» 未分類
未分類

横領

横領

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します。

 

1億4千万円横領

財団法人「日米地域間交流推進協会」の資産を無断で売却し約1億4400万円を着服したとして、東京地検は25日、業務上横領の罪で前理事長、甫守敦容疑者(61)と前事務局長、佐藤城容疑者(37)を起訴した。

起訴状によると、2人は平成23年8月、理事会の承認がないのに、協会が保管する投資有価証券を証券会社に売却し、両者が協会名義で開設した預金口座に代金を振り込ませたとしている。

警視庁によると、2人は逮捕時に容疑を否認していた。
元秘書に1千万横領された

 

田城参院議員が地検に告訴状

民主党の田城郁参院議員が24日記者会見し、第2公設秘書だった男性が政治資金約1100万円を着服したとして、業務上横領容疑で東京地検に告訴状を提出したと明らかにした。

田城議員によると、元秘書は宇都宮市の党支部に勤めていた平成23~25年、支部の会計帳簿に数字を付け足すなどして着服を繰り返した。今年8月、親の介護を理由に退職。その後、領収書の情報開示請求があり、支部が会計資料を調べて不正経理が発覚した。

元秘書は着服金を私的に使ったと認めているという。田城議員は24日までに、政治資金収支報告書の修正を届け出た。

長野県警警部、十数万円を着服 ほかに公金86万円も紛失

長野県警警備1課に勤務していた男性警部が、課員の親睦会費の一部を着服した疑いがあることが20日、県警への取材で分かった。県警は十数万円の着服を確認しており、業務上横領容疑などでの立件や懲戒処分を検討している。

県警によると、3月に同課の金庫から公金約86万円がなくなっていることが分かり、窃盗事件として捜査。聞き取り調査などの過程で、課内で定期的に集金し、警部が管理していた親睦会費の一部が警部の金融機関の個人口座に入金されていたことが判明した。

公金の窃盗事件に関与した可能性は低いとみている。警部は3月、県内の警察署に異動。現在は出勤していないという。

 

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。
必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。