未分類

防犯カメラ 防犯対策

防犯カメラ 防犯対策

防犯カメラの運用上の問題

人には、むやみに自分の姿や行動を撮影されない自由( プライバシー) がある。また、カメラで撮影された本人が特定できる画像は個人情報にあたる。防犯カメラは、こうしたプライバシーの保護や個人情報の適正な取り扱いに十分に留意しながら設置および運用され、犯罪を防止するために役立てられるべきである。

犯罪トラブル回避の手段として有効な方法が防犯カメラの設置です。私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

東海道新幹線のぞみ車内で男が焼身自殺した事件を受け、JR東日本と西日本は9日、2016年春から東北や北陸など各新幹線の客車内で、防犯カメラによる常時撮影を始めると発表した。これまで客車内の撮影は非常通報ボタンが押された場合に限っていたが、防犯上必要と判断した。
他に今回、常時撮影が決まったのは秋田、山形、上越新幹線。両社によると、既に客車内にカメラがある826両は設定を変更し、カメラがない144両は新設する。乗客にはステッカーを貼って周知する。両社は「映像は厳正に取り扱う」とする一方、具体的な運用方法はセキュリティーを理由に明らかにしなかった。
乗降口のあるデッキ部分にはいずれもカメラがあり、これまでも常時撮影していた。東海道、山陽新幹線では事件を受け、16年春から客車内を常時撮影するカメラ設置が決まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。