» Blog Archives

Tag Archives: アンバサダー岡山

未分類

リベンジポルノ防ぐ

Published by:

リベンジポルノ防ぐ

ストーカー被害に遭わないための注意点
ストーカー事件では出会いから加害行為までインターネットが絡むケースが多多くなってきている。スマホカメラ、携帯カメラを利用した脅迫など手軽に異性の裸を撮影で知るようになった。

ネットを使ったストーカー行為は、大まかに言えば3種類。元交際相手などへの復讐(ふくしゅう)や嫌がらせ、交際や復縁を迫る、見知らぬ相手が標的--で、それぞれの目的によって行動も異なる。ネット利用し裸の画像を遅らせるなど様々な犯罪が増えてきている。

復讐目的で行われる嫌がらせでは、プライベート写真などを流出させる「リベンジポルノ」が一般的だ。撮影後に相手が目の前でデータを削除したとしても後で記録媒体から復元できる。「すぐ消すから」と言われても、撮影させてはダメ。送信の数秒後に画像や動画が自動的に消えるアプリも人気だが、その短時間内に別のデジタルカメラで画面自体を撮影されることはあり得るので過信は禁物だ。

復讐の一環で、無料通信アプリ「LINE」などSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のアカウントを乗っ取って悪意のある情報を発信したり、相手になりすまして書き込みをしたりするケースもある。パスワードを使い回ししないなど地道に予防するしか手がない。

交際や復縁を迫る場合、加害者はSNSで相手の趣味や行動パターンを把握しようとすることが多い。SNSで個人情報を発信している人は多いが、位置情報の発信機能はできるだけ使わない方がいい。また、情報を入手するアプリをインストールしてしまうと、携帯のGPS(全地球測位システム)情報を簡単に抜き取られることもお忘れなく。

見知らぬ相手へのストーカー行為でも、ネットが有効な手段になる。海外の報告事例では、ウェブカメラを遠隔操作して部屋などを盗撮する目的で、チャットサイトで女性を物色、細工を施したサイトに誘導して相手のウェブカメラを乗っ取ったという例もある。相手のごみをあさって、ネット上にアップしているケースもある。スカイプで個人情報入手、裸の画像を入手などあらゆる方法がある。

尾行用のGPS発信機を相手の車や持ち物に仕込んだり、小さな穴から室内をのぞくことのできるリバースドアスコープなどストーカー行為に悪用されるツールもある。相手の手口を知ることが防御につながるが、規制は難しい。

ストーカー行為自体は以前からあるが、SNSで自ら情報発信をする現代は、以前より見知らぬ人に狙われるリスクが高まっている。ただ、ネットやメールを介した行為は記録が残り証拠にもなる。

この様なトラブルに巻き込まれたら、当社に相談ください力になります

未分類

リベンジポルノ事件

Published by:

リベンジポルノ事件

 

寄生虫女と元高校教師のリベンジポルノ事件

 

別料金なく本番をしようとしたデリヘル嬢に入れ込んだ67歳・元高校教師のあきれる勘違い。デリヘル嬢本音はキスも苦痛だった

今回の事件で脅迫罪に問われた兵庫県の元高校英語教師(67)は、デリヘルで知り合ったデリヘル嬢に一目惚れ。その女性を何度も指名するうちに、お店を介さず(=お店に支払うべき料金を彼女に直接渡して)サービスを受ける関係を築くことに成功(※風俗嬢としては御法度の行為である「店外営業」は、マージンをお店に抜かれないのが女性側としてのメリットだが、反面、バックに控えている“お店”という存在がなくなるため、トラブルに巻き込まれやすい)。デリヘルだと本来“禁止行為”である本番セックス(=男女性器の結合)を正規料金のみでできる仲にまで発展する。そして、このような“特別扱い”を、元教師は恋愛感情だと勘違いし、100万円分の金品だとか現金20万円を彼女に貢いでしまう
二人が出会って約8ヵ月後、もうこの男からお金を搾り取るのは限界だと判断したのか、それとも体を売ってお金を稼ぐことを一斉にやめようと決意したのか、あるいは相手の過剰なのめりこみようが怖くなったのか、そのデリヘル嬢は元教師に、

金が尽きれば当然次のようなメールを元教師に送った。「特別扱いは全部うそで、関係を清算したい。本当は抱かれたくなく、キスは苦痛だった」との捨て台詞のメールで送りつける。

勘違い元教師はそのメールを読んで激怒。「けじめとして20万円を返せ。だましたことを謝れ」と返信したが、彼女からの連絡はない、といったいきさつで、より激怒した元教師が、会えないときに見たいと伝えたら、OKをもらって撮影したらしい彼女の裸の写真を使って、リベンジポルノをたくらんだ。

未分類

子供の声は騒音

Published by:

子供の声は騒音

規制から除外する案
東京都が騒音を規制する条例から子供の声を除外する方針を打ち出したことに、都内の自治体や住民から賛否の声が寄せられている。

都は18日開会の都議会に、除外対象を「小学校入学前の子供の声」とする条例改正案を提出するが、改正に反対する意見のほか、部活動の声が騒音扱いされないよう、除外対象を中高生にまで広げるよう求める意見なども根強い。子供の声は騒音なのかを巡って、論議を呼びそうだ。

悩む自治体

「我々は子供の声に不寛容で良いのだろうか」。世田谷区の保坂展人区長は1月8日の定例記者会見でそう語り、都条例の騒音規制から除外する子供の年齢を「18歳以下にすべきだ」と都に要望したことを明かした。

同区内の公立中学校の校長は「周辺住民から一人でも『うるさい』と苦情があれば、配慮せざるを得ない。大きな声や音が出る運動会の前には、住民に理解を求める手紙を配布している」と話す。練馬区の中学校では部活動の早朝練習に対し、「生徒の声が耳障りだ」という苦情が寄せられた。隣家との距離が数十センチしかない大田区の中学校のプールでは現在、高さ2・5メートルの遮音壁の工事が進んでいる。

目黒区の担当者は「最近は、教員の指導の声がうるさいというクレームまである」と打ち明ける。

話し合いで解決

2000年に制定された都環境確保条例は、「何人(なんぴと)も規制基準を超える騒音を発生させてはならない」と規定している。場所や時間帯によって音量の基準値を設けており、これに違反した場合は、都と区市が事業者側に勧告を行うことができる。町村については都が行う。

ところが、練馬区では12年、この条例を根拠に、保育所の周辺住民が子供の声を「騒音」だとして、差し止めを求める訴訟が起きた。都議からは「子供の声を工場などの騒音と同列に論じるのはおかしい」との指摘もあり、都は昨年3月、条例の見直しを始めた。

都によると、条例の見直し案では、音の発生源が〈1〉小学校入学前の子供とその保育者〈2〉子供の声や足音、遊具や楽器の音〈3〉保育所や幼稚園、児童館――などの条件を満たした場合、数値規制から除外する。一方、周辺住民にも配慮し、子供の声が「我慢すべき限度(受忍限度)を超えているか」を都や区市が総合的に考慮し、双方の話し合いによる解決を目指すという。

除外対象を「小学校入学前の子供」にしたのは、「乳幼児期に遊びは欠かせず、声を出すのはやむを得ない。小学生になれば集団や社会のルールを守る態度を身に付ける段階だから」(都幹部)と説明する。

アンケート

都は昨年3月、都内49区市を対象にアンケートを行った。それによると、子供の声を条例で規制することについて、「賛成」は3自治体、「賛成だが規制を緩和すべきだ」が10自治体、「反対」が13自治体。除外の対象年齢については、都が導入する予定の「小学校入学前」は2自治体にとどまり、「中学校入学前」が10自治体、「高校入学前」が8自治体だった。

都民の受け止めも様々だ。都が昨年12月~今年1月に行った意見募集には134件の意見が寄せられた。このうち79件は「声を出すことは子供の心身の発達に大切」「のびのびと外で遊べないことが運動能力低下の原因」など見直しに賛成する意見。

一方、45件は「大勢の高音の声は耐え難い」「夜勤従事者の安眠が妨げられる」などの反対意見だった。

また、「受忍限度」についても、「具体的な判断方法があいまいで実効性に不安がある」という意見も目立った。

未分類

個人情報の悪用個人情報漏洩調査 

Published by:

個人情報の悪用 個人情報漏洩調査

女児誘拐未遂
逮捕の巡査「巡回連絡カード」悪用か

 

勤務する交番の管轄エリアで小学4年の女児(10)を誘拐しようとしたとして、群馬県警は18日、県警渋川署地域課巡査、秋山暢大(のぶひろ)容疑者(24)を未成年者誘拐未遂容疑で逮捕した。秋山容疑者は女児の自宅前に乗用車を止め、女児が帰ってきたところを、車から降り声をかけた。私服で、警察官であることは明かさず、女児や父親の名前を口にして父親の知り合いを装っていた。

 

秋山容疑者が女児や父親の名前を事前に知っていたことについて、群馬県警は、職務上知り得た情報を利用した疑いがあるとしている。地域をパトロールする巡査は通常「巡回連絡カード」を使って個人情報を収集しているとみられ、今回もこれを悪用した可能性が考えられる。

巡回連絡カードは、警察庁が「住民の安全で平穏な生活の確保に役立てる」として地域警察官に住民の情報を収集させている制度。事件・事故が発生したり、迷子を保護したりした緊急時に家族への連絡に役立てると説明し、家族全員の氏名、生年月日、勤務先、学校名などの記入を求めている。

女児や両親と秋山容疑者に元々面識はなく、女児と友達(7)は昨年12月、パトロール中の秋山容疑者を5、6回見かけたと話しているという。この時の秋山容疑者の挙動について県警は「地域の見守り活動をしているような様子だった」と説明しているが、「かわいい女の子をつけ回していたのでは」と疑う声も住民の間から出ている。隣町の主婦(29)は「そもそも何のために書かされるカードなのかと思っていた。今回もし警察官に悪用されたなら、巡回連絡カード自体、廃止してもらいたい」と憤る。

渋川署によると、秋山容疑者が勤務していた吉岡町交番は原則2人体制。監視・管理体制が弱く、個人情報を比較的容易に入手できた可能性もある。過去には長野県警や愛知県警で、交番の連絡票のコピーを悪用したり、駐在所の情報照会用端末を不正操作したりした手口もあった。

未分類

探偵経営者の殺人事件

Published by:

探偵経営者の殺人事件

多分彼は、探偵業を開業したものの、思うように売上げが上がらず苦しんでいたのでしょう。いくら仕事がないと言っても人殺しまですることはないのですが、よほど精神的に追い込まれていたのでしょう。残念な事件です。

曳地雄太容疑者を逮捕-山口裕美子さん殺人事件 ミナト探偵事務所
東京都世田谷区宮坂にある雑居ビル4階の1室で2月14日、若い女性の変死体が見つかっていた殺人事件で、警視庁北沢署は2月15日未明、交際相手の男を逮捕しました。

殺人容疑で逮捕されたのは、現場マンションに住む探偵業・曳地雄太容疑者(25)です。曳地雄太=ひきち ゆうた

発表によると曳地雄太容疑者は2月14日午前7時ころ、世田谷区宮坂3丁目12-20にあるマンション「経堂LYLYCO(経堂リリコ)」で、同居する交際相手の職業不詳・山口裕美子さん(24)の首を絞めるなどして殺害した疑いが持たれています。山口裕美子=やまぐち ゆみこ

曳地雄太容疑者は事件後の14日午後3時ころ、北沢署を自ら訪れて「同居している交際相手の女性が家に帰ってこない」などと相談。

しかし、説明の内容に不審な点などがみられたため、警察が曳地雄太容疑者の部屋を訪れて調べたところ、ロフトで仰向けに倒れている山口裕美子さんの遺体が見つかったとのこと。なお、首には手で絞められたような痕が残っていました。

現場は、曳地雄太容疑者が代表を務める「ミナト探偵事務所」の事務所と自宅を兼ねており、ここに山口裕美子さんと2人暮らしをしていたとみられます。

警察での取り調べに対して曳地雄太容疑者は「収入や生活費のことで口論になった。悪口を言われカッとなり、首を絞めた」「日頃から口論があり不満があった」などと供述し、容疑を認めています。

警視庁北沢署は殺人事件として、事件に至った経緯や犯行動機などについて、さらに詳しく捜査を進めています。

未分類

騒音トラブル

Published by:

騒音トラブル

騒音トラブルで、殺人事件が起きてしまいました。

隣人殺害=容疑の67歳男逮捕

大阪市西成区のマンション1階の部屋で15日、住人の無職菅原敏さん(71)が顔から出血して死亡しているのが見つかり、大阪府警捜査1課は17日、殺人容疑などで2階に住む無職古田敏男容疑者(67)を逮捕した。「騒音が原因で殺してやろうと思った」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は14日午後4時40分ごろから15日午前10時50分ごろの間、同区花園北の菅原さんの部屋に侵入し、顔面を殴るなどして殺害した疑い。
菅原さん宅を訪れた介護ヘルパーが遺体を見つけた。同容疑者は事件後、所在不明になっていたが、17日に同市浪速区のパチンコ店で発見された。

騒音トラブルは、被害者にとっては大変苦痛なもので、まして住居での騒音は絶えず悩まされるため、すぐには解決できないことも多く、実際に加害者を殺してしまおうとまで考える人がいます。

この様な問題や、トラブルを起こす人の特徴として、コミニケーション能力が低いことが多く当事者で話し合いをしても一向に解決に向かうことはなく、かえって状況を悪化させることが多くあります。

当社ではこのような案件を数多く対応してきました。騒音トラブルで悩まれている方は当社に相談ください。力になります。