» Blog Archives

Tag Archives: リベンジポルノ 岡山

未分類

リベンジポルノ相談 岡山

Published by:

リベンジポルノ相談 岡山

リベンジポルノを直訳すると「復讐ポルノ」。
言葉の通り、復讐という意味が込められています。
リベンジポルノとは、元交際相手や元配偶者から交際中のベッド写真や映像を公にされる等の被害です。
裸の写真など、かなりプライバシーに踏み込んだ映像をネットに流出され、結婚や就職などにも影響をきたすこともあります。
このリベンジポルノ被害の恐ろしいところは、放置することで被害が拡散すると言うところです。
インターネットは、世界中いたるところに普及しており、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレット端末などを使い誰でもが見る可能性があります。家族や会社の同僚、町のパン屋さん、交際相手、その両親など
絶対に見られてはならない人物が目にする可能性があるのです。
1カ月で110件 うち脅迫42件
嫌がらせで裸の画像をインターネット上などに公開する「リベンジポルノ」の防止法が施行された昨年11月27日から12月31日までの約1カ月間で、全国の警察に110件の相談が寄せられ、18件では実際に画像などが公開されていたことが2日、警察庁のまとめでわかった。同庁は「画像がネットで拡散すると、完全な削除は難しい。被害に気づいたらすぐ相談してほしい」と呼びかけている。

リベンジポルノに関するトピックスはこちら

110件のうち、相談内容(複数回答)で最も多かったのは「画像を公表すると脅された」の42件。「画像を送りつけられた」の22件、「画像を公表された」の18件が続いた。これとは別に「画像を撮影された・所持されている」といった相談も33件あった。

99件は相談者が女性だった。相談者全体の世代別では20代が41件と最も多く、未成年が24件、30代と40代がそれぞれ16件。一方、相手方の性別が判明しているうち、88件は男性だった。30代が25件、20代が20件、40代が14件。20代と30代で4割に上った。

 

被害に遭っているのはあなただけではありません。最近急増している問題です。リベンジポルノ被害や画像恐喝、ハメ撮り恐喝などと言った被害は、簡単に誰にでも相談できる内容ではありません。相談相手を間違うと二次被害に遭うこともあります。相談相手から脅されることも考えられるのです。リベンジポルノは、会社でのパワハラやセクハラとも関係していることもあり、問題が複雑化しているケースもあります。

誰にも知られずに解決したいと思う方、早期解決を望む方は今すぐお電話ください。当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

未分類

元交際相手の女性の裸画像投稿

Published by:

元交際相手の女性の裸画像投稿

画像をメールで第三者に送られたり、ネットに投稿されることもあります。一度、ネットに流れた映像は完全に消し去ることは不可能であると言われています。誰もがネットで情報収集をしている時代です。その画像を誰が目にするか見当もつきませんよね。たまたまあなたの知り合いが目にすることもあるでしょう。また、彼氏や親が見る可能性もあります。就職や結婚などを機会にあなたのことを調べる人がいた場合にうまくいかなくなるばかりか、誹謗中傷の的になってしまう可能性もあるのです。ネットの画像をダウンロードした人物が、数年後メールで第三者へ送ることも考えられます。放っておくと被害は制限なく拡大します。あなたの人生を大きく変える重篤な問題です。画像や映像が公になる前に、被害が大きくなる前に、早期解決が必要です。

 

画像や映像を基に脅されるケースは、はっきり言うと相手の方が強いと言えるでしょう。
画像や映像は「証拠」です。細工をされたもの以外は、事実を表しているのです。
それが、貴方自身の弱みなのです。
弱みを握られてしまったからには、簡単に当事者間での解決は難しいでしょう。

 

水面下での解決がご希望の方からのご依頼も多く寄せられています。
トラブルが起こった時は、早く相談してください。
相手の要求に応じてしまったばっかりに、ご自分の立場をより悪い方向へ進めてしまっている方も多いのです。
中には何年にもわたり、金銭を支払い続けている被害者もいました。
別の男性に成り済まし投稿
札幌地検は17日、かつて交際していた女性の裸の画像をツイッターに投稿したとして、私事性的画像記録の提供被害防止法違反の罪で、札幌市手稲区の大学生千葉慎太郎容疑者(22)を追起訴した。

起訴状によると、千葉被告は女性の交際相手の男性に成り済まして1月19日、女性の顔や胸などが撮影された画像3点をツイッターに投稿し、不特定多数が閲覧できるようにしたとしている。

千葉被告は女性に成り済まし、男性にストーカー行為をされているとウェブサイトに書き込んだとする名誉毀損罪でも起訴されている。

未分類

無法状態

Published by:

無法状態

情報拡散に責任意識を

 

凶悪事件が発生するたび、インターネット上で「犯人捜し」が起きている。特に過熱するのは少年事件だ。真偽が不確かな関係者の名前、住所、顔写真が掲載されるのは当たり前。家族とされる人の写真までアップされる。「加害者を許せない」という正義感や処罰感情を背景に、ネット上で繰り広げられる無責任な「犯人捜し」はまさに「私刑」だ。安易な情報拡散で「私刑」に加担すると、名誉毀損(きそん)などで訴えられる法的リスクを負う。どれだけのネットユーザーがこのことを理解しているのだろうか。

 

川崎市の中学1年、上村遼太さん(13)が殺害され、17~18歳の少年3人が殺人や傷害致死の非行内容で家裁送致された事件でも「私刑」が起きた。少年法は61条で、20歳未満の少年が関与した事件について、少年の特定が可能な報道を禁じている。そのため、新聞・テレビ各社は少年の実名などを明かしていない。週刊誌の対応は分かれたが、リーダー格の少年(18)の実名掲載に踏み切った「週刊新潮」も他の2少年は匿名だ。賛否はあれど、メディアとして一定の判断基準を持っている。

 

しかし、ネット上ではそうしたことを意識している人はごくわずか。「無法状態」のネット空間では、関係者に対する差別的な表現や報復を扇動する文言が飛び交い、「(加害者を)殺せ」といった暴力的な言葉まで見かける。少年法を議論する以前の問題だ。

川崎市の事件では、発生直後から「犯人グループ」として10人近い少年の実名や顔写真がアップされた。真偽に関係なく「疑い」の段階で書き込まれ、中には住所や家族関係などの情報もあった。誰かが掲載した情報が、事実かどうか確認されないまま次々と拡散されていった。

動画配信サイトを使い、逮捕された少年の自宅前とされる場所から生中継したネットユーザーが現れたほか、ニュースアプリ「スマートニュース」が3少年の実名と顔写真とされる情報が載ったサイトを「記事」として転載する事態も起きた。運営会社は「利用規約に違反」「運用基準に抵触」として、サイト上で閲覧できないようにしたが、一度広がった情報は簡単に消えない。

「無法状態」を止めるにはどうすればいいのか。検索大手ヤフーは「プライバシー保護」の要請が高い情報を検索結果から削除する際の基準を新たに示したが、「表現の自由」「知る権利」とのバランスなど課題は山積している。対策は、現実の後手に回っている。

 

たとえ善意で広めた情報でも、「加害者」になる法的リスクが発生する。発信者は特定され、その思いは一切関係ない。これが現実だ。誰でもネットを使い、多くの人に発信できるということは、誰もがリスクを背負う時代になったことを意味する。

未分類

リベンジポルノ被害相談 6割が20代以下

Published by:

リベンジポルノ被害相談 6割が20代以下

復讐(ふくしゅう)目的に元交際相手の裸の画像などを流出させるリベンジポルノ10+ 件に絡む全国の警察への被害相談が昨年末の約1カ月で110件だったことが2日、警察庁のまとめで分かった。うち65件(59・1%)は20代以下だった。リベンジポルノを規制する私事性的画像被害防止法が昨年11月27日に施行されてから年末までを初めて集計した。

インターネット社会を反映し、後を絶たない被害の一端が浮き彫りになった。警察は、プロバイダーなどに画像の削除を要請したり、被害者に被害拡大の防止について助言したりした。流出させた相手方に警告や注意を促したケースもある。

ただネット上の全ての画像を消去するのは困難で、警察庁の担当者は「安易に画像を撮らせたり、送ったりしないことが被害を防ぐ一歩」と注意を呼び掛けている。

相談内容(複数回答)は「画像を公表した(公表する)と言われた」が最多の42件。続いて「画像を送りつけられた」が22件だった。

被害者の性別では、女性が99件(90・0%)。年代別では、20代が最も多い41件で、10代が24件だった。続いて30代と40代でいずれも16件。相手方は30代が最も多く25件で、続いて20代の20件だった。不明も31件に上った。

両者の関係は、交際相手(元交際相手を含む)が68件で6割を占めた。次いでネット上だけの関係の知人友人が14件だった。

新法に基づく摘発は、昨年はなく、今年は3月末までに7都道県警による7件だった。昨年、被害相談を受けた110件のうち7件は強要や脅迫などの容疑で摘発した。

同法は、元交際相手の男に女子高生が刺殺された2013年の三鷹ストーカー殺人事件で男が画像をネット上に投稿したことを受け、議員立法で成立した。相談が寄せられたのは兵庫など35都道府県警。

兵庫県警によると、昨年末までに寄せられた被害相談は2件。20代の女性が「元交際相手から『(女性の性的画像を)ネット上に流す』と脅された」と届け出たほか、ネット上で知り合った人物に裸の画像を送ったことを相談した10代の少女もいたという。

 

 

リベンジポルノ 件防止法

 

正式名称は「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」。13年の東京都三鷹市のストーカー殺人事件で、元交際相手の男が、女子高生の裸の画像などをインターネットに流出させた「リベンジポルノ」が社会問題化したのが契機となり、議員立法で昨年11月に成立し、施行された。被写体を特定できる方法で、個人的に撮影した性交を含む裸の写真や電子画像を不特定多数に提供した際、3年以下の懲役か50万円以下の罰金。拡散目的で特定の少数の人へ提供した場合も罰則がある。

未分類

リベンジポルノ相談

Published by:

リベンジポルノ相談

リベンジポルノの被害は、交際相手から行われるだけではありません。
セックスフレンドや出会い系サイトで知り合った相手からリベンジポルノ被害に遭うこともあります。
また、援助交際や美人局、浮気相手からの被害報告もあり、
犯罪や不貞行為の証拠として脅されることもあります。
インターネット上に公開されてしまうと、どこまで被害が広がってしまうのか見当がつかず、日本中、世界中にいる誰もが閲覧する可能性がるのです。
家族が見てしまったら・・・
会社や近所の人に見られたら・・・
夫に見られたら離婚の可能性がある・・・
子供や学校関係の人も目にする可能性があります。

また、リベンジポルノ画像を知った人物から脅される可能性すらあるのです。
二次被害だけではなく三次被害、四次被害へとつながることも考えると
早期解決が望ましいでしょう。

リベンジポルノ相談、1カ月で110件 うち脅迫42件
当社でも相談件数が多くなっているリベンジポルノ、当社では15年ぐらい前からリベンジポルノを受けていますが、15年前との大きな違いは、年齢層の低下です。またビデオカメラの撮影からスマートホンの撮影と変わってきて爆発的に相談件数が増えてきています。

今後もこの依頼は増えてくると予想さてます。法律で規制されても、誰でも警察に相談できるわけでもないので対処も困難なものとなってきています。

嫌がらせで裸の画像をインターネット上などに公開する「リベンジポルノ」の防止法が施行された昨年11月27日から12月31日までの約1カ月間で、全国の警察に110件の相談が寄せられ、18件では実際に画像などが公開されていたことが2日、警察庁のまとめでわかった。同庁は「画像がネットで拡散すると、完全な削除は難しい。被害に気づいたらすぐ相談してほしい」と呼びかけている。

リベンジポルノに関するトピックスはこちら

110件のうち、相談内容(複数回答)で最も多かったのは「画像を公表すると脅された」の42件。「画像を送りつけられた」の22件、「画像を公表された」の18件が続いた。これとは別に「画像を撮影された・所持されている」といった相談も33件あった。

99件は相談者が女性だった。相談者全体の世代別では20代が41件と最も多く、未成年が24件、30代と40代がそれぞれ16件。一方、相手方の性別が判明しているうち、88件は男性だった。30代が25件、20代が20件、40代が14件。20代と30代で4割に上った。

 

未分類

リベンジポルノ法違反

Published by:

リベンジポルノ法違反

ツイッターに元交際相手の裸写真 リベンジポルノ法違反容疑で男を再逮捕 ネットでの適用は全国初
インターネットの進化は、瞬時に大量の情報を得られる便利さと、“悪意”をまき散らす手段をもたらした。性的な画像や動画を元交際相手らがネットに投稿する「リベンジポルノ」。先の臨時国会で対策法が成立し、17日からは罰則適用が始まる。取り締まりの強化が期待されるが、一度ネットに晒された画像の拡散を止めることは不可能で、被害者は半永久的に流出の危険に怯えることになる。「振られた腹いせ」の「リベンジ=復讐」。実態は単なる逆恨み。何があっても裸の画像を与えない。そんなモノを求めるのは、愛でも何でもない。

元交際相手の女性の裸の写真をインターネット上で公開したとして、神奈川県警は11日、私事性的画像記録の提供被害防止法違反の容疑で、鳥取県境港市の無職、東賢一容疑者(39)=脅迫などの容疑で逮捕後に処分保留=を再逮捕した。県警によると、ネットを用いたリベンジポルノ(復讐目的の画像投稿)で同法違反容疑での検挙は全国初。

再逮捕容疑は、1月2日ごろ、自らの簡易投稿サイト「ツイッター」に、元交際相手で専門学校生の女性(20)=神奈川県内在住=の裸の写真10枚を掲載したとしている。容疑を認めている。

県警によると、写真は平成24年7月から25年1月までの交際中などに撮影され、「(別れた後に)彼女が返事しなくなり、うらみが募った」などと供述。東容疑者は昨年12月にも写真1枚を掲載しており、友人に知らされた女性が今年1月に県警に相談した。

未分類

リベンジポルノ防ぐ

Published by:

リベンジポルノ防ぐ

ストーカー被害に遭わないための注意点
ストーカー事件では出会いから加害行為までインターネットが絡むケースが多多くなってきている。スマホカメラ、携帯カメラを利用した脅迫など手軽に異性の裸を撮影で知るようになった。

ネットを使ったストーカー行為は、大まかに言えば3種類。元交際相手などへの復讐(ふくしゅう)や嫌がらせ、交際や復縁を迫る、見知らぬ相手が標的--で、それぞれの目的によって行動も異なる。ネット利用し裸の画像を遅らせるなど様々な犯罪が増えてきている。

復讐目的で行われる嫌がらせでは、プライベート写真などを流出させる「リベンジポルノ」が一般的だ。撮影後に相手が目の前でデータを削除したとしても後で記録媒体から復元できる。「すぐ消すから」と言われても、撮影させてはダメ。送信の数秒後に画像や動画が自動的に消えるアプリも人気だが、その短時間内に別のデジタルカメラで画面自体を撮影されることはあり得るので過信は禁物だ。

復讐の一環で、無料通信アプリ「LINE」などSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のアカウントを乗っ取って悪意のある情報を発信したり、相手になりすまして書き込みをしたりするケースもある。パスワードを使い回ししないなど地道に予防するしか手がない。

交際や復縁を迫る場合、加害者はSNSで相手の趣味や行動パターンを把握しようとすることが多い。SNSで個人情報を発信している人は多いが、位置情報の発信機能はできるだけ使わない方がいい。また、情報を入手するアプリをインストールしてしまうと、携帯のGPS(全地球測位システム)情報を簡単に抜き取られることもお忘れなく。

見知らぬ相手へのストーカー行為でも、ネットが有効な手段になる。海外の報告事例では、ウェブカメラを遠隔操作して部屋などを盗撮する目的で、チャットサイトで女性を物色、細工を施したサイトに誘導して相手のウェブカメラを乗っ取ったという例もある。相手のごみをあさって、ネット上にアップしているケースもある。スカイプで個人情報入手、裸の画像を入手などあらゆる方法がある。

尾行用のGPS発信機を相手の車や持ち物に仕込んだり、小さな穴から室内をのぞくことのできるリバースドアスコープなどストーカー行為に悪用されるツールもある。相手の手口を知ることが防御につながるが、規制は難しい。

ストーカー行為自体は以前からあるが、SNSで自ら情報発信をする現代は、以前より見知らぬ人に狙われるリスクが高まっている。ただ、ネットやメールを介した行為は記録が残り証拠にもなる。

この様なトラブルに巻き込まれたら、当社に相談ください力になります

未分類

リベンジポルノ事件

Published by:

リベンジポルノ事件

 

寄生虫女と元高校教師のリベンジポルノ事件

 

別料金なく本番をしようとしたデリヘル嬢に入れ込んだ67歳・元高校教師のあきれる勘違い。デリヘル嬢本音はキスも苦痛だった

今回の事件で脅迫罪に問われた兵庫県の元高校英語教師(67)は、デリヘルで知り合ったデリヘル嬢に一目惚れ。その女性を何度も指名するうちに、お店を介さず(=お店に支払うべき料金を彼女に直接渡して)サービスを受ける関係を築くことに成功(※風俗嬢としては御法度の行為である「店外営業」は、マージンをお店に抜かれないのが女性側としてのメリットだが、反面、バックに控えている“お店”という存在がなくなるため、トラブルに巻き込まれやすい)。デリヘルだと本来“禁止行為”である本番セックス(=男女性器の結合)を正規料金のみでできる仲にまで発展する。そして、このような“特別扱い”を、元教師は恋愛感情だと勘違いし、100万円分の金品だとか現金20万円を彼女に貢いでしまう
二人が出会って約8ヵ月後、もうこの男からお金を搾り取るのは限界だと判断したのか、それとも体を売ってお金を稼ぐことを一斉にやめようと決意したのか、あるいは相手の過剰なのめりこみようが怖くなったのか、そのデリヘル嬢は元教師に、

金が尽きれば当然次のようなメールを元教師に送った。「特別扱いは全部うそで、関係を清算したい。本当は抱かれたくなく、キスは苦痛だった」との捨て台詞のメールで送りつける。

勘違い元教師はそのメールを読んで激怒。「けじめとして20万円を返せ。だましたことを謝れ」と返信したが、彼女からの連絡はない、といったいきさつで、より激怒した元教師が、会えないときに見たいと伝えたら、OKをもらって撮影したらしい彼女の裸の写真を使って、リベンジポルノをたくらんだ。

未分類

リベンジポルノ事件 初の逮捕者

Published by:

リベンジポルノ事件 初の逮捕者

写真に女性の名前と電話番号書き込む
女性の裸の写真をまいた男が、「リベンジポルノ法」で初の逮捕者となった。

「リベンジポルノ」ほど、女性にとって卑劣な「リベンジ」はない。

法律が抑止力となるのかと言えばそれは違います。本来リベンジポルノの問題は個々のモラルの問題で法律だけでは不十分と言えます。

リベンジポルノ事件を起こすものは軽い精子いい疾患を患っているように感じることも多くあります。

2013年10月に起きた、「三鷹ストーカー殺人事件」

この事件で、いわゆるリベンジポルノが問題となったのを契機に、2014年の11月、リベンジポルノ防止法が成立した。
そして、この法律に違反したとして、19日、全国で初めて、33歳の男が逮捕された。
報道陣のカメラを見て、車に乗りこんだ男は、いわゆるリベンジポルノ防止法違反の容疑で、全国初の逮捕者となった、宮田慎也容疑者(33)。
宮田容疑者は、福島・郡山市内の商業施設の駐車場で、知人女性の裸の写真数十枚をばらまいた疑いが持たれている。
警察によると、写真がばらまかれたのは、1月25日から27日の3日間にかけてで、その数は、数十枚に及んだという。
嫌がらせは、それだけではなかった。
写真には、女性の名前だけでなく、電話番号まで書かれていたという。
既婚者で、子どももいながら、リベンジポルノに走ったという宮田容疑者。
こうした犯行に、街の人は、「最悪っていうか、最低っていうか、本当にひどいなって思う」、「気持ち悪い」、「相手に『撮らせて』って言われて、『ノー』って言えないのかなと思います」などと話した。
宮田容疑者は、「相手にしてもらえなかったので、嫌がらせをした」、「女性と急に連絡が取れなくなり、腹が立った」などと話し、容疑を認めている。
2014年11月にリベンジポルノ防止法が成立して以降も、当社での相談件数は減らず、今回、初の逮捕者が出たことで、抑止力となるのかと期待の声も上がるが、実際にはもっと悪質な手口なってきているのが現状です。

リベンジポルノを公開した場合の罰則は、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金となっている。

未分類

レーシック賛否

Published by:

レーシック賛否

ブログを読んでくださってありがとうございます。

消費者庁は、近視矯正の「レーシック手術」について、注意喚起を促すため記者会見を行いました。

「レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!
希望した視力を得られないだけでなく、重大な危害が発生したケースもあります」と書かれ、
国民生活センターと共同で調べた危害情報件数などを紹介している。
以前から、ネット上ではレーシック手術の危険性を指摘する声があり、術後の目の不具合のつらさを訴える書き込みもありました。
「怖すぎワロエナイ・・・」
「メガネかけてる お医者さん多いのはなぜか」

といったコメントが寄せられている。

対応が遅いですよね。

もちろん、一方では
「レーシックやって3年たつけど余裕で視力1.5です」
「6年目 毎日パソコンをガシガシ使う仕事だが今も1.5です。 運が良かったのかな?」
「5年前に受けて以来何とも無い」

といったレーシック手術が無事に成功した経験者もいます。

ゴルフのタイガー・ウッズ選手やニューヨーク・ヤンキースのブライアン・マッキャン選手など、一流スポーツ選手にも手術を受けたとされる人は多いこの手術。

リスクも考えましょう。

 

リベンジポルノ被害相談

彼氏や、浮気相手などから裸の写真や、性行為の映像で脅される
『リベンジポルノ被害』が増えています。
携帯で簡単に撮影出来る時代です。
ネットにのせるなどと言い、
会うことを強要されたり、金銭を要求される事もあります。
内容が内容なので、誰にも相談出来ず
泣き寝入りをしている人もいるでしょう。
勇気を出してご相談ください。

アンバサダー調査事務所

086-226-1099

未分類

リベンジポルノの恐怖

Published by:

リベンジポルノの恐怖

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

あなたは、コミュニケーションツールとして

 

電話とLINEどちらを多く使いますか?

 

わたしの場合は、仕事以外での連絡は、メールやLINEがほとんどです。

 

メールよりもLINEの方が多いのではないでしょうか?

 

メールだとかしこまったかんじになり、

 

LINEだとテンションが高くなるように思います。

 

いろいろなスタンプもありますし、

 

画像もすぐに送れるので友達同士のたわいもない会話にはちょうどいいです。

 

といっても、最近はほとんどしていないような・・・

 

頻繁にLINEを見ないのが今の生活です。

 

しかし、毎日LINEを使っている人も多いのでは?

 

起きてから寝るまでLINEが気になって仕方が無い!

 

そんな方もいると思います。

 

 

スマホを持っている人のほとんどがアプリにLINEを入れていると思います。

 

このLINE多くのトラブルのツールになっています。

 

いじめの問題、

 

社内トラブル、

 

出会い系の問題、

 

 

最近ではリベンジポルノにも使われているのを

 

あなたはご存知ですか?

 

このリベンジポルノの被害は、一生を取り返せない問題になる可能性が大きく、

 

後悔しても仕切れない問題です。

 

一度ネットに出た画像や映像は、消しきれないのが現状です。

 

また、LINEやメールで知人に映像を送られるとう最悪の被害も起こっています。

 

そうなってくると収集が付かなくなりますね。

 

また、被害の低年齢化も大きな問題です。

 

中学生や高校生が一人で悩んでいる事もあるのです。

 

あなたのお子さんは、大丈夫ですか?

 

大人だけの問題ではありません。

 

就職や結婚にも影響が出る事が予測されます。

 

被害にあわない注意はもちろん大事ですが、

 

一人で悩まずに解決しましょう。

 

アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

ストーカー相談

あなたは、ストーカーに悩まされていませんか?

つきまとわれたり、いつも見られている・・・

盗聴されているなどから、

頻繁なメールや電話、どんどんエスカレートしてくる内容に

恐怖を覚えることになってきます。

リベンジポルノ被害にあう方も増えています。

事件に発展する事も多いストーカー問題は、

ご依頼ください。

 

 

 

 

 

未分類

リベンジポルノ

Published by:

リベンジポルノ

 

相談相手 解決出来ますか

 

今夜も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

落ち込んでいる時は、

 

誰かと一緒にいたいですか?

 

人間はそんなに強くないと思います。

 

誰でも落ち込む事はよくあります。

 

ですが、立ち上がれるぐらいの事が多いでしょう?

 

這い上がれないような落ち込みの裏には大きな『トラブル』が潜んでいます。

 

 

信頼している部下がに裏切られて、会社が立ち行かなくなった経営者。

 

浮気相手に子供が出来て、家を追い出されそうな奥様。

 

画像恐喝、リベンジポルノ被害にあっている主婦。

 

美人局被害にあっているサラリーマン。

 

結婚詐欺で全財産を持ち逃げされたOL。

 

いじめ自殺で子供を無くした母親。

 

人に陥れられ、

 

人を憎み、

 

復讐を考える・・・

 

 

一方で、人に救われる人間社会です。

 

 

弱肉強食の世の中です。

 

 

落ち込んでいる時に相談する相手は誰ですか?

 

 

会社の経営者や、権力者はむやみに相談する事は出来ません。

 

心許した相手から後々揺すられる事もあります。

 

愛人との別れ話のトラブルは、こういった事を持ち出される事もあります。

 

 

相談する相手は、誰ですか?

 

 

岡山 探偵 アンバサダー調査事務所へお電話ください。

 

086-226-1099

 

リベンジポルノ被害相談

 

彼氏や、浮気相手などから裸の写真や、性行為の映像で脅される

『リベンジポルノ被害』が増えています。

携帯で簡単に撮影出来る時代です。

ネットにのせるなどと言い、

会うことを強要されたり、金銭を要求される事もあります。

内容が内容なので、誰にも相談出来ず

泣き寝入りをしている人もいるでしょう。

勇気を出してご相談ください。

 

秘密厳守です。ご安心ください。

未分類

情報の漏洩 岡山 ハニートラップ

Published by:

情報の漏洩 岡山 ハニートラップ

カップルの別れさせ工作や、嫌がらせなどで行われる

ハニートラップですが、

社内の情報を盗み出す時にも行われます。

あなたは、大丈夫ですか?
社内情報は、会社の存続を左右する重要な機密です。

奥様でも旦那様の仕事の研究内容を知らされていないのです。

もちろん、理解ある女性は聞かないようにするのでは・・・
お気を付けください。

甘え上手の知りたがりは、あなたが気付かないうちに

上手に聞きだしていますから。

情報は、売れます。

簡単な手段では、

盗聴器や盗撮機ですよね。

最近では、比較的簡単に手に入るものも多いので、

盗聴マニアだけではなく素人でもしています。

家に入れるぐらい身近な人が仕掛けていく場合もあれば、

前の住人が仕掛けて退去したり、

引っ越し先に入居する以前から盗聴器や盗撮機があることもあり、

大きな問題になっているケースもあります。
岡山 盗聴器発見調査のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

岡山 リベンジポルノ被害相談

彼氏や、浮気相手などから裸の写真や、性行為の映像で脅される
『リベンジポルノ被害』が増えています。
携帯で簡単に撮影出来る時代です。
ネットにのせるなどと言い、
会うことを強要されたり、金銭を要求される事もあります。
内容が内容なので、誰にも相談出来ず
泣き寝入りをしている人もいるでしょう。
勇気を出してご相談ください。

秘密厳守です。ご安心ください。

未分類

リベンジポルノ性被害

Published by:

リベンジポルノ 性被害

 

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

暖かくなると性被害が増えます!

強姦致傷:懲役12年の判決--高松地裁
坂出市や丸亀市で少女2人に性的暴行を加えるなどして強盗強姦(ごうかん)や強姦致傷の罪に問われた坂出市青葉町、無職、H被告(33)に対する裁判員裁判の判決公判が20日、高松地裁(下津健司裁判長)であった。
裁判長は「非常に卑劣。被害者らが感じた恐怖と心の傷は深い」として懲役12年(求刑・懲役13年)を言い渡した。
争点となった、06年の事件で性的暴行があったか否かについて、下津裁判長は「被害者の証言は被害に遭った者でなければできない、生々しく真に迫ったものである」などとして信用できるとし、弁護側の「被害者は援助交際に応じた」などとする主張を退けた。

判決によると、06年年12月1日昼、坂出市の路上で女子高生(当時16歳)を脅して性的暴行し、約4日のけがをさせた。また、12年8月13日未明、丸亀市の路上で少女(同19歳)を脅して下着を奪い、近くの駐車場で性的暴行した。

性被害の相談は

岡山 アンバサダー調査事務所まで

086-226-1099

 

~リベンジポルノ相談~

被害に遭っているのはあなただけではありません。最近急増している問題です。リベンジポルノ被害や画像恐喝、ハメ撮り恐喝などと言った被害は、簡単に誰にでも相談できる内容ではありません。相談相手を間違うと二次被害に遭うこともあります。相談相手から脅されることも考えられるのです。リベンジポルノは、会社でのパワハラやセクハラとも関係していることもあり、問題が複雑化しているケースもあります。

誰にも知られずに解決したいと思う方、早期解決を望む方は今すぐお電話ください。当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

まずは、お電話をください。経験豊かなアドバイザーが対応しております。貴方一人で悩まず、アンバサダー調査事務所へご依頼ください。

当社は完全予約制です。

ご要望があればお近くで面談させていただきます。
まずは、お電話でご予約をお取りください。

相談ダイヤル 086-226-1099
岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099