» 未分類
未分類

被害者の父

被害者の父

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

近年、TVで毎日のように問いただされている犯罪被害に我々は警察すら動いてくれないトラブルにクライアントの皆様と一緒に立ち向かい多くのトラブルをこの手で解決してきました。

犯罪になりそうなトラブルごとについても解決してきました。事件にはなっていないけど不安だ怖いそういうことは生きている限り付きまといます。

同級生にタリウム飲ませ再逮捕 「罪を償ってほしい」

同級生に劇物のタリウムを飲ませたとして、名古屋大学の女子学生が、殺人未遂の疑いで再逮捕された事件で、被害者の父親が、FNNの取材に応じ、今の心境を語った。
被害者の父親は「(タリウムを飲まされたあとは?)1週間くらいしたら、手足とか関節とかに、力が入らなくなり、だんだん、髪の毛も抜けてきて。当時は、もうだめかなと思いました」と話した。
父親によると、被害者が入院中に、容疑者の女子学生が、実際にお見舞いに来たという。
被害者の父親は、「自分がタリウムを飲ませておいて、お見舞い。信じがたいですね」、「とんでもない人だと思いました。罪を償ってほしい。家族全員に謝ってほしい」などと話した。
女子学生は「タリウムを飲ませて、観察をしたかった」という趣旨の供述をしていて、警察では、女子学生が殺人事件や死体に強い関心を持っていたとみて調べている。
警察が動いてくれそうにない犯罪トラブルにもコンサルティングをさせていただいております。

複雑に絡み合った現代社会では気付かないうちに自分が犯罪トラブルに巻き込まれているということがよくあります。

早期解決が一番重要です。秘密厳守は絶対です。どうぞ気兼ねなくご連絡ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。