Tag Archives: 岡山県岡山市のストーカー調査事例

未分類

岡山県岡山市のストーカー調査事例・ストーカー対策 事例

Published by:

岡山県岡山市のストーカー調査事例・ストーカー対策 事例

相談内容

深夜に自宅駐車場で自家用車に傷をつけられて困っている
相談者:飲食店経営 A子さん 38歳
3ヶ月前からすでに4回も修理をしている。もう引越しをしたい・・と相談された。
調査方法:深夜の張込、機材の設置
14日に渡って車両と周辺状況監視する。
調査開始12日目、午前4時ごろ年齢40歳前後の男が、Aさんの車に近づきなにやら行っている。
暗視カメラによりすべてを撮影し、犯人が立ち去ったあとに確認をすると確かにボンネットに傷がついている。

調査結果

翌日、Aさんにビデオの男性を確認してもらったところ、男は飲食店の常連客の一人で、最近めっきり姿をあらわさないというが、なんとAさんがいつも修理を依頼している自動車修理工場の社員と判明。

解決方法

映像から男の顔を写真にして作成し、男と自動車修理工場の社長を交えて話し合いをすることとなった。男は以前からAさんに好意を寄せていたが、Aさんは店の客としてしか接してくれないため、個人的に話をする機会が欲しかったというのが動機であったと判明。男は二度としませんと念書の記載にも応じたので、修理代を全額返金することで示談した。

ストーカー行為は何よりも迅速な対応が肝心です。

つきまとい行為や盗聴・盗撮、 執拗な無言電話、メールなどから次第にエスカレートしていきます。大きな事件にもなりかねない問題です。現にニュースを騒がす事件は年間何件も起こっています。法改正により警察が介入できるようになったからと言って治まっていないのが現状です。

異変に気付いたなら、いつごろから、どのようなことがあったのか わかりやすく記録を取るようにしていくことも必要です。また ストーカー規制法 が制定され、警察も介入できるようになりましたが、証拠がないと思うようにはなかなかいきません。自分の身は自分で守る・・。 その意識が必要です。