Tag Archives: 方法

不倫復讐 浮気復讐

浮気の復讐方法 岡山 倉敷 津山

Published by:

浮気の復讐方法 岡山 倉敷 津山

 

浮気の復讐とは何でしよう

 

浮気の復讐には、いろいろな方法があるのですがどんな復讐をしても恨みがはれなければ意味がありません。

要は、どうすれば浮気をされたことに対して、気持ちが、すっきりできるかということうことに尽きるのです。裁判をして気持ちがはれるならそれも一つの方法でしょう。

浮気相手に対して様々な主張もできます。慰謝料の請求、払えない場合は給料の差し押さえなど様々なことが考えることができます。

またこのようなことを弁護士に依頼することもできますが、当事者であれば被害者本人で対応することは違法なことではないのです。弁護士の仕事は代理業ですので、あなたの代理としての行為ですから当事者の権利の範囲を越えなければよいだけです。

感情、怒りに任せて復讐に走るようではだめです。十分な思考を巡らせ効果的に、なおかつ冷静に復讐を行うのです。

不倫相手の会社や家の前で暴れる、リベンジポルノをばら撒くセクストーションなどを行うなどな違法行為と主張される行為は控えるべきです。

十分に情報分析を行い、効果的な方法を考え空いて覆い詰めることを考える必要があります。被害者本人にはリスクのない方法を考えておく必要もあるのです。

浮気の復讐は捨て身の行動では意味がないのです。

 

浮気や不倫で悩んでいるあなたと一緒に解決します!

浮気や不倫で悩んでいるのは、時間の無駄かもしれません。 悩む時間も、浮気相手や不倫相手との関係は深まっていくのです。 人は、時間を共にすることで愛着が湧いていくものです。

浮気が本気になることもよくあります。 もし、あなたがパートナーとの仲が良くなかったとすればなおのこと、 浮気相手に本気になる可能性は高くなります。

浮気や不倫を放置していると、浮気相手との間に子供が出来ることもあります。 ダブル不倫の場合は、相手の配偶者からの慰謝料請求の可能性や、浮気をネタに脅される可能性も出てきます。 浮気や不倫を放置することで二次被害が起こる可能性もあることを念頭に置いておきましょう。

 

浮気や不倫は隠そうとするものです。

探りすぎると余計に痕跡を残さなくなります。

そうならない為にも、岡山の探偵社アンバサダー調査事務所へ浮気調査をご依頼ください。

 

未分類

浮気調査の依頼方法

Published by:

浮気調査の依頼方法

 初めての浮気調査依頼の方はお読みください

浮気調査の依頼をされる場合、発覚してからでき るだけ早い時期に依頼することが望ましいです。

理由としては、第一に交際開始直後は警戒心が薄いため調査がやりやすい(証拠を取りやすい)ということが挙げられます。また、早い時期に証拠を掴み、トラブルになる前に浮気相手と分かれさせることができるということが言えると思います。 裁判などで、「別居期間が長く、すでに夫婦の婚姻関係が破綻している」と判断されますと、不貞行為とみなされないケースもあります。

 

また、パートナーの浮気相手が既婚者だった場合(いわゆるW不倫)、こちらが訴えなくとも浮気相手のご主人が訴えてくる可能性もあります。 こういったことから、できるだけ早い時期に相談・依頼されることをおすすめいたします。

 

 

私どもでは多くの浮気調査依頼を受けています。
ほとんどの方は探偵社へ調査を依頼するのは初めてだと思いますが、専門の相談員が丁寧にご相談をお受けします。
全く初めての方でも問題ありません。先ずはご連絡下さい。

 

 

「高い料金を要求されるの?」「こんな悩みを相談していいの?」
悩みごとがあっても、相談・依頼をすることへの不安は決して小さいものではないと思います。そのため、私どもでは、クライアントの相談内容を詳しくお聞きした上で、調査方法やお見積りをお知らせいたします。

調査のご依頼は、相談後クライアントの判断で決めて頂ければかまいません。まずは、気軽にご相談ください。

 

初めてご相談される方から、「何から話せばいいのですか?」という質問をよくいただきます。ご心配はいりません。お話がまとまっていなくても、まったく問題はありません。弊社、相談員が一つずつお尋ねしますのでそれに応えて頂くだけでOKです。親切・丁寧に対応させて頂きますのでご安心ください。

 

 

浮気調査依頼なら

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

未分類

離婚の方法

Published by:

離婚の方法

まずは話し合いによる離婚(協議離婚)を目指して交渉から始めます。協議では合意できない場合、家庭裁判所で調停を行います。

調停とは裁判所での話し合いであり、双方が合意しなければ成立しません。調停が成立しない場合、訴訟を提起することになります。

  調停離婚とは

相手方に、協議離婚に応じてもらえない場合には、すぐに離婚の裁判をするのではなく、家庭裁判所に離婚調停の申立てを行う必要があります。調停には、裁判のような強制力はないため、裁判所として離婚が適切だと判断する場合でも、最終的に夫婦の合意がなければ離婚は成立しません。調停において相手方が離婚に応じない場合にはじめて裁判となるのです。

離婚の話し合いがまとまらない場合、また別れることには同意できても、親権者・監護者が決まらない、養育費、財産分与、慰謝料、面接交渉などの条件で同意できないケースなどは、家庭裁判所に調停を申したてる方法で成立する離婚のことです。離婚全体の約9%を占めています。

裁判と混同している人がいますが裁判とは全く別で、裁判の前には調停をしなければなりません(調停前置主義)。例外として、相手が行方不明の場合、調停のしようがありませんので、初めから地方裁判所に裁判を起こすことができます。

家庭裁判所というとなじみもないし不安に感じたり、弁護士が必要なのではないかとためらったり、費用がかかるのではないか、そもそも離婚するかどうか迷っているという人は、家庭裁判所の家事相談室であらかじめ相談することもできます。相談は無料で、相談したからといって調停を申したてなければならないということもありません。今後の対策の参考にすればよいと思います。

離婚するか迷っていても調停の申立てはできる

離婚すべきか気持ちがはっきり決まらなくて迷っている状況でも調停を申し立てることができます。家庭裁判所の夫婦関係に関する調停は、広く「夫婦関係調整調停」と分類されていて、離婚を求めるものだけではなく、それぞれの夫婦の悩みに合わせて裁判所が夫婦関係の仲裁をしてくれるものです。

離婚の理由は問われない

調停の申立てに法律的な離婚理由は必要ありません。有責配偶者からの申し立てかどうかは問われず、有責者からの調停申立も認められます。

さまざまな問題を同時に解決できる

離婚そのものに限らず、親権者・監護者、養育費、財産分与、慰謝料、婚姻費用、面接交渉など離婚に関するあらゆる問題を同時に解決できます。

離婚の意思は双方合致しているけれど、その他の問題が解決されていないため協議離婚ができないような場合でも、調停を申し立てることができます。

 離婚調査なら

岡山の探偵社

アンバサダー調査事務所

談ダイヤル 086-226-1099