» Blog Archives

Tag Archives: 捜査要望

未分類

捜査要望

Published by:

捜査要望

捜査要望を通したかったら十分な証拠を示さないと動かないのは当たり前のことです。警察の経費は税金です。被害者は被害を主張するなら傷から証拠を示すべきです。

捜査の心構え

(この規則の目的)

第一条   この規則は、警察官が犯罪の捜査を行うに当つて守るべき心構え、捜査の方法、手続その他捜査に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(捜査の基本)

第二条   捜査は、事案の真相を明らかにして事件を解決するとの強固な信念をもつて迅速適確に行わなければならない。

2   捜査を行うに当つては、個人の基本的人権を尊重し、かつ、公正誠実に捜査の権限を行使しなければならない。

(法令等の厳守)

第三条   捜査を行うに当たつては、警察法 (昭和二十九年法律第百六十二号)、刑事訴訟法 (昭和二十三年法律第百三十一号。以下「刑訴法」という。)その他の法令及び規則を厳守し、個人の自由及び権利を不当に侵害することのないように注意しなければならない。

(合理捜査)

第四条   捜査を行うに当たつては、証拠によつて事案を明らかにしなければならない。

2   捜査を行うに当たつては、先入観にとらわれず、根拠に基づかない推測を排除し、被疑者その他の関係者の供述を過信することなく、基礎的捜査を徹底し、物的証拠を始めとするあらゆる証拠の発見収集に努めるとともに、鑑識施設及び資料を十分に活用して、捜査を合理的に進めるようにしなければならない。

青酸化合物を使用した連続変死事件で、死亡した兵庫県伊丹市の男性の遺族が男性の死亡後、複数回にわたって警察に「捜査してほしい」と訴えていたことが分かりました。

おととし9月、京都府向日市の無職筧千佐子容疑者(68)が、交際していた兵庫県伊丹市の日置稔さん(当時75)に青酸化合物を飲ませて殺害した疑いで、おととい再逮捕されました。

日置さんの死亡後、不審に思った遺族が、複数回にわたって警察に「捜査してほしい」と要望していたことがわかりました。

しかし、日置さんの死因は肺がんとされ、毒物を投与したときの特徴が認められず、司法解剖も行われませんでした。

兵庫県警は「判断に問題が無かったわけではない。教訓を今後に生かしたい」とコメントしています。