Tag Archives: 失踪人調査 岡山 倉敷 津山

未分類

失踪事件

Published by:

失踪事件

失踪は拉致だけではない。例えば、認知症患者が外出し、戻ることができなくなった人たちもいるのである。

拉致では無かった

拉致とは、ある個人の自由を奪い、別の場所へ強制的に連れ去ること。連れ去り。直ちに身代金を要求することを目的とせず、また別の土地に連れ去る行為で、誘拐の一種である。特に、ある国家や組織が、政治的・軍事的な理由により行う誘拐を指すことも多く、それが二国間で行われた場合は戦争とみなすことがある。親族間で起こった場合は戦争ではなく、単なる離婚、別居として片付けられる。

オウム真理教による拉致事件や、北朝鮮による日本人や韓国人の拉致問題がマスメディアによって頻繁に報道されるようになって、急速に使われるようになった言葉である。常用漢字の使用を原則とする新聞など、「ら致」と交ぜ書き表記する事が多かったが、むしろ読み難いという指摘もあり、次第にマスメディア全般で「拉致」と漢字表記されることが多くなった。

国際法では『強制失踪』の形態の一つであり、人道に対する罪として扱われる。

 

大阪府豊中市で33年前に失踪し、「北朝鮮による拉致の可能性を排除できない」とされた男性(73)について、大阪府警は27日、関西地方で発見したと発表した。事件や事故には巻き込まれていなかった。警察庁は、拉致の可能性がある全国の行方不明者数を877人に修正した。今月に入り関西地方で見つかり、身元の確認を進めていた。

では拉致で無かったらどうして失踪していたのが疑問が残る。33年間と長い間どうしていたのかすごく気になるのは私だけではないでしょう

未分類

公開捜査

Published by:

公開捜査

 

家出前まで居住していた「部屋」には、多くの指針となる痕跡が残されています。

部屋に残された家具の配置や整理具合から、家出が衝動的か計画的なのかを推測できるからです。

全くの突発である様なら本人の意思に反し、拉致や監禁も視野にいれる必要が出てきます。
警視庁刑事部がTwitterを使った「公開捜査」に関する情報発信を開始した。複数の案件について、防犯カメラなどで撮影された画像や動画付きで投稿。事件の概要や被疑者の特徴などを紹介し、検挙に向け、所轄署へ電話での情報提供を呼びかけている。現時点でアカウントのフォロワー数や投稿へのリツイートは小規模だが、継続的な運用によって早期検挙につながることに期待したい。

警視庁では、これまでも振り込め詐欺などの注意喚起、防犯情報などを発信していたが、他地域の警察組織でもTwitter活用は活発だ。たとえば、神奈川県警察本部刑事部捜査第二課では、振り込め詐欺の電話内容や状況をリアルタイムで発信。更新頻度も高く、具体的な事例が多数投稿されている。

背景には、神奈川県の振り込め詐欺認知件数は、2012年の515件(被害額は13億5100万円)から2013年には1340件(被害額は41億2300万円)と急増したという実態もあるのだろう。

「被害が減らないのでつらいです。どうか皆さんの協力を頂いて、被害を減らしたいと思っています。親御さんがご高齢でしたら、普段からの連絡を続けてくださいね」

Twitterで見かけた情報を、家族や身の回りの人と共有することも大事だろう。

海外の捜査機関もTwitterを活用している。FBIでは、@FBIMostWantedというアカウントで、行方不明者や指名手配犯の顔写真とともに情報発信を行なっている。フォロワー数は1万1317人(記事執筆時点)と多くはないが、FBI内でも多数のアカウントを運用しているようだ。

ほかにも、声掛け事案などの不審者情報、自転車などによる事故対策など、各組織がさまざまな情報発信を行なっている。自身や家族が犯罪に巻き込まれないための防犯情報としても、居住地の行政機関が運用しているTwitterアカウントがないか、チェックしてみてはいかがだろうか。

未分類

失踪人調査

Published by:

失踪人調査

失踪人調査子の岡山でも失踪人は出ています

実際に職場から行方不明になって全くの

手がかりなし、失踪からの手がかりなし

犯罪に巻き込まれている可能性あり

そんな調査が舞い込んでくることがあり

非日常が、普通に思えてしまう探偵業

それが私たちの仕事です。
失踪調査 行方調査 家出調査 岡山・倉敷・津山>>

・失踪・家出人調査(相談内容例:居場所を隠し、人知れず逃げているケース

・相談相手になってくれた友人・知人と連絡が取れなくなった。

・夫・妻が勤めに出たまま姿を消した、会社にも行っていない。

・妻が、子供を連れて出て行ってしまった。

・交際相手が突然に音信不通になってしまった。

・金銭を貸していた相手がいなくなった。

・夫・妻の交際相手の居所を知りたい。

・遺産相続のため、居所の判らない血縁者を探したい。

・結婚を前提にお付き合いしていた人がいなくなった。

・息子・娘が家出をした。

・別居中の夫・妻が居場所を教えてくれない。

・詐欺を企てた人物の行方を知りたい。

失踪調査 行方調査 家出調査 岡山・倉敷・津山

ご依頼いただく場合の情報例

失踪者のお写真
氏名
生年月日
借入金の有無
付き合いのある友人・知人の連絡先
お付き合いされている異性
良く行く飲食店、その他店舗
ご本人の預金通帳(出金履歴)
ご本人のクレジットカード
運転免許証の有無
移動手段(車又はオートバイ)のプレートナンバー
失踪時に持出した物

勿論、全てが分らなくとも結構です。
わずかな情報からでも探せる可能性は十分あります。
まずは当社にご相談下さい、あなたの相手を思う気持ちが最も大切なのです