Tag Archives: ドローン問題

未分類

ドローン問題

Published by:

ドローン問題

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。
日々の生活の中で、時に思いがけないトラブルに見舞われるものです。ですがいざトラブルに遭遇してしまうと、どうしたらいいのか分からない方が多いのも現状です。また、そのトラブルの元が、親しい方や近隣の方ですと、より塞ぎこんでしまい、泣き寝入りしてしまう方もおられると思います。詐欺被害など様々なトラブルに対応します。

ドローン撮影で無許可の周波数使用容疑

全国初の摘発

昨年11月に開かれた第9回湘南国際マラソンで小型無人飛行機(ドローン)を使って空撮した際、無許可の周波数で動画の送受信をしたとして、神奈川県警は20日、空撮専門会社「フライトエディット」(東京都武蔵村山市)と同社社長(51)を電波法違反の疑いで書類送検し、発表した。社長は容疑を認めているという。

 

総務省によると、ドローンに関連して同法違反容疑で摘発されたのは全国初。同社のドローンは撮影中に墜落し、マラソン大会関連スタッフの女性(40)がプロペラで顔を4針縫うけがをした。県警は業務上過失傷害の疑いでも調べている。

大磯署によると、同社は昨年11月3日に大磯町西小磯で、カメラを設置したドローンの一種「マルチコプター」を使い、使用が禁じられている周波数の電波で動画の送受信をした疑いがある。「他社のドローンも飛行していたので、電波障害を心配し、許可を得ていない周波数を使った」と説明しているという。

未分類

ドローン問題

Published by:

ドローン問題

総理官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、この「ドローン」には、1.2キロ離れた場所からでも操縦を可能にする映像の伝送装置が取り付けられていたことが新たに分かりました。

見つかった「ドローン」は中国製の「PHANTOM2」という機種で、通常は目で見て操縦するものです。しかし、この「ドローン」には、操縦士の手元のモニターにリアルタイムで映像を送る装置が取り付けられていて、最大1.2キロ離れた場所からでも操縦ができるように改造されていたことが新たに分かりました。

また、この「ドローン」は機体全体の色が白から黒に塗り変えられたうえ、4か所のLEDライトに、光が漏れないよう黒いカバーが取り付けられていました。

警視庁公安部は、何者かが「ドローン」を夜間に飛ばす際、発見されにくいようにライト部分も改造していた可能性が高いとみて、「ドローン」が侵入した詳しい日時や操縦していた人物の特定を急いでいます。
首相官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件を受けて、政府は24日午後、関係省庁による連絡会議を開き、規制強化に向けた法整備などの検討を急ぐことにしている。
菅官房長官は「ドローンを利用しての犯罪防止を、まずしっかりとすることができるように」と述べて、ドローンなどを使った犯罪防止に向け、法整備や運用ルールの策定を急ぐ考えを強調した。
具体的には、首相官邸や皇居など、重要施設の上空の飛行を制限する法案を、早ければ、今の国会に提出する方針のほか、ドローンの事前登録制や、操縦の免許制などについても検討することにしている。