Tag Archives: 婚活トラブル 婚活サイト

未分類

婚活トラブル

Published by:

婚活トラブル

パートナに不審を感じたらまず事実を基に判断することです。もちろん調査は有効です。特に婚活パーティー、婚活サイトには結婚を餌にあらゆる犯罪者が潜り込んでいます。

延命治療
サイコパスの特徴

1 他者の感情や権利、災難などに対して無情であり冷笑的
2 自己中心的で、相手への共感性が欠如している
3 自身が万能であると信じ、平凡な仕事などを軽蔑するなど、傲慢で尊大な態度をとる
4 口が達者で表面的な魅力を示したり、同情や関心を引いたりすることに長けている
サイコパスにとって“良心”というものは存在せず、自分の利益のためには他者を言いくるめて騙すことなど平気です。相手が深く傷ついたとしてもまったく罪悪感がありません。そういった特徴から凶悪事件の犯人や、何度も犯罪を繰り返す犯罪者にもサイコパスは存在します。また、知能の高いサイコパスは、衝動性や無責任といった通常のサイコパスに通じる面が少ないために、問題を起こさず社会的に成功している人もいます。
千佐子容疑者は上記の特徴に似ていると思うのは私だけでしょうか
青酸化合物による連続不審死事件で、2013年9月に兵庫県伊丹市の男性(死亡時75)が倒れて病院に搬送された際、筧(かけひ)千佐子容疑者(68)が男性の妻を名乗り、医師からの延命治療の打診を断っていたことが捜査関係者への取材でわかった。男性はその日に死亡した。大阪府警など4府県警の合同捜査本部は千佐子容疑者の殺意を裏付ける言動とみている。

捜査関係者によると、男性は千佐子容疑者と12年10月ごろから交際し、当時内縁関係だった元内装業、日置稔さん。千佐子容疑者は9日、日置さんに対する殺人容疑で再逮捕された。13年9月20日午後7時ごろ、伊丹市のレストランで日置さんに青酸化合物を服用させ、殺害した疑いがある。

捜査関係者によると、日置さんは同店駐車場に止めた千佐子容疑者の車の助手席で突然意識を失った。千佐子容疑者は119番通報し、駆けつけた救急隊員に「自分は妻です」と言って、「夫は末期がん。通院中で食欲がなく、最近は特にしんどそうだった」と説明したという。

未分類

婚前調査

Published by:

婚前調査

今日も、探偵のブログを読んでくださってありがとうございます。
6月といえば、“ジューンブライド”。

結婚式を迎える人はもちろんのこと、結婚式に出席する回数が増える時期でもありますよね。
美しくなりたいと思ってやった新たな美容法が、実は大失敗に……なんてことになりかねません。

◯ 新しい髪色

どんなに信頼のおけるカラーリストに頼んだとしても、新しく変えた髪色が酸化して実際に自分のスキントーンとどう合うのかは分かりません。新しいカラーを試すのは最低でも1週間前に行った方が良いようです。

◯ 大胆な髪型

ざくざくと切ったり大胆なカットをすると、髪の手触りやスタイルまでも変えてしまうだけでなく、ドレスの首周りやネックレス、ベールなど衣装との相性も変えてしまいます。

◯ アルコール

アルコールが高カロリー!
飲み過ぎてしまうとせっかくのダイエットも台無しになってしまいます。
また、むくみや消化器官を弱めることにもなってしまいます。

◯ 極端なデトックス

最後の追い込みとして、式数日前にジュースクレンジングでダイエットをする人がいますが、それは大きな間違い。式前は、とにかく忙しいスケジュールやストレスに追い込まれます。そんな時だからこそ、きちんと栄養が摂れる食事を心がけましょう。

◯ ケミカルピーリングなどの角質除去

ケミカルピーリングやクリスタルピーリングなどエステで行う角質除去は、肌を滑らかツルツルにしてくれますが、人によっては赤くなったりかゆくなったりする他、繰り返しピーリングが行われて肌が敏感な状態のまま当日を迎えてしまうことがあります。脱毛も同じような事がおこる可能性がありますよ。

◯ 新しいスキンケア化粧品

アレルギー反応や乾燥、オイリーなど、化粧品によって肌質が変わってしまうことがあるので、無難なものを使いましょう。

一か八かの整形も大きなリスクになりますよ。

 

ご結婚の予定がございましたら、

ぜひ浮気調査をご依頼ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

未分類

婚活サイト 婚活トラブル 岡山 倉敷 津山

Published by:

婚活サイト 婚活トラブル 岡山 倉敷 津山

婚活中のマンション購入に注意

インターネットを通して結婚相手を見つけるいわゆる「婚活サイト」で知り合った異性に投資用のマンションを勧められ、購入したら、相手と連絡が取れなくなったという相談が急増しているとして、国民生活センターが注意を呼びかけています。
国民生活センターによりますと、いわゆる婚活サイトで知り合った相手に勧められてマンションを購入した人からの相談が、今年度、先月までの9か月間に42件寄せられ、前の年の3倍に増えています。
相談の多くは、「投資に詳しいという異性と婚活サイトで知り合い、勧められるままに投資用のマンションを購入したが、その後、相手と連絡が取れなくなった」などというものです。
国民生活センターによりますと、こうした相談を寄せる人は、都市部に住む30代から40代の女性が多く、マンションの購入金額は平均で3000万円余りだということです。
このため、国民生活センターは、婚活サイトで知り合った人からの投資の誘いには注意することや、婚活サイトに、必要以上の個人情報を掲載しないよう呼びかけています。
国民生活センターの保木口知子課長は、「結婚したいという異性の気持ちにつけ込んだやり方だ。知り合ってまもない相手から勧められて高額な契約をすることには、慎重になってほしい」と話しています。
婚活中の方は、婚活中の人を狙って金銭をだまし取ろうとする輩がいることは分かってください。
恋愛感情を持ってしまうと、男女ともに判断力、観察力が鈍り、結果として被害にあいます。