» Blog Archives

Tag Archives: 不倫トラブル解決

不倫トラブル

不倫トラブル事件

Published by:

不倫トラブル事件

 

妻の友人と不倫 結末は殺害

妻の友人の26歳の女性を殺害したとして逮捕された男が「別れ話になり不倫が妻にばれてすべてが嫌になった」と供述しているとの事件がありました。

容疑者はマンションで、被害女性の首を電気コードで絞めて殺害した疑いで逮捕されました。容疑者が「被害女性と別れ話になり、妻に不倫がばれて大事になり、すべてが嫌になって死にたいと思った」と供述しているようです。被害女性は別の交際相手ができたため、容疑者との不倫関係を清算しようと友人でもある容疑者の妻にLINEを送ったとみられています。

被害者である女性の行動は一般的には理解に苦しむ行動ですが、なぜ自らの不倫を不倫相手の妻に送ったのか、当然慰謝料が発生することも考えるし、相手も傷つけてしまうことは当然誰でも理解できることです。

どのような理由があれ不倫相手の妻に連絡をとる行動は普通ではないと考えられます。

この被害女性は、不倫したことの責任も取らずに死んでしっまっていますが、恋愛は自由ですがその責任をとることは義務であることを分かったいなかったのか不可思議な事件です。
ちなみに容疑者は、「気が付いたら首を絞めていた。殺意はなかった」と容疑を一部否認しています。

 

不倫トラブル解決

岡山の探偵アンバサダー調査事務所では、あらゆる調査を通じて交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えていることに直面していきました。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

未分類

議員の不倫 中川郁子

Published by:

議員の不倫 中川郁子

議員でも不倫はします。
3月5日号の「週刊新潮」で読んだので書きます。

2009年に急逝した故中川昭一元財務相の未亡人、中川郁子(ゆうこ)衆院議員(56)。夫の跡を受け継ぎ、自らが衆院議員に立候補して12年に初当選、現在、2期目を務め、農水政務官の重責に就く。

かつて、国際会議の記者会見で醜態を晒した夫の帰国の際には、テレビカメラに囲まれた夫に向って、「日本一、頑張れ、大丈夫!」とエールを送る妻だった。だが、夫の死から6年。未亡人の胸の中では、すっかり別の男が「日本一」なようである。

西川公也農水大臣が献金問題を理由に辞任し、安倍内閣に激震が走った2月23日の夜。中川郁子代議士の姿は東京・六本木にあった。

一軒目の会合場所、中華料理店を後にし、一人、六本木通りを歩きはじめた彼女。時計の針は21時になろうとしている。道中、しきりに携帯でやり取りをしているのは、大臣辞任を受けての人事に関する緊迫した連絡なのだろうか。しかし、ほどなくして彼女にとっては、辞任のニュースよりもずっと重要なことだと判明する。

六本木ヒルズ周辺で立ち止り、待つこと5分。どこからともなく、ベージュのコートを着た男が近づいてきた。ニヤけた視線を中川議員に送るのは、自民党の同僚、門(かど)博文衆院議員(49)である。

肩を並べ、寄り添うように、人通りの少ない裏通りへ向かう2人。いつしか、手が繋がれている。目的地は無いのか、のんびりとデートを愉しんでいる雰囲気だ。