» Blog Archives

Tag Archives: 津山

妻の不倫 慰謝料請求

妻の不倫 慰謝料請求

Published by:

妻の不倫 慰謝料請求

岡山 倉敷 津山

 不倫の慰謝料請求時に注意しないといけないことがあります。それは感情的にならないと言うことです。感情的になると冷静な判断ができなくなるのです。冷静に獲物をを追い込むことが重要です。感情的になることは十分に理解できますが、我慢できなければ別の方法を考える必要がありました

配達先の客先になる奥さんと不倫、相手の夫に不倫がばれて蹴られけけられたりする 妻に浮気をされた夫は傷害容疑で逮捕される。

妻の不倫相手を蹴ってけがをさせるなどしたとして、会社員の貴容疑者を傷害や器物損壊などの疑いで逮捕された事件があった。

容疑者は、30歳代前半の妻の不倫相手で生協職員の男性をゴルフ練習場の駐車場に呼び出し、「100万円払うか、ここでお前の携帯電話を壊すか選べ」とすごみ、金づちで男性の携帯電話をたたき壊した上、男性の右足を数回蹴ってけがをさせるなどした疑いがある。容疑者は容疑を認めているということです。

男性は生協の配達員で、容疑者の自宅も担当。配達を通じて容疑者の妻と知り合い、不倫関係になったという。

この事件は、本来不倫をされた被害者が十分な考えのもとで感情を殺し、相手を追い詰めることができなかった結果として、自分が傷害で逮捕されました。

悔しいことですが、感情を相手にどうぶつけるかは示談交渉では重要なことです。

暴力といった行動を選択してしまったら、不倫の被害者は変わりませんが、暴行の加害者となってしまったようです。

当社では不倫の慰謝料請求のサポートも行っています。不倫の慰謝料請求をお考えなら当社に相談ください。

男女トラブル

男女トラブル

Published by:

男女トラブル

岡山 倉敷 津山

男女トラブルから事件へ

男女トラブルを放置していると大きな事件に発展することもあります。

九州の路上で、同じ予備校に通う女子生徒を刺殺したとして殺人容疑で逮捕された元少年について、鑑定留置の結果、刑事責任を問えるとの判断が出た。

元少年の精神状態を調べた鑑定留置は終わり、地検は勾留期限までに殺人罪などで起訴するとした。

帰宅途中の女子生徒を刃物で刺して殺害したとして、殺人容疑で逮捕されていた。

検察側は勾留途中に、「犯行前後の元少年の精神状態を慎重に調べる必要がある」として簡裁に鑑定留置を請求。医療施設で精神鑑定を行った結果、元少年はいくつかの発達障害の兆候はみられるものの刑事責任を問うことは可能との判断が出たと。

少年法は殺人などの重大事件を起こした1少年について原則、検察官が家裁に送致した後に検察官送致され、起訴されると定めている。捜査段階で20歳に達した場合は家裁を経由せずに、成人事件と同様の刑事手続きとなる。

元少年は、動機について「交際を断られ、女子生徒を恨んでいた」「勉強が手に付かなくなった」などと供述していた。

近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。

恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

養育費問題、トラブル

養育費の受け取り事情

Published by:

養育費の受け取り事情

離婚家庭の貧困が深刻のようです。8割を占める母子家庭の就労環境の厳しさに加え、元パートナーからの養育費が得られていないことがあげられる。母子家庭は養育費を受け取っている家庭は約20%といわれている。

 

国が違えば養育費の考え方も違ってきます

米国では運転免許停止などの制裁もあり、養育費不払いは犯罪の位置づけとなる。
養育費の取り決めが離婚時の条件になっている。さらに任意の支払いが滞ったときのために、さまざまな履行確保制度がある。

米国では、父親が養育費を支払わずに行方不明になった場合、「養育費強制プログラム」に沿って国や州政府が父親の捜索や支払い命令を行い、最終的に給与からの天引きや、失業給付の差し押さえなどをして徴収する。応じなければ、指名手配犯のように顔写真付きのポスターが街に張り出される。

スウェーデンでは、国が養育費相当額を立て替えて支払い、もう一方の元パートナーから回収する、立て替え払い制度が運用されている。低収入で養育費の取り決め額が少ない場合は、子の生活保障の観点から国が養育費に補助をしている。

国によっては全ての離婚を裁判所が審査し、養育費もチェックしている。

日本と同様、協議離婚の多い韓国でも、離婚時に養育費の支払い方法を記した協議書を裁判所に提出するよう義務付けらている。

日本では、離婚届に、養育費取り決めの有無についてチェック欄が設けられたが、強制ではない。

養育費でトラブルを回避するには自分で対応しなくてはならない。

今の日本では自ら対策を講じていかなくてはならない。

 

交際相手とのトラブル

交際相手とのトラブル

Published by:

交際相手とのトラブル

交際相手と口論、車降り高速道路で事故
新名神高速道路で、道路上を歩いていて大型トラックにはねられ、死亡した女性は、22歳と分かったようである。交際相手の男性は、乗用車内で口論になり、女性が車を路側帯に止めるよう求め、自ら車を降りたという証言をしているようである。

男女間の交際では、しばしばパートナーと喧嘩や口論になってしまう。感情むき出しの喧嘩をしている最中は冷静な判断が出来なくなってしまうことがよくあります。そこ様な経験は誰でもあることです。

しかし冷静な判断ができないときの行動や言動は失敗することが多く、考えて高度をとっていないため、取り返しがつかないことをやったり,言ったりするものです。

感情抜きで冷静に判断する方法の一つに事実、現実を見つめなおすことで冷静に、事実のみを見つめることができます。

浮気を疑ったときにも、感情的になってもよいことはなくまずおつつくことが重要です。その上で事実のみを精査すればどうしたらよいか見えてくるのです。

妄想で怒っていたのでは、だれも相手にしてくれないのです。そんな時には私たちに浮気調査依頼をすることをお勧めします。

浮気の事実、浮気の状況を十分に分析できる資料をもって浮気の問題を解決すれば大きな間違いを起こさなくて済むのです。

 

交際相手とのトラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みをアンバサダー調査事務所がが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

男女トラブル

男女トラブルでGPSストーカー

Published by:

男女トラブルでGPSストーカー

GPSは位置情報を計測するために設置するもので、本来の目的以外で使用するケースも目立ってきています。ストーカーなどにとって対象者の位置情報を得ることは非常に有益となるためGPSを利用することもあるでしょう。

GPSストーカー

GPSとは

カーナビゲーション・システムなどに用いられている人工衛星を利用した位置情報計測システム。最近では、携帯電話やノートパソコン、防犯装置などに搭載され、応用範囲が広がっている。今回のケースではGPSを自転車に設置し行動を把握するために利用したのでしょう。

東京都内の高校に通う女子生徒の自転車に全地球測位システム(GPS)の発信器を取り付け、行動を見張ったなどとして、警視庁は、ストーカー規制法違反容疑で、自称会社員を逮捕した。

逮捕した男は容疑を認め、女子生徒に好意を持っていたとの趣旨の話をしているという。

路上で女子生徒を待ち伏せした上、自転車のサドル裏にテープでGPS発信器を取り付け、ストーカー行為をした疑いの様です。

2人はツイッター上で知り合った。ライブのチケットを購入するため三浦容疑者と数回会った後、待ち伏せなどのストーカー行為が始まった。女子生徒は「もう来ないでください」と拒否していたという。

ストーカー行為は何よりも迅速な対応が肝心です。つきまとい行為や盗聴・盗撮、執拗な無言電話などから次第にエスカレートしていき、大きな事件にもなりかねない問題です。

異変に気付いたなら、いつごろから、どのようなことがあったのかわかりやすく記録を取るようにしていくことも必要です。また ストーカー規制法が制定され、警察も介入できるようになったのですが、証拠がないと思うようにはなかなかいきません。自分の身は自分で守る・・。

その意識が必要です。大きな被害になる前にアンバサダー調査事務所へご相談ください

不倫脅迫 浮気脅迫

不倫脅迫事例

Published by:

不倫脅迫

去年末から、同僚に不倫の脅迫を受けている方からの案件がありましたがやっと解決しました。

被害者は女性、加害者も同僚の女性です。

不倫のお相手は会社の上司

当社に解決依頼の経緯

加害者の同僚が不倫のネタにあらゆる要求を去年夏から要求をされていたのです。当社のクライアントは既婚者で子供二人とご主人で戸建てに住む普通の家庭です。

当社に相談に来たときは300万円ぐらいの被害が出ていました。

このような状況では、警察に相談することもできず困っていたのです。当然そのような状況を友達にも相談することもできず当社に来ました。

 

まず状況分析が始まりとなり、その分析結果をもとに対応を考えていきます。

状況分析を進めていると意外なことが分かってきました。

不倫相手の上司にも脅迫をしていることが分かったのです。その上司は私どものクライアントに脅迫されていることをいうことがなかったのです。

脅迫している同僚の女性は、パチンコ・スロットで多額の借金があり、旦那さんは仕事もせず朝からパチンコ屋に入りびたり、こんな家庭に子供が3人いました。

こんな人生半分投げたような人間に対して対応をとることは、脅迫されていた人にはできなかったのです。

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能

 

不倫調査

不倫調査 不倫疑惑

Published by:

不倫疑惑

不倫

不倫とはは本来は、倫理から外れたこと、人の道から外れたことを意味する。近年では特に、近代的な結婚制度(一夫一婦制)から逸脱した男女関係、すなわち配偶者のある男や女が配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことを指して用いられる。

最近では、タレントのベッキーが不倫報道でテレビから姿を消している。
男性国会議員として、初めて「育児休暇」を取得する意向を示していた、自民党の宮崎謙介衆議院議員が一部報道で不倫疑惑を報じられた。
宮崎議員が、女性を地元の京都の自宅などに連れ込むなど、不倫疑惑を報じたもの。
宮崎議員は、周辺に対して、女性との不適切な関係を認めているという。
宮崎議員は、2015年2月、同じ自民党の金子恵美衆議院議員と結婚し、先週、第1子が誕生しばかりで、男性の育児参加を促すために、男性国会議員として初めて、育児休暇を取得する意向を示していた。

 

本人も不倫を認めているなら今後どのような身の振り方をするのか関心がある。

 

不倫調査

不倫調査に関してのお問合せをよく頂きます。パートナーの帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、不倫のサインでもあるのです。少しでも夫/妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。

不倫トラブル

社内不倫が多い理由

Published by:

社内不倫が多い理由

浮気調査の依頼を受けているとわかることがあります。それは社内で不倫のパートナーを見つけているということです。

次にあげることは社内不倫に陥りやすい理由です。

毎日会える
「出会いがない」と嘆く人の勤務先は、小売・販売や外食、サービス業であることが少なくありません。こうした職場は、男性よりも女性の数のほうが圧倒的に多かったり、土日や祝日が出勤という勤務体系になっていて、一般男性との出会いも、デートする時間も、なかなか確保できないという状況に陥りがちです。そんな中でも職場が同じなら毎日会えることができれば不倫に発展することもあります。

同じ職場であれば、毎日顔を合わせることができますし、勤務時間だけでなく退社後も含めて共有する時間が増えます。社内恋愛中は、社内でイチャイチャしすぎて、周囲の反感を買わないように気をつけたほうがいいでしょう。周囲からパートーナーに情報を提供されてしまったケースがあります。

仕事の能力がわかる

仕事ができる人はモテます。
仕事に一生懸命取り組んでいる姿は、女性には魅力的に映るものです。

 

価値観の共感
そもそも同じ会社・仕事を選んで働いているという時点で価値観が似ているコカが多いことも事実です。それだけ共通の話題も多くなりますし、喜びや愚痴も強く共感できるものです。恋愛の相性としては最適と言えるかもしれます。同じ話題で盛り上がるパートナーがいるだけで幸せを感じる人も多くいるはずです。

 

「一人で悩んでいませんか」「もしかしたら、浮気をしているのかも」 そんな不安を私どもアンバサダー調査事務所が解決いたします。当社で一番多いご相談は浮気・不倫調査です。信頼したいパートナーの真実を知ることが、問題解決への第一歩です。実績のある当社へ安心してご相談ください。

男女トラブル

男女トラブルの本質

Published by:

男女トラブルの本質

嫉妬

嫉妬とは感情であり、何かを失うこと、個々がとても価値をおくものを失うことを予期することからくる懸念、怖れ、不安というネガティブな思考や感情である。嫉妬は、たとえば怒り、恨み、自分とは釣り合わないという感覚、どうにもできないという無力感、嫌悪感といったさまざまな感情との複合から成る場合が多い。嫉妬は文化依存的な現象だと私は考える。ブータンなどでは兄弟で一人の女性を妻としていることもある。もちろん兄弟間での嫉妬はない。

執 着

一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと。

 

嫉妬、執着は男女トラブルの大きな原因となる。下記の事件もそんなことが原因なのかもしれない。

交際女性殺害容疑で会社員逮捕

茨城県のマンションで交際女性をナイフで刺して殺害したとして、県警は3日、殺人容疑で会社員の容疑者(41)を逮捕した。
県警によると、「殺すつもりはなかったが、包丁で刺したのは間違いない」と供述しているという。
逮捕容疑は交際していた女性(28)のマンションの部屋で、女性の胸をペティナイフ(刃渡り約12センチ)で刺して殺害した疑い。

 

浮気調査に関してのお問合せをよく頂きます。旦那様の帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、浮気のサインでもあるのです。少しでも夫/妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。

婚約トラブル

婚約者の浮気調査 素行調査 結婚前調査の重要性

Published by:

結婚前調査の重要性

婚約者の浮気調査 素行調査

婚約者が浮気をしているかもしれない

婚約者の素行が気になることがある

結婚の障害がないのに、結婚話が前に進まない

などの婚約者に対して不信を感じたときに行う調査が、結婚前調査で素行調査を行うとよいでしょう。
調査を行うと判明したことがを具体的に上げると次のようなことが挙げられます。
浮気の判明

浮気を疑っている場合、やはり他の異性の存在があったとわかることが多く、妊娠していたケースもありました。
結婚していた

すでに結婚しており、それを隠して付き合っていたもので、そもそも結婚できない相手であり、子供もいたということが判明したこともありました。

借金や浪費

借金や浪費でお金が回らず、隠れてバイトをしていた。ギャンブルにはまっていて多額の借金があり結婚ができる状態でなかった。キャバクラ通いをしていたきケースもあります。ギャンブルにお金をつぎこんで長時間時間をとられ、結婚が前に進まなかったということがありました。
対人トラブル

借金の保証人になっていた、女性に多額の援助をしていたなど、金銭が絡むケースです。また近隣トラブルを起こしていたケースもありました。
結婚詐欺

お金目的で複数の女性と交際していたということもあります。複数に女性から金銭をだまし取っていたケースもあります。また対象者は複数の偽名を使っていたことも判明しました。詐欺師は結婚をしていたケースもあり被害は最小限に抑えることができまた。
不信感をもったまま結婚を考えているあなた、今一度考えなおす勇気も必要です。

結婚前にしっかりと調査を行った方が安心できるでしょう。

不倫脅迫 浮気脅迫

浮気脅迫 映像・写真・画像 岡山 倉敷 津山

Published by:

浮気脅迫 映像・写真・画像 岡山倉敷津山

浮気の映像、証拠写真、画像で脅迫されている方からの依頼が多く、個人でに対応は大変困難なものです。

また、誰にも知られずに解決することが優先される案件です。

 

トラブルや問題が身に降りかかった時、
「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、アンバサダー調査事務所へご相談ください。
あらゆるトラブルを解決してきた専門家がが貴方のトラブル解決をサポートします。

貴方がじっとしている間も、貴方を脅迫している相手は先を見越して策を練っているはずです。仕組まれたトラブルである場合、貴方はすでに相手のペースで対応をしていかなければなりません。

罠にはまったトラブルは、急に起きるものです。相手によってはたいへん厄介な問題で、貴方の今後の人生を大きく揺るがすこともあります。多くの方はトラブル慣れしておらず、どうしてよいのか戸惑うことでしょう。泣き寝入りをするか、解決するかのどちらかです。世間では、正しいから勝つのではなく、強いものが勝っています。

トラブルに巻き込まれた時に思い知らされる現実です。

 

浮気の脅迫・恐喝・強要の被害に遭ったしまった時、貴方はいったい誰に相談をしますか?
家族や友人、交際相手ですか? または、会社の上司や同僚といった貴方の周りの人物でしょうか?

簡単に相談を持ち掛けることはお勧めできません!

不倫復讐 浮気復讐

不倫相手に復讐、制裁

Published by:

不倫相手に復讐、制裁

不倫相手に復讐や制裁を考えている人は多くいます。

なぜそのような感情を抱くのでしょうか、それは気持ちに整理がつかないからです。実際にパートナーの浮気や、不倫に苦しみその後の人生を台無しにしてしまっている人も多く不幸なことです。

自分の気持ちに整理がつかないため、復讐、制裁を考えているのです。当然何らかのアクションを起こさないと気が収まらなくなります。そんなときには犯罪を犯さないよう対応を考える必要が出てきます。

そんな時には当者を利用ください。

不倫調査、浮気調査を通じて最適な方法を考えましょう。

浮気調査、不倫調査とは、一方の配偶者や婚約者又は恋人に浮気の疑いがある際に、その事実を確認する為に実施される行為をいう。調査は疑いを持った人物が自ら行う事もあるが、一般的には、専門の探偵や興信所などの浮気調査を取り扱う調査会社に依頼することも多く行われている。

ここに云う、浮気、不倫とは、異性交際において本命の恋人と交際関係を維持しながら、無断で他の異性と交際することを指す。但し、厳密には交際する相手は特に異性に限定されていない。 なお、一般に浮気調査という場合には、既婚者が他の異性と肉体関係を結ぶ不倫行為の調査も含まれている。

 

浮気や不倫の話題は、みなさん多く耳にすると思います。 会社でも浮気や不倫の話が聞こえてくることもあるでしょうし、 ママともやパート先でも浮気や不倫の話で盛り上がることもあると思います。 女子会や飲み会の席でもこのようなトークは日常です。 それほど浮気や不倫が起こっているのが今の世の中です。決して 岡山も例外ではありません。

岡山県の浮気調査、不倫調査はアンバサダー調査事務所へご依頼下さい

不倫復讐 浮気復讐

浮気の復讐方法 岡山 倉敷 津山

Published by:

浮気の復讐方法 岡山 倉敷 津山

 

浮気の復讐とは何でしよう

 

浮気の復讐には、いろいろな方法があるのですがどんな復讐をしても恨みがはれなければ意味がありません。

要は、どうすれば浮気をされたことに対して、気持ちが、すっきりできるかということうことに尽きるのです。裁判をして気持ちがはれるならそれも一つの方法でしょう。

浮気相手に対して様々な主張もできます。慰謝料の請求、払えない場合は給料の差し押さえなど様々なことが考えることができます。

またこのようなことを弁護士に依頼することもできますが、当事者であれば被害者本人で対応することは違法なことではないのです。弁護士の仕事は代理業ですので、あなたの代理としての行為ですから当事者の権利の範囲を越えなければよいだけです。

感情、怒りに任せて復讐に走るようではだめです。十分な思考を巡らせ効果的に、なおかつ冷静に復讐を行うのです。

不倫相手の会社や家の前で暴れる、リベンジポルノをばら撒くセクストーションなどを行うなどな違法行為と主張される行為は控えるべきです。

十分に情報分析を行い、効果的な方法を考え空いて覆い詰めることを考える必要があります。被害者本人にはリスクのない方法を考えておく必要もあるのです。

浮気の復讐は捨て身の行動では意味がないのです。

 

浮気や不倫で悩んでいるあなたと一緒に解決します!

浮気や不倫で悩んでいるのは、時間の無駄かもしれません。 悩む時間も、浮気相手や不倫相手との関係は深まっていくのです。 人は、時間を共にすることで愛着が湧いていくものです。

浮気が本気になることもよくあります。 もし、あなたがパートナーとの仲が良くなかったとすればなおのこと、 浮気相手に本気になる可能性は高くなります。

浮気や不倫を放置していると、浮気相手との間に子供が出来ることもあります。 ダブル不倫の場合は、相手の配偶者からの慰謝料請求の可能性や、浮気をネタに脅される可能性も出てきます。 浮気や不倫を放置することで二次被害が起こる可能性もあることを念頭に置いておきましょう。

 

浮気や不倫は隠そうとするものです。

探りすぎると余計に痕跡を残さなくなります。

そうならない為にも、岡山の探偵社アンバサダー調査事務所へ浮気調査をご依頼ください。

 

未分類

婚活トラブル

Published by:

婚活トラブル

パートナに不審を感じたらまず事実を基に判断することです。もちろん調査は有効です。特に婚活パーティー、婚活サイトには結婚を餌にあらゆる犯罪者が潜り込んでいます。

延命治療
サイコパスの特徴

1 他者の感情や権利、災難などに対して無情であり冷笑的
2 自己中心的で、相手への共感性が欠如している
3 自身が万能であると信じ、平凡な仕事などを軽蔑するなど、傲慢で尊大な態度をとる
4 口が達者で表面的な魅力を示したり、同情や関心を引いたりすることに長けている
サイコパスにとって“良心”というものは存在せず、自分の利益のためには他者を言いくるめて騙すことなど平気です。相手が深く傷ついたとしてもまったく罪悪感がありません。そういった特徴から凶悪事件の犯人や、何度も犯罪を繰り返す犯罪者にもサイコパスは存在します。また、知能の高いサイコパスは、衝動性や無責任といった通常のサイコパスに通じる面が少ないために、問題を起こさず社会的に成功している人もいます。
千佐子容疑者は上記の特徴に似ていると思うのは私だけでしょうか
青酸化合物による連続不審死事件で、2013年9月に兵庫県伊丹市の男性(死亡時75)が倒れて病院に搬送された際、筧(かけひ)千佐子容疑者(68)が男性の妻を名乗り、医師からの延命治療の打診を断っていたことが捜査関係者への取材でわかった。男性はその日に死亡した。大阪府警など4府県警の合同捜査本部は千佐子容疑者の殺意を裏付ける言動とみている。

捜査関係者によると、男性は千佐子容疑者と12年10月ごろから交際し、当時内縁関係だった元内装業、日置稔さん。千佐子容疑者は9日、日置さんに対する殺人容疑で再逮捕された。13年9月20日午後7時ごろ、伊丹市のレストランで日置さんに青酸化合物を服用させ、殺害した疑いがある。

捜査関係者によると、日置さんは同店駐車場に止めた千佐子容疑者の車の助手席で突然意識を失った。千佐子容疑者は119番通報し、駆けつけた救急隊員に「自分は妻です」と言って、「夫は末期がん。通院中で食欲がなく、最近は特にしんどそうだった」と説明したという。

未分類

復縁対策

Published by:

復縁対策

探偵の特殊調査で復縁調査と言うのがあります。当社でも年に6件から8件の調査依頼を受けることがあります。

感情だけで行動を起こしてしまってはストーカーになってしまいます。復縁を考えるなら当社にご依頼してください。あなたの力になります。

復縁調査

復縁するには、相手の情報収集、相手の状況分析、的確な対策のどれをかけても復縁成功とはいきません。一度壊れた関係ですが事実現実をありのままに受け入れ行くことが近道です。

感情のコントロールが、復縁への一番重要なことです。電話での連絡を取り合う事が出来るまで関係修復しかけていても、復縁を急ぐあまり焦ってしまっては、今まで頑張ったことが台無しになるのです。相手んお気持ちがどうなっているか分からないようでは復縁は望めません。

感情がコントロールできない場合は、第三者の存在が重要になってくるのです。第三者は経験豊富で的確なアドバイスをすることができるプロが良いでしょう。

次にあげる例は感情をコントロール出来ずに自ら復縁のチャンスを逃した例です。

元交際相手の女性宅に侵入したとして、住居侵入容疑で逮捕された男性消防士を停職3カ月の懲戒処分とした。消防士は同日付で依願退職した。

消防士は今年6月22日、復縁を迫るため女性が住む神戸市内のマンション2階のベランダに侵入したとして住居侵入容疑で逮捕され、不起訴処分になった。

復縁には時間が必要なこともあります十分な情報と状況分析が必要となるものです。

計画的に入念に対応を考え違法なことを考えず対応していくことが重要です。

未分類

詐欺被害

Published by:

1.7億円詐欺被害

特殊詐欺とは、面識のない不特定多数の者に対し、電話その他の通信手段を用いて、対面することなく被害者をだまし、不正に入手した架空または他人名義の預貯金口座への振り込みなどの方法により、被害者に現金などを交付させたりする詐欺です。
特殊詐欺には振り込め詐欺をはじめ、いろいろな種類があります。以下に特殊詐欺の種類について紹介します。
社債の取引を装う特殊詐欺で岡山市の80代女性が計1億7千万円をだまし取られていたことが分かり、岡山県警が12日発表した。県警によると、1人の特殊詐欺被害では県内最高額。詐欺容疑で捜査するとともに「不審に感じたら迷うことなく相談を」と呼び掛けている。

県警生活安全企画課によると、女性は2月上旬、実在する東京の投資信託会社の社員を名乗る男の電話を受け、企業の社債購入を持ち掛けられた。その後、この男らから「社債は高値で買い取る」などと電話で告げられ、3月上旬~4月下旬に計7回、自宅で偽の社債と引き換えに現金計1億7千万円を渡したという。

6月になっても買い取りの連絡がなく、不審に思った女性が投資信託会社に確認、だまされていることに気付き、警察に通報した。女性方へは複数の男が現金を受け取りに訪れており、県警はグループによる組織的な犯行とみている。

県警が確認した今年の特殊詐欺の被害額は4月末現在約5億3980万円(前年同期比1億9550万円増)。うち2月には1人が1億1400万円詐取される被害が判明した。

未分類

脅迫文

Published by:

脅迫文

脅迫文の加害者は、意外と身近にいるものです。なぜなら脅迫文を出したら被害者の反応を見たいと思うのが加害者真理と言えるからです。身近にいる加害者だからこそ意外と犯人を見つけ出すことができるのです。犯人が判明すればどのように対応するかは、じっくり考えることを勧めます。

脅迫文は、ある人物・団体に対して一方的な要求を突きつけると共に、文面に書かれている要求が実現されない場合に反社会的な行動により報復・ないしは破壊的行為を以て臨む事を知らせる文書の俗称。なお、ここでは文書以外の例も記す。抽象名詞として恐喝行為自体も意味する。

脅迫文は、差出人の意思を伝える手段であると同時に、差出人の社会的背景を反映する重要な証拠が詰まっている物証ともなる。多くの場合、脅迫状を分析・解析することで、差出人の身元を割り出す事ができると以前はされていたが現代では困難場合が多い。またメールなどでの脅迫文も最近増えてきている。

東京・世田谷で今週末に開催予定だった盆踊り大会を、「中止しないと痛い目に遭う」などと脅す内容の封書が会場の小学校に届き、主催者が盆踊りを中止したことが23日、警視庁北沢署への取材で分かった。同署は強要容疑で捜査を進めている。
北沢署によると、脅迫文は会場の小学校に22日に郵送で届いたという。小学校が23日に同署に相談した。主催する地元の商店街は、25、26日に開催する予定だった盆踊りを中止することを決めた。

未分類

加害者生徒を告訴

Published by:

加害者生徒を告訴

子供だからと言って責任を逃れりことはできません。刑事告訴は当たり前のことです。子供にも責任をとるという考え方を教える必要があるのです。

岩手県矢巾町で、いじめを訴えて自殺した中学2年の男子生徒について、学校は「いじめが自殺の一因」とする調査報告書をまとめ、26日、遺族に説明した。

矢巾町の中学2年・村松亮さん(13)は生前、担任とやり取りするノートに「いじめ被害」を再三訴え、今月5日に自殺した。中学校の校長らは26日午前、教職員や同級生からの聞き取り結果などをまとめた調査報告書を父親に手渡した。報告書は、「机に頭をたたきつけた」「朝礼で嫌がらせをした」などの6件を「いじめ」と認め、「自殺の一因」と結論付けている。

亮さんの父親「私が思ういじめという認識と学校側が思ういじめという部分では、やっぱり考え方が違うというか、認識の仕方が違う」

学校は26日夕方、保護者会で報告書の内容を説明。臨時登校日の27日には、生徒にも説明する予定。保護者会後の会見で校長は、「亮さんのかけがえのない命を守り切れなかったこと、たいへん申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

一方、父親は26日夕方、加害者の生徒4人を「暴行」や「強要」などの疑いで岩手県警に告訴した。

未分類

セクハラ男性教授

Published by:

セクハラ男性教授

教師のセクハラは、多く、この犯罪は以前はほとんど泣き寝入りしていたのでしょうか。

女子学生に無理やりキスするセクハラ行為をしたとして教育学部の男性教授(54)を懲戒解雇にしたと発表した。男性教授は大学のハードディスクをセキュリティー対策をせずに持ち出し個人情報を流出させたとして、千葉大が同ハードディスクを調査したところ、女性用下着の画像を撮影、保管していたことも判明。一部はキスされた女子学生のものだった。千葉大は男性教授の名前を公表していない。

千葉大によると、男性教授は昨年8月、ネパールでの研究旅行に、「単位を取らせる」などと言って女子学生2人を同行。うち1人の女子学生に現地で無理やり3回キスをした。女子学生が帰国後、学部内のセクハラ相談員に「ビールを勧められ意識がもうろうとしている間にキスをされた」と訴えた。女子学生は県警に被害届を出した。

男性教授は昨年3月、大学のハードディスクを自宅に持ち帰り、学生名簿など延べ約4万7千人の個人情報がインターネットに流出させていたことが判明。同大の調査で、データの中から女性用下着の画像が見つかった。

画像は約50枚あり、過去数年にわたり学生とゼミ合宿などへ行った際に、かばんから勝手に取り出した下着を広げて撮影していたとみられる。キスをされた女子学生の下着も含まれていた。千葉大は画像問題の発覚後、男性教授を担当から外したうえで学生との接触を禁じていたが、研究旅行に女子学生を誘っていたという。

未分類

性犯罪前歴者らのGPS監視

Published by:

性犯罪前歴者らのGPS監視

性犯罪者GPS監視、性犯罪を犯した前歴者を、GPSを利用して監視することをいう。性犯罪の再犯率が高いことが背景にある。例えば、日本の強姦・強制わいせつの再犯率は、2010年の犯罪白書によれば37.5%に上っている。

現在特定の前歴者にGPSの取り付けを義務付ける制度がある国はアメリカ合衆国(半分以上の州)、大韓民国、イギリス、フランス、ドイツ、カナダ、スウェーデンなどで実施されており[1]、日本、台湾、オーストラリア、ブラジルでも導入が検討されている。

宮城県の村井嘉浩知事は18日、仙台市で開いた有識者懇談会で、東日本大震災前から検討していた性犯罪の前歴者らに全地球測位システム(GPS)を常時携帯させて行動監視する条例制定を見送る方針を表明した。

村井知事は「震災からの復旧、復興が最優先課題。大変な人手と財源がかかるため、県として対応する体力がない」と説明。性犯罪の逮捕者にDNA提出を義務付ける対策の検討も中止する考えを示した。懇談会メンバーから異論は出なかった。今後は児童ポルノの単独所持を規制する条例などを検討する。

宮城県は2010年12月、大学教授らによる懇談会を発足させ、女性と子供への暴力的行為をなくす対策の検討を開始。性犯罪の前歴者やドメスティックバイオレンス(DV)の加害者へのGPS監視も対策の一つとして提示した。しかし有識者からは効果を疑問視する意見が出たほか、県議会でも人権上の観点から批判が出ていた。

未分類

情報流出 情報漏えい

Published by:

情報流出 情報漏えい

今では、パソコンなどでの情報漏えいが騒がれていますが、本当に怖い情報漏えいは、社員などの内部の人間が何らかの見返りの為に情報を外部にも出しことです。実際にベネッセの例もあるように情報を見返り目的で持ち出す場合は、情報の使い道があらかじめ決まっていることもあるのです。

当社で携わった案件では、ある企業の原価単価票をライバル企業に売り渡していた社員がいました。

情報管理は企業なら十分にしておく必要があります。
東京都は24日、職員用パソコン端末6台がウイルス感染し、うち3台が都の内規に反して個人情報を保存していたため、情報が外部に流出した可能性があると発表した。

悪用されたケースは確認されていないという。

発表によると、3台のうち1台は都立駒込病院の職員のパソコンで、患者の氏名や受診科名など延べ2万6799人分の個人情報が保存されていた。残る2台には、都立大塚病院で実習を受けた学生の氏名や学校名など延べ589人分、都下水道局の職員の住所など7人分などがそれぞれ保存されていた。

いずれも職員が特定のソフトを起動したパソコンで外部のホームページを閲覧した際に感染したとみられる。

都では今月21日にもパソコン9台が感染していたと発表し、うち4台には、都税の還付を受けた法人名や個人名など2709件分のデータなどが保存されていた。

未分類

ワンクリック詐欺

Published by:

ワンクリック詐欺

ウェブページ上の特定のアダルトや出会い系サイト、勝手に送られた電子メールに記載されているURLなどを1回クリックすると、「ご入会ありがとうございました。」等の文字やウェブページが表示され一方的に契約したことにされて多額の料金の支払を求められることをいう。一般的には「ワンクリック登録」または「ワンクリック詐欺」という名で知られている。

スマートフォンでアダルトサイトを見ていると、突然シャッター音が鳴った。カメラが勝手に起動したのか。不安に思っていると、ユーザー登録画面が表示され、利用料として数万円が請求された-。インターネットで年齢認証や動画再生ボタンをクリックするだけで高額な利用料を請求される「ワンクリック詐欺」。多機能を売りにするスマホであるだけに、詐欺の手口も日々“進化”している。

不安あおり誘導

「突然シャッター音がして、利用料の請求画面になって…」。2月、近畿地方の40代男性から地域の消費生活センターに相談の電話があった。

スマホでアダルトサイトを閲覧し、画面に表示された「18歳以上」のボタンをタップした(押した)ところ、シャッター音が聞こえ、スマホに登録完了の画面が表示された。約9万円の利用料を請求された。

慌てた男性は画面に表示された問い合わせ先の番号に電話。「取り消したい」と申し出て名前や住所を伝えた。だが、電話の相手は「こちらには“写真”があるから払ってください」とうそぶいた。

未分類

証拠隠し

Published by:

証拠隠し

証拠とは、ある命題真偽不明の主張や存否不明の事実の真偽や存否を判断する根拠となるものをいう。エヴィデンスとも呼ぶ。

証拠資料とは、事実を認識するための資料であり、裁判官が証拠調べにより証拠方法から得た内容をいい、証人の証言や書証の記載内容のことを指す。

ある人・物を、訴訟において証拠方法として用いることのできる資格を、証拠能力(しょうこのうりょく)という。すなわち、証拠能力のない人、物、書面等については、これを取り調べて事実認定のために用いることはできない。

一方、ある証拠資料が、証明すべき事実の認定に実際に役立つ程度を、証明力(しょうめいりょく)、証拠力、証拠価値という。例えば、証拠能力のある書面を取り調べて証拠資料が得られたとしても、その内容が信用できなかったり、証明すべき事実とあまり関係がなかったりする場合には、事実認定には役に立たないから、証明力が低いことになる。

浮気・不倫の証拠も隠されてしまっては何もなりません。あらかじめ証拠をつかみ有利な交渉をしましょう。

 

愛知県日進市の高校3年の男子生徒が逮捕された強盗殺人事件で、凶器とされるナイフに入念に血を洗った跡があることが分かりました。

強盗殺人の疑いで逮捕された男子生徒(17)は、川村典道さん(65)を刃物で刺すなどして殺害し、バッグを奪った疑いが持たれています。警察は、男子生徒が事件後に預けたという友人の自宅から複数のサバイバルナイフを押収していて、24日にそのうちの1本を凶器と確認しました。その後の警察への取材で、ナイフからは血液反応は出ず、入念に洗った跡があることが分かりました。男子生徒は事件後、インターネットで「血の跡の消し方」について調べていて、警察は、男子生徒が証拠隠滅を図ろうとしたとみて捜査しています。

未分類

児童ポルノ

Published by:

児童ポルノ

児童ポルノとは、児童を被写体としたポルノ。キッズポルノとの国際的な総称もある。

児童ポルノの定義について、国際連合が採択した児童の売買、児童買春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書において、「現実の若しくは疑似のあからさまな性的な行為を行う児童のあらゆる表現(手段のいかんを問わない)又は主として性的な目的のための児童の身体の性的な部位のあらゆる表現」としている。

日本国の法律では、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(略称: 児童買春・児童ポルノ処罰法)(平成11年法律第52号)の2条3項に定義があり、特に次のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したものである。

1.児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態。
2.他人が児童の性器等(性器、肛門又は乳首)を触る行為又は児童が他人の性器等(性器、肛門又は乳首)を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの。
3.衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの。

 

7月15日から始まる「児童ポルノ」の所持禁止。「自己の性的好奇心を満たす目的」と制限はつけられたものの、意図せず「児童ポルノを所持している」という理由で逮捕される可能性はぬぐえない。

一方で、警視庁広報課では、7月になってからTwitterを用いて「罰則適用まであと1週間!!」とカウントダウンまで行って、「児童ポルノは、確実に廃棄をしてください」と周知に努めてきた。しかし、現在に至るまで具体的な廃棄の方法、何が児童ポルノにあたるか、は明らかにしていない。

昨年、本サイトでは児童ポルノの範囲と廃棄の方法を警察庁に取材した(参照)。この際の取材に対して、警察庁は明確な答えを避けてきた。

その問題が解決されないまま、始まる児童ポルノ一部所持の禁止。おそらく多くの人が逮捕の不安に怯えているのではないか。

未分類

冤罪Gメン 

Published by:

冤罪Gメン

冤罪(えんざい)は、「無実であるのに犯罪者として扱われてしまうこと」を指す言葉である。つまり「濡れ衣」である。

無実者が刑事訴訟で有罪判決を受けることを指す立場もあれば、単に無実者が罪に問われることを指す立場もあり、法学辞典においても定義には揺れがみられる。

 

無実証明の手助け組織設立めざす

重大事件の受刑者や死刑囚が冤罪を訴えた場合に無実を証明する手助けをしようと、刑事事件に詳しい弁護士や学者らが6日、支援組織の設立に向けた初会合を京都市内で開いた。有罪の証拠とされたDNA型の再鑑定の橋渡しや、自白の信用性を心理学的に再検証する「冤罪Gメン」の活動を今年度内にも始める。

会合には、再審無罪となった足利事件の主任弁護人だった佐藤博史弁護士(第二東京弁護士会)や米国の司法制度に詳しい笹倉香奈・甲南大准教授をはじめ弁護士や刑事法の専門家、心理学者ら約20人が参加。冤罪研究で著名な浜田寿美男・奈良女子大名誉教授も中心メンバーになる。

モデルは、冤罪被害者を救済する米国の民間団体「イノセンス・プロジェクト」。1990年代から1600人以上の無実の証明につなげたという。会合の代表を務める稲葉光行・立命館大政策科学部教授(法情報学)は「私たちの技術と知見で冤罪を見抜き、真相解明に貢献したい」と話す。

未分類

歪んだ愛情 男女トラブル

Published by:

歪んだ愛情 男女トラブル

恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます

 

独占欲の末の蛮行だったのか。東京都豊島区のマンションで、女性(22)が約1週間監禁された事件。逮捕された職業不詳、渡辺淳一容疑者(43)は知り合いだった女性に面会を拒否され、一方的に思いを募らせていった。女性を全裸にし、両手足を結束バンドでしばるなど異常さが際立つが、食事や入浴はさせていたという。「会いたい気持ちがどんどん強くなった」。

20歳以上も年の離れた女性に向けられた男の歪んだ“愛情”が犯行へと駆りたてていった。     東京都豊島区長崎の路上で、消え入りそうな声が通行人の女性の耳に届いた。 路地に面したマンションの1階から発せられた被害女性の必死の叫びだった。通行人の女性はすぐさま110番通報。駆けつけた警視庁目白署員がベランダから室内に踏み込んだ。 女性は全裸で手足を結束バンドで縛られていた。

バンドからはワイヤが伸び、クローゼットにくくりつけられ、行動を制限されていたことは明らかだった。 目立った外傷や衰弱などはなかったが、署員は女性を病院に搬送。部屋の借り主の渡辺容疑者が関与したとみて、監禁容疑で行方を追った。

 

発覚から約7時間後の同日午後3時ごろ、同署に男の声で「出頭したい」と電話があった。渡辺容疑者だった。同署にはすでに多くの報道陣が詰めかけており、混乱を避けるため、同署は目白駅前交番に出頭するよう指示。監禁容疑で逮捕した。

未分類

知る権利

Published by:

知る権利

 

子どもの福祉や利益を目的にした養子縁組が成立したケースで、理由や実親に関する記録を永年保存している児童相談所(児相)が全体の7割弱にあたる135カ所にとどまることが厚生労働省研究班(代表研究者=林浩康・日本女子大教授)の調査で分かった。厚労省は子供が出自を知る権利を保障するため、養子縁組をする民間事業者には記録の永年保存を指導しているが、児相で徹底されていない実態が判明した。
児相の養子縁組あっせんを巡る全国調査は初めて。調査は昨年8~9月、全児相207カ所に質問を郵送し、197カ所から回答を得た(回収率95.2%)。養子縁組後の記録保存については、子供の年齢や縁組成立後の年数によって有期保存しているところが53カ所(26.9%)、無回答が9カ所だった。
厚労省は児相に対し記録の「長期保存」を通知しているが、民間事業者のように「永年」は求めていない。厚労省雇用均等・児童家庭局総務課は「民間と児相で記録保存に差をつけている認識はない」と説明し、児相の記録保存について「今後見直すかどうか検討する」としている。
一方、2013年度に、家裁の許可を得て法律上の親になる特別養子縁組を前提に里親委託をした児相は約6割の114カ所で件数は276件。うち267件は特別養子縁組が成立した。最高裁の司法統計によると、13年度の特別養子縁組成立件数は474件で、56%を児相があっせんしたことになる。
里親委託や養子縁組を担当する専任の常勤職員がいる児相は56カ所で、148カ所が他の業務と兼任する常勤職員、99カ所が専任の非常勤職員を配置していた(複数回答)。縁組成立後も養親支援を継続しているのは128カ所(65.0%)で、66カ所(33.5%)は行っていなかった。

未分類

子供は親を選ぶことができない

Published by:

子供は親を選ぶことができない

 

いらない子

無責任セックスのうえで出来た子供を「いらない子」と言った女性をどう思いますか。自からセックスして妊娠しておきながら「いらない子」と言われても子供はどうしようもありません。

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます
愛媛県八幡浜市のアパートから5人の赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、逮捕された女に特定の交際相手はおらず、捨てた赤ちゃんについては「いらない子だった」などと供述していることが捜査関係者への取材で新たにわかった。

この事件は今月14日、八幡浜市の無職・若林映美容疑者(34)が自宅の押し入れに赤ちゃんの遺体を捨てたとして、死体遺棄容疑で逮捕されたもので、20日に行われた現場検証で自宅の物置から別の4人の赤ちゃんの遺体が見つかっている。

捜査関係者によると、若林容疑者には特定の交際相手はおらず、赤ちゃんを捨てた理由について「いらない子だった」などと供述しているという。また、5人の赤ちゃんのうち、何人かは「口をふさいで殺した」などと殺害をほのめかす供述もしているという。

無責任な親が子供のトラブル原因を作っています。いじめの原因も教師や学校ではなく親が玄以であることが多いのが事実です。マスコミでは被害者を糾弾するようなことができないし、テレビのコメンテーターも視聴者の苦情を受けていたのでは仕事がなくなるので真実は語ることができないのです。

 

未分類

大学生が恐喝

Published by:

大学生が恐喝の疑い 

 

脅迫などの犯罪で人生を台無しにしてしまう学生が多くいます。目先のことだけを考えず目的を持って勉強しろと言いたい。

代返(だいへん)とは、教育機関などにおいて出欠確認をする授業で、欠席者の出席を装うために他者が代わって返事をする一種の不正行為である。特に大学において、欠席者が不正に出席点を獲得する目的で行われる(単位認定に一定量の授業への出席が必須とされたり、重視される場合もある)。大学によっては発覚した場合、単位の剥奪など処分を受ける場合がある
大学の授業で自身の代わりに出席を装う「代返」を頼んだ知人男性(20)に難癖を付けて現金を脅し取ったとして、大阪府警布施署は20日までに、恐喝の疑いで、大阪府東大阪市、大阪商業大(東大阪市)4年長井太一容疑者(21)=退学処分=ら2人を逮捕した。

逮捕容疑はことし1月中旬、代返を頼んだ男性に「出席になってなかった。おまえのせいで留年するからその分の授業料120万円支払え」などと言い、3回にわたり計約64万円を脅し取った疑い。大阪地検が既に恐喝罪で起訴している。

布施署によると、長井容疑者は昨年9月、男性と知り合い、1日2000円の報酬で代返を依頼していた。男性は大商大の学生ではなかった。

未分類

美人局と児童買春

Published by:

美人局と児童買春

児童買春とは、性的好奇心を満たす目的で金銭を対償を供与して児童と性交渉を持つことである。児童買春にあたる年齢は国によって違いがあり、スイスなどでは 16歳から売春が合法となる。そのため諸外国との比較も困難なケースも存在する。

警視庁少年事件課によると、宗松容疑者の逮捕容疑は昨年4~8月、4回にわたり福岡市内のホテルで、当時中学2年だった女子生徒(14)と性行為をし、ビデオカメラで撮影したとしている。宗松容疑者は毎回2万円を払っていた。

宗松容疑者は、インターネットの出会い系サイトに女子生徒が書き込んだ援助交際の募集をほのめかすような書き込みを見て連絡。調べに対し「十数回くらいはこの生徒とわいせつな行為をした」と容疑を認めているという。

一方でこの女子生徒は昨年10月、出会い系サイトで知り合った大学3年の男性=当時(20)=と東京都新宿区のファミリーレストランで待ち合わせ、その後行ったホテルで「美人局」の手口で30万円をだまし取ったとして、今年1月、同居する交際相手の無職の男=当時(19)=とともに同課に逮捕されていた。

今回の宗松容疑者の事件は、2人の余罪を調べるなかで発覚。宗松容疑者も昨年8月下旬、この女子生徒から「妊娠した」と告げられ現金二十数万円をだまし取られたという。女子生徒はその後、交際相手の男とともに上京、出会い系サイトを使って同様の行為を繰り返していたとみられる。