» Blog Archives

Tag Archives: 不法投棄は犯罪です。

未分類

法投棄が原因かな

Published by:

法投棄が原因かな


不法投棄は犯罪です。

 

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(主に、廃棄物処理法、廃掃法と略される)に違反して、同法に定めた処分場以外(主に山中や海、廃墟など人目につかない場所)に廃棄物を投棄することをいう。

最終処分場などの逼迫により処理費用が高騰していること、合法的な経済活動では生成されない物質(硫酸ピッチ等)を秘密裏に処理する必要などから行われる。また、近年では、事業ごみを家庭ごみとして投棄する行為もある。なお、既設の中間処理施設や最終処分場に、許可要件を超えて搬入・保管している状態は、不適正保管などと呼ばれ、不法投棄ではない。

なお、日本における2007年度の不法投棄全体量の約78.8%が、建設系廃棄物である。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律では、不法投棄した者の責任ばかりではなく、適正な監督を怠った排出者(事業者)に対しても撤去などの措置命令が可能となっている。不法投棄に対する罰金刑の最高額は1億円である。

非常に高い放射線量 公園を立ち入り禁止に
東京・池袋の公園内で毎時480マイクロシーベルトという非常に高い放射線量が測定され、豊島区は23日、公園全体を立ち入り禁止にした。

高い放射線が検出されたのは豊島区池袋本町の「電車の見える公園」。豊島区によると、20日に区民から「放射線の高い所がある」と連絡があり、22日に区の職員が測定したところ、すべり台の下の部分から、1時間あたり2・5マイクロシーベルトを検出。さらに23日に原子力規制庁とともに測定をしたところ、1時間あたり480マイクロシーベルトという非常に高い放射線量を検出したという。

今回測定された放射線量は、福島第一原発に近く多くの住民が避難を余儀なくされている福島県浪江町などと比べても、約20倍と非常に高い放射線量で、近くで浴び続けると2時間程度で一般の人の年間被ばく線量限度に達する可能性がある。

専門家は、原発事故から4年がたっていることや、福島から距離のある東京都内の局所的な場所でしか計測されていないことなどから、原発事故と関係があるとは考えにくいと話している。

豊島区は、公園を立ち入り禁止とするとともに、地中に何らかの物質が埋まっている可能性もあるとみて、24日にもすべり台部分の土を掘るなど調査するという。