Tag Archives: 加害者生徒を告訴

未分類

加害者生徒を告訴 告訴 告発 岡山県 倉敷市

Published by:

加害者生徒を告訴

子供だからと言って責任を逃れりことはできません。刑事告訴は当たり前のことです。子供にも責任をとるという考え方を教える必要があるのです。

岩手県矢巾町で、いじめを訴えて自殺した中学2年の男子生徒について、学校は「いじめが自殺の一因」とする調査報告書をまとめ、26日、遺族に説明した。

矢巾町の中学2年・村松亮さん(13)は生前、担任とやり取りするノートに「いじめ被害」を再三訴え、今月5日に自殺した。中学校の校長らは26日午前、教職員や同級生からの聞き取り結果などをまとめた調査報告書を父親に手渡した。報告書は、「机に頭をたたきつけた」「朝礼で嫌がらせをした」などの6件を「いじめ」と認め、「自殺の一因」と結論付けている。

亮さんの父親「私が思ういじめという認識と学校側が思ういじめという部分では、やっぱり考え方が違うというか、認識の仕方が違う」

学校は26日夕方、保護者会で報告書の内容を説明。臨時登校日の27日には、生徒にも説明する予定。保護者会後の会見で校長は、「亮さんのかけがえのない命を守り切れなかったこと、たいへん申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

一方、父親は26日夕方、加害者の生徒4人を「暴行」や「強要」などの疑いで岩手県警に告訴した。

 

子供の犯した犯罪でのトラブルは、私どものクライアントには事件にするように勧めています。子供は将来があるからと言って穏便に済ましても、犯罪者になるための将来では意味がなく、悪いことは悪いとして責任を取らすという考えで、対応をとっています。