» 未分類
未分類

無言電話 いやがらせ

無言電話 いやがらせ

無言電話にいやがらせ対策は年に数件受けることのある案件です。探偵への調査依頼では、証拠収集と対応が主な案件です。

無言電話などの「迷惑電話」そのものは、犯罪にはなりません。迷惑電話そのものを規制する法律はありませんが、それにより迷惑を被ったり、なにか被害が出た場合は、既存の法律により罰せられることとなります。

無言電話対策

無言電話などに対応ができないと言えばそうでもありません。

第三者が情報を分析できるように、証拠が必要なことは言うまでもありなせんが、最も重要なことは被害にあっていても感情をコントロールする必要があるのです。イラつきいらないトラブルや事故をそのことで引き起こしてしまうのです。

警察署に無言電話を繰り返して警察の業務を妨害したとして、広島県警廿日市署は4日、偽計業務妨害の容疑で、同県廿日市市の会社員の男(57)を逮捕した。調べに対し「逮捕事実の意味が分かりません」と話しているという。

逮捕容疑は、1日午後9時ごろから2日午前1時ごろの間、自分のスマートフォンで、廿日市署の代表電話に約600回の無言電話をかけ、署の業務を妨害したとしている。

廿日市署によると、電話の発信元の記録から男の犯行を特定した。同様の電話は以前からあり、通話状態になるとすぐに電話を切るなどの行為を繰り返していたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。