» 未分類
未分類

不倫の責任

不倫の責任

不倫は民法第770条の離婚事由に相当し、家庭崩壊の場合は配偶者に訴訟を起こされることがあり、慰謝料などの民事責任に問われることになる。

実子がいる場合は、年齢に関係なく心を激しく傷付けトラウマを植えつけてしまいかねない。子供が心身を激しく傷つけられた場合には不倫をした本人の配偶者からだけでなく、子からも訴訟を起こされることがある。

大阪府警の男性警察官が、勤務中に公用車を使って不倫相手の女性警察官と会っていたことがわかった。

大阪府警によると、福島警察署の地域課長で48歳の男性警部は、先月、当直勤務中に捜査車両を使って、交際していた部下で33歳の女性巡査長と会っていた。当日、男性警部は、当直責任者だったが、約2時間、警察署を離れていたという。

男性警部と女性巡査長はともに既婚者で、今年4月頃から不倫関係にあったとみられている。

大阪府警は、男性警部が公用車を私的に利用し、勤務中に警察署を離れていたことなどが地方公務員法の非違行為などにあたると判断し、2人を近く処分する方針。

本当の不倫の結末はこれからである。

不倫調査に関してのお問合せをよく頂きます。旦那様の帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、不倫のサインでもあるのです。少しでも夫/妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。専門のスタッフが、あらゆるトラブルにご対応致します。
らゆるトラブルにご対応致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。