未分類

不倫

不倫

正しい考え、道徳的では無いこと。不倫理。

現代日本で、不倫と言えば男女間での良くない行為に対して使われやすい。 特に既に結婚しているのに他の人間にうつつを抜かす事がそう呼ばれる傾向にある。本来は、道徳から外れること全般に使われていた単語らしい。 不倫 男女間の浮気問題 男女間での不倫とは配偶者のある男や女が、配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことがそう呼ばれやすい。また、配偶者のいない男や女が、配偶者がいる異性と恋愛し、性交を行う場合も指したりする。 一部では、性交してない場合は不倫とはいえないとの考えもある。それ以外の場合は単に「浮気」というのかもしれないが、実際には不倫と浮気の両語は分別されて用いられてはいない (つーかセックスしなけりゃわるくないってもんじゃないだろ!) 。ただメディアが「不倫」と報じた場合、性行為に及ぶ関係であるとメディアは主張していると考えて良い  。   恋愛には色々な形があり、既婚者であるにも関らずの他の異性を好きになってしまう事もないわけではない。問題なのは、行動に移すか移さないかである。公になれば明らかに社会的な非難は避けられない。それは恋愛中の二人のみならず、相手にも確実に被害が及ぶ。さらにその相手が既婚者で子供がいる場合、確実に揉め事の種である。というか子供が一番かわいそうである。