未分類

教育者の児童ポルノ問題

教育者の児童ポルノ問題

教育者

偉大な聖人や哲学者、キリスト、ブッタ、ムハンマド、孔子、ソクラテス、プラトン、アリストテレスは、皆、偉大な教師だった。指導者という言葉は、教育者という意味も含んでいる。彼らが教え伝えようとしたのは、何だったのか。それは、人生についてである。そして、彼らが教え伝えようとした部分が、すっぽり抜け落ちているのが、現行の教育なのである。

人生は、出会いによって決まると言っても過言ではない。なかでも、良き師に巡り会えるかどうかは、その人の一生を左右する。だからこそ、今でも、結婚式には、恩師を招く風習があるのである。そして、恩師という言葉の意味もそこにあるのである。それだけ、教育者に与えられた責任は、重いのである。

かつて、勉学の根本は、師を選ぶことであった。志を立てた者は、人生の師を求めて遍歴の旅に出た。ある意味で、よき師を見つけることが、学問、修行の始まりだったのである。

教師に必要なのは、理想と情熱、そして何よりも子供達に対する、愛情である。ところが、現代の教育者は、教育者としての自覚、目標が、判然としていない人が多い。でもしか教師に代表されるように、教育者としての理想や情熱を、最初から持たない教師が増えているのである。ではどのような、人が教育者、教師といえるのであろうか。人生の師と仰ぐ事のできる人こそ、真の教育者である。つまり、人間いかにあるべきか、いかに生きるべきか、その方向を教えられる者こそ真の教育者である。

人は一生のうちに、いくたびも挫折や失敗、失恋を味わう。そして、その都度、悩み苦しむ。人が教えを必要とするのは、その時なのだ。そういう時に、適切な助言、指導ができてこそ、真の教育者といえる。だからこそ、かつては、教師のことを聖職者と呼ぶこともあったのである。しかし、現行の教育制度では、教師にそのような役割も全く期待していない。むしろ、そういうことは、教育者の仕事、職務ではないのである。
元校長1万2000人買春 児童ポルノ作成
フィリピンで少女とわいせつな行為をし、その様子を撮影したとして横浜市の中学校の元校長が逮捕された。フィリピンで1万2000人以上の女性を買春していたという。

児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されたのは、横浜市の公立中学校の元校長・高島雄平容疑者(64)。警察によると高島容疑者は、去年の元日、フィリピン・マニラ市内のホテルで当時13歳から14歳くらいの少女に金を払ってわいせつな行為をし、その様子を撮影した疑いがもたれている。

高島容疑者は、27年前に教員としてフィリピンに派遣されて以降、帰国後もフィリピンに度々渡航し買春を繰り返していて、関係先からは14歳から70歳まで1万2000人以上の女性とのわいせつな写真が押収されたという。