未分類

セクハラ訴訟

セクハラ訴訟

現在、就職すること自体が難しくなってきているのが現状です。

一般的にセクハラとは職場等で行われる性的な嫌がらせのことです。特にその多くは男性上司が女性の部下に対し自らの立場を利用して行うものがほとんどです。

そして,不満を持っているのにも関わらず職場で噂がたったりすることを恐れて何もできずに泣き寝入りしている人がほとんどだと思います。

やっと就職先が見つかり希望や不安をもちながら も、やっと仕事に慣れた頃に、パワーハラスメント等を受けてしまって辞めたいと考え悩んでいる人が多くいま す。辛く苦しくても不景気だから辞められないという方は大勢いらっしゃるではないでしょうか? 仕事は生きていく上でも切っても切り離せないものです。

 

女性の職名明かす
宮城県大衡(おおひら)村の跡部(あとべ)昌洋前村長(66)にセクハラを受けたとして、村の50代女性職員が前村長を相手取り1000万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、仙台地裁(宮崎謙裁判官)であった。跡部氏側は答弁書で請求棄却を求め、争う構えを見せた。

また裁判官が訴訟書類上での女性の氏名秘匿を依頼したのに対し、跡部氏側の弁護士が女性の職名を法廷で明言したうえで「難しいと思いますよ。もう出ている」と反発した。訴訟関係者によると、女性の氏名や職名は訴状に明記されているが、閲覧が制限されており一般人が知ることはできない。

職名が明かされたことについて、女性側の弁護士は法廷で「プライバシーの配慮が足りない」と批判。裁判官が重ねて秘匿を依頼し、跡部氏側弁護士は「分かりました」と述べた。

女性側の訴えによると、跡部氏は村長だった昨年4~9月、出張先や自宅などで10回以上女性に性的関係を強要し、食事の誘いや連絡を迫るメール約1300通を送ったとされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。