未分類

詐欺

詐欺

詐欺が増えているので注意を促していました。

確かに詐欺が横行している世の中です。

詐欺の被害額が◯億にものぼる人が相談する相手として、

行政書士を選ぶのでしょうか??

いささか疑問を感じました。

『ただのランチは無い!』

英語でフリーランチ(無料のお昼ごはん)というと、そんなものは世の中にないから気をつけろ、という意味になります。

すべてのものにはコストがあり、無料のものには隠れたコストがあります。

日本語には「タダほど高いものはない」ということわざがあり、

英語には「フリーランチなんてものはない」という意味の慣用句があります。

両者とも言っている事は同じです。

例えばセールで50%オフという場合、元の値段が高すぎたのではないかと疑うのが大人の発想です。

ましてやタダというなら、その見返りは何かと疑うのが常識だと思います。

これも英語には「キャッチは何か」という慣用句があります。

どんな罠があるのか、というのが元の意味です。

販売促進のために牛丼を半額で売るとか、広告入りティッシュを無料で配るとかいうのは分かります。

ところがインターネットで最初から50%オフとして売られているものに、本当の価格があるのかどうかは疑わしい場合が多いようです。

かつて話題のグルーポンでなくても、元の値段が確認できない商品は割引率などいくらでも偽装できるので、インターネット購買では要注意です。

企業である以上利益を追求する組織ですから、何かをコスト割れで提供する場合、どこで儲けるのかという疑問を持つのが当然です。

素材の質を落とす、量を減らす、あるいは十分な市場占有率を取ったあとで値段を上げるなどの方法が考えられます。フリー(無料)という言葉には日本でもアメリカでも要注意です。

岡山 詐欺被害相談は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。