Tag Archives: いじめ対策 いじめ解決

未分類

問題行動調査

Published by:

荒れる小学校

問題行動の低年齢化

子供にお願いをする親

子供に「○○ちゃんお願い、○○しないで」こんな会話を親から子供に対して声をかけている親を見かけることがあります。「やめろ」の一言でやめさせればよいのにと感じていました。やめないといけない理由が分からないと辞めないで話にはなりません。

お願いするようなことではないことに、お願いもよくありません。まして親が子供にお願いすることはよくありません。

子供の責任は親が取ること、しつけは親が責任を持つこと。当たり前のことです。

 

暴力行為などの低年齢化が鮮明になった文部科学省の問題行動調査。

各地から寄せられた回答には「小1に何度も蹴られ、教師が通院」「登校中に注意された児童が通行人に暴行」など目を疑うような事例が並んだ。低学年を中心に件数が急増しており、学校現場では対応に模索が続く。

発生件数が最も多かった大阪。府教委の担当者は「家庭環境が影響し、規範意識に乏しい子どもや自分の感情を抑えきれない子どもが増えている」と分析する。生徒指導担当の増員など中学で行っている対策が小学校にも必要かもしれないとし、「問題ある子どもに、迅速かつじっくりと対応する人の確保が重要だ」と話した。

大阪府高槻市教委は「コミュニケーションが苦手な子が問題を起こしやすい」として、友人関係の状況や学習意欲などを測る心理テストや、人を傷つけない話し方を学ぶ講座などを指導に活用している。問題行動を繰り返す児童へのサポートチーム設置なども進めており、発生件数は減少傾向にあるという。

 

未分類

教員の負担

Published by:

教員の負担

親の責任についてもっと考える必要が出てきたのではないかと思う。子供の問題で教員に責任を押し付けているようでは、子どもに未来は無い。
小中学校の教員が日ごろ大きな負担に感じているのは、国の調査への回答や保護者からの苦情対応だったことが、文部科学省が27日公表した教職員の業務実態調査で分かった。一方、教材研究や補習授業はさほど負担に感じておらず、授業以外の業務が圧迫していることがうかがえる。文科省は今後、事務職員や福祉の専門家であるスクールソーシャルワーカーなど各分野の専門家を拡充し、さまざまな問題に組織で対応する「チーム学校」の徹底を図る方針だ。

保護者の苦情対応

調査は昨年11月、全国の公立小中学校から抽出した451校の計9848人の教職員を対象に実施した。授業や成績評価など子どもの指導に関する41業務と、調査への協力や苦情処理など学校運営に関する30業務について、それぞれ従事状況や負担感を聞いた。

その結果、これらの業務は副校長・教頭と教員に集中していることが分かった。中でも負担感が最も大きかったのは「国や教育委員会からの調査への回答」。小中学校ともこの業務に従事する9割の教員が「負担」「どちらかといえば負担」と答えた。文科省によると、国や教委への調査回答件数は、情報化実態調査や英語教育実施状況調査をはじめ、いじめなどの月例報告も含めると年間500件という学校もあるという。次に目立ったのが「保護者・地域からの要望・苦情への対応」で、小中とも7割の教員が「負担」に挙げた。

いじめや不登校など「問題行動への対応」を負担と感じている教員は小中とも5割強。中学教員では5割が部活動の指導・引率を負担と答えた。

一方、「教材研究」や「放課後や朝の学習指導」を挙げたのは小中とも2割。子どもや保護者との相談も3割程度だった。

未分類

加害者生徒を告訴 告訴 告発 岡山県 倉敷市

Published by:

加害者生徒を告訴

子供だからと言って責任を逃れりことはできません。刑事告訴は当たり前のことです。子供にも責任をとるという考え方を教える必要があるのです。

岩手県矢巾町で、いじめを訴えて自殺した中学2年の男子生徒について、学校は「いじめが自殺の一因」とする調査報告書をまとめ、26日、遺族に説明した。

矢巾町の中学2年・村松亮さん(13)は生前、担任とやり取りするノートに「いじめ被害」を再三訴え、今月5日に自殺した。中学校の校長らは26日午前、教職員や同級生からの聞き取り結果などをまとめた調査報告書を父親に手渡した。報告書は、「机に頭をたたきつけた」「朝礼で嫌がらせをした」などの6件を「いじめ」と認め、「自殺の一因」と結論付けている。

亮さんの父親「私が思ういじめという認識と学校側が思ういじめという部分では、やっぱり考え方が違うというか、認識の仕方が違う」

学校は26日夕方、保護者会で報告書の内容を説明。臨時登校日の27日には、生徒にも説明する予定。保護者会後の会見で校長は、「亮さんのかけがえのない命を守り切れなかったこと、たいへん申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

一方、父親は26日夕方、加害者の生徒4人を「暴行」や「強要」などの疑いで岩手県警に告訴した。

 

子供の犯した犯罪でのトラブルは、私どものクライアントには事件にするように勧めています。子供は将来があるからと言って穏便に済ましても、犯罪者になるための将来では意味がなく、悪いことは悪いとして責任を取らすという考えで、対応をとっています。

未分類

加害者生徒を告訴

Published by:

加害者生徒を告訴

子供だからと言って責任を逃れりことはできません。刑事告訴は当たり前のことです。子供にも責任をとるという考え方を教える必要があるのです。

岩手県矢巾町で、いじめを訴えて自殺した中学2年の男子生徒について、学校は「いじめが自殺の一因」とする調査報告書をまとめ、26日、遺族に説明した。

矢巾町の中学2年・村松亮さん(13)は生前、担任とやり取りするノートに「いじめ被害」を再三訴え、今月5日に自殺した。中学校の校長らは26日午前、教職員や同級生からの聞き取り結果などをまとめた調査報告書を父親に手渡した。報告書は、「机に頭をたたきつけた」「朝礼で嫌がらせをした」などの6件を「いじめ」と認め、「自殺の一因」と結論付けている。

亮さんの父親「私が思ういじめという認識と学校側が思ういじめという部分では、やっぱり考え方が違うというか、認識の仕方が違う」

学校は26日夕方、保護者会で報告書の内容を説明。臨時登校日の27日には、生徒にも説明する予定。保護者会後の会見で校長は、「亮さんのかけがえのない命を守り切れなかったこと、たいへん申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

一方、父親は26日夕方、加害者の生徒4人を「暴行」や「強要」などの疑いで岩手県警に告訴した。

未分類

子供は親を選ぶことができない

Published by:

子供は親を選ぶことができない

 

いらない子

無責任セックスのうえで出来た子供を「いらない子」と言った女性をどう思いますか。自からセックスして妊娠しておきながら「いらない子」と言われても子供はどうしようもありません。

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます
愛媛県八幡浜市のアパートから5人の赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、逮捕された女に特定の交際相手はおらず、捨てた赤ちゃんについては「いらない子だった」などと供述していることが捜査関係者への取材で新たにわかった。

この事件は今月14日、八幡浜市の無職・若林映美容疑者(34)が自宅の押し入れに赤ちゃんの遺体を捨てたとして、死体遺棄容疑で逮捕されたもので、20日に行われた現場検証で自宅の物置から別の4人の赤ちゃんの遺体が見つかっている。

捜査関係者によると、若林容疑者には特定の交際相手はおらず、赤ちゃんを捨てた理由について「いらない子だった」などと供述しているという。また、5人の赤ちゃんのうち、何人かは「口をふさいで殺した」などと殺害をほのめかす供述もしているという。

無責任な親が子供のトラブル原因を作っています。いじめの原因も教師や学校ではなく親が玄以であることが多いのが事実です。マスコミでは被害者を糾弾するようなことができないし、テレビのコメンテーターも視聴者の苦情を受けていたのでは仕事がなくなるので真実は語ることができないのです。

 

未分類

いじめで逮捕

Published by:

いじめで逮捕

いじめとは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である。

いじめ防止対策推進法によれば、「いじめ」とは、「児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう」(第二条一項)

第二条一項は子供に対してのことだが、弱者は年齢問わずいじめの対象となっているのが現状である。

男子生徒にいじめ、中2女子逮捕 暴行容疑、LINEに動画投稿

同級生の男子生徒(13)に水をかけるなどしたとして、愛媛県警四国中央署は9日までに、暴力行為法違反の疑いで同県四国中央市立中2年の女子生徒(14)を逮捕した。

市教育委員会や捜査関係者によると、男子生徒が5月、いじめに遭い、土下座させられる様子などを撮影した動画が無料通信アプリLINE(ライン)に投稿され、仲間同士で見られるようになっていた。

逮捕容疑は5月20日と21日、同級生の少年ら数人と共謀し、男子生徒に水をかけるなどの暴行を加えた疑い。四国中央署によると容疑を認めている。同署は少年についても捜査している。

未分類

いじめ問題

Published by:

いじめ問題

いじめ問題は当事者間では解決は困難なものです。加害者、被害者、学校は当事者と考えていいでしょう。
滋賀県大津市の中学2年生男子生徒が、いじめを苦にして自殺した問題で、学校側は当初、いじめの事実をまったく把握していなかったかのような説明をしていた。しかし、保護者や同級生の証言によると、昨年の夏くらいから日常的に、加害生徒3人組による暴行や、金銭の要求が行われていたという。

果たして学校は、実際にこれらのいじめをどこまで察知していたか。近ごろになって、にわかに信じがたい話が保護者の耳にはいってきた。

「担任だった男の先生に、いじめを訴えたクラスの女の子がいるんです」

件の通報は2度、9月の末から10月上旬にかけてだった。訴え出た女子生徒にも、それなりの覚悟があったはずである。いじめられていた男子生徒の生をつなぎとめる、決定的な機会といっていい。

ところが、すでに男子生徒の親から、口座から消えた多額の不明金について相談を受けていたにもかかわらず、「遊んでいるのと違うんか」と、担任は問題をよくある「ふざけっこ」にすり替えてしまうのだ。

状況からして、“信号”は見落とされたのではなく、あえて何度も見逃されてきたと、理解するよりない。「小さい問題のうちに対応する鉄則」を踏み外した結果、学校は抑止力としては機能しえなくなる。

それどころか、事件後も、「遊びの一環」とした担任の判断が大きな影響を及ぼしている。大津では、自殺の20日後に開かれた「緊急保護者会」で、こんな騒動があった。同級生の娘を持つ母親の話だ。

「いじめたとされる生徒のお母さんはPTA会長です。会場にはいると、そのかたからのチラシが手元に配られた。『息子はそんなことはしていない』という内容の文面でした。子供同士の遊びの場面をつかまえられて、いじめだといわれることは心外だと。自分の子供を守ろうとしているのはわかりますが、かなり違和感がありました」

事実関係について保護者に詰め寄られた学校が進退窮まり、ついに「いじめはあったとしかいいようがない」と漏らすや、この母親が「それは憶測です! 憶測でものをいわないでください!」と声を荒らげ、校長がたじろぐ一幕があった。