家庭の就労環境の厳しさに加え、元パートナーからの養育費が得られていないことがあげられる。母子家庭は養育費を受け取っている家庭は約20%といわれている。

 

国が違えば養育費の考え方も違ってきます

米国では運転免許停止などの制裁もあり、養育費不払いは犯罪の位置づけとなる。
養育費の取り決めが離婚時の条件になっている。さらに任意の支払いが滞ったときのために、さまざまな履行確保制度がある。

米国では、父親が養育費を支払わずに行方不明になった場合、「養育費強制プログラム」に沿って国や州政府が父親の捜索や支払い命令を行い、最終的に給与からの天引きや、失業給付の差し押さえなどをして徴収する。応じなければ、指名手配犯のように顔写真付きのポスターが街に張り出される。

スウェーデンでは、国が養育費相当額を立て替えて支払い、もう一方の元パートナーから回収する、立て替え払い制度が運用されている。低収入で養育費の取り決め額が少ない場合は、子の生活保障の観点から国が養育費に補助をしている。

国によっては全ての離婚を裁判所が審査し、養育費もチェックしている。

日本と同様、協議離婚の多い韓国でも、離婚時に養育費の支払い方法を記した協議書を裁判所に提出するよう義務付けらている。

日本では、離婚届に、養育費取り決めの有無についてチェック欄が設けられたが、強制ではない。

養育費でトラブルを回避するには自分で対応しなくてはならない。

今の日本では自ら対策を講じていかなくてはならない。

 

不倫 失踪調査

不倫相手と失踪 失踪調査

Published by:

不倫相手と失踪 失踪調査

失踪場所が福井県ということで、特定失踪者の一人だったそうです。

特定失踪者とは

原則として家族・関係者等から調査依頼があった「夜逃げをするような理由が全く見あたらないのに突然姿を消した人」で「北朝鮮による拉致の疑いが完全には排除できない人」を指す。

最近になって2人は失踪男性の女性問題を巡って喧嘩をしたようで、激怒した女性が警察に彼の居場所を伝えたそうです。

失踪には必ず理由があるものです。拉致されるということも理由ですが、不倫相手と失踪ということも当社では少なくない失踪理由です。

家族に不倫してますとは言うわけもなく、家族には失踪理由を知ることは大変困難なことです。

不倫、浮気はあらゆる問題を引き起こすことがあります。

不倫、浮気のトラブル回避は真実を知るところかr始まります。

事実を知ることが何よりも重要なことで、妄想を膨らませて妄想であらゆることを考えも、解決できることすら状況の悪化を招くことがあります。

パートナーに不信を感じているなら調査をお勧めします。不信感を持ってパートナーと接していても喧嘩が絶えないような状況になってしまいます。

不倫、浮気は黙っていて解決できないことがあることを理解してください。

パートナーが不意に失踪したなどの場合、失踪者の身辺調査をお勧めします。家族は知らなかった事実もたくさん出てくるものです。
 

交際相手とのトラブル

交際相手とのトラブル

Published by:

交際相手とのトラブル

交際相手と口論、車降り高速道路で事故
新名神高速道路で、道路上を歩いていて大型トラックにはねられ、死亡した女性は、22歳と分かったようである。交際相手の男性は、乗用車内で口論になり、女性が車を路側帯に止めるよう求め、自ら車を降りたという証言をしているようである。

男女間の交際では、しばしばパートナーと喧嘩や口論になってしまう。感情むき出しの喧嘩をしている最中は冷静な判断が出来なくなってしまうことがよくあります。そこ様な経験は誰でもあることです。

しかし冷静な判断ができないときの行動や言動は失敗することが多く、考えて高度をとっていないため、取り返しがつかないことをやったり,言ったりするものです。

感情抜きで冷静に判断する方法の一つに事実、現実を見つめなおすことで冷静に、事実のみを見つめることができます。

浮気を疑ったときにも、感情的になってもよいことはなくまずおつつくことが重要です。その上で事実のみを精査すればどうしたらよいか見えてくるのです。

妄想で怒っていたのでは、だれも相手にしてくれないのです。そんな時には私たちに浮気調査依頼をすることをお勧めします。

浮気の事実、浮気の状況を十分に分析できる資料をもって浮気の問題を解決すれば大きな間違いを起こさなくて済むのです。

 

交際相手とのトラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みをアンバサダー調査事務所がが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

不倫トラブル

不倫トラブル事件

Published by:

不倫トラブル事件

 

妻の友人と不倫 結末は殺害

妻の友人の26歳の女性を殺害したとして逮捕された男が「別れ話になり不倫が妻にばれてすべてが嫌になった」と供述しているとの事件がありました。

容疑者はマンションで、被害女性の首を電気コードで絞めて殺害した疑いで逮捕されました。容疑者が「被害女性と別れ話になり、妻に不倫がばれて大事になり、すべてが嫌になって死にたいと思った」と供述しているようです。被害女性は別の交際相手ができたため、容疑者との不倫関係を清算しようと友人でもある容疑者の妻にLINEを送ったとみられています。

被害者である女性の行動は一般的には理解に苦しむ行動ですが、なぜ自らの不倫を不倫相手の妻に送ったのか、当然慰謝料が発生することも考えるし、相手も傷つけてしまうことは当然誰でも理解できることです。

どのような理由があれ不倫相手の妻に連絡をとる行動は普通ではないと考えられます。

この被害女性は、不倫したことの責任も取らずに死んでしっまっていますが、恋愛は自由ですがその責任をとることは義務であることを分かったいなかったのか不可思議な事件です。
ちなみに容疑者は、「気が付いたら首を絞めていた。殺意はなかった」と容疑を一部否認しています。

 

不倫トラブル解決

岡山の探偵アンバサダー調査事務所では、あらゆる調査を通じて交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えていることに直面していきました。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

男女トラブル

男女トラブルでGPSストーカー

Published by:

男女トラブルでGPSストーカー

GPSは位置情報を計測するために設置するもので、本来の目的以外で使用するケースも目立ってきています。ストーカーなどにとって対象者の位置情報を得ることは非常に有益となるためGPSを利用することもあるでしょう。

GPSストーカー

GPSとは

カーナビゲーション・システムなどに用いられている人工衛星を利用した位置情報計測システム。最近では、携帯電話やノートパソコン、防犯装置などに搭載され、応用範囲が広がっている。今回のケースではGPSを自転車に設置し行動を把握するために利用したのでしょう。

東京都内の高校に通う女子生徒の自転車に全地球測位システム(GPS)の発信器を取り付け、行動を見張ったなどとして、警視庁は、ストーカー規制法違反容疑で、自称会社員を逮捕した。

逮捕した男は容疑を認め、女子生徒に好意を持っていたとの趣旨の話をしているという。

路上で女子生徒を待ち伏せした上、自転車のサドル裏にテープでGPS発信器を取り付け、ストーカー行為をした疑いの様です。

2人はツイッター上で知り合った。ライブのチケットを購入するため三浦容疑者と数回会った後、待ち伏せなどのストーカー行為が始まった。女子生徒は「もう来ないでください」と拒否していたという。

ストーカー行為は何よりも迅速な対応が肝心です。つきまとい行為や盗聴・盗撮、執拗な無言電話などから次第にエスカレートしていき、大きな事件にもなりかねない問題です。

異変に気付いたなら、いつごろから、どのようなことがあったのかわかりやすく記録を取るようにしていくことも必要です。また ストーカー規制法が制定され、警察も介入できるようになったのですが、証拠がないと思うようにはなかなかいきません。自分の身は自分で守る・・。

その意識が必要です。大きな被害になる前にアンバサダー調査事務所へご相談ください

不倫脅迫 浮気脅迫

不倫脅迫事例

Published by:

不倫脅迫

去年末から、同僚に不倫の脅迫を受けている方からの案件がありましたがやっと解決しました。

被害者は女性、加害者も同僚の女性です。

不倫のお相手は会社の上司

当社に解決依頼の経緯

加害者の同僚が不倫のネタにあらゆる要求を去年夏から要求をされていたのです。当社のクライアントは既婚者で子供二人とご主人で戸建てに住む普通の家庭です。

当社に相談に来たときは300万円ぐらいの被害が出ていました。

このような状況では、警察に相談することもできず困っていたのです。当然そのような状況を友達にも相談することもできず当社に来ました。

 

まず状況分析が始まりとなり、その分析結果をもとに対応を考えていきます。

状況分析を進めていると意外なことが分かってきました。

不倫相手の上司にも脅迫をしていることが分かったのです。その上司は私どものクライアントに脅迫されていることをいうことがなかったのです。

脅迫している同僚の女性は、パチンコ・スロットで多額の借金があり、旦那さんは仕事もせず朝からパチンコ屋に入りびたり、こんな家庭に子供が3人いました。

こんな人生半分投げたような人間に対して対応をとることは、脅迫されていた人にはできなかったのです。

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能

 

不倫調査

不倫調査 不倫疑惑

Published by:

不倫疑惑

不倫

不倫とはは本来は、倫理から外れたこと、人の道から外れたことを意味する。近年では特に、近代的な結婚制度(一夫一婦制)から逸脱した男女関係、すなわち配偶者のある男や女が配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことを指して用いられる。

最近では、タレントのベッキーが不倫報道でテレビから姿を消している。
男性国会議員として、初めて「育児休暇」を取得する意向を示していた、自民党の宮崎謙介衆議院議員が一部報道で不倫疑惑を報じられた。
宮崎議員が、女性を地元の京都の自宅などに連れ込むなど、不倫疑惑を報じたもの。
宮崎議員は、周辺に対して、女性との不適切な関係を認めているという。
宮崎議員は、2015年2月、同じ自民党の金子恵美衆議院議員と結婚し、先週、第1子が誕生しばかりで、男性の育児参加を促すために、男性国会議員として初めて、育児休暇を取得する意向を示していた。

 

本人も不倫を認めているなら今後どのような身の振り方をするのか関心がある。

 

不倫調査

不倫調査に関してのお問合せをよく頂きます。パートナーの帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、不倫のサインでもあるのです。少しでも夫/妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。

不倫トラブル

社内不倫が多い理由

Published by:

社内不倫が多い理由

浮気調査の依頼を受けているとわかることがあります。それは社内で不倫のパートナーを見つけているということです。

次にあげることは社内不倫に陥りやすい理由です。

毎日会える
「出会いがない」と嘆く人の勤務先は、小売・販売や外食、サービス業であることが少なくありません。こうした職場は、男性よりも女性の数のほうが圧倒的に多かったり、土日や祝日が出勤という勤務体系になっていて、一般男性との出会いも、デートする時間も、なかなか確保できないという状況に陥りがちです。そんな中でも職場が同じなら毎日会えることができれば不倫に発展することもあります。

同じ職場であれば、毎日顔を合わせることができますし、勤務時間だけでなく退社後も含めて共有する時間が増えます。社内恋愛中は、社内でイチャイチャしすぎて、周囲の反感を買わないように気をつけたほうがいいでしょう。周囲からパートーナーに情報を提供されてしまったケースがあります。

仕事の能力がわかる

仕事ができる人はモテます。
仕事に一生懸命取り組んでいる姿は、女性には魅力的に映るものです。

 

価値観の共感
そもそも同じ会社・仕事を選んで働いているという時点で価値観が似ているコカが多いことも事実です。それだけ共通の話題も多くなりますし、喜びや愚痴も強く共感できるものです。恋愛の相性としては最適と言えるかもしれます。同じ話題で盛り上がるパートナーがいるだけで幸せを感じる人も多くいるはずです。

 

「一人で悩んでいませんか」「もしかしたら、浮気をしているのかも」 そんな不安を私どもアンバサダー調査事務所が解決いたします。当社で一番多いご相談は浮気・不倫調査です。信頼したいパートナーの真実を知ることが、問題解決への第一歩です。実績のある当社へ安心してご相談ください。

男女トラブル

男女トラブルの本質

Published by:

男女トラブルの本質

嫉妬

嫉妬とは感情であり、何かを失うこと、個々がとても価値をおくものを失うことを予期することからくる懸念、怖れ、不安というネガティブな思考や感情である。嫉妬は、たとえば怒り、恨み、自分とは釣り合わないという感覚、どうにもできないという無力感、嫌悪感といったさまざまな感情との複合から成る場合が多い。嫉妬は文化依存的な現象だと私は考える。ブータンなどでは兄弟で一人の女性を妻としていることもある。もちろん兄弟間での嫉妬はない。

執 着

一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと。

 

嫉妬、執着は男女トラブルの大きな原因となる。下記の事件もそんなことが原因なのかもしれない。

交際女性殺害容疑で会社員逮捕

茨城県のマンションで交際女性をナイフで刺して殺害したとして、県警は3日、殺人容疑で会社員の容疑者(41)を逮捕した。
県警によると、「殺すつもりはなかったが、包丁で刺したのは間違いない」と供述しているという。
逮捕容疑は交際していた女性(28)のマンションの部屋で、女性の胸をペティナイフ(刃渡り約12センチ)で刺して殺害した疑い。

 

浮気調査に関してのお問合せをよく頂きます。旦那様の帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、浮気のサインでもあるのです。少しでも夫/妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。

浮気の悩み解決

浮気の疑惑

Published by:

浮気の疑惑

浮気の疑惑を放置すると

浮気の疑惑を抱えたまま夫婦生活をおくることは苦痛です。実際に事件に発展したケースも少なくなく「浮気の疑惑」の解決は夫婦生活にとって重要なことと言えます。一度不信感を持ってしまうと疑惑は消えることはなく、よくないことばかり考えてしまいます。

どうすればよいにかといえば、事実を知ることです。パートナーが浮気をしていても、浮気をしてなくても、事実は一つなのです。その事実が分かったうえでいろいろなことを考えることで解決策が見えてくるのです。

 

「5年前から寝室が別々」浮気疑い木刀で妻を殴打、夫を殺人未遂で現行犯逮捕

29日午前9時ごろ、大阪府高槻市の高槻の住民から「別の階の女性が助けを求めている」と110番があり、駆けつけた高槻署員が、木刀で妻(63)の頭などを殴ってけがをさせた団地に住む無職の男(66)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。妻は頭や肩に全治1週間のけが。

同署によると、29日朝、男は妻と口論になり、自宅にあった木刀(長さ約1メートル)で妻の後頭部や背中などを殴ったという。

調べに対し男は「5年前から寝室が別々になり、妻の浮気を疑っていた。懲らしめようと思った」と供述しているという。

 

浮気や不倫をしていると、「後ろめたい」気持ちから不審な行動をとるものです。 ウソも多くなります。相手の言うことを鵜呑みにせず、事実を知ることが重要です。

浮気調査からウソを暴くことは、自分を守る手段の一つです。岡山の探偵社アンバサダー調査事務所岡山へご依頼ください。

 

浮気調査の調査依頼なら岡山の探偵アンバサダー調査事務所へ

LINE 脅迫

LINEで交際女性脅迫

Published by:

LINEで交際女性脅迫

LINEを利用しての脅迫は多く、加害者は知人が多いのも特徴の一つです。交際が順調にいっているときは問題にはなることはありませんが、こじれてしまうと問題になることが多くあります。

交際を巡るトラブルから知人女性に LINE で脅迫したとして、岡山県警は岡山西署刑事二課巡査部長の 35 歳男を脅迫の容疑で逮捕したと発表した。

脅迫の容疑で逮捕されたのは、岡山西署刑事二課の巡査部長が、容疑を認めているとのこと。
岡山県警によると、容疑者は交際している女性に 20 日夜から 21 日未明にかけて、LINE で女性や家族に危害を加えるような内容を複数回送信した疑いが持たれている。

県警は、木村容疑者と女性に間に交際をめぐるトラブルがあったとしている。

県警は、女性の氏名や住所などのほか、木村容疑者が送信した内容やトラブルについて具体的には明らかにしていない。22 日に女性が県警本部に相談し、事件が発覚。容疑者は妻帯者だという。

県警ではトラブルのいきさつや当時の状況や経緯などについて詳しく調べる方針。

県警本部警務部長「 警察官がこのような容疑で逮捕されたことは遺憾。捜査により全容解明を図り、厳正に処分する 」とのコメントを発表した。

 

しかもこの事件は加害者は妻帯者ということで、本来ならこのようなことになることはあまりないにですが、恋愛感情が絡んでいると話は別です。

感情を上手にコントロールすることは非常に困難なことです。

 

上記のようなトラブルに巻き込まれたら当社に相談ください。あなたの力になります。

 

浮気や不倫の話題は、みなさん多く耳にすると思います。 会社でも浮気や不倫の話が聞こえてくることもあるでしょうし、 ママともやパート先でも浮気や不倫の話で盛り上がることもあると思います。

女子会や飲み会の席でもこのようなトークは日常です。 それほど浮気や不倫が起こっているのが今の世の中です。決して 岡山も例外ではありません。岡山県の浮気調査、不倫調査はアンバサダー調査事務所へご依頼下さい。

婚約トラブル

婚約者の浮気調査 素行調査 結婚前調査の重要性

Published by:

結婚前調査の重要性

婚約者の浮気調査 素行調査

婚約者が浮気をしているかもしれない

婚約者の素行が気になることがある

結婚の障害がないのに、結婚話が前に進まない

などの婚約者に対して不信を感じたときに行う調査が、結婚前調査で素行調査を行うとよいでしょう。
調査を行うと判明したことがを具体的に上げると次のようなことが挙げられます。
浮気の判明

浮気を疑っている場合、やはり他の異性の存在があったとわかることが多く、妊娠していたケースもありました。
結婚していた

すでに結婚しており、それを隠して付き合っていたもので、そもそも結婚できない相手であり、子供もいたということが判明したこともありました。

借金や浪費

借金や浪費でお金が回らず、隠れてバイトをしていた。ギャンブルにはまっていて多額の借金があり結婚ができる状態でなかった。キャバクラ通いをしていたきケースもあります。ギャンブルにお金をつぎこんで長時間時間をとられ、結婚が前に進まなかったということがありました。
対人トラブル

借金の保証人になっていた、女性に多額の援助をしていたなど、金銭が絡むケースです。また近隣トラブルを起こしていたケースもありました。
結婚詐欺

お金目的で複数の女性と交際していたということもあります。複数に女性から金銭をだまし取っていたケースもあります。また対象者は複数の偽名を使っていたことも判明しました。詐欺師は結婚をしていたケースもあり被害は最小限に抑えることができまた。
不信感をもったまま結婚を考えているあなた、今一度考えなおす勇気も必要です。

結婚前にしっかりと調査を行った方が安心できるでしょう。

不倫脅迫 浮気脅迫

浮気脅迫 映像・写真・画像 岡山 倉敷 津山

Published by:

浮気脅迫 映像・写真・画像 岡山倉敷津山

浮気の映像、証拠写真、画像で脅迫されている方からの依頼が多く、個人でに対応は大変困難なものです。

また、誰にも知られずに解決することが優先される案件です。

 

トラブルや問題が身に降りかかった時、
「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、アンバサダー調査事務所へご相談ください。
あらゆるトラブルを解決してきた専門家がが貴方のトラブル解決をサポートします。

貴方がじっとしている間も、貴方を脅迫している相手は先を見越して策を練っているはずです。仕組まれたトラブルである場合、貴方はすでに相手のペースで対応をしていかなければなりません。

罠にはまったトラブルは、急に起きるものです。相手によってはたいへん厄介な問題で、貴方の今後の人生を大きく揺るがすこともあります。多くの方はトラブル慣れしておらず、どうしてよいのか戸惑うことでしょう。泣き寝入りをするか、解決するかのどちらかです。世間では、正しいから勝つのではなく、強いものが勝っています。

トラブルに巻き込まれた時に思い知らされる現実です。

 

浮気の脅迫・恐喝・強要の被害に遭ったしまった時、貴方はいったい誰に相談をしますか?
家族や友人、交際相手ですか? または、会社の上司や同僚といった貴方の周りの人物でしょうか?

簡単に相談を持ち掛けることはお勧めできません!

不倫復讐 浮気復讐

不倫相手に復讐、制裁

Published by:

不倫相手に復讐、制裁

不倫相手に復讐や制裁を考えている人は多くいます。

なぜそのような感情を抱くのでしょうか、それは気持ちに整理がつかないからです。実際にパートナーの浮気や、不倫に苦しみその後の人生を台無しにしてしまっている人も多く不幸なことです。

自分の気持ちに整理がつかないため、復讐、制裁を考えているのです。当然何らかのアクションを起こさないと気が収まらなくなります。そんなときには犯罪を犯さないよう対応を考える必要が出てきます。

そんな時には当者を利用ください。

不倫調査、浮気調査を通じて最適な方法を考えましょう。

浮気調査、不倫調査とは、一方の配偶者や婚約者又は恋人に浮気の疑いがある際に、その事実を確認する為に実施される行為をいう。調査は疑いを持った人物が自ら行う事もあるが、一般的には、専門の探偵や興信所などの浮気調査を取り扱う調査会社に依頼することも多く行われている。

ここに云う、浮気、不倫とは、異性交際において本命の恋人と交際関係を維持しながら、無断で他の異性と交際することを指す。但し、厳密には交際する相手は特に異性に限定されていない。 なお、一般に浮気調査という場合には、既婚者が他の異性と肉体関係を結ぶ不倫行為の調査も含まれている。

 

浮気や不倫の話題は、みなさん多く耳にすると思います。 会社でも浮気や不倫の話が聞こえてくることもあるでしょうし、 ママともやパート先でも浮気や不倫の話で盛り上がることもあると思います。 女子会や飲み会の席でもこのようなトークは日常です。 それほど浮気や不倫が起こっているのが今の世の中です。決して 岡山も例外ではありません。

岡山県の浮気調査、不倫調査はアンバサダー調査事務所へご依頼下さい

不倫復讐 浮気復讐

浮気の復讐方法 岡山 倉敷 津山

Published by:

浮気の復讐方法 岡山 倉敷 津山

 

浮気の復讐とは何でしよう

 

浮気の復讐には、いろいろな方法があるのですがどんな復讐をしても恨みがはれなければ意味がありません。

要は、どうすれば浮気をされたことに対して、気持ちが、すっきりできるかということうことに尽きるのです。裁判をして気持ちがはれるならそれも一つの方法でしょう。

浮気相手に対して様々な主張もできます。慰謝料の請求、払えない場合は給料の差し押さえなど様々なことが考えることができます。

またこのようなことを弁護士に依頼することもできますが、当事者であれば被害者本人で対応することは違法なことではないのです。弁護士の仕事は代理業ですので、あなたの代理としての行為ですから当事者の権利の範囲を越えなければよいだけです。

感情、怒りに任せて復讐に走るようではだめです。十分な思考を巡らせ効果的に、なおかつ冷静に復讐を行うのです。

不倫相手の会社や家の前で暴れる、リベンジポルノをばら撒くセクストーションなどを行うなどな違法行為と主張される行為は控えるべきです。

十分に情報分析を行い、効果的な方法を考え空いて覆い詰めることを考える必要があります。被害者本人にはリスクのない方法を考えておく必要もあるのです。

浮気の復讐は捨て身の行動では意味がないのです。

 

浮気や不倫で悩んでいるあなたと一緒に解決します!

浮気や不倫で悩んでいるのは、時間の無駄かもしれません。 悩む時間も、浮気相手や不倫相手との関係は深まっていくのです。 人は、時間を共にすることで愛着が湧いていくものです。

浮気が本気になることもよくあります。 もし、あなたがパートナーとの仲が良くなかったとすればなおのこと、 浮気相手に本気になる可能性は高くなります。

浮気や不倫を放置していると、浮気相手との間に子供が出来ることもあります。 ダブル不倫の場合は、相手の配偶者からの慰謝料請求の可能性や、浮気をネタに脅される可能性も出てきます。 浮気や不倫を放置することで二次被害が起こる可能性もあることを念頭に置いておきましょう。

 

浮気や不倫は隠そうとするものです。

探りすぎると余計に痕跡を残さなくなります。

そうならない為にも、岡山の探偵社アンバサダー調査事務所へ浮気調査をご依頼ください。

 

未分類

産後クライシス

Published by:

産後クライシス

産後問題

妻の出産を機に浮気に走る夫がいる。女性は出産後性欲をなくす人がいる。ホルモンの問題と言う事だが夫婦問題に亀裂が生じてしまう事があるのである。子供への愛情が深まる一方、夫への愛情が減ってしまうという妻は多いのが現実であり、当然と言えることである。
夫に嫌悪感を抱き、性生活など考えられなくなる。女性の出産後に訪れることのある夫婦の危機だ。産後クライシスと名付けられたのを契機に、ここ2、3年、雑誌で特集が組まれるなど関心が高まっている。一定期間を過ぎれば元に戻るケースも多いが、深刻なケースでは妻がセックスを拒否し続けて離婚につながる場合もあるとされる。待望の赤ちゃんに恵まれ、幸せいっぱいのはずの夫婦に何が起きるのか。(中井なつみ、寺田理恵)

 

  出産で母性にスイッチ

夫婦が危機的状況となる期間は、人によって1年や2年など差がある。厚生労働省が平成23年、母子家庭の実態を調査した「全国母子世帯等調査結果報告」では、離婚時の末の子供の年齢は「0~2歳」が最も多く35・1%を占めた。その次が「3~5歳」の20・9%。子供が小さいときほど、離婚を選択する夫婦が多いことが分かり、因果関係を指摘する意見もある。

  妻の変化にショックを受けた夫が、寂しさから浮気に走ることもある。

女性は出産を経て母性のスイッチが入り、目の前の赤ちゃんに集中する。24時間ずっと緊張状態が続く生活に疲れ、夫にまで気を配れなくなる。また、女性の母乳の出をよくするホルモン、プロラクチンは排卵を抑制し、授乳を続けている間は次の子供ができない仕組みとなっている。このホルモンが分泌されている間、性欲がなくなるのが一般的だ。産後の女性が夫に嫌悪感を抱くのは、生物学的にみても当然のこと。赤ちゃんを守らなくてはという意識が強くなり、夫は外から雑菌を持ち帰ってくる存在になる。

妻が夫を「気持ち悪い」と拒絶するのは、一時的な性欲の低下が原因で愛情が冷めたのではない。夫婦の危機を乗り切るには、産後に性欲をなくす女性が多いと、夫婦が予め知っておく必要がある。妻の愛が冷めたと早とちりして他所で性欲を解消しようとすると、離婚の危機もあり得る。夫も家庭が大事なら、赤ちゃんがいる間は我慢のしどころといえそうだ。
時が経つにつれ、出会った頃からは想像もつかないトラブルや問題に発展してしまい、どうしたら良いのかわからず、精神的に参っていませんか?

近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます!

誰にも知られることなく男女トラブルを解決します。
未分類

問題行動調査

Published by:

荒れる小学校

問題行動の低年齢化

子供にお願いをする親

子供に「○○ちゃんお願い、○○しないで」こんな会話を親から子供に対して声をかけている親を見かけることがあります。「やめろ」の一言でやめさせればよいのにと感じていました。やめないといけない理由が分からないと辞めないで話にはなりません。

お願いするようなことではないことに、お願いもよくありません。まして親が子供にお願いすることはよくありません。

子供の責任は親が取ること、しつけは親が責任を持つこと。当たり前のことです。

 

暴力行為などの低年齢化が鮮明になった文部科学省の問題行動調査。

各地から寄せられた回答には「小1に何度も蹴られ、教師が通院」「登校中に注意された児童が通行人に暴行」など目を疑うような事例が並んだ。低学年を中心に件数が急増しており、学校現場では対応に模索が続く。

発生件数が最も多かった大阪。府教委の担当者は「家庭環境が影響し、規範意識に乏しい子どもや自分の感情を抑えきれない子どもが増えている」と分析する。生徒指導担当の増員など中学で行っている対策が小学校にも必要かもしれないとし、「問題ある子どもに、迅速かつじっくりと対応する人の確保が重要だ」と話した。

大阪府高槻市教委は「コミュニケーションが苦手な子が問題を起こしやすい」として、友人関係の状況や学習意欲などを測る心理テストや、人を傷つけない話し方を学ぶ講座などを指導に活用している。問題行動を繰り返す児童へのサポートチーム設置なども進めており、発生件数は減少傾向にあるという。

 

未分類

不倫から事件

Published by:

不倫から事件

不倫調査に関してのお問合せをよく頂きます。旦那様の帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、浮気のサインでもあるのです。少しでも夫/妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。専門のスタッフが、あらゆるトラブルにご対応致します。

時間が経つにつれ、相手の事をたくさん知っていくと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。そんなあなたのお役に私たちは立てますので一度ご相談下さい。

埼玉県朝霞市の住宅で男性を殺害したとして警察官の男が逮捕された事件で、男に多額の借金があり、事件後、返済していたことが分かりました。

中野翔太容疑者(31)は、朝霞市の住宅で寺尾俊治さん(58)の首を絞めて殺害した疑いが持たれています。中野容疑者は容疑を一部、否認しています。その後の捜査関係者への取材で、中野容疑者には支払い期限が迫った多額の借金がありましたが、事件後、返済していたことが分かりました。現場にある金庫は扉が開き、空になっていました。中野容疑者は「不倫していた」「金に困っていた」と話していて、警察は現金を奪って返済に充てた可能性があるとみて慎重に調べています。

近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

未分類

防犯カメラ 防犯対策

Published by:

防犯カメラ 防犯対策

防犯カメラの運用上の問題

人には、むやみに自分の姿や行動を撮影されない自由( プライバシー) がある。また、カメラで撮影された本人が特定できる画像は個人情報にあたる。防犯カメラは、こうしたプライバシーの保護や個人情報の適正な取り扱いに十分に留意しながら設置および運用され、犯罪を防止するために役立てられるべきである。

犯罪トラブル回避の手段として有効な方法が防犯カメラの設置です。私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

東海道新幹線のぞみ車内で男が焼身自殺した事件を受け、JR東日本と西日本は9日、2016年春から東北や北陸など各新幹線の客車内で、防犯カメラによる常時撮影を始めると発表した。これまで客車内の撮影は非常通報ボタンが押された場合に限っていたが、防犯上必要と判断した。
他に今回、常時撮影が決まったのは秋田、山形、上越新幹線。両社によると、既に客車内にカメラがある826両は設定を変更し、カメラがない144両は新設する。乗客にはステッカーを貼って周知する。両社は「映像は厳正に取り扱う」とする一方、具体的な運用方法はセキュリティーを理由に明らかにしなかった。
乗降口のあるデッキ部分にはいずれもカメラがあり、これまでも常時撮影していた。東海道、山陽新幹線では事件を受け、16年春から客車内を常時撮影するカメラ設置が決まっている。

未分類

婚活トラブル

Published by:

婚活トラブル

パートナに不審を感じたらまず事実を基に判断することです。もちろん調査は有効です。特に婚活パーティー、婚活サイトには結婚を餌にあらゆる犯罪者が潜り込んでいます。

延命治療
サイコパスの特徴

1 他者の感情や権利、災難などに対して無情であり冷笑的
2 自己中心的で、相手への共感性が欠如している
3 自身が万能であると信じ、平凡な仕事などを軽蔑するなど、傲慢で尊大な態度をとる
4 口が達者で表面的な魅力を示したり、同情や関心を引いたりすることに長けている
サイコパスにとって“良心”というものは存在せず、自分の利益のためには他者を言いくるめて騙すことなど平気です。相手が深く傷ついたとしてもまったく罪悪感がありません。そういった特徴から凶悪事件の犯人や、何度も犯罪を繰り返す犯罪者にもサイコパスは存在します。また、知能の高いサイコパスは、衝動性や無責任といった通常のサイコパスに通じる面が少ないために、問題を起こさず社会的に成功している人もいます。
千佐子容疑者は上記の特徴に似ていると思うのは私だけでしょうか
青酸化合物による連続不審死事件で、2013年9月に兵庫県伊丹市の男性(死亡時75)が倒れて病院に搬送された際、筧(かけひ)千佐子容疑者(68)が男性の妻を名乗り、医師からの延命治療の打診を断っていたことが捜査関係者への取材でわかった。男性はその日に死亡した。大阪府警など4府県警の合同捜査本部は千佐子容疑者の殺意を裏付ける言動とみている。

捜査関係者によると、男性は千佐子容疑者と12年10月ごろから交際し、当時内縁関係だった元内装業、日置稔さん。千佐子容疑者は9日、日置さんに対する殺人容疑で再逮捕された。13年9月20日午後7時ごろ、伊丹市のレストランで日置さんに青酸化合物を服用させ、殺害した疑いがある。

捜査関係者によると、日置さんは同店駐車場に止めた千佐子容疑者の車の助手席で突然意識を失った。千佐子容疑者は119番通報し、駆けつけた救急隊員に「自分は妻です」と言って、「夫は末期がん。通院中で食欲がなく、最近は特にしんどそうだった」と説明したという。

未分類

捜査要望

Published by:

捜査要望

捜査要望を通したかったら十分な証拠を示さないと動かないのは当たり前のことです。警察の経費は税金です。被害者は被害を主張するなら傷から証拠を示すべきです。

捜査の心構え

(この規則の目的)

第一条   この規則は、警察官が犯罪の捜査を行うに当つて守るべき心構え、捜査の方法、手続その他捜査に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(捜査の基本)

第二条   捜査は、事案の真相を明らかにして事件を解決するとの強固な信念をもつて迅速適確に行わなければならない。

2   捜査を行うに当つては、個人の基本的人権を尊重し、かつ、公正誠実に捜査の権限を行使しなければならない。

(法令等の厳守)

第三条   捜査を行うに当たつては、警察法 (昭和二十九年法律第百六十二号)、刑事訴訟法 (昭和二十三年法律第百三十一号。以下「刑訴法」という。)その他の法令及び規則を厳守し、個人の自由及び権利を不当に侵害することのないように注意しなければならない。

(合理捜査)

第四条   捜査を行うに当たつては、証拠によつて事案を明らかにしなければならない。

2   捜査を行うに当たつては、先入観にとらわれず、根拠に基づかない推測を排除し、被疑者その他の関係者の供述を過信することなく、基礎的捜査を徹底し、物的証拠を始めとするあらゆる証拠の発見収集に努めるとともに、鑑識施設及び資料を十分に活用して、捜査を合理的に進めるようにしなければならない。

青酸化合物を使用した連続変死事件で、死亡した兵庫県伊丹市の男性の遺族が男性の死亡後、複数回にわたって警察に「捜査してほしい」と訴えていたことが分かりました。

おととし9月、京都府向日市の無職筧千佐子容疑者(68)が、交際していた兵庫県伊丹市の日置稔さん(当時75)に青酸化合物を飲ませて殺害した疑いで、おととい再逮捕されました。

日置さんの死亡後、不審に思った遺族が、複数回にわたって警察に「捜査してほしい」と要望していたことがわかりました。

しかし、日置さんの死因は肺がんとされ、毒物を投与したときの特徴が認められず、司法解剖も行われませんでした。

兵庫県警は「判断に問題が無かったわけではない。教訓を今後に生かしたい」とコメントしています。

未分類

脅迫文

Published by:

脅迫文

見ず知らずの女性に乱暴をしようとし、その後に脅迫文を投稿をした事件である。

たぶんであるが、その時の映像などを撮られていなかったから警察に相談できたのでしょうが、これが、勤務先、親元等の個人情報を相手が握りなおかつ、行為の映像や画像があればだれにも相談できずにずっと脅されていることでしょう。

私どもでは、実際にそのような案件を解決したことがあります。私どもに相談に来た時はすでに脅されて3年がったていたのでした。脅す相手が入念に計画を立てていた場合、相手の要求を呑むしかない状況に追い込まれます。

誰にも知られず脅迫を解決したいなら私どもへ相談ください。

元全日本王者、女性乱暴事件後脅迫文を「メールしろ」と投函していた。
ボート競技の元全日本王者の選手が女性に乱暴しようとした疑いで逮捕されました。この男は、事件後に脅迫文を女性の自宅に投函していたことが分かりました。

ボート競技の元全日本王者の遠藤光容疑者(26)は7月、東京・北区に住んでいた面識のない20代の女性のアパートの部屋に押し入り、粘着テープで手首などを縛り、乱暴しようとした疑いが持たれています。その後の警視庁への取材で、事件後、遠藤容疑者が女性が住む部屋のポストに自分のメールアドレスと「バラされたくなかったらメールしろ」などのメッセージを載せた脅迫文を投函していたことが分かりました。取り調べに対し、容疑を認めています。

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

未分類

無言電話 いやがらせ

Published by:

無言電話 いやがらせ

無言電話にいやがらせ対策は年に数件受けることのある案件です。探偵への調査依頼では、証拠収集と対応が主な案件です。

無言電話などの「迷惑電話」そのものは、犯罪にはなりません。迷惑電話そのものを規制する法律はありませんが、それにより迷惑を被ったり、なにか被害が出た場合は、既存の法律により罰せられることとなります。

無言電話対策

無言電話などに対応ができないと言えばそうでもありません。

第三者が情報を分析できるように、証拠が必要なことは言うまでもありなせんが、最も重要なことは被害にあっていても感情をコントロールする必要があるのです。イラつきいらないトラブルや事故をそのことで引き起こしてしまうのです。

警察署に無言電話を繰り返して警察の業務を妨害したとして、広島県警廿日市署は4日、偽計業務妨害の容疑で、同県廿日市市の会社員の男(57)を逮捕した。調べに対し「逮捕事実の意味が分かりません」と話しているという。

逮捕容疑は、1日午後9時ごろから2日午前1時ごろの間、自分のスマートフォンで、廿日市署の代表電話に約600回の無言電話をかけ、署の業務を妨害したとしている。

廿日市署によると、電話の発信元の記録から男の犯行を特定した。同様の電話は以前からあり、通話状態になるとすぐに電話を切るなどの行為を繰り返していたという。

未分類

復縁対策

Published by:

復縁対策

探偵の特殊調査で復縁調査と言うのがあります。当社でも年に6件から8件の調査依頼を受けることがあります。

感情だけで行動を起こしてしまってはストーカーになってしまいます。復縁を考えるなら当社にご依頼してください。あなたの力になります。

復縁調査

復縁するには、相手の情報収集、相手の状況分析、的確な対策のどれをかけても復縁成功とはいきません。一度壊れた関係ですが事実現実をありのままに受け入れ行くことが近道です。

感情のコントロールが、復縁への一番重要なことです。電話での連絡を取り合う事が出来るまで関係修復しかけていても、復縁を急ぐあまり焦ってしまっては、今まで頑張ったことが台無しになるのです。相手んお気持ちがどうなっているか分からないようでは復縁は望めません。

感情がコントロールできない場合は、第三者の存在が重要になってくるのです。第三者は経験豊富で的確なアドバイスをすることができるプロが良いでしょう。

次にあげる例は感情をコントロール出来ずに自ら復縁のチャンスを逃した例です。

元交際相手の女性宅に侵入したとして、住居侵入容疑で逮捕された男性消防士を停職3カ月の懲戒処分とした。消防士は同日付で依願退職した。

消防士は今年6月22日、復縁を迫るため女性が住む神戸市内のマンション2階のベランダに侵入したとして住居侵入容疑で逮捕され、不起訴処分になった。

復縁には時間が必要なこともあります十分な情報と状況分析が必要となるものです。

計画的に入念に対応を考え違法なことを考えず対応していくことが重要です。

未分類

不倫の責任

Published by:

不倫の責任

不倫は民法第770条の離婚事由に相当し、家庭崩壊の場合は配偶者に訴訟を起こされることがあり、慰謝料などの民事責任に問われることになる。

実子がいる場合は、年齢に関係なく心を激しく傷付けトラウマを植えつけてしまいかねない。子供が心身を激しく傷つけられた場合には不倫をした本人の配偶者からだけでなく、子からも訴訟を起こされることがある。

大阪府警の男性警察官が、勤務中に公用車を使って不倫相手の女性警察官と会っていたことがわかった。

大阪府警によると、福島警察署の地域課長で48歳の男性警部は、先月、当直勤務中に捜査車両を使って、交際していた部下で33歳の女性巡査長と会っていた。当日、男性警部は、当直責任者だったが、約2時間、警察署を離れていたという。

男性警部と女性巡査長はともに既婚者で、今年4月頃から不倫関係にあったとみられている。

大阪府警は、男性警部が公用車を私的に利用し、勤務中に警察署を離れていたことなどが地方公務員法の非違行為などにあたると判断し、2人を近く処分する方針。

本当の不倫の結末はこれからである。

不倫調査に関してのお問合せをよく頂きます。旦那様の帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、不倫のサインでもあるのです。少しでも夫/妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。専門のスタッフが、あらゆるトラブルにご対応致します。
らゆるトラブルにご対応致します。

未分類

通信傍受 盗聴の対象拡大

Published by:

通信傍受 盗聴の対象拡大

 

増え続ける「盗聴被害」。あなたは大丈夫ですか?

当社に寄せられる盗聴相談は、なんと年間300件を超えます。それほど被害は多く、テレビの中だけではなく身近な問題になっているのです。

盗聴とは、会話や通信などを、当人らに知られないようにそれらが発する音や声をひそかに聴取・録音する行為である。聴取した音声から様々な情報を収集し、関係者等の動向を探る目的で用いられることもある。
現行の盗聴法では、警察官が電話会社へ出向いて、盗聴を実施する。そのさい、電話会社の社員が立会人につく。ところが、盗聴法改正案では、電話会社から警察署へ通信を転送させて盗聴する方法も認められる。この場合は立会人がつかない。

「警察が機器に細工して、好き勝手に盗聴することも可能だ。立会人がいないのだから、チェックのしようがない。まさか警察がそんなことをするはずがないと考える人は、緒方靖夫・日本共産党国際部長(当時)の自宅の電話が盗聴された事件を思い出してほしい

いわゆる司法取引の導入などを柱とした刑事司法制度改革の関連法案は、与党と民主党などが衆議院で修正合意したものの、参議院で民主党が「ヘイトスピーチ」を規制する法案の審議を優先するよう求めていることから、今の国会での成立が見通せない状況となっています。

刑事司法制度改革の関連法案は、取り調べの録音・録画を裁判員裁判の対象事件や検察の独自捜査事件で義務化するとともに、新たな捜査手法として、いわゆる司法取引を導入することなどを柱とするものです。

未分類

近隣トラブル

Published by:

近隣トラブル

訴訟は終結したが、隣同士の生活はこれからも続いていく。法廷で「できれば提訴はしたくなかった」と、隣人を訴えることにためらいがあったことをにじませていた。

隣人に関心を持たないのもトラブルの原因となるものです。

室内ごみから人骨

 

愛知県警守山署は29日、名古屋市守山区鳥羽見の民家で、人骨の一部が見つかったと発表した。

この民家には80歳代の男性が一人暮らしをしていたが、10年ほど前から姿が見えなかったといい、同署が身元の確認を進めている。

発表によると、28日午後4時頃、民家の解体工事をしていた男性作業員が室内からごみを運び出していたところ、頭蓋骨を発見。通報で駆けつけた同署員も、ごみの中にあったズボンから成人のものとみられる両脚の骨を見つけた。室内には大量のごみがたまっていたという。

近くに住む女性(75)は「家の外から見ても室内にごみがたまっているとは分からなかった。男性はどこに行ってしまったのかと思っていたが、骨が見つかったと聞いて驚いた」と話した。

近隣トラブルに関しては、近年爆発的に増加しており、相談件数も増えております。近隣トラブルには様々なケースがあります。些細な口論から大きな事件にまで発展してしまい、精神的に大変追い込まれてしまう事もあります。近隣トラブルは、早めに解決しておかなければすぐに泥沼化して、解決が困難になってしまう性質を有しています。そんな方のために私たちが全力でサポートいたします。

近隣の方とトラブルを起こさないために大事なのは、そこに住んでおられる方々とのコミュニケーションが大事となってきます。

ですが、近年は昔とは違いそのコミュニケーション自体が希薄になってきている傾向があり、トラブルにも発展しやすいのが現状です。

もしあなたが現在近隣トラブルでお悩みなのでしたら、一度私たちにご相談下さい。

盗聴、盗撮、ペットトラブル,嫌がらせなど