未分類

脅迫文

脅迫文

 

脅迫文は、嫌がらせでは多い方法です。事実でなくとも脅迫文が届くといやなものです。また加害者は直接、被害者に対峙しなくてもできる嫌がらせなので罪の意識も薄いのです。

脅迫文は、ある人物・団体に対して一方的な要求を突きつけると共に、文面に書かれている要求が実現されない場合に反社会的な行動により報復・ないしは破壊的行為を以て臨む事を知らせる文書の俗称。なお、ここでは文書以外の例も記す。抽象名詞として恐喝行為自体も意味する。

脅迫文は、差出人の意思を伝える手段であると同時に、差出人の社会的背景を反映する重要な証拠が詰まっている物証ともなる。多くの場合、脅迫状を分析・解析することで、差出人の身元を割り出す事ができると以前はされていたが現代では困難場合が多い。またメールなどでの脅迫文も最近増えてきている。

東京・世田谷で今週末に開催予定だった盆踊り大会を、「中止しないと痛い目に遭う」などと脅す内容の封書が会場の小学校に届き、主催者が盆踊りを中止したことが23日、警視庁北沢署への取材で分かった。同署は強要容疑で捜査を進めている。
北沢署によると、脅迫文は会場の小学校に22日に郵送で届いたという。小学校が23日に同署に相談した。主催する地元の商店街は、25、26日に開催する予定だった盆踊りを中止することを決めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。