» 未分類
未分類

ストーカー行為

知人女性へのストーカー行為

ストーカー行為から殺人などに至る悲惨な事件が後を絶ちません。人を好きになるということは、生きていく上で 誰しもが抱いて良いはずの素晴らしい感情であるのに、いつしか、つきまといや待ち伏せ、面会の強要など、 ストーカー行為に発展します。ストーカーは、誰にでも起こりうることです。
知人女性に付きまとうなどしたとして、ストーカー規制法違反と脅迫の罪に問われた元県警水戸署地域課の巡査部長、岩間克則被告(58)=那珂市菅谷=の判決公判が23日、水戸地裁で開かれ、長島銀哉裁判官は懲役1年6月、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

長島裁判官は判決理由で、「被害者の精神的苦痛は大きい」と指摘した上で、「罪を認め反省の弁を述べており、母が監督を約束している」として執行猶予判決が妥当とした。

判決などによると、岩間被告は今年1月から3月にかけて、日立市の元交際相手の女性(58)に「恥ずかしい写真をばらまくぞ」「会いたい」などと20回以上メールや手紙を送りつけたほか、女性の自宅周辺でつきまとったとしている。

岩間被告は昨年12月まで女性と10年以上交際していた。3月30日付で県警を依願退職し、現在は無職。

一人で考え込んで自己流で解決を試みると思わぬ問題を引き起こすケースが多々あります。
心の問題に対処する訓練を積んだ臨床心理士や精神科医が、問題に対する解決法を一緒に考え、心の困った状態に向き合うお手伝いをいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。