» 未分類
未分類

不正受給 

年金5,000万円以上不正受給

この問題は不正受給した者からちゃんと回収することができるのかということです。生活保護の不正受給然も当然必死に回収行うことが重要です。

不正してもお金の回収がなければ、不正受給ははいっこうに減ることはありません。

女は市正規職員・税務課で定年退職

死亡した両親の年金5,000万円以上を不正受給。86歳の女による犯行には、制度上の死角が深く関係していた。

8日午後0時40分、鈴木光枝容疑者(86)の身柄が、岐阜地検多治見支部へと送られた。

死亡した両親の年金をだまし取った詐欺などの疑いで逮捕されたのは、岐阜・恵那市の鈴木光枝容疑者。

鈴木容疑者は、1965年に母が60歳、その3年後に父が65歳でそれぞれ亡くなった。

しかし、市役所に死亡届は出したものの、年金については、両親が生存しているかのように装い、2人分の年金を、およそ50年にわたって不正に受給していたとみられている。

近所の人は「(亡くなって)もう何年になるか、わからないくらい。(お葬式は?)やったよ」と話した。

およそ50年にわたり年金を不正に受給し続けた鈴木容疑者。

その額は5,000万円以上にのぼるとみられている。

玄関に、大きなタヌキの置き物が置かれた住宅。

鈴木容疑者は、ここで、妹とその娘との3人で暮らしていた。

近所の人は、「結構、いろんなところに出かけたり、金遣いは結構、派手だったと、おばあちゃんたちに聞いたことがある」、「(みんなで集まった時に)みんな駄菓子を持ってきたんだけど、あの人(鈴木容疑者)は、おまんじゅうとかいいものを持ってきた」などと話した。
また、80年来の友人だという男性は「美人で、このあたりでも一番の鈴木光枝です。一番。(何が一番?)人間的。『金は何とかなるからいらん』(と言っていた)」と語った。

裕福そうに見え、いつもおしゃれに着飾っていたという鈴木容疑者。

8日、恵那市役所は会見で、鈴木容疑者が1989年に定年退職するまで、市の職員として働いていたことを明らかにした。

恵那市役所は、会見で「最後は税務課です。(正規職員?)そうです。定年で退職しています」と語った。

鈴木容疑者の両親がもし生きていれば、112歳と110歳という年齢になる。

年金機構の担当者は「死亡の情報というのは、市町村ではないので持っていない。(生存の)確認方法として、現況届の確認と現在なっています」と語った。

年金機構によると、現在は、年金受給者の99%以上が、住基ネットで情報が共有されているので、生存の確認ができるという。

しかし、0.4%にあたるおよそ14万人については、年に1回提出される現況届に、生存の記載があれば、年金が支払われるという。

塩崎厚労相は「再発防止にしっかり努めていかないといけないので、住基ネットによる生存確認が、いっそう徹底されるよう、手を打ちたい」と述べた。

今回、事件が発覚したきっかけは、75歳以上で介護保険を利用していない人を対象に行った、年金機構による一斉調査だった。

警察の調べに、鈴木容疑者は「身に覚えはない。現況届は見たことがない」と容疑を否認しているという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。