» 未分類
未分類

セックス依存症

セックス依存症

 

浮気、不倫の原因の一つにセックス依存症が挙げられます
性的対象に依存している間は、脳内より快感物質が放出されるため、不安から一時的に逃れられるメカニズムにより起こる。幼児期や成人への成長過程で肉親からの愛情が得られなかったことに起因する場合が多い、その他にも性善説を基本とし成人となり、通常の生活をしていたものが、常識の範囲を超えた人間たちにより、人間不信となり、 そのメンタル的なストレスを取り除く為に知らず知らずに「性依存症」になった者も見受けられる。

頻繁に「セックス依存症」という呼称が用いられることもあるが、依存する対象は実際に相手のある性交渉だけでなく、自慰行為やポルノへの過度な耽溺および収集、強迫的な売買春、乱交、露出や覗き行為、性的ないたずら電話、インターネットを介したアダルト・チャットなど全ての性的な活動が考えられる。依存者はそれらに性的な興奮や刺激に溺れることが習慣化し、徐々に自己コントロールを失っていく。ギャンブル依存や買い物依存などと同じく「行動への依存」に分類される。

性依存症は1970年代から主にアメリカで研究されてきたが、1998年にクリントン大統領の不倫スキャンダルが性依存症に起因したものであるという説が取り上げられて以来、一般での認知度が急激に高まった。近年ではアルコール依存や薬物依存、ギャンブル依存(賭博依存)と並び代表的な依存症であるという考え方が広まりつつある。
過度な性行動が続くと体に負担を与えるが、それ以上に問題なのは、無軌道な性交渉で性病に感染したり、望まない妊娠を引き起こす可能性である。性依存症患者の多くは、性行為におけるプロテクションをほとんど行っていないと推測される。 また、性依存が深刻な状態にある患者は安全を考慮せずに危険な区域や状況に足を踏み入れる傾向があり、例えば非合法な売買春などに絡んで事故や犯罪に巻き込まれ怪我を負うなどの例もある。 不倫行為や性犯罪が原因で、社会的な信用や地位を失ってしまったり、友人や家族を失くしたケースも少なくない。
日本国内において性依存症はいまだ認知度が低く、「セックス中毒」といったような興味本位の記事として取り上げられることが多い。

医師やカウンセラーの中にもそうした研究が行われていることすら知らない者がおり、患者が病院を訪れても思うような治療やアドバイスが受けられないことが現実である。