未分類

元交際相手の女性の裸画像投稿

元交際相手の女性の裸画像投稿

画像をメールで第三者に送られたり、ネットに投稿されることもあります。一度、ネットに流れた映像は完全に消し去ることは不可能であると言われています。誰もがネットで情報収集をしている時代です。その画像を誰が目にするか見当もつきませんよね。たまたまあなたの知り合いが目にすることもあるでしょう。また、彼氏や親が見る可能性もあります。就職や結婚などを機会にあなたのことを調べる人がいた場合にうまくいかなくなるばかりか、誹謗中傷の的になってしまう可能性もあるのです。ネットの画像をダウンロードした人物が、数年後メールで第三者へ送ることも考えられます。放っておくと被害は制限なく拡大します。あなたの人生を大きく変える重篤な問題です。画像や映像が公になる前に、被害が大きくなる前に、早期解決が必要です。

 

画像や映像を基に脅されるケースは、はっきり言うと相手の方が強いと言えるでしょう。
画像や映像は「証拠」です。細工をされたもの以外は、事実を表しているのです。
それが、貴方自身の弱みなのです。
弱みを握られてしまったからには、簡単に当事者間での解決は難しいでしょう。

 

水面下での解決がご希望の方からのご依頼も多く寄せられています。
トラブルが起こった時は、早く相談してください。
相手の要求に応じてしまったばっかりに、ご自分の立場をより悪い方向へ進めてしまっている方も多いのです。
中には何年にもわたり、金銭を支払い続けている被害者もいました。
別の男性に成り済まし投稿
札幌地検は17日、かつて交際していた女性の裸の画像をツイッターに投稿したとして、私事性的画像記録の提供被害防止法違反の罪で、札幌市手稲区の大学生千葉慎太郎容疑者(22)を追起訴した。

起訴状によると、千葉被告は女性の交際相手の男性に成り済まして1月19日、女性の顔や胸などが撮影された画像3点をツイッターに投稿し、不特定多数が閲覧できるようにしたとしている。

千葉被告は女性に成り済まし、男性にストーカー行為をされているとウェブサイトに書き込んだとする名誉毀損罪でも起訴されている。