Tag Archives: アンバサダー調査事務所岡山

未分類

金銭トラブル

Published by:

金銭トラブル

金銭トラブルは今も昔も絶えることのない難解なトラブルの一つです。お金の貸し借りは、たとえ仲の良かった人に貸す場合でも、後にトラブルになってしまうケースも多々ございます。それが原因で長年培ってきた信頼関係が一気に崩れてしまうケースもございます。また貸した相手の方の行方が分からなくなって、どうしたらいいのか分からないというご相談も近年増加しています。金銭に関して、現在お悩みの方はぜひ一度、私たちにご相談下さい。

 

18歳少女不明事件 少年と少女を監禁の疑いで逮捕

千葉・船橋市の18歳の少女が行方不明になっている事件で、警察が事情を聞いていた少年と少女を監禁の疑いで逮捕していたことがわかった。
船橋市の18歳の少女は、19日夜、知人らと県内の道路を歩行中に、乗用車に乗った男らに声をかけられ、その後、車に乗り、行方がわからなくなった。
少女の知人は「3日前から、うわさは聞いていた。車で誘拐されたみたい」と話した。
乗用車には、成人の男1人と少年ら数人が乗っていたとみられ、警察は、車数台を押収して検証を行い、車に乗っていたとみられる少年と少女から事情を聴いていた。
その後の捜査関係者への取材で、警察が23日、この少年と少女を監禁の疑いで逮捕していたことがわかった。
主犯格とみられる少年らは逃走していて、警察は、監禁事件として行方を追っている。
一方、少女の父親が取材に応じ、「犯人に心当たりはない。18歳になって、家が嫌になって出ていった。どんな形であれ、わたしは帰ってきてほしい」と答えた。

未分類

警察官ストーカー

Published by:

警察官ストーカー

 

ストーカー容疑で58歳警官逮捕

元交際相手に付きまとい
元交際相手の女性に付きまとうなどしたとして、茨城県警日立署などは14日、ストーカー規制法違反と脅迫の疑いで、水戸署地域課巡査部長の岩間克則容疑者(58)=同県那珂市菅谷=を逮捕した。「話がしたくて連絡したり、会いに行ったりしてしまった」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は1~3月、不倫関係にあった県内のパート従業員の女性(58)に対し「(女性の)写真をばらまく」「会いたい」などのメールを約20通送信。性的な内容が含まれた手紙を複数郵送したり、女性の自宅周辺で見張りや付きまとい行為をしたりした疑い。
県警監察室によると、女性から相談の電話があり、発覚。2人は十数年前から交際を始め、昨年12月に別れたという。岩間容疑者の自宅などから、女性の写真など100点以上を押収した。
風見和幸首席監察官の話 警察官としてあるまじき行為で、誠に遺憾。深くおわびする。捜査結果を踏まえ、厳正に対処する。
弊社では今まで多くのストーカーを撃退してきました。
あなたが勇気を持って今までと同じ生活をしたいと願うのなら弊社までご連絡ください至急コンサルティングを行います。

平穏な生活を営む権利はみんなそれぞれ持っているはずですそれらの権利を脅かすような連中は弊は許すことができません。弊社の使命はそのような連中を捕まえることだと思っております。

未分類

大阪市の戸籍不正アクセス事件

Published by:

大阪市の戸籍不正アクセス事件

戸籍という「個人情報の塊」が職員たちの好奇の目にさらされていた。大阪市の戸籍事務担当の職員2人が情報システムに不正にアクセスし、橋下徹前市長や著名人らの戸籍を「興味本位」でのぞき見していたという不祥事が2月、明らかになった。不正は長期間見過ごされてきたが、橋下氏の周辺で起きた「異変」がきっかけで暴かれた。大阪市に本籍がある戸籍は約116万7千件に上るが、今回明らかになった職員の低いモラルは個人情報の流出、犯罪誘発のリスクをはらんでいる。今のところ情報流出は確認されていないが、薄氷の管理体制に背筋が凍る。

大阪市で戸籍担当の多くの職員が戸籍情報に不正アクセスしていた問題で、市の外部監察チームは12日、興味本位など業務に関係なく不正に戸籍を検索した職員が62人で、このうち59人が実際に閲覧していたとする調査報告書を発表した。外部への情報流出は確認されなかったが、市はプライバシーを侵害したなどとして、退職者を除く57人に懲戒処分、監督責任のある上司ら131人に文書訓告などの行政措置を行った。

同チームは職員約980人の自己申告やアクセス履歴から、18区役所と市民局で不正アクセスを確認。大正区の男性職員(31)は1750件、淀川区の女性職員(39)は180件、鶴見区の男性職員(24)は114件の不正検索が確認され、常習性があるとして最も重い停職3カ月の処分となった。

不正アクセスが認定された62人以外でも、151人が端末操作の研修目的、14人が正規の手続きを経ない不適切な検索を行っていたという。

今回、停職3カ月の処分を受けた大正区と淀川区の職員2人が橋下徹市長や著名人らの戸籍情報をのぞき見ていたことが昨年2月に発覚。市が全庁的に調査を進めていた。

未分類

議員の風紀

Published by:

議員の風紀

「みんな大人だから、片っ端から私が監督や教育をする義務はない」当たり前のことです。
中川郁子(ゆうこ)農水政務官と門(かど)博文衆院議員の不倫報道を受け、6日の記者会見でこう語ったのは2人が所属する二階派のボス・二階俊博総務会長だ。

2人が「路上キス写真」を撮られたのは、中川氏の上司で、二階派の重鎮でもある西川公也氏が政治資金問題で農水相を辞任した日の夜だった。

「門氏は、二階氏の子飼い中の子飼いとして知られています。和歌山3区が地元の二階氏が、1区に擁立したのが門氏でした。二階氏は、ここ2回の衆院選では、ほとんど1区に詰めて陣頭指揮をとったが、門氏は民主党の岸本周平氏に2回連続で敗れた。党の新ルールでは次期総選挙で公認をもらえない可能性もある。後見人の二階氏が門氏をかばいきれるのか、見ものです」(政治部記者)

ただ、今回の不倫を招いた原因の一つが二階派の“風紀”との指摘もある。

「親分はコワモテですが、二階派は、若手議員から『雰囲気がいい。楽しい』と人気派閥なんです。当選3回以下の若手が大半を占め、合宿や飲み会が多い。若さと一体感があり、他派閥が獲得に二の足を踏む“訳あり”も積極的に受け入れてくれる“懐の広さ”もある」(自民党関係者)

そのせいか、中川氏と門氏以外にもカップルが生まれている。

「元ミス日本関東代表の金子恵美衆院議員と、宮崎謙介衆院議員の交際は、政界ではよく知られていますが、2人とも二階派です。ただ、昨年当選した加藤鮎子衆院議員が宮崎氏の元妻という、ややこしい三角関係もあるのですが」(同前)

先月の講演では「虎やライオンがいなくなった」と人材難を嘆いた二階氏。だが、派閥では党内有数の“肉食系”をズラリと取り揃えている。

ツイッターでの失言が絶えない片山さつき参院議員、『米国非難発言』を菅義偉官房長官から注意を受けた衛藤晟一首相補佐官、「政治資金でキャバクラ支出」が報じられた鶴保庸介参院議員、現役女子アナとの結婚が話題となった小倉将信衆院議員などだ。

未分類

証拠調査士を育成

Published by:

証拠調査士を育成

証拠調査士とはトラブル解決、問題解決にあった対策を考え、その事案に関連する証拠を洗い出し、様々な案件に対応します。証拠調査士を育成

法律は全国民が全法律を理解しているという前提で適用されるため、知らなかったは全く通用しないのが当然のことです。

トラブル解決、問題解決は法律を十分に理解し活用することは、法治国家日本では当然のことといえるでしょう。

たとえば、浮気相手に慰謝料請求するとしましょう請求すること自体は当然の権利ですが、誤った請求だと、請求相手に恐喝だといわれかねないのです。

実際に問題となり事件になっているケースもあります。

権利の主張には「主張立証責任」は主張する側にあります。しかし何の証拠もなく主張する人は多くいます。実際に警察に相談しても動いてくれないといわれる方が多くいますが、根拠もなく動くことができないのが当たり前です。そんなことを嘆く前に証拠、根拠を提示するべきです。

アンバサダー調査事務所に相談ください力になります。
アンバサダー調査事務所では、クライアントの情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!クライアントがお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

弁護士盗撮で肖像権侵害
探偵による隠し撮りで肖像権などを侵害されたとして、京都弁護士会所属の弁護士2人が、東京都の探偵業者に計200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、京都地裁であった。橋詰均裁判長は請求を一部認め、業者に30万円の支払いを命じた。
判決によると、探偵業者は2013年7月、京都市内の同族会社の支配権をめぐる争いを調査する過程で、この会社の職務代行者を務めていた弁護士2人の隠し撮りを実施。2人の写真を掲載した報告書を依頼者に渡した。
橋詰裁判長は、弁護士は職業上、接触相手などを第三者に知られることを嫌う職業だと指摘。探偵業者が弁護士の写真を撮る必要性は乏しく、相手を弁護士と認識した後も撮影を続けたことで、肖像権を侵害したと判断した。

未分類

美人局で5千万円

Published by:

美人局で5千万円

美人局(つつもたせ)とは、 男女が共謀して行う罠です。 女性をターゲットの男性に近づかせて誘い出します。 ホテルへ行って事に及んだら、男性が出てきて 「嫁に何をするんだ!」などと因縁を付けて金銭などを要求する と言った被害が美人局です。

昔からスナックなどの夜の店などではよく起こっていた被害ですが、今では出会い方が巧妙になり、男性だけが被害に遭う問題ではなくなっています。

「ヤクザが家族をむちゃくちゃに」

恐喝容疑で男女4人逮捕 「美人局」の手口で知人から5千万円を脅し取ったとして、大阪府警捜査4課は21日、恐喝容疑で自称大阪市北区西天満、飲食店経営、湯浅信吾容疑者(30)のほか、被害者と関係を持った女ら男女4人を逮捕した。湯浅容疑者は黙秘しているという。 逮捕容疑は共謀し平成25年1月、湯浅容疑者の知人で司法書士の30代男性に、当時10代だった女を紹介。関係を持たせ後日、「女はヤクザの関係」「ヤクザが家に来て、家族がむちゃくちゃにされるぞ」などと因縁を付け、現金5千万円を脅し取ったとしている。 別事件の捜査過程で事件が発覚、別の強盗致傷罪で起訴されている湯浅容疑者の関与が浮上した。

この美人局の被害は、インターネットの普及からSNSや出会い系などで作為的に行わるようになってきました。 「男女の欲」をエサとして、言葉巧みに相手を誘い出し、ホテルに行った後は、夫と名乗る男性が出てきて大変なことになるのです。

未分類

近隣トラブル「あいさつ」

Published by:

近隣トラブル「あいさつ」

挨拶はコミニケーションの基本挨拶ができないといけません。
洲本5人刺殺事件

 

 

兵庫県洲本市中川原町中川原の民家2軒とその周辺で、男女5人が刺されるなどして死亡した事件で、うち3人への殺人未遂容疑で兵庫県警に逮捕された近くの無職平野達彦容疑者(40)が事件前夜、死亡が確認された平野浩之さん(62)と口論になっていたとみられることが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 

死亡したのは浩之さんのほか、妻方子(まさこ)さん(59)、母静子さん(84)の親子と、平野毅(たけし)さん(82)、恒子(つねこ)さん(79)の夫婦と確認された。

捜査関係者によると、浩之さんの親族の説明では、事件前夜の8日夜、浩之さんと平野容疑者があいさつをめぐって口論になったという。容疑者のものとみられる会員制交流サイトなどには被害者らを中傷する複数の書き込みがあり、県警が事件との関連を調べている。

県警によると、9日午前7時15分ごろ、家に入ってきた平野容疑者に刺されたという内容で浩之さんが110番。自宅から逃げ出した浩之さんの長女(32)が近くの民家に助けを求め、さらに通報したという。浩之さんは屋外、残る2人は屋内で見つかった。

その後、近くの毅さん方で、刺し傷があり、血を流した状態の夫婦の遺体が見つかった。2人には死後数時間で現れるとされる硬直が始まっていたことなどから、毅さん宅が先に襲われた可能性があるとみられる。

県警は今後、容疑を殺人に切り替えるとともに、毅さん夫婦の死亡にも関与したとみて調べる。

未分類

裁判員判決破棄

Published by:

裁判員判決破棄

国民感覚反映と量刑均衡に揺れる刑事裁判
そもそも国民感覚裁判の判決に反映させる必要を渡しか感じない。法律のみで、何の感情も入れるべきでないと考えるのは私だけでしょうか。
東京都三鷹市で平成25年に発生したストーカー殺人事件で東京高裁が2月、「起訴していないリベンジポルノを過大評価した1審は誤りだ」として、東京地裁立川支部の裁判員裁判判決を破棄し、審理を差し戻した。また、裁判員裁判の死刑判決を破棄して無期懲役を言い渡した東京高裁判決が複数確定するなど、プロ裁判官による裁判員裁判への“注文”が相次いでいる。制度の原点といえる「国民感覚の反映」か、それとも「過去の量刑との均衡」か。今年で開始6年を迎える裁判員裁判は、より質の高い運用が求められている。

「リベンジポルノでは起訴されていない」と指摘

リベンジポルノの過大視が問題とされたのは、平成25年に東京都三鷹市で高校3年の女子生徒=当時(18)=が殺害された事件の裁判員裁判だ。事件では殺人罪などに問われた元交際相手の池永チャールストーマス被告(22)が、生徒のプライベートな画像を事件前後に流出させた行為が話題になり、リベンジポルノという言葉が広く世間に認識されるに至った。

東京地裁立川支部での1審裁判員裁判は、生徒自身や遺族らの名誉を傷つけることになるリベンジポルノの悪質性を重く見た。過去にあった交際トラブルで発生した同種の殺人事件の判決と比較し、被告の弁護側は「懲役15年程度が相当」と主張したが、裁判員らは「命を奪うだけではなく、社会的にも手ひどく傷つけたことは極めて卑劣だ」として、懲役22年という結論を出した。

それでは、裁判員らの結論のどこを東京高裁が問題視したのか。

高裁が判決で指摘したのは、「リベンジポルノ行為が名誉毀損罪として起訴されていない」という点だ。裁判員裁判に限らず、すべての刑事裁判で刑の重さを決めるに当たっては、被告の行為などを一定程度、情状として考慮する。だが、高裁は、1審判決の量刑が「情状の範囲を逸脱した」と判断。「名誉毀損罪を実質的に処罰する判決で、1審の審理の進め方には違反がある」と結論した。

その上で、判断の誤りがあった理由を、裁判員裁判開始前に裁判官と検察官、弁護人の法曹三者で非公開で行われる公判前整理手続きにあったと指摘。「リベンジポルノが判決に影響する恐れがあったことは明らかなのに、量刑への影響を検討していないばかりか、適切な証拠調べの範囲、方法を検討した形跡もない」と、論点整理が十分ではなかった点を批判している。