Tag Archives: スト-カー対策 岡山 倉敷 津山

未分類

ストーカー盗撮

Published by:

ストーカー盗撮

ストーカーの監視行為の中に盗撮されていたケースがあります。行動を監視することで、生活のリズムが分かりストーカー行為が容易になるのです。相手は恋愛感情が固執と言えるような状況なので何をしてくるかわかりません。

元同僚がストーカー盗撮

この元同僚がどのようにして女性宅に忍び込んだのか気になります。しかし家に忍び込んでの盗撮とは限度を超えています。出来ごころとは言えないでしょう。

ストーカー本人は相手に対しての固執を制御できないのです。ストーカー解決は当社にお任せください。当事者間での対応は問題が大きくなることがあります。
元同僚の女性の自宅に侵入し浴室で盗撮したとして奈良市の31歳の中学校教諭が逮捕されました。

迷惑防止条例違反などの疑いで逮捕されたのは奈良市南永井町の中学校教諭、浦岡憲司容疑者(31)です。

警察によりますと、浦岡容疑者は去年12月、元同僚の女性(29)の自宅に侵入したほか、今年3月には女性の自宅の浴室内に設置したカメラで入浴中の女性を盗撮した疑いが持たれています。

浦岡容疑者はこの女性に対し36回にわたり電話をしたストーカー規正法違反の疑いですでに逮捕・起訴されていて、警察の捜索で浦岡容疑者の自宅にあったパソコンから浴室内の動画が複数見つかったということです。

警察の調べに対して浦岡容疑者は「私がやったと思います」と容疑を認めているということで、警察は女性の自宅への侵入方法などを詳しく調べる方針です。

未分類

警察を恐れないスト-カー

Published by:

警察を恐れないスト-カー

ストーカーは警察も逮捕も恐れないことはよくあります。なぜならストーカー行為の対象者には固執と言う感情を加害者側が持っているからでこの個室は非常に厄介で、警察の逮捕、注意ぐらいでストーカー行為が停まるとは限らないのです。

ストーカー行為を辞めさすために必要なことは法律の整備ではなく、この個室の対応にあるのです。対応は加害者のタイプとストーカーの進行状況などを十分に把握し対策を施していくことになります。

もちろん、警察に言えばすぐに逮捕してくれるようになったのですが、被害者の中には表ざたにせず解決をしたいと思われている方も多く、私どものクライアントの方は表ざたにせず解決したいと思われている方たちです。

元交際相手の男性にメールで暴言を吐くなどしたとして、秋田県警秋田東署は、ストーカー規制法違反の疑いで秋田市御所野元町、無職、佐藤英美(えみ)容疑者(29)を逮捕した。

逮捕容疑は、今月上旬、かつて交際していた30代の男性が拒んでいるのに数十回にわたって電話やメール送信。メールは「早く秋田から出ていけ」「ふざけるな。逃げても無駄だ」「逮捕させるならさせてみろや」などと乱暴な内容だったとしている。
このように事件にしたくないと思われている方は当社に相談ください。あなたの力になります。

未分類

ストーカー行為

Published by:

知人女性へのストーカー行為

ストーカー行為から殺人などに至る悲惨な事件が後を絶ちません。人を好きになるということは、生きていく上で 誰しもが抱いて良いはずの素晴らしい感情であるのに、いつしか、つきまといや待ち伏せ、面会の強要など、 ストーカー行為に発展します。ストーカーは、誰にでも起こりうることです。
知人女性に付きまとうなどしたとして、ストーカー規制法違反と脅迫の罪に問われた元県警水戸署地域課の巡査部長、岩間克則被告(58)=那珂市菅谷=の判決公判が23日、水戸地裁で開かれ、長島銀哉裁判官は懲役1年6月、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

長島裁判官は判決理由で、「被害者の精神的苦痛は大きい」と指摘した上で、「罪を認め反省の弁を述べており、母が監督を約束している」として執行猶予判決が妥当とした。

判決などによると、岩間被告は今年1月から3月にかけて、日立市の元交際相手の女性(58)に「恥ずかしい写真をばらまくぞ」「会いたい」などと20回以上メールや手紙を送りつけたほか、女性の自宅周辺でつきまとったとしている。

岩間被告は昨年12月まで女性と10年以上交際していた。3月30日付で県警を依願退職し、現在は無職。

一人で考え込んで自己流で解決を試みると思わぬ問題を引き起こすケースが多々あります。
心の問題に対処する訓練を積んだ臨床心理士や精神科医が、問題に対する解決法を一緒に考え、心の困った状態に向き合うお手伝いをいたします。

未分類

ストーカー被害

Published by:

ストーカー被害

これってストーカー?どうすればいいの?誰が私に?
そうやって一人で悩んでいませんか?

最近、ストーカートラブルが多発しており中には殺人事件にまで発展するケースが あります。そしてそれと並行して増加しているのは盗撮や、盗聴です。

誰にでも簡単に盗聴器や携帯カメラを使って犯行におよぶことができるようになってしまったのです。 その結果、トラブルは減少するどころか増加の一途をたどっています。
付きまとわれている気がする。 通勤帰宅がいつも一緒の人がいる。 下着や洗濯物を盗まれる。 非通知で着信がかかる。 家で電話していると雑音が入る。 家の中の出来事なのに周りの人に知られている。
このようなことが身近で起こっているともしかするとストーカーや盗聴の被害に会われているかもしれません。
1年で2万3000件 依然最悪、摘発も最多
全国の警察が昨年1年間に把握したストーカー被害は2万2823件(前年比8・2%増)で、統計を取り始めた平成12年以降、3年連続で最多だったことが19日、警察庁のまとめで分かった。摘発も2473件(同30・9%増)と24年の統計開始以来、最も多かった。

警察庁は、被害の現状について「ストーカーに対する社会的関心が高まり、相談が増えている。危険性があると判断すれば積極的に事件化した」としている。凶悪なストーカー事件が相次いだことから、警察庁は27年度から警察官を増員するなど対策を強化している。

摘発の罪名別では、ストーカー規制法のストーカー行為が598件、脅迫465件、住居侵入309件など。殺人も14件(未遂9件)あった。摘発のうち9割以上の2242件は逮捕だった。

未分類

ストーカー事件

Published by:

ストーカー事件

ストーカー殺人事件。

ストーカーという言葉が使われ始めてから、他の殺人事件とは異質の事件として現代の殺人事件とのイメージがありますが、ストーカー殺人事件は昔から発生していた殺人事件なのです。
昭和6年

埼玉県の路上にて、男(20)が下校中の女子高生(14)を日本刀で首を切って殺害。想いを寄せていたが相手にされないことを逆恨みしての犯行。

 

昭和19年
神奈川県の友人宅で(18)男子学生が友人男子学生(14)を殺害して、友人の祖父も祖母も殺害し母親に重傷を負わせ放火。同性愛の末、離れて祖父母と住みだした友人との遠距離恋愛に悩み殺害を決行した。

 

昭和32年

東京都の浅草国際劇場で美空ひばり(19)が、客席から上がってきた女に塩酸をかけられやけど。「ひばりちゃんに夢中。あの美しい顔を憎らしいほどの醜い顔にしてみたい」と書かれたメモが発見された。

 

昭和42年
埼玉県の食品店で、工員(17)が顔なじみの男(29)を刺殺。また、鉄棒で男の妻と女子工員を殴りつけ怪我を負わせた。園まりのファンの男はほかのファンに負けないようにと殺害を計画して度胸をつける練習のために犯行に及んだという。

 

常軌逸した計画
凶器に拳銃が使われたことで衝撃が広がった群馬県館林市のストーカー殺人事件。被害女性の実家と、女性を殺害したとされる元交際相手の男の自宅が栃木県内にあったため取材を始めたが、事件後に自殺した「ストーカー男」の行動は、常軌を逸していた。

象徴的なのは、事件が起きる直前の1月下旬と2月上旬、被害女性の家族の車から覚醒剤が見つかったことだ。被害女性は、男との接触を避けるために群馬県大泉町に転居、住民票の閲覧制限を申請していた。男は「会いたい」としつこく迫り、金銭を要求するなどトラブルが続いていたという。

男の指示で覚醒剤を置いたなどとして、覚せい剤取締法違反容疑などで群馬県警に逮捕された男の知人の公判では、覚醒剤を持っていたとして家族が逮捕されれば、面会に来た被害女性を追跡して転居先を割り出せると男が計画していたことが明らかになった。

実際には、もくろみは外れ、家族は逮捕されなかった。男は執念深く、さらなる手段に出る。家族の車に衛星利用測位システム(GPS)機能付き発信機を取り付け、女性の転居先を特定しようとしたのだ。

未分類

岡山県岡山市のストーカー調査事例・ストーカー対策 事例

Published by:

岡山県岡山市のストーカー調査事例・ストーカー対策 事例

相談内容

深夜に自宅駐車場で自家用車に傷をつけられて困っている
相談者:飲食店経営 A子さん 38歳
3ヶ月前からすでに4回も修理をしている。もう引越しをしたい・・と相談された。
調査方法:深夜の張込、機材の設置
14日に渡って車両と周辺状況監視する。
調査開始12日目、午前4時ごろ年齢40歳前後の男が、Aさんの車に近づきなにやら行っている。
暗視カメラによりすべてを撮影し、犯人が立ち去ったあとに確認をすると確かにボンネットに傷がついている。

調査結果

翌日、Aさんにビデオの男性を確認してもらったところ、男は飲食店の常連客の一人で、最近めっきり姿をあらわさないというが、なんとAさんがいつも修理を依頼している自動車修理工場の社員と判明。

解決方法

映像から男の顔を写真にして作成し、男と自動車修理工場の社長を交えて話し合いをすることとなった。男は以前からAさんに好意を寄せていたが、Aさんは店の客としてしか接してくれないため、個人的に話をする機会が欲しかったというのが動機であったと判明。男は二度としませんと念書の記載にも応じたので、修理代を全額返金することで示談した。

ストーカー行為は何よりも迅速な対応が肝心です。

つきまとい行為や盗聴・盗撮、 執拗な無言電話、メールなどから次第にエスカレートしていきます。大きな事件にもなりかねない問題です。現にニュースを騒がす事件は年間何件も起こっています。法改正により警察が介入できるようになったからと言って治まっていないのが現状です。

異変に気付いたなら、いつごろから、どのようなことがあったのか わかりやすく記録を取るようにしていくことも必要です。また ストーカー規制法 が制定され、警察も介入できるようになりましたが、証拠がないと思うようにはなかなかいきません。自分の身は自分で守る・・。 その意識が必要です。

未分類

警察官ストーカー

Published by:

警察官ストーカー

 

ストーカー容疑で58歳警官逮捕

元交際相手に付きまとい
元交際相手の女性に付きまとうなどしたとして、茨城県警日立署などは14日、ストーカー規制法違反と脅迫の疑いで、水戸署地域課巡査部長の岩間克則容疑者(58)=同県那珂市菅谷=を逮捕した。「話がしたくて連絡したり、会いに行ったりしてしまった」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は1~3月、不倫関係にあった県内のパート従業員の女性(58)に対し「(女性の)写真をばらまく」「会いたい」などのメールを約20通送信。性的な内容が含まれた手紙を複数郵送したり、女性の自宅周辺で見張りや付きまとい行為をしたりした疑い。
県警監察室によると、女性から相談の電話があり、発覚。2人は十数年前から交際を始め、昨年12月に別れたという。岩間容疑者の自宅などから、女性の写真など100点以上を押収した。
風見和幸首席監察官の話 警察官としてあるまじき行為で、誠に遺憾。深くおわびする。捜査結果を踏まえ、厳正に対処する。
弊社では今まで多くのストーカーを撃退してきました。
あなたが勇気を持って今までと同じ生活をしたいと願うのなら弊社までご連絡ください至急コンサルティングを行います。

平穏な生活を営む権利はみんなそれぞれ持っているはずですそれらの権利を脅かすような連中は弊は許すことができません。弊社の使命はそのような連中を捕まえることだと思っております。

未分類

ストーカー被害者と警察

Published by:

ストーカー被害者と警察

ストーカー殺人事件が起こりました。

男女間でのトラブルは、時折ニュースを騒がす事件になります。

ストーカー対策強化の直後でも被害が防げないのは、被害者が望んでいないから?

警察に相談はできても、被害届まで出せない、出さない理由があるのでは?

大阪市の飲食店従業員の被害者◯◯さん(38)が、ストーカー行為を繰り返していた客の〇〇隆容疑者(57)に刺殺された事件がありました。

大阪府警がストーカー対策を強化した直後に起きてしまった事件です。

残念です。

府警は告訴や避難を呼び掛けていたけれど未然に防ぐことはできなかったのです。

なぜ、告発しない?

告訴しない?

避難しない?

警察に相談しても、警察が打ち出す対応策を取れない事情があるのでしょう。

そう思いませんか?

府警は昨年から、ストーカー事件で「危険性判断チェック票」を導入しています。

被害者の相談に基づき、危険度の高い順にA~Cにランク分けし対応しているそうです。

今回の事件で対応した松原署も、被害者から最初に相談を受けた3月2日時点で、

容疑者の脅迫めいたメールの内容から危険度を中程度の「B」と判断しています。

そして、生活安全課員のほか、凶悪事件を扱う刑事課員も加わって、

被害者に脅迫容疑などでの告訴や避難をするように促していましたが、

被害者が事件化を望まないことや、「家族がいるから避難できない」と話したことから、

口頭注意や文書警告にとどめたそうです。

家族がいたら避難出来ないというのは、家族が非協力的だと言う事でしょうか?

それとも、家族は知らなかったのか?

4月2日には、電話連絡した際に被害がないと回答があったので危険度をより低い「C」に格下げされています。

規定に基づき月1回程度の定期的な確認連絡に切り替え、事件当日も被害を再確認する予定だったそうです。
探偵調査、ストーカー対策、盗聴盗撮調査、浮気調査、行方調査

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099
アンバサダー調査事務所では、
証拠を活用出来る人材
証拠調査士の育成もしています。
探偵業をされている方のステップUPのための資格です。
クライアント満足度を上げて、
収入アップにつながる資格でもあります。
お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校
086-226-1099

未分類

ストーカーについて思う

Published by:

ストーカーについて思う

ブログを読んで下さってありがとうございます。
テレビで神奈川 逗子ストーカー殺人事件について詳しく放送していました。

この事件で、ストーカー規制法にメールも加わりましたね。

テレビを見る限りでは、

警察は法に忠実に対応していたようです。

この警察の対応を批判しても、法を改正しないと無理ですよ。

そもそも、警察が法を基にした対応をするところですよね。

それ以外を望むのは警察では無理でしょう。

当然です。

警察は、税金で動いているのですから、

融通が利くようではいけませんよね。

マスコミは、犯人の前で被害者の結婚後の姓や住所を読み上げていましたが、

それも規則に基づいた対応です。

犯人は、覚えきれなかったようで調べています。

調べてでも成し遂げたい事が有ったからです。

カウンセラーの女性も語っていましたが、

被害者女性の対応がまずかったと私も思います。

被害者女性が自分の意志を伝えないことが、問題だったのだと思います。

 

岡山 アンバサダー調査事務所 086-226-1099

アンバサダー調査事務所では、
証拠を活用出来る人材
証拠調査士の育成もしています。
探偵業をされている方のステップUPのための資格です。
クライアント満足度を上げて、
収入アップにつながる資格でもあります。
お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校
086-226-1099

未分類

減らないストーカー被害

Published by:

減らないストーカー被害

ブログを読んで下さってありがとうございます。 全国の警察が2013年に把握したストーカー被害は前年比1169件(5.9%)増の2万1089件となっています。 初めて2万件を超えたことがわかりました。 ドメスティックバイオレンス(DV)の件数もも5583件(12.7%)増の4万9533件で、過去最多のようです。 ストーカー事案を脅迫や傷害、ストーカー規制法違反容疑などで摘発したのは1889件で、116件増えています。 DVは198件増えて、4405件でした。 うち容疑者を逮捕したのはストーカー案件が1716件で、 DVでは3323件ということです。 ストーカー規制法に入っている「電子メールの連続送信」で摘発されたのは43件あって、 警告は143件、禁止命令は8件あった。 ストーカー規制法が出来たからと言って、減っていない所が問題です。 男女トラブルは、どこまで広がるのでしょう。 ストーカー行為は何よりも迅速な対応が肝心です。つきまとい行為や盗聴・盗撮、執拗な無言電話などから次第にエスカレートしていき、大きな事件にもなりかねない問題です。異変に気付いたなら、いつごろから、どのようなことがあったのかわかりやすく記録を取るようにしていくことも必要です。また ストーカー規制法が制定され、警察も介入できるようになったのですが、証拠がないと思うようにはなかなかいきません。自分の身は自分で守る・・。その意識が必要です。大きな被害になる前にアンバサダー調査事務所へご相談ください。

ストーカー対策は、

岡山 アンバサダー調査事務所 086-226-1099

 

 アンバサダー調査事務所では、 証拠を活用出来る人材 証拠調査士の育成もしています。 探偵業をされている方のステップUPのための資格です。 クライアント満足度を上げて、 収入アップにつながる資格でもあります。 お問い合わせは、

 

アンバサダー探偵学校 086-226-1099

未分類

トラブルを起こす人

Published by:

トラブルを起こす人

ブログを読んで下さってありがとうございます。

わたしは、職業柄もあって人トラブルのお話を毎日聞いています。

お電話や、メールだけではもちろん判断出来ないのですが、

実際にお会いしてお話をすると共通点を感じることが多いんです。

トラブルを抱える人は、

・お金を持っている人。

・『イイ人』

が多いように思いますよ。

前者は、どうしても周りにたかりが入るので巻き込まれることが多いです。

しょうがないのかな・・とも思います。

よほど強い人間でなければ巻き込まれたり、引き込まれると思います。

周りにサポート出来る存在が必要です。

トラブルを運んでくる人を排除する(危機管理が出来る)存在をおくことで、

『情』を切ることが出来るかもしれません。

抽象的ですが、情を逆手にたかってくる人は多いのです。

そして、後者は自己責任です。

優柔不断で、返答が曖昧な人ですね。

なかなか『NO!』と言えない日本人に多いタイプです。

このタイプの人は、よくよく聞いていると言っていることと行動が違っていたり、

発言に責任を持っていなかったりします。

その発言に、相手は左右されるので、

責任ある発言をすることで自分を守ることが出来ます。

ストーカーの被害に遭いやすいタイプでもあります。

貴方は、大丈夫ですか?
アンバサダー調査事務所では、
証拠を活用出来る人材
証拠調査士の育成もしています。
探偵業をされている方のステップUPのための資格です。
クライアント満足度を上げて、
収入アップにつながる資格でもあります。
お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校
086-226-1099

未分類

わいせつ事件

Published by:

わいせつ事件

 

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

仙台市内にあるビルの非常階段の踊り場で女性に対し暴行したなどとして、
強姦(ごうかん)と強制わいせつの罪に問われた元プロ野球北海道日本ハムファイターズの〇〇被告(29)の判決で、千葉地裁は、求刑の通り懲役5年を言い渡しました。

「女性の人格を踏みにじり卑劣で悪質である」とし、〇〇被告はは1年の間に2件の性犯罪を起こし、
嫌がる女性に性的行為を強いる傾向がうかがえるのではないかと指摘された。

性被害相談は、
岡山 アンバサダー調査事務所
086-226-1099

ストーカー対策

あなたは、ストーカーに悩まされていませんか?
つきまとわれたり、いつも見られている・・・
盗聴されているなどから、
頻繁なメールや電話、どんどんエスカレートしてくる内容に
恐怖を覚えることになってきます。
リベンジポルノ被害にあう方も増えています。
事件に発展する事も多いストーカー問題は、
ご依頼ください。
ストーカーになってしまいそうな方は、今すぐお電話ください。

ストーカー行為は何よりも迅速な対応が肝心です。つきまとい行為や盗聴・盗撮、執拗な無言電話などから次第にエスカレートしていき、大きな事件にもなりかねない問題です。異変に気付いたなら、いつごろから、どのようなことがあったのかわかりやすく記録を取るようにしていくことも必要です。また ストーカー規制法が制定され、警察も介入できるようになったのですが、証拠がないと思うようにはなかなかいきません。自分の身は自分で守る・・。その意識が必要です。大きな被害になる前にアンバサダー調査事務所へご相談ください。ストーカー行為は長期間にわたり、続くことが多いため、被害者の方はかなりのストレスと精神的苦痛を味わうようになるのです。一日も早く解決できるように、あなたの力になります。まずはお電話ください。
探偵調査は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

未分類

複雑化されたスト-カーの手口

Published by:

複雑化されたスト-カーの手口

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

以前ニュースになった交換ストーカーの事件。

 

インターネットで知り合った仲間の依頼でストーカー行為に協力した3人。

 

ストーカー規制法違反容疑で、大阪市の歯科医、Y27才

東京都東村山市男性X43才の両容疑者を再逮捕し、

また新たに群馬県高崎市、歯科衛生士、H容疑者39才を逮捕した。

いずれも容疑を認めているという。

 

逮捕容疑は6~10月、横路容疑者が好意を寄せていた関西地方に住む男性32才の自宅に、棒で串刺しにした紙製人形や虫の死骸などが入った手紙を送ったとしている。

 

警視庁によると、3人はネットの復讐サイトで知り合ったとみられている。

 

3人はメールのやり取りだけで事件を計画し、実際に会ったことはない

 

復讐リベンジは、誰でも考える事はあると思います。

実際に行動にうつす人は、あれこれ考えて行う場合、

発覚しにくいものです。

 

この交換ストーカーの事件、マネをされると怖いですね。

 

 

探偵調査は、

 

アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

 

 

 

 

 

アンバサダー調査事務所では、

 

証拠を活用出来る人材

 

証拠調査士の育成もしています。

 

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

 

クライアント満足度を上げて、

 

収入アップにつながる資格でもあります。

 

お問い合わせは、

 

アンバサダー探偵学校

 

086-226-1099

未分類

ストーカー被害

Published by:

ストーカー被害

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

 

男性と女性、どちらがめんどくさいと思いますか?

 

女性の方が細かい事を気にするので

 

そういった面では女性がめんどくさいといと言えるのでは?

 

わたしも女性ですが、そうとうめんどくさい女です。

 

男社会長い人には、受け入れ難い存在だと思います(笑)

 

 

しかし、

 

そうはいってもストーカーの被害にあっている多くの女性は、

 

男性がめんどくさいと思っているのではないでしょうか・・・

 

しつこくつきまとう。

 

しつこく電話をかけてくる。

 

しくこくメールを送ってくる。

 

しつこく職場に訪れる。

 

などなど・・・

 

相手にしないで無視を続けると、どんどんしつこくなってきますよね。

 

ストーカーに狙われない事が一番重要です。

 

ほとんどのストーカーは、

 

被害者の身近な存在です。

 

付き合っていたが、別れ話のもつれからストーカー化する事が最も多いと思います。

 

あなたも、心当たりがあるのではないでしょうか?

 

納得して、サッと身を引く人もいれば、

 

心残りがあったり、何となく可能性がまだあると思ってしまったり・・・

 

納得出来ない人もいるでしょう。

 

また、相手が引くに引けない状況を加害者が作り上げている事もあります。

 

あなたは、

 

『イイ人』

 

を演じていませんか?

 

きっぱり別れてあげる事も愛情です。

 

可能性がゼロであるならば、

 

それを伝えるのが誠実な行動ではないでしょうか?

 

あなたが発する言葉と本心のずれがある人は、

 

注意が必要です。

 

ストーカー対策のコンサルタントを受けるべきです。

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

 

 

リベンジポルノ被害相談

 

彼氏や、浮気相手などから裸の写真や、性行為の映像で脅される

『リベンジポルノ被害』が増えています。

携帯で簡単に撮影出来る時代です。

ネットにのせるなどと言い、

会うことを強要されたり、金銭を要求される事もあります。

内容が内容なので、誰にも相談出来ず

泣き寝入りをしている人もいるでしょう。

勇気を出してご相談ください。

 

秘密厳守です。ご安心ください。

未分類

めんどくさいストーカー

Published by:

めんどくさいストーカー

 

 

 

男と女

 

どちらがめんどくさいのでしょう・・・?

 

女性の方が細かい事を気にするので

 

そういった面では女性がめんどくさいといと言えるのでは?

 

わたしも女性ですが、そうとうめんどくさい女です。

 

男社会長い人には、受け入れ難い存在だと思います(笑)

 

 

しかし、

 

そうはいってもストーカーの被害にあっている多くの女性は、

 

男性がめんどくさいと思っているのではないでしょうか・・・

 

何度も何度もつきまとう。

 

毎日電話をかけてくる。

 

何度もメールを送ってくる。

 

しつこく職場に訪れる。

 

めんどくさい人ですよね。

 

 

相手にしないと、どんどんしつこくなってきますよね。

 

ストーカーに狙われない事が一番重要です。

 

ほとんどのストーカーは、

 

被害者の身近な存在です。

 

付き合っていたが、別れ話のもつれからストーカー化する事が最も多いと思います。

 

あなたも、心当たりがあるのではないでしょうか?

 

納得して、サッと身を引く人もいれば、

 

心残りがあったり、

 

納得出来ない人もいるでしょう。

 

また、相手が引くに引けない状況を加害者自信が作り上げている事もあります。

 

あなたは、

 

『イイ人』

 

を演じていませんか?

 

きっぱり別れてあげる事も愛情です。

 

可能性がゼロであるならば、

 

それを伝えるのが誠実な行動ではないでしょうか?

 

あなたの言葉と本心のずれがある人は、

 

注意が必要です。

 

ストーカー対策のコンサルタントを受けましょう。

 

 

 

 

ストーカー相談のご依頼は、

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

未分類

ストーカー予備軍

Published by:

ストーカー予備軍

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。
ストーカー被害の被害は増えています。

ストーカーになりやすい人には傾向があるんです。
ストーカーになりやすい男性の傾向
後を絶たない、ストーカー事件。ストーカーが被害者やその家族を殺害する事件も少なくない。

ストーカーの人たちは、真面目で律義。
マメマメしいので一見いい人そうに見えます。それから、自分に自信がなくて外見を飾るか、あるいはナルシスト傾向があって、鏡ばかり見ている人。
それから、約束を破られたり無視されたりすると激高するようなタイプも要注意です。
自分のことが大好きで、えらそうに見せたがる人も多いです。

もう少し具体的に言うと、人に対しての評価がコロコロ変わる、用もないのに1日3回以上メールを送ってくる、メールの返事がないと“遅い!”と怒る、デートのときに店の人に冷たい態度を取る、などがあります」

そして、元夫や恋人がストーカーにならないために、別れ方にも工夫が必要です。

電話や対面で別れ話をすることが大半でしたが、
今では、メールなどで一方的に別れを告げるか、ひどい場合は、携帯電話で着信拒否。
それでは相手の中に“終わり”がなく、別れたという実感を持てません。すると、期待を持って追い続けてしまうのが人間です。

別れを告げたら暴力をふるわれるような場合以外は、その場はつらくても、しっかり向き合って別れることが大切だという。

この人だけは大丈夫と思いたいけれど、その思い込みも、その過信も、捨て去ったほうが良さそうだ。

ストーカーでお困りの方は、

対策を依頼してください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

未分類

ストーカーの被害相談

Published by:

ストーカーの被害相談

 

今日も、探偵のブログを読んでくださってありがとうございます。

ストーカーの被害相談は岡山県でも多いです。

被害者名伏せ逮捕状 ストーカー容疑で府警

京都府警は、ストーカー規制法違反容疑で京都市東山区のアルバイトの男(32)の逮捕状を裁判所に請求する際、被害者の名前や住所を伏せる措置を取ったと発表した。神奈川県逗子市のストーカー殺人事件の教訓として、容疑者への逮捕状の読み上げで被害者の情報が漏れないようにしたためという。
逗子市のストーカー殺人事件では、警察が逮捕状に記載された被害者の個人情報を読み上げたことが事件の一端となったとされる。警察庁は昨年12月、被害者に配慮する対応を全国の警察に指示していた。
男は、路上で偶然見かけた東山区の10代の女性に好意を寄せ、今月17~23日、つきまとうストーカー行為をしたとして府警に逮捕された。

事件にならないケースが多い中、

公になっても殺人事件に発展してしまったケースも多いですね

住居選びなどの自己防衛も必要です。

マンションの管理状況や盗聴器・盗撮機の検査も自己防衛には必要です。

出来る事から対策しておくべきです。

 

ストーカー対策は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

~お知らせ~

賃貸動産物件を扱う皆様にお知らせです。

引っ越しのシーズンも落ち着いたこの時期に、

空き物件の盗聴器・盗撮機発見調査を行いましょう。

入居後に発見することで大きな問題に発展するケースがあります。

盗聴器発見調査・盗撮機発見調査のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所まで。

086-226-1099

未分類

個性的な生き方の彼女

Published by:

個性的な生き方の彼女

 

岩井志麻子

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

先日テレビを見ていると、久しぶりに岩井志麻子さんを見ました。

岡山県出身で、個性的な生き方の彼女。

強気で洗脳されなさそうに見える彼女も洗脳を受けた経験があるそうです。

洗脳していた人は、今では占い師の女性をしているのだとか・・・

オセロの中島さんの話も出ていましたよ。

一見、意志が強く洗脳の被害など受けなさそうなこの2人

張られた罠に落ちてしまった彼女たち。

抜け出すきっかけがあった岩井志麻子さんの勝ちですね。

 

行方調査 素行調査のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所までご依頼ください。

086-226-1099

完全予約制です。
~お知らせ~

ストーカー被害に合っていませんか?

初めは行為や興味から始まったストーカー行為でも、

時間が経つとともに歪んだ愛情に変わっていったり、

自分の存在を意識させる事に目的が変わったりと

エスカレートしていきます。

ストーカー被害相談 ストーカー対策は、

岡山 アンバサダー調査事務所へご依頼ください。

086-226-1099

未分類

ストーカー対策 岡山県   

Published by:

ストーカー対策 岡山県

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

警察庁が危険度判定リストというものができるそうです。

警察庁は、ストーカーの「危険度判定チェックリスト」を精神科医と連携して作成し、今年度中に全国の警察本部に導入する方針を固めた。増加の一途をたどる事案の中から、凶悪事件を起こす恐れのある人を迅速に見分ける狙いがあるほか、精神治療が必要な人については早期に専門家に受診させ、事件の未然防止を目指す。

エスカレートして殺人事件などを起こした加害者の調書や海外文献を分析し、受刑者約10人とも面談した。その結果、「自己愛が強い」などの特徴がストーカーになりやすい性格として浮かんだほか、被害者からも「相手に同情しやすい」などの特徴が見つかったという。

加害者、被害者双方の言動などについて危険度を見極める100近いチェック項目を用意し、昨年3月から全国の警察で試行を重ねてきた。最終的に三十数項目に絞られるとみられ、警察庁は評価方法や運用指針について詰めの検討中。被害を受けた人が警察に協力して加害者と自分の特徴をチェックし、総合評価で4段階に分類された危険度を基に、現場の警察官が事件化したり、カウンセリングなどの専門機関に紹介したりすることを想定している。
ストーカー問題は、無くなりませんね。

対策がとられたからと言って、被害が無くなることに直接つながっていないような気がします。

自分がストーカー行為を行っているという認識が無い場合もあります。

 

ストーカーでお困りお方は、

岡山 アンバサダー調査事務所にご依頼ください

086-226-1099

未分類

ストーカー解決

Published by:

ストーカー解決

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

『付きまとわれて困っています。』

『行動を見張られているようで、気持ち悪いんです。』

『部屋の窓の外に人がいるんです。』

女性を悩ませるこのようなストーカー行為は、恐怖を覚えるようになっていきます。

警察に行っても、被害が無いので相談しても無駄・・・

ストーカー自身は、好意を持っている事が多く、自己アピールのつもりかもしれませんが、

されている方にしてみれば身の危険を感じる行為です。

強制的にやめさせるような法律や条例はなく、探偵社に相談に来られます。

事実を調査し、証拠を集めた上で対策をとりましょう。

当社は、警察のOBスタッフもおります。

安心してご依頼ください。 またストーカーの対応は当事者で行わないことが重要です

ストーカー被害、ストーカー対策、性被害相談

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

完全予約制です。

 

~お知らせ~

これから年末にかけて飲み会の機会が多くなりますそんな時には、浮気や不倫相手と接触する機会があります。

浮気、不倫調査にはちょうど良い、証拠をつかみやすい時期です。

浮気調査・不倫調査は、岡山 アンバサダー調査事務所まで。

086-226-1099

未分類

ストーカー2万件超す

Published by:

ストーカー2万件超す

DVも最多5万件―逮捕数、11月以降急増・警察庁

全国の警察が2013年に把握したストーカー被害は前年比1169件(5.9%)増の2万1089件となり、初めて2万件を超えたことが20日、警察庁のまとめで分かった。ドメスティックバイオレンス(DV)も5583件(12.7%)増の4万9533件で、過去最多を更新した。
同庁は「関心が高まり、被害者が積極的に相談するようになったため」とみている。
逮捕件数が11月以降、前年の同じ時期より2割以上増えたことも判明した。東京都三鷹市の女子高校生が元交際相手に刺殺された事件を受け、警察庁の米田壮長官が10月25日の全国警察本部長会議で、危険な場合は逮捕を優先して被害者を守るよう指示した影響とみられる。
ストーカー事案を脅迫や傷害、ストーカー規制法違反容疑などで摘発したのは1889件あり、116件増加。DVの摘発は198件増の4405件だった。
このうち容疑者を逮捕したのはストーカーが1716件、DVは3323件。1カ月の平均件数を前年と比べると、1~10月はストーカーが3.2%増の137.6件、DVが4.6%増の277.6件だったのに対し、11、12月はストーカーが20.6%増の170件、DVは25.2%増の273.5件に急増していた。
一方、13年7月に施行された改正ストーカー規制法に盛り込まれた「電子メールの連続送信」で摘発したのは43件あり、警告は143件、禁止命令は8件だった。
警察庁は昨年12月、ストーカーやDVを一元的に扱う専門チーム設置などの体制構築を全国に指示した。26都府県警が既につくり終え、残りも今月中に整えるという。

 

未分類

ストーカーの心理  1

Published by:

ストーカーの心理  1

拒絶型

元恋人や元妻から拒絶されたことでストーキングをするタイプで、一番多いタイプでもある。2012年に発生した逗子での殺人事件も拒絶型のストーカーによって行われたと考えられている。拒絶型は最初によりを戻そうとする行為をとることもあるが、最終的には自分をふった相手に対して復讐をするようになっていく。心理的な背景には相手への執着心、自尊心を傷つけられた被害者意識、関係喪失をつなぎとめる為の悪あがき等の要素が複雑に絡んでおり、傷害事件や殺人事件に発展してしまう危険性が一番高いタイプ。

憎悪型

あまり親しくない人やほとんど知らない人に対して、相手に恐怖や混乱を与えることを目的としてストーキングを行うタイプが憎悪型である。ストーキングを起こすきっかけになる出来事(ささいな被害を相手からうける)を通して自分は被害者なので、ストーキングは当然という風に正当化し、日常のストレスや不満をストーキング対象にぶつけるタイプが憎悪型である。

親密希求型

親密希求型は相手と相思相愛になることを目的とし、一方的に自分の好意を押し付けてくるタイプである。ストーキング対象を過度に理想の相手と見なし、自分の孤独感や窮状を救ってくるのは彼女(彼)しかいないという考えに取り付かれ、ストーキング対象に保護者的な愛情を求めているパターンが多い。ストーキングを孤独感からの逃避手段として行っている傾向が強い。

無資格型

人格障害などの精神的な疾患が原因で、相手の立場を理解することができずに自分の欲求を相手にぶつけるためにストーキングをするタイプが無資格型である。ストーキングすることに対して罪悪感はなく、相手は自分の欲求に答えるのが当然であると考えている身勝手なタイプともいえる。
お気に入り詳細を見る

ストーカーの心理 2

精神病によって抱く恋愛妄想、関係妄想によってストーキングを行う。現実には自分と無関係の、スターに付き纏うようなタイプが多い。警察庁の統計によれば、ストーカーに占める精神障害者の割合は、0.5%である。
お気に入り詳細を見る パラノイド系
妄想によりストーキングを行うが、妄想の部分以外は正常で、話すことは論理的で、行動は緻密であることが多い。現実の恋愛関係の挫折による付き纏い行為もあるが、現実には自身と無関係の相手に付き纏うタイプが多い。
ボーダーライン系(境界人格障害)

性格は外交的・社交的で、「『孤独を避けるための気違いじみた努力』が特徴」で、病気ではなく、人格の成熟が未熟で、自己中心的で、他人・相手の立場になってみてものを考えることが出来ないタイプで、このタイプの人は精神医学の専門家でない人が想像するよりも世の中に多いという。人間関係は濃く、相手を支配しようとするところに特徴があるという。
ナルシスト系(自己愛性人格障害)
自信・自負心が強く、拒絶した相手にストーキングするものが多く、行動的な分類からは『挫折愛タイプ』に属するものが多い。現実の人間関係は深い。
サイコパス系(反社会的人格障害)

被愛妄想を持つ(相手が自分を好きであると信じる)のではなく、自分の感情・欲望を相手の感情と無関係に一方的に押し付けるタイプで、性欲を満たすための道具として相手を支配するものが多い。「凶悪・冷血な犯罪者」「典型的な犯罪者」というイメージが特徴で、人間関係は強引で、「相手に『取り憑く』能力を持っている」ことが特徴であるという。

未分類

最近のストーカー

Published by:

最近のストーカーの傾向

SNSから情報入手 怒り覚えてストーカーになる男性が増加
 続発するストーカー事件。殺人、傷害に発展するケースもこのところ相次いでいる。被害女性がシェルターに逃げても、警察に訴えても、名前を変えて移り住んでも、なお彼らは執拗に追ってくる。

 そしてストーカー認知件数の過半数が、元夫、そして交際相手によるものだ。○○女子大生ストーカー事件などのように、DVや暴力に走りがちな性向を持つ男性による凶行が目立つ。

 しかし、フェイスブックやミクシィといったSNSが、一般の人をストーカーへと豹変させている事例が増えているという。

「いまはネット上に個人情報が溢れています。たとえばフェイスブックでは、その人の楽しい日常を写真付きで知ることができます。

 ほんの少しの交際でも人を妬みやすい人は、自分がこんな悲惨な境遇に置かれているのに、あいつは…などと、別れた妻や恋人の日常の情報を入手することで、怒りを覚えてストーカーになってしまう男性が後を断たないんです」

 弁護士の○○○○(○○○○)さんは、一度交際や結婚した関係だからこそ、ストーカーになりやすいと指摘する。

「別れたときのつらさは、時が解決するもの。時の経過とともに、人間の記憶は薄れていくからです。かつては、いったん別れてしまったら、相手を知る手がかりがなかったから、きれいに忘れることができました。でも今は、ネットで誰でも追跡ができる時代。SNSで共通の友人や知人を介して情報が入ってくるようになりました。だから、忘れられないのです」

未分類

ストーカー気質

Published by:

ストーカー気質

イケメンでも「フラれ慣れていない男」
 ○○・○○に住む高校3年生でタレントの○○○○さん(享年18)が10月8日、元交際相手の無職・○○○○○○容疑者(○○才)に殺害された。○○容疑者は、○○さんに対してストーカー行為を繰り返していた。

 ○○庁によると、2012年のストーカー認知件数は1万9920件と、2000年にストーカー規制法が施行されて以降、最悪の数字を記録している。うち、被害者の約9割が女性だ。今回の事件のように若い人だけが狙われているようにも思えるが、世代別ストーカー被害件数は20代が35%、30代が27%、そして40代以上の女性が約30%を占める。決して他人事ではないのだ。

 ○○都内に住む主婦○○さん(○○代)が自身のストーカー体験を教えてくれた。○○さんは最近、10年ぶりに中学時代の同窓会に出席した。テーブルの横に座ったのは、イケメンで有名な○○さんだった。

「私、あの頃、○○のこと好きだったのよね」

 なんて思い出話に花を咲かせた。お酒も入っていい気分になった○○さんは、夫の愚痴をこぼし、連絡先を交換して、○○さんと別れた。

 後日、○○さんから「仕事で○○さんの家の近所に行くんだけど、ランチしない?」とメールで誘われた。近くのファミレスでランチをすると、「旦那さんとうまくいってないの?」としつこく聞いてくる。

 それからというもの、毎週のようにランチの誘いが来るようになり、返事をしないと毎日何通も

メールが送られてくるようになった。○○さんが振り返る。

 「怖くなって同級生に間に入ってもらって、連絡しないようにお願いしました。その同級生からは、○○さんってイケメンだけど、恋愛経験があまりないみたいで、今も独身なんだって聞きました。この年になってストーカーに遭うなんて思いもしませんでした」

 この○○さんと○○容疑者に共通するのは、相手が自分を好きではない、恋愛感情がないという現実を受け入れられないという点だ。

 「フラれることは男女ともにつらいことです。だけど、その経験を何度もすることで、つらさを克服する強さを身につけていくんです。しかし、最近の男性はこの経験が少ない。だから、自分が好きなのに離れていく女性がいた場合、つなぎとめようと思って、ストーカーに豹変してしまうことがあるんです」

 

○○容疑者は、○○さんが初めての恋人で、有名大学の学生と嘘をついてまで交際したい相手だった。恋人関係が終わったという現実を受け入れられなかった○○容疑者。○○さんの着信拒否が凶行の引き金になった可能性も否定できないと話す。

 「○○容疑者は、一方的に、突然、関係を断ち切られたと受け止めたのでしょう。自分の存在自体を否定されたと思ってしまったのかもしれません。結果として逆上してしまった」

 ○○容疑者をはじめフラれ慣れてない男性は、別れる際の距離の取り方に気をつけないと、ブレーキのきかないストーカーと化してしまうという。

未分類

ストーカーになりやすい男性の傾向 

Published by:

ストーカーになりやすい男性の傾向

真面目で律儀、ナルシスト

後を絶たない、ストーカー事件。ストーカーが被害者やその家族を殺害する事件も少なくない。DVやストーキング被害のカウンセリングを行うNPO法人ヒューマニティ代表の小早川明子さんは、ストーカーになりやすい男性として、以下のような例を挙げる。
「私が会ってきたストーカーの人たちは皆、真面目で律義。マメマメしいので一見いい人そうに見えます。それから、自分に自信がなくて外見を飾るか、あるいはナルシスト傾向があって、鏡ばかり見ている人ですね。それから、約束を破られたり無視されたりすると激高するようなタイプも要注意です。自分のことが大好きで、えらそうに見せたがる人も多いです。
もう少し具体的に言うと、人に対しての評価がコロコロ変わる、用もないのに1日3回以上メールを送ってくる、メールの返事がないと“遅い!”と怒る、デートのときに店の人に冷たい態度を取る、などがあります」
そして、元夫や恋人がストーカーにならないために、弁護士の淺松千寿(あさまつちひろ)さんは、別れ方にも工夫が必要だと指摘する。

「かつては、電話や対面で別れ話をすることが大半でした。それが今では、メールなどで一方的に別れを告げるか、ひどい場合は、携帯電話で着信拒否。それでは相手の中に“終わり”がなく、別れたという実感を持てません。すると、期待を持って追い続けてしまうのが人間なんです」
別れを告げたら暴力をふるわれるような場合以外は、その場はつらくても、しっかり向き合って別れることが大切だという。
この人だけは大丈夫と思いたいけれど、その思い込みも、その過信も、捨て去ったほうが良さそうだ。

未分類

ストーカーになりやすい人

Published by:

ストーカーになりやすい人 

過保護で育ったか孤独感強い人

警察庁調べによれば、現在、ストーカーの実に半数以上はかつてか今の交際相手だ。安全生活アドバイザーで女性の防犯に詳しい佐伯幸子さんは、ストーカーになる男性には、こんな傾向があると話す。
「束縛が強く、愛されることに飢餓感を持っています。たとえば、“相手の一日の行動を事細かく聞いてくる”“初対面の相手に自分のつらい過去などの身の上話をする”“相手によくカマをかける”などの特徴があります」
精神科医の町沢静夫さんは、育った環境も判断する基準になると話す。

「過保護に育てられ、全能感を持っているタイプと、逆に親から冷たく育てられ、孤独感が強いタイプがストーカーになりやすい」
こうした男性たちは、いつストーカーに豹変するかわからない。今回取材した多くの専門家たちは、少しでも彼らを「おかしい」「なんだか怖い」と思った時点で、親や警察、学校に相談することをすすめる。
ストーカー規制法では、無言電話や自宅周辺をうろつくなどといった行為を繰り返した者を1年以下の懲役などに罰することができる。家に入られたら住居侵入罪が、郵便物を持ち去られたら信書隠匿罪や信書開封罪が適用されることも。たとえ、ストーカー規制法が適用されなくとも、他の法律で裁けるケースもあるので、警察に行けば、それに応じた対応をしてもらえる。その際に必要なのは物的証拠だ。
「相手に関する記録はすべて保存しておいて、具体的な証拠を持っていくことで、警察に事態を理解してもらいやすくなります。

例えば、メールであればプリントアウトしておく。着信があれば、その画面の写真を撮っておく。

もしくは、“何月何日に着信があった”というように、メモを取っておく。そして、簡単でいいのですが、自分や相手の家族構成、知り合った時期や経緯、そのつきあい方、何回くらい会ったか、などをメモで書いておくことも大切です」
警察官がその資料を見たら、おおよそのことがわかるようにしておくということだ。そうすることで警察官に、置かれている状況の切迫さも伝わり、より早く、より的確な対応をとってもらえる可能性が高くなる。

未分類

女性にしつこくメール  

Published by:

ストーカー容疑 女性にしつこくメール  逮捕

ストーカー容疑で○○官逮捕 女性にしつこくメール ○○県警
 元交際相手の女性に執拗(しつよう)にメールを送信したなどとして、○○県警○○署は10日、ストーカー規制法違反容疑で、○○署交通課の巡査○○○○容疑者(26)=○○市○○町=を逮捕した。「恋愛感情があった。話し合いに応じてくれずかっとなってやった」などと話し、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、11月5~15日、同県内の20代女性に対し「一緒にいてください。連絡来ないなら死にます」などの復縁を迫る内容のメール計71通を、携帯電話で送信。同15日、女性宅近くで女性が持っていた菓子を奪い、投げ捨てた疑い。
○○県警子ども女性対策課によると、2人は約1年間交際していたが、11月上旬に別れた。同月中旬、○○容疑者の不審な行動に上司が気付き、執拗なメールが発覚した。

 このように、ストーカーは異性に対し固執してしまった状態で起こるトラブルです。当事者だけでは、このような対応をしても問題はこじれてしまうだけで、帰って問題が悪化してしまうことがあります。

 また法的手段に訴えて、相手の気持ちが硬化してしまうと、リベンジポルノなどの別の問題に発展してしまう恐れがあり慎重な対応が求められます。

ストーカーでお困りならアイ総合コンサルタントにご相談ください。あなたの力になります。

未分類

ストーカー事件 顎に肘鉄

Published by:

ストーカー事件 顎に肘鉄

アゴに“肘鉄” 復縁迫り女性殴った46歳ストーカー男を逮捕
交際していた女性に復縁を迫って殴るなどしたとして南あわじ署は15日、暴行容疑で南あわじ市の運送会社アルバイト、清水祥文容疑者(46)を逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。

逮捕容疑は15日午前9時15分ごろ、南あわじ市内の駐車場で、交際していた同市内のパート従業員の女性(44)のあごをひじで殴るなどの暴行を加えたとしている。同署によると、清水容疑者は女性の勤務先の駐車場で待ち伏せしていた。10月に女性からの「別れたいのに、別れさせてくれない」との相談を受け、同署は清水容疑者に直接会って1度、口頭で警告していたという。同署はストーカー規制法違反の疑いでも調べを進める。
「前みたいに会いたい」61歳女性にストーカー、48歳の男を逮捕
女性に繰り返しメールを送りつけたとして、京都府警生活安全対策課と木津署は29日、ストーカー規制法違反の疑いで、奈良市富雄元町のパート従業員の男(48)を逮捕した。同署によると「好きだからやりました」と容疑を認めている。

逮捕容疑は9~10月、勤務先の同僚のパート従業員で、府内の女性(61)に「前みたいに会いたい」「連絡を下さい」などのメールを9回送信したとしている。

同署によると、男と女性は、勤務先の奈良市内のホテルで知り合い、数年前から交際していたが、女性が別れ話を持ちかけていた。
9月上旬に女性から、「別れられない」と相談を受けた同署が、男に警告した後も、メールが続いたという。

未分類

ストーカー殺人事件

Published by:

ストーカー相談 ストーカー殺人事件

路上で女性刺され重傷 昨年からストーカー相談 元交際相手の男追う

 ○○都○○区○○の路上で、女性から「刃物で刺された」と119番通報があった。○○庁○○署員が駆けつけたところ、近くに住む50代の女性が腹部に包丁を刺されて倒れているのが見つかった。女性は病院に搬送されて重傷だが、命に別条はないという。

 ○○庁ストーカー・DV対処チームによると、女性は「相手はストーカー」などと説明。昨年7月から元交際相手の40代の男の脅迫行為を同署に相談するなどしており、○○署が殺人未遂事件として男の行方を追っている。

 女性は昨年7月23日、「男から『殺すぞ』などとメールが来る」と○○署に相談。12月26日には「男にカッターナイフを突きつけられ、復縁を迫られた」と110番通報があり、○○署は女性をホテルに避難させ、翌27日に男にストーカー規制法に基づいて口頭で警告していた。

○○署は脅迫容疑での立件を検討したが、男が女性の求めに応じてカッターナイフを捨てていたことや、女性が事件化に消極的だったことから立件を見送っていた。今年1月30日に○○署が女性に様子を尋ねたところ、「異状はない」と話していたという。

ストーカーは放置していてはこのような事件に発展する可能性を秘めている場合があります。ことを公にしたくない場合や、公的機関を利用せず解決したい場合は、自費で対応するのが現状です。

 

未分類

ストーカー殺人 起訴状の匿名化

Published by:

ストーカー殺人 起訴状の匿名化

 刑事起訴をする際に検察官が裁判所に提出するのが「起訴状」だ。起訴状には被告人がいつ、どこで、誰に対して、どんな犯罪行為をしたかという「公訴事実」を示さなければならない。これまで被害者の実名も明示するのが原則だったが、実名を伏せた「匿名」の起訴状が現れているという。
 2012年に逗子市で起きた殺人事件では、メールでストーカー行為を行う男性を脅迫容疑で逮捕した際に、警察官が逮捕状記載の被害女性の現在の姓や住所を読み上げたとされる。この警察の対応が、執行猶予となった犯人による殺人を容易にしたそのような批判が、事件後におきた。
 この事案を受け最高検察庁は、再被害が考えられる事件では、「実名以外」で被害者を特定する方法を検討すべきとの方針を打ち出した。被害者名を旧姓で表記したり、メールアドレスで代用した起訴状も実際に作られているという。
 ストーカーや性犯罪の被害者の安全を確保するためには良いのだろうが、何か不都合はないのか。
 匿名の起訴状により、冤罪が作られる危険性がある
 近年の性犯罪やストーカー事件などをめぐって検察庁が作成する起訴状の傾向について、「最近、検察庁は、被害者の氏名などの個人情報を伏せた起訴状を作成して、裁判所に提出するケースが出てきています。検察庁は『被害者保護のため』としていますが、被告人の防御の点から、匿名化には、危惧をおぼえざるを得ません」
 そのうえで、被害者の氏名等を伏せた起訴状の危険性を、過去の弁護活動の経験をもとに、次のように指摘する。
 「以前、『被害者女性と面識は一切なく、被害者女性宅に行ったこともない』と被告人が主張する否認事件を担当したことがあります。一方、事件そのものは、犯罪行為が被害者宅で行われており、被害者女性や被害者宅の特定は、犯罪を構成する要素として重要でした。
 この事件では、被告人は被害者との接点がないことや、当時被告人は車を持っておらず、被害者宅周辺に行くことができなかったことなどを主張しました。もし、このようなケースで被害者の氏名や被害者宅の住所が明示されなかったならば、被告人は、『その女性との接点はあり得ない』ということや『その家に行ったことがない』というアリバイの主張を、まったくできなかった可能性があります。
 それでは被告人は『自分は犯人ではない』と反論をする術がなくなり、容易に冤罪が作られかねません」
 被害者の匿名化には「被告人の防御」の観点も必要

 「たしかに、犯罪被害者の保護は重要です。ストーカー事件や性被害において、執拗に被害者がつきまとわれ、被害が拡大する危険性は決して軽視されるべきではありません。
 安易に被害者の氏名等の匿名化が進むことについては、冤罪をつくりかねないということとの緊張関係から、注視していく必要があります。検察庁の判断で安易な匿名化が進まぬように、弁護人として、その都度、厳しく対応していきたいと考えています」

 被害者の氏名等の匿名化をめぐっては、被害者保護の観点からその必要性がクローズアップされてきたが、冤罪の防止という「被告人の防御」の観点からも、議論を深めていく必要がありそうだ。