未分類

リベンジポルノ相談 岡山

リベンジポルノ相談 岡山

リベンジポルノを直訳すると「復讐ポルノ」。
言葉の通り、復讐という意味が込められています。
リベンジポルノとは、元交際相手や元配偶者から交際中のベッド写真や映像を公にされる等の被害です。
裸の写真など、かなりプライバシーに踏み込んだ映像をネットに流出され、結婚や就職などにも影響をきたすこともあります。
このリベンジポルノ被害の恐ろしいところは、放置することで被害が拡散すると言うところです。
インターネットは、世界中いたるところに普及しており、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレット端末などを使い誰でもが見る可能性があります。家族や会社の同僚、町のパン屋さん、交際相手、その両親など
絶対に見られてはならない人物が目にする可能性があるのです。
1カ月で110件 うち脅迫42件
嫌がらせで裸の画像をインターネット上などに公開する「リベンジポルノ」の防止法が施行された昨年11月27日から12月31日までの約1カ月間で、全国の警察に110件の相談が寄せられ、18件では実際に画像などが公開されていたことが2日、警察庁のまとめでわかった。同庁は「画像がネットで拡散すると、完全な削除は難しい。被害に気づいたらすぐ相談してほしい」と呼びかけている。

リベンジポルノに関するトピックスはこちら

110件のうち、相談内容(複数回答)で最も多かったのは「画像を公表すると脅された」の42件。「画像を送りつけられた」の22件、「画像を公表された」の18件が続いた。これとは別に「画像を撮影された・所持されている」といった相談も33件あった。

99件は相談者が女性だった。相談者全体の世代別では20代が41件と最も多く、未成年が24件、30代と40代がそれぞれ16件。一方、相手方の性別が判明しているうち、88件は男性だった。30代が25件、20代が20件、40代が14件。20代と30代で4割に上った。

 

被害に遭っているのはあなただけではありません。最近急増している問題です。リベンジポルノ被害や画像恐喝、ハメ撮り恐喝などと言った被害は、簡単に誰にでも相談できる内容ではありません。相談相手を間違うと二次被害に遭うこともあります。相談相手から脅されることも考えられるのです。リベンジポルノは、会社でのパワハラやセクハラとも関係していることもあり、問題が複雑化しているケースもあります。

誰にも知られずに解決したいと思う方、早期解決を望む方は今すぐお電話ください。当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。