» Blog Archives

Tag Archives: 情報漏洩

未分類

サイバー攻撃と情報漏洩

Published by:

サイバー攻撃と情報漏洩

引先への、発注単価を盗聴やその他の情

 

報収集により、競合した場合にすべて仕事をとられたりしたケースがありました。このように盗聴は

 

情報収集の手段の一つとして考えてもいいのです。兵法として、相手の情報を入手すると戦略を

 

立てやすくなるのです。情報をより多く入手することは、相手より優位に立てるため、盗聴や盗撮には時として

 

過敏になる必要があるのです。また、人から人も気をつけなければなりません。信用していた部下や、同僚など

 

からも情報が漏れる…いえ、故意に自分の利益の為に漏らすこともあるのです。

 

サイバー攻撃による相次ぐデータ流出を受け、政府と企業との間でサイバー攻撃に関する情報共有を促す大統領令に署名した。米政府は軍や情報機関、捜査当局などが持つ情報を一元化する新組織を設立。民間企業とも情報共有することで攻撃に素早く対応できるようにする。米アップルやクレジットカード大手のビザなど金融・IT(情報技術)企業も協力を表明した。

オバマ氏は企業経営者らを招き米カリフォルニア州で同日開いた「サイバーセキュリティーと消費者保護サミット」で演説。北朝鮮の関与を断定したソニー米子会社へのサイバー攻撃を例に挙げて「米企業が狙われ、企業秘密や知的財産を盗まれている」と警鐘を鳴らした。

大統領令では米国家情報長官の下に「サイバー脅威情報統合センター」を新設。各機関が縦割りで集めていた情報を集約するほか、企業同士の情報交換も促す。オバマ氏は「政府だけでは対応できない」と企業に協力を要請した。

オバマ氏は中国やロシア、北朝鮮などのハッカーがサイバー攻撃に関与していると批判。シリアや過激派「イスラム国」に同調するハッカーも侵入や乗っ取りなどの攻撃を仕掛けており「国家安全保障への挑戦だ」と訴えた。

サミットにはアップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)らも出席、政府とともに安全強化に取り組む方針を表明した。アップルはセキュリティーが高い自社の決済サービスを連邦政府のカードで使えるようにして、政府職員への攻撃を防ぐ。インテルはパスワードを使わず生体情報などを利用する認証技術を開発した。

サイバー攻撃による被害は拡大している。米医療保険大手アンセムは5日、契約者や社員らの個人情報が最大8千万件流出した恐れがあると発表。金融機関や小売業などでも数千万人規模の情報流出が相次ぎ、対策は急務だった。2016米会計年度(15年10月~16年9月)の予算教書では、サイバー攻撃対策の強化に140億ドル(約1兆7千億円)を計上した。

一方、13年に米中央情報局(CIA)の元職員が告発した米国家安全保障局(NSA)による個人情報収集活動の影響で、政府と距離を置くIT企業も多い。サイバー攻撃対策には民間の協力が不可欠なため、官民で共有する情報からは不要な個人情報を削除することを認めるなど、プライバシー保護も打ち出した。