» 浮気調査の準備 岡山/倉敷/津山

浮気調査の準備 岡山/倉敷/津山

浮気調査の準備!岡山/倉敷/津山

<<浮気調査の準備>>

浮気調査の効果を上げるには、やはりタイミングが重要です。

浮気調査をする際にも適正な時期があります。頃合いというものが大切なのです。

また、浮気調査をするための調査費用がどれくらい必要なのか、そこが一番気になりますね。一般的には一日何時間の調査を何日間行うかで料金が変わってきます。調査料金を少しでも抑えたい方が多いと思います。そのためには、確実に「浮気をすると思われる日」をできる限り特定し、「調査を行う時間」を絞ってから依頼することが重要となってきます。

 

浮気調査の費用を抑えるためにしておくこと

<浮気調査の依頼前に出来る範囲でしておくこと>
■ 対象者の行動パターンのチエック
以下の項目と照らしあわせて、「対象者の行動にある程度の規則性があるのか」を観察し、浮気をしていると思われる日の予測を立てることをお勧めします。対象者に気づかれてしまっては良い方向にはいきにくいので、相手に警戒されないように上手く情報収集ができれば無駄な調査日数・時間を省けますので、無理をせずに可能な範囲で行うと良いでしょう。
●チエック項目

・外出時間
・帰宅時間
・外出理由・場所
・外出した曜日
・手帳・メモなど
・使用した現金
・財布・鞄内のレシート・パンフレット
・クレジットカードなどを使用した場所(明細到着時)
・スイカの使用履歴
・ETCの使用履歴
・車両の走行距離
・車内の灰皿
・車内の髪の毛
・助手席シートの位置
・車内のレシート
・上着などの残り香
・頻繁にかけている電話番号
・発着信履歴
・メールの履歴など
■ 浮気調査依頼のタイミング
浮気調査を依頼する時期は対象者が浮気をしていると確信できた時です。対象者が浮気をしてきただろうと思われる日の行動を記録することで、ある程度の予測が可能となります。疑わしい曜日・時間帯くらいまでは判明するかもしれません。それらの結果をもとに浮気調査を依頼する日数・時間を絞り込むことで、料金を抑えることができます。
それでも予測が困難な方は、今までにあった事例をまとめてみましたので参考にして下さい。

1、 肉体関係をしばらく持たない
2、 実家へ帰る・友人と外出する・旅行へ行くなど事前に外出する日を伝え、浮気しやすい状況を作り出す。
3、とにかく気づかないふりをして油断させる。問い詰めない。

浮気の立証をするためには、対象者に警戒心を与えるようなことは禁物です。「調査するから」、「絶対に証拠を掴んでやる」などの発言、「自分・知人の尾行に気づかれた」「他社での浮気調査がバレた」などの場合は、対象者の警戒心が非常に高くなってしまいます。
また、期間をあけ過ぎることで対象者の行動パターンが変わってしまい、浮気調査を行う日時の特定が困難になる場合もあります。
浮気を立証し優位に話をしたいと考えている方は、事実がわかっても、感情的な発言・行動はしないで下さい。対象者を自由にさせておくことが早期解決につながるのです。
■ 浮気調査を依頼する準備
浮気調査を依頼する際に下記の内容のものを用意していただくことで、打ち合わせが円滑に進むものがあります。

1. 対象者の写真を用意する。(最近撮影したものだと更に良い)
2. 浮気相手の写真を用意する。(可能であれば)
3. 行動パターンなどの資料を用意する。(箇条書きにして)
4. 調査したい日時を決めておく。
5. その他の情報・資料を用意する。

 

浮気調査依頼に必要な資料  興信所 探偵

●調査ご依頼時に情報として用意していただきたいこと

<対象者の詳細>
・氏名
・年齢(確定・推定)
・自宅住所
・自宅電話番号
・携帯電話
・外出時間
・帰宅時間
・浮気していると思われる日時と曜日
<対象者の特徴など>
・身長
・体重
・髪型
・眼鏡
・体格
・服装
・写真(顔がはっきりわかるものが望ましい)
・所持品特徴(鞄などの色や大きさなど)
・行動時の癖(警戒度等)
・家族構成
・趣味・嗜好
・休日の服装
・立ち回り先など
・友人関係など

<対象者の使用車両>
車種
車体色
ナンバー
駐車場住所
< 対象者の勤務先>
・名称
・住所
・電話番号
・職種
・役職
・通勤手段
・通勤ルート
・出社時間
・退社時間
・勤務時服装
※ 浮気相手に関しても上記と同じように分かる範囲で情報があれば調査費用を抑えることができることもあります。

あくまでも、相手にバレてしまわない程度にしておきましょう。調査をしていることがばれてしまっては、証拠が撮りにくくなります。

岡山 浮気調査の準備 調査依頼なら探偵社アンバサダー調査事務所 岡山県岡山市倉敷市津山市