» Blog Archives

Tag Archives: ストーカー

ストーカー対策 ストーカー調査

上司がストーカー

Published by:

上司がストーカー

誰にでも悩み事を相談するものではありません。相談した相手がストーカーに変貌するということもよくあることです。親身に相談に乗るという行為が恋愛感情を相手に抱かすきっかけとなるのです。相談先は十分に検討するべきです。

部下の女性宅に繰り返し侵入

部下の女性職員宅に侵入を繰り返していたとして、中学校の教頭を公務外非行による懲戒免職処分にした。

教頭として勤務していた昨年、部下の20代女性宅の鍵を盗んで合鍵をつくり、計10回程度、女性の留守中に侵入を繰り返していたという。

住居に侵入していることに気づいた女性が、警察に被害届を提出。教頭は、警察の任意聴取に自らの行為を認めた。

女性が仕事上の悩みを相談され好意を持つようになり、人間関係が気になって確かめたくなった。と話している。
男女トラブルに関するご相談が増加しております

ストーカーの加害者となる人の多くは、被害者と面識がある人が多いことを考えると対応が困難なものになってきます。まして職場の上司となればなおさらです。

また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。

そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

 

 

未分類

ストーカー盗撮

Published by:

ストーカー盗撮

ストーカーの監視行為の中に盗撮されていたケースがあります。行動を監視することで、生活のリズムが分かりストーカー行為が容易になるのです。相手は恋愛感情が固執と言えるような状況なので何をしてくるかわかりません。

元同僚がストーカー盗撮

この元同僚がどのようにして女性宅に忍び込んだのか気になります。しかし家に忍び込んでの盗撮とは限度を超えています。出来ごころとは言えないでしょう。

ストーカー本人は相手に対しての固執を制御できないのです。ストーカー解決は当社にお任せください。当事者間での対応は問題が大きくなることがあります。
元同僚の女性の自宅に侵入し浴室で盗撮したとして奈良市の31歳の中学校教諭が逮捕されました。

迷惑防止条例違反などの疑いで逮捕されたのは奈良市南永井町の中学校教諭、浦岡憲司容疑者(31)です。

警察によりますと、浦岡容疑者は去年12月、元同僚の女性(29)の自宅に侵入したほか、今年3月には女性の自宅の浴室内に設置したカメラで入浴中の女性を盗撮した疑いが持たれています。

浦岡容疑者はこの女性に対し36回にわたり電話をしたストーカー規正法違反の疑いですでに逮捕・起訴されていて、警察の捜索で浦岡容疑者の自宅にあったパソコンから浴室内の動画が複数見つかったということです。

警察の調べに対して浦岡容疑者は「私がやったと思います」と容疑を認めているということで、警察は女性の自宅への侵入方法などを詳しく調べる方針です。

未分類

警察官ストーカー

Published by:

警察官ストーカー

 

ストーカー容疑で58歳警官逮捕

元交際相手に付きまとい
元交際相手の女性に付きまとうなどしたとして、茨城県警日立署などは14日、ストーカー規制法違反と脅迫の疑いで、水戸署地域課巡査部長の岩間克則容疑者(58)=同県那珂市菅谷=を逮捕した。「話がしたくて連絡したり、会いに行ったりしてしまった」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は1~3月、不倫関係にあった県内のパート従業員の女性(58)に対し「(女性の)写真をばらまく」「会いたい」などのメールを約20通送信。性的な内容が含まれた手紙を複数郵送したり、女性の自宅周辺で見張りや付きまとい行為をしたりした疑い。
県警監察室によると、女性から相談の電話があり、発覚。2人は十数年前から交際を始め、昨年12月に別れたという。岩間容疑者の自宅などから、女性の写真など100点以上を押収した。
風見和幸首席監察官の話 警察官としてあるまじき行為で、誠に遺憾。深くおわびする。捜査結果を踏まえ、厳正に対処する。
弊社では今まで多くのストーカーを撃退してきました。
あなたが勇気を持って今までと同じ生活をしたいと願うのなら弊社までご連絡ください至急コンサルティングを行います。

平穏な生活を営む権利はみんなそれぞれ持っているはずですそれらの権利を脅かすような連中は弊は許すことができません。弊社の使命はそのような連中を捕まえることだと思っております。

未分類

ストーカーについて思う

Published by:

ストーカーについて思う

ブログを読んで下さってありがとうございます。
テレビで神奈川 逗子ストーカー殺人事件について詳しく放送していました。

この事件で、ストーカー規制法にメールも加わりましたね。

テレビを見る限りでは、

警察は法に忠実に対応していたようです。

この警察の対応を批判しても、法を改正しないと無理ですよ。

そもそも、警察が法を基にした対応をするところですよね。

それ以外を望むのは警察では無理でしょう。

当然です。

警察は、税金で動いているのですから、

融通が利くようではいけませんよね。

マスコミは、犯人の前で被害者の結婚後の姓や住所を読み上げていましたが、

それも規則に基づいた対応です。

犯人は、覚えきれなかったようで調べています。

調べてでも成し遂げたい事が有ったからです。

カウンセラーの女性も語っていましたが、

被害者女性の対応がまずかったと私も思います。

被害者女性が自分の意志を伝えないことが、問題だったのだと思います。

 

岡山 アンバサダー調査事務所 086-226-1099

アンバサダー調査事務所では、
証拠を活用出来る人材
証拠調査士の育成もしています。
探偵業をされている方のステップUPのための資格です。
クライアント満足度を上げて、
収入アップにつながる資格でもあります。
お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校
086-226-1099

未分類

ストーカー被害

Published by:

ストーカー被害

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

 

男性と女性、どちらがめんどくさいと思いますか?

 

女性の方が細かい事を気にするので

 

そういった面では女性がめんどくさいといと言えるのでは?

 

わたしも女性ですが、そうとうめんどくさい女です。

 

男社会長い人には、受け入れ難い存在だと思います(笑)

 

 

しかし、

 

そうはいってもストーカーの被害にあっている多くの女性は、

 

男性がめんどくさいと思っているのではないでしょうか・・・

 

しつこくつきまとう。

 

しつこく電話をかけてくる。

 

しくこくメールを送ってくる。

 

しつこく職場に訪れる。

 

などなど・・・

 

相手にしないで無視を続けると、どんどんしつこくなってきますよね。

 

ストーカーに狙われない事が一番重要です。

 

ほとんどのストーカーは、

 

被害者の身近な存在です。

 

付き合っていたが、別れ話のもつれからストーカー化する事が最も多いと思います。

 

あなたも、心当たりがあるのではないでしょうか?

 

納得して、サッと身を引く人もいれば、

 

心残りがあったり、何となく可能性がまだあると思ってしまったり・・・

 

納得出来ない人もいるでしょう。

 

また、相手が引くに引けない状況を加害者が作り上げている事もあります。

 

あなたは、

 

『イイ人』

 

を演じていませんか?

 

きっぱり別れてあげる事も愛情です。

 

可能性がゼロであるならば、

 

それを伝えるのが誠実な行動ではないでしょうか?

 

あなたが発する言葉と本心のずれがある人は、

 

注意が必要です。

 

ストーカー対策のコンサルタントを受けるべきです。

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

 

 

リベンジポルノ被害相談

 

彼氏や、浮気相手などから裸の写真や、性行為の映像で脅される

『リベンジポルノ被害』が増えています。

携帯で簡単に撮影出来る時代です。

ネットにのせるなどと言い、

会うことを強要されたり、金銭を要求される事もあります。

内容が内容なので、誰にも相談出来ず

泣き寝入りをしている人もいるでしょう。

勇気を出してご相談ください。

 

秘密厳守です。ご安心ください。

未分類

めんどくさいストーカー

Published by:

めんどくさいストーカー

 

 

 

男と女

 

どちらがめんどくさいのでしょう・・・?

 

女性の方が細かい事を気にするので

 

そういった面では女性がめんどくさいといと言えるのでは?

 

わたしも女性ですが、そうとうめんどくさい女です。

 

男社会長い人には、受け入れ難い存在だと思います(笑)

 

 

しかし、

 

そうはいってもストーカーの被害にあっている多くの女性は、

 

男性がめんどくさいと思っているのではないでしょうか・・・

 

何度も何度もつきまとう。

 

毎日電話をかけてくる。

 

何度もメールを送ってくる。

 

しつこく職場に訪れる。

 

めんどくさい人ですよね。

 

 

相手にしないと、どんどんしつこくなってきますよね。

 

ストーカーに狙われない事が一番重要です。

 

ほとんどのストーカーは、

 

被害者の身近な存在です。

 

付き合っていたが、別れ話のもつれからストーカー化する事が最も多いと思います。

 

あなたも、心当たりがあるのではないでしょうか?

 

納得して、サッと身を引く人もいれば、

 

心残りがあったり、

 

納得出来ない人もいるでしょう。

 

また、相手が引くに引けない状況を加害者自信が作り上げている事もあります。

 

あなたは、

 

『イイ人』

 

を演じていませんか?

 

きっぱり別れてあげる事も愛情です。

 

可能性がゼロであるならば、

 

それを伝えるのが誠実な行動ではないでしょうか?

 

あなたの言葉と本心のずれがある人は、

 

注意が必要です。

 

ストーカー対策のコンサルタントを受けましょう。

 

 

 

 

ストーカー相談のご依頼は、

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

未分類

整形タレント

Published by:

整形タレント

ブログを読んでくださってありがとうございます。
簡単に整形手術を受けてしまう人もいますね。
最近はめっきりオネエタレントになってしまったKABA.ちゃんはこれまでに主な整形手術を複数回にわたって受けたことをテレビ番組で明かした。
2009年にはアゴを削って小顔に見せる手術と耳たぶを大きくするための福耳手術を2回。
2011年に二重まぶた、今年は眼瞼(がんけん)下垂と二重まぶたを修正するための手術を受けたという。
総費用に約210万円。
一番高かったのはアゴを削る手術だったという。
KABA.ちゃんは、
「小顔になりたいって思って先生の所に行ったんです。そしたら何も言わずにメジャーで顔を計って『5ミリ』って。
アゴを5ミリまで削れるよって意味だったんです。値段は麻酔とかいろいろ入れて150万円くらい」
と話した。
また、耳の手術については「どうして仕事いっぱいしてるのにお金がたまらないんだろう」と思い、
「耳たぶがないからだ」と思い立って手術を受けたという。
しかし、医師が「左の方が大きくなっちゃった」と
同じ大きさにならなかったこともあってか金運は「ぜんぜん変わらない。
(福耳かどうかは)関係ないみたい」とあきらめたように話した。

ストーカーでお困りの方は、

対策を依頼してください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

 

 

~岡山 詐欺被害解決~

詐欺被害トラブル相談の受付ています。

泣き寝入りをするまえに、どうぞご相談ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

未分類

LINEトラブル

Published by:

LINEトラブル

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

LINEトラブルが増え続けています。
現在、大人気のチャットツール、「LINE」。

ユーザー数は4月30日に全世界で1億5000万を突破、日本でも4500万人が登録しているというアプリです。

このラインだが、実は「出会い」を狙うハンターたちの間で、その評判がうなぎのぼりだというのです。

Facebookやラインは、携帯番号の登録アドレスなどから繋がりを探し出します。

それで過去の友人関係が”再発掘”されることがあるのです。

また、ラインの場合はFacebookなどに比べるとアプリに表示される個人情報は少なく

ブロックするだけで避けたい相手からのメッセージも拒否できる手軽さもあって、

”教えても後がラク”というイメージがあるのでしょう。

 

LINEでの出会いで、性被害にあう事もあります。

SNSトラブルでお困りの方は、

岡山 アンバサダー調査事務所までご相談ください。

086-226-1099

 

ストーカーでお困りの方は、

対策を依頼してください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

 

 

~岡山 詐欺被害解決~

詐欺被害トラブル相談の受付ています。

泣き寝入りをするまえに、どうぞご相談ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

未分類

ストーカー予備軍

Published by:

ストーカー予備軍

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。
ストーカー被害の被害は増えています。

ストーカーになりやすい人には傾向があるんです。
ストーカーになりやすい男性の傾向
後を絶たない、ストーカー事件。ストーカーが被害者やその家族を殺害する事件も少なくない。

ストーカーの人たちは、真面目で律義。
マメマメしいので一見いい人そうに見えます。それから、自分に自信がなくて外見を飾るか、あるいはナルシスト傾向があって、鏡ばかり見ている人。
それから、約束を破られたり無視されたりすると激高するようなタイプも要注意です。
自分のことが大好きで、えらそうに見せたがる人も多いです。

もう少し具体的に言うと、人に対しての評価がコロコロ変わる、用もないのに1日3回以上メールを送ってくる、メールの返事がないと“遅い!”と怒る、デートのときに店の人に冷たい態度を取る、などがあります」

そして、元夫や恋人がストーカーにならないために、別れ方にも工夫が必要です。

電話や対面で別れ話をすることが大半でしたが、
今では、メールなどで一方的に別れを告げるか、ひどい場合は、携帯電話で着信拒否。
それでは相手の中に“終わり”がなく、別れたという実感を持てません。すると、期待を持って追い続けてしまうのが人間です。

別れを告げたら暴力をふるわれるような場合以外は、その場はつらくても、しっかり向き合って別れることが大切だという。

この人だけは大丈夫と思いたいけれど、その思い込みも、その過信も、捨て去ったほうが良さそうだ。

ストーカーでお困りの方は、

対策を依頼してください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

未分類

ストーカーの被害相談

Published by:

ストーカーの被害相談

 

今日も、探偵のブログを読んでくださってありがとうございます。

ストーカーの被害相談は岡山県でも多いです。

被害者名伏せ逮捕状 ストーカー容疑で府警

京都府警は、ストーカー規制法違反容疑で京都市東山区のアルバイトの男(32)の逮捕状を裁判所に請求する際、被害者の名前や住所を伏せる措置を取ったと発表した。神奈川県逗子市のストーカー殺人事件の教訓として、容疑者への逮捕状の読み上げで被害者の情報が漏れないようにしたためという。
逗子市のストーカー殺人事件では、警察が逮捕状に記載された被害者の個人情報を読み上げたことが事件の一端となったとされる。警察庁は昨年12月、被害者に配慮する対応を全国の警察に指示していた。
男は、路上で偶然見かけた東山区の10代の女性に好意を寄せ、今月17~23日、つきまとうストーカー行為をしたとして府警に逮捕された。

事件にならないケースが多い中、

公になっても殺人事件に発展してしまったケースも多いですね

住居選びなどの自己防衛も必要です。

マンションの管理状況や盗聴器・盗撮機の検査も自己防衛には必要です。

出来る事から対策しておくべきです。

 

ストーカー対策は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

~お知らせ~

賃貸動産物件を扱う皆様にお知らせです。

引っ越しのシーズンも落ち着いたこの時期に、

空き物件の盗聴器・盗撮機発見調査を行いましょう。

入居後に発見することで大きな問題に発展するケースがあります。

盗聴器発見調査・盗撮機発見調査のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所まで。

086-226-1099

未分類

ストーカー対策 岡山県   

Published by:

ストーカー対策 岡山県

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

警察庁が危険度判定リストというものができるそうです。

警察庁は、ストーカーの「危険度判定チェックリスト」を精神科医と連携して作成し、今年度中に全国の警察本部に導入する方針を固めた。増加の一途をたどる事案の中から、凶悪事件を起こす恐れのある人を迅速に見分ける狙いがあるほか、精神治療が必要な人については早期に専門家に受診させ、事件の未然防止を目指す。

エスカレートして殺人事件などを起こした加害者の調書や海外文献を分析し、受刑者約10人とも面談した。その結果、「自己愛が強い」などの特徴がストーカーになりやすい性格として浮かんだほか、被害者からも「相手に同情しやすい」などの特徴が見つかったという。

加害者、被害者双方の言動などについて危険度を見極める100近いチェック項目を用意し、昨年3月から全国の警察で試行を重ねてきた。最終的に三十数項目に絞られるとみられ、警察庁は評価方法や運用指針について詰めの検討中。被害を受けた人が警察に協力して加害者と自分の特徴をチェックし、総合評価で4段階に分類された危険度を基に、現場の警察官が事件化したり、カウンセリングなどの専門機関に紹介したりすることを想定している。
ストーカー問題は、無くなりませんね。

対策がとられたからと言って、被害が無くなることに直接つながっていないような気がします。

自分がストーカー行為を行っているという認識が無い場合もあります。

 

ストーカーでお困りお方は、

岡山 アンバサダー調査事務所にご依頼ください

086-226-1099

未分類

ストーカーになりやすい男性の傾向 

Published by:

ストーカーになりやすい男性の傾向

真面目で律儀、ナルシスト

後を絶たない、ストーカー事件。ストーカーが被害者やその家族を殺害する事件も少なくない。DVやストーキング被害のカウンセリングを行うNPO法人ヒューマニティ代表の小早川明子さんは、ストーカーになりやすい男性として、以下のような例を挙げる。
「私が会ってきたストーカーの人たちは皆、真面目で律義。マメマメしいので一見いい人そうに見えます。それから、自分に自信がなくて外見を飾るか、あるいはナルシスト傾向があって、鏡ばかり見ている人ですね。それから、約束を破られたり無視されたりすると激高するようなタイプも要注意です。自分のことが大好きで、えらそうに見せたがる人も多いです。
もう少し具体的に言うと、人に対しての評価がコロコロ変わる、用もないのに1日3回以上メールを送ってくる、メールの返事がないと“遅い!”と怒る、デートのときに店の人に冷たい態度を取る、などがあります」
そして、元夫や恋人がストーカーにならないために、弁護士の淺松千寿(あさまつちひろ)さんは、別れ方にも工夫が必要だと指摘する。

「かつては、電話や対面で別れ話をすることが大半でした。それが今では、メールなどで一方的に別れを告げるか、ひどい場合は、携帯電話で着信拒否。それでは相手の中に“終わり”がなく、別れたという実感を持てません。すると、期待を持って追い続けてしまうのが人間なんです」
別れを告げたら暴力をふるわれるような場合以外は、その場はつらくても、しっかり向き合って別れることが大切だという。
この人だけは大丈夫と思いたいけれど、その思い込みも、その過信も、捨て去ったほうが良さそうだ。

未分類

ストーカー事件 顎に肘鉄

Published by:

ストーカー事件 顎に肘鉄

アゴに“肘鉄” 復縁迫り女性殴った46歳ストーカー男を逮捕
交際していた女性に復縁を迫って殴るなどしたとして南あわじ署は15日、暴行容疑で南あわじ市の運送会社アルバイト、清水祥文容疑者(46)を逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。

逮捕容疑は15日午前9時15分ごろ、南あわじ市内の駐車場で、交際していた同市内のパート従業員の女性(44)のあごをひじで殴るなどの暴行を加えたとしている。同署によると、清水容疑者は女性の勤務先の駐車場で待ち伏せしていた。10月に女性からの「別れたいのに、別れさせてくれない」との相談を受け、同署は清水容疑者に直接会って1度、口頭で警告していたという。同署はストーカー規制法違反の疑いでも調べを進める。
「前みたいに会いたい」61歳女性にストーカー、48歳の男を逮捕
女性に繰り返しメールを送りつけたとして、京都府警生活安全対策課と木津署は29日、ストーカー規制法違反の疑いで、奈良市富雄元町のパート従業員の男(48)を逮捕した。同署によると「好きだからやりました」と容疑を認めている。

逮捕容疑は9~10月、勤務先の同僚のパート従業員で、府内の女性(61)に「前みたいに会いたい」「連絡を下さい」などのメールを9回送信したとしている。

同署によると、男と女性は、勤務先の奈良市内のホテルで知り合い、数年前から交際していたが、女性が別れ話を持ちかけていた。
9月上旬に女性から、「別れられない」と相談を受けた同署が、男に警告した後も、メールが続いたという。