未分類

脅迫

脅迫

芸能人の脅迫事件

ふかわりょうさんに「殺す」脅迫容疑 

刑法における脅迫とは「害悪の告知」をいう。脅迫罪(刑法222条)の成立が問題になる場合の他、強盗や強姦の手段として脅迫が行われた場合、強盗罪や強姦罪の成立が問題になる等、多くの犯罪類型において、行為態様の1つとして規定されている。それらの犯罪における「脅迫」の程度やその態様は、犯罪類型ごとに内容が異なる。

フェイスブック上でタレントのふかわりょうさん(40)を脅したとして、警視庁は川崎市に住む30代の女を脅迫容疑で逮捕した。麴町署への取材で10日わかった。女は容疑を認め、「メッセージを投稿したのに、うそをつくので許せなかった」と供述。署は刑事責任能力の有無を調べる。

署によると、女は昨年3月27日~4月1日ごろにかけて、フェイスブックのふかわさんのページに、「今すぐ死ねよ」「殺してやる」などのコメントを計14回書き込み、脅迫した疑いがある。女は「ふかわさんのファンだ」と話しているという。ふかわさんが昨年12月、署に被害届を出していた。

 

脅迫、恐喝、強要といった問題は、当事者間ではなかなか解決に至らないことでしょう。
弱い立場に付け込まれるのが、脅迫や恐喝、強要の被害に遭う理由です。
中には不当な要求をされることもありますが、
多くは、脅される理由があります。
この理由になる脅迫のネタは、誰にも話せないような内容であることから
警察にも相談できない、弁護士にも断られる
そして、一人で悩む結果となるのです。