Tag Archives: いじめ解決

未分類

子供は親を選ぶことができない

Published by:

子供は親を選ぶことができない

 

いらない子

無責任セックスのうえで出来た子供を「いらない子」と言った女性をどう思いますか。自からセックスして妊娠しておきながら「いらない子」と言われても子供はどうしようもありません。

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます
愛媛県八幡浜市のアパートから5人の赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、逮捕された女に特定の交際相手はおらず、捨てた赤ちゃんについては「いらない子だった」などと供述していることが捜査関係者への取材で新たにわかった。

この事件は今月14日、八幡浜市の無職・若林映美容疑者(34)が自宅の押し入れに赤ちゃんの遺体を捨てたとして、死体遺棄容疑で逮捕されたもので、20日に行われた現場検証で自宅の物置から別の4人の赤ちゃんの遺体が見つかっている。

捜査関係者によると、若林容疑者には特定の交際相手はおらず、赤ちゃんを捨てた理由について「いらない子だった」などと供述しているという。また、5人の赤ちゃんのうち、何人かは「口をふさいで殺した」などと殺害をほのめかす供述もしているという。

無責任な親が子供のトラブル原因を作っています。いじめの原因も教師や学校ではなく親が玄以であることが多いのが事実です。マスコミでは被害者を糾弾するようなことができないし、テレビのコメンテーターも視聴者の苦情を受けていたのでは仕事がなくなるので真実は語ることができないのです。

 

未分類

いじめで逮捕

Published by:

いじめで逮捕

いじめとは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である。

いじめ防止対策推進法によれば、「いじめ」とは、「児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう」(第二条一項)

第二条一項は子供に対してのことだが、弱者は年齢問わずいじめの対象となっているのが現状である。

男子生徒にいじめ、中2女子逮捕 暴行容疑、LINEに動画投稿

同級生の男子生徒(13)に水をかけるなどしたとして、愛媛県警四国中央署は9日までに、暴力行為法違反の疑いで同県四国中央市立中2年の女子生徒(14)を逮捕した。

市教育委員会や捜査関係者によると、男子生徒が5月、いじめに遭い、土下座させられる様子などを撮影した動画が無料通信アプリLINE(ライン)に投稿され、仲間同士で見られるようになっていた。

逮捕容疑は5月20日と21日、同級生の少年ら数人と共謀し、男子生徒に水をかけるなどの暴行を加えた疑い。四国中央署によると容疑を認めている。同署は少年についても捜査している。

未分類

子供が暗い

Published by:

子供が暗い

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

今夜も寒いですね・・・

ブログを読んでくださってありがとうございます。

みなさんは、定期的に親に会っていますか?

近くに住んでいても、なかなか会わない親子もいるようですが、

毎週顔を出していた娘が来なくなった・・・

家に来るのは孫だけで、孫の様子がなんとなく暗く感じる・・・

そのようなことはありませんか?

実家の近くで子育てをしている母親は、

両親との交流がある事が多く、

急に顔を出さなくなったらトラブルを抱えている事があります。

旦那さまの浮気問題、

自分の不倫、

金銭トラブル、近隣トラブル、いじめ問題など

原因はひとそれぞれです。

また、夫婦の関係の善し悪しは、

子供に影響があります。

子供が

空元気を見せたり、

大人の顔色を見るようになったら気をつけましょう。

子供は大人よりもデリケートです。

そして、大人が思っているよりもいろんな事を感じ、

子供なりに考えています。
あなたのお子さんは、大丈夫ですか?

お孫さんは、不安を感じていないでしょうか?

幸せな家庭で子供に安心させてあげてください。

小さな体で、ひとりで頑張っているかもしれません。
いじめ問題
岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

 

アンバサダー調査事務所では、

証拠を活用出来る人材

証拠調査士の育成もしています。

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

クライアント満足度を上げて、

収入アップにつながる資格でもあります。

お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校

086-226-1099

未分類

子供のいじめの現状

Published by:

子供のいじめの現状

いじめの現状

今年3月上旬、女子生徒は、同級生の女子がスマートフォン(高機能携帯電話)などで使える無料通信アプリの「LINE(ライン)」に書き込んだ文面を見て「私のことなんやろな」と思った。女子生徒は昨秋から、この女子を含め仲良しだった同級生3人から無視されるなどのいじめを受けていた。

仲間内で文字や写真などをやり取りできるLINE。女子生徒は自分だけメッセージを読めないよう設定され、悪口を書き込まれることもあった。

3月中旬、別の女子からは、やはりLINEで家庭を中傷する書き込みをされ、学校でこの女子と激しく口論となり、担任が止めに入るトラブルになった。

このころ、複数の友人に「しんどい」「死にたい」と相談していた女子生徒は、3月28日の早朝、マンション7階から飛び降りた。携帯電話の未送信メールには「みんな 呪ってやる」と記されていた。

その直後、女子生徒を中傷していた女子は「私のせいや。私も死んだ方がいいんかな」と書き込んだ。だが通夜の際にはこう書き込んだ。「お通夜NOW」
高校生56%がスマホ
LINEは主にスマホ向けのアプリで、急速に普及が進み、国内の利用者は4500万人以上に上る。中高生にも利用者が増えているのはスマホの所有率が急増しているからだ。内閣府が今年1月に公表した調査によると、高校生のスマホ所有率は前年度比約8倍の56%、中学生は約5倍の25%。利用者増に伴い、LINEいじめが増えている。