» Blog Archives

Tag Archives: 浮気の慰謝料請求・不倫の慰謝料請求 岡山 倉敷 津山

浮気の慰謝料請求・不倫の慰謝料請求 岡山 倉敷 津山 岡山県 岡山市 倉敷市 津山市

未分類

慰謝料が認められない事例

Published by:

慰謝料が認められない事例

 

婚姻関係破綻後(特に別居後)の不倫関係

判例では、婚姻関係破綻後の不倫は、法的責任がないとされています。ただし、証拠の有無で表向きそうなっただけで、真実とは異なるケースもけっこうあるのではないかと思います。
ちなみに、不倫相手と同棲するために別居して、婚姻関係が破綻したと主張する人がいますが、これは都合のよすぎる解釈です。婚姻関係の破綻の原因が、その不貞行為自体にあるなら、当然、不倫相手に法的責任はあります。

慰謝料の請求方法に違法性がある場合

暴力的な請求、嫌がらせ的行為、また、それまでまったく請求しなかったのに、夫の死後、夫の子の認知請求があったため、相続問題を牽制するために妻が夫の愛人を訴えたようなケースにおいて、信義誠実の原則に反し、権利の濫用(民法第1条の2,3)とされました。

性的関係が、夫の強姦、関係強要、セクハラで始まった場合

妻は、夫の相手の女性を憎むものですが、夫の不法な行為でやむなく性的関係に至った場合は、夫の不貞相手の女性には法的責任はありません。

時効が成立している場合

慰謝料請求の時効は、「損害と加害者」を知ってから3年(または行為のときから20年で請求できなくなります。)ですが、別居してから3年以上たつと、婚姻関係が破たんしてから3年以上たったとみなされ、時効によって慰謝料請求権が消滅する可能性があります。ただし、一方で、離婚した場合において、離婚時から時効の進行をカウントするとした裁判例があります。時効についての詳細はこちら

配偶者からすでに十分な慰謝料を受け取っている場合

不倫は共同不法行為ですので、損害賠償債務は一種の連帯債務となります。(不真正連帯債務)このため配偶者から多額の慰謝料を受け取っている場合は、それですでに慰謝されたと判断される場合があります。慰謝料として300万円を相当としつつ、配偶者から500万円の慰謝料をもらっていることを理由に、すでに十分もらっているとして棄却された事例があります。

未分類

浮気相手に慰謝料請求

Published by:

浮気相手に慰謝料請求

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

離婚問題でもめている時には、注意をしないといけない事があります。

それは、盗聴です。

盗聴されることによって、自分は不利に

相手は優位に立つことになるんです。

しかし、残念ながら盗聴されているかもしれないと調査依頼をした時には

既に盗聴器は撤去後・・・

なんてことは、よくありますよ。

浮気の証拠を取った後、あなたをつぶしにやってきます。

奥様が、出て行ったからといって安心して彼女を家に連れてきたりしていると

あなたはあり地獄に落ちたようなもの。

浮気の証拠は、浮気の慰謝料に影響します。

いかに自分に優位にすすめるかは、

相手の不祥事の証拠です。

この証拠はあなたにとって剣にもなるし、鎧にもなるんです。

あなたを守ってくれる強い見方は、浮気現場の証拠です。

これがあれば、浮気相手にも話が付けやすいですよ。

何も持たずに話に行っても、いいたい事を相手が聞くはずがありませんから。

『浮気なんてしていない!』そう言われても言い返せる裏付けは大事です。

浮気や不倫の証拠をとりたい方は、

岡山 アンバサダー調査事務所にご相談ください。

086-226-1099

完全ご予約制です。

未分類

浮気の慰謝料

Published by:

浮気の慰謝料

 

今夜もブログを読んでくださってありがとうございます。

あなたは、浮気をしていませんか?

ドキッとした方も多いと思います。

浮気や不倫をしている男女は、巷にはたくさんいます。

『バレなければ良い』

『この関係が続けばいい』

『楽しいから辞められない』

『ドキドキ感がたまらない』

w不倫の場合もあります。

その方が、お互いの環境が似ているので、長く続くこともあります。

中には、10年以上も不倫関係を続けているカップルもいるのです。

不定期で、会う回数が少なければ、

お互いの家族に気付かれにくく負担にもならないので長期関係が壊れません。

別れるきっかけも無くなるのです。

浮気や不倫に気がついたら、早く辞めさせたいと思うでしょう。

もちろん、早期解決に越した事はないですよね。

関係が長くなる程、情も芽生え別れにくくなります。

あなたの旦那様は、浮気をしていませんか?

奥様は、不倫をしていませんか?

浮気の心配がある方は、浮気調査をご依頼ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

浮気が原因で離婚をお考えの方、
離婚調査をご依頼ください。不貞行為は離婚自由に当たります。
優位に離婚を進めるには、証拠が必要です。
証拠が有る無しで、慰謝料請求も優位に運ぶのです。

アンバサダー調査事務所
086-226-1099

未分類

浮気の慰謝料請求

Published by:

浮気の慰謝料請求  岡山 浮気の慰謝料請求

探偵のブログを読んでくださってありがとうございます。

 

元モーニング娘。の矢口真里さんが離婚しましたね。

 

矢口真里 中村昌也に慰謝料払った

 

 

“身長差婚”で話題となった矢口真里と中村昌也だったが、わずか2年で離婚

 

タレントの矢口真里さん(30)と俳優の中村昌也さん(27)が30日、都内の区役所に離婚届を提出した。2人は所属事務所を通じて「お互いの将来を見据えて別々の道を歩んでいこうという結論に至りました」と報告。11年5月22日に結婚してから、わずか2年のスピード離婚。一部で報じられた矢口の不倫騒動で夫婦関係が破綻したとみられる。

 

双方の所属事務所が連名で離婚を発表。「関係者の皆様ならびにファンの皆様にはご心配やご迷惑をかけて参りましたことをここに改めてお詫び申し上げます」とした上で「この結論にたどり着くまで2人で何度も話し合いましたが、お互いの将来を見据えて別々の道を歩んでいこうという結論に至りました」と説明した。

 

書面では理由について言及しなかったが、2月23日に矢口さんが不倫現場を中村さんに目撃されたと一部で報じられたことが原因とみられる。中村さんはこの直後に家を出て行き、矢口さんも3月末には実家近くのマンションに住み始めた。

 

この日は代理人が都内の区役所へ離婚届を提出。11年5月22日に結婚し、身長差47・5センチの“凸凹夫婦”として話題を集めたが、わずか2年で離婚にいたった。

 

 

不倫調査のご依頼は、 岡山 盗聴器発見

 

岡山 アンバサダー調査事務所

 

086-226-1099

未分類

浮気・不倫の慰謝料請求

Published by:

浮気・不倫の慰謝料請求

そもそも慰謝料請求とは何か

故意または過失によって他人の権利または法律上保護された利益を侵害した場合には、賠償をしなければなりません。その侵害において金銭の請求を指すことと考えてよいでしょう。

法的根拠

民法第709条 故意又は過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

もっとも、間違って物を壊した、という場合であれば、価額が明らかなため、金銭での賠償が明快ですが、しかし、目に見えない精神的苦痛などの無形な損害の場合、厳密には、如何なる金銭を以てしても、償うことは不可能です。しかし、何等の賠償をしないで良いという論理が成り立たないことは、誰にでも理解出来ます。
民法第710条 他人の身体、自由もしくは名誉を侵害した場合または他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、第709条の規定により損害賠償の責任を負うものは、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。
慰謝料には、被害者の報復感情を充足するためのものであるとする「制裁説」と、損害の填補であるとする「補填説」がありますが、判例や通説は、補填説にたっています。
損害賠償の方法は、原状回復ではなく、原則として金銭に見積もって賠償することと定められています。
民法第417条 損害賠償は、別段の意思表示がないときは、金銭をもってその額を定める。
民法第722条 第417条の規定は、不法行為による損害賠償について準用する。
被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。
「精神的苦痛」という場合、個々人の価値観によっても異なり、主観的な要素が過分に含まれます。
しかし、個々の主観的な苦痛の大小を測ることは不可能ですし、主観というのは、個々人によっても、その時のおかれた環境や場所・立場などによっても変動するものですから、基準を定めることは出来ません。
慰謝料の請求金額には、決まりや上限というものは存在しないので、仮に、当事者間で合意した場合には、それが5万円であっても、1千万円であっても、原則として、有効に成立することになります。
当事者間で合意に至らない場合には、最終的には、裁判官が、一般的な社会通念上の平均的価値観に従って損害の大小を判断し、額を決定することになります。
慰謝料とは、原則として、不法行為に基づく損害賠償です。
単に「嘘をつかれて多大な精神的苦痛を受けた」などということでは、慰謝料は発生しないことを十分に理解しましょう。

未分類

浮気を問い詰めるのに証拠は必要なのか

Published by:

浮気を問い詰めるのに証拠は必要なのか

 

浮気を問い詰めるには、証拠は必要ないと言えるが、証拠もなく問い詰めても、「シラを切る」、「逆切れをする」、「画策、証拠隠滅」をされてしまうことは覚悟して問い詰めるべきで、問い詰めた後、証拠をとろうと思ったら、調査金額は問い詰めた後では当然、警戒行動をとるので、高くなってしまいます。

結論として、ただ問い詰めたいだけなら、証拠は必要でないし、事実かどうかも関係ないので自己責任で行動を起こすことは自由だが、「浮気を辞めさせたい」、「相手と別れさせたい」、「慰謝料を請求したい」などを少しでも考えるなら、やはり証拠を持つと優位に物事を運ぶことができるので必要と言えると私は思う。

またそもそも浮気を問い詰めること自体するべきではないと考えます。浮気を問い詰めたところで、正直に話すことをする人はごくまれです。まして問い詰めたところで何をするのかということもあります。浮気を問い詰めるメリットとしては、無いと言えませすが、感情を抑えきれないから問い詰めることとなるのでしょう。

当社に浮気調査を依頼されたら、もっと有効にクライアントの要望をかなえることが可能です。感情に負けてはあなたの思うような結末は迎えることはできません。

当社に浮気調査を依頼し、あなたの悔しい思いを晴らしませんか。私どもはあなたを、全力でサポートします。

浮気調査依頼をするなら

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

未分類

浮気の慰謝料請求 不倫の慰謝料請求

Published by:

不倫の慰謝料請求 浮気の慰謝料請求 

 探偵 岡山・倉敷・津山

自分が受けた肉体的・精神的苦痛に対して、不倫相手に謝罪や慰謝料請求をするのは当然の権利です。 配偶者(夫または妻)だけではなく、不倫相手に罪の意識を認識させる必要があります。 あなたの肉体的・精神的苦痛を不倫相手に理解させるためには行動するしかありません。

不倫相手に対しては、精神的苦痛に対する慰謝料請求だけではなく、きちんとした謝罪も要求するようにしましょう。 不倫相手に慰謝料請求が出来る立場だということを分かっていても、実際に行動するには勇気がいると思います。

慰謝料とは

慰謝料とは、「精神的苦痛に対する損害賠償」、つまり、加害者のせいで受けた精神的苦痛に対して加害者が被害者に支払うべきお金の事です。

例えば
あなたに配偶者」がいたとします。そして、その配偶者に(夫・妻)がいると知りながら不貞行為に及んだ不倫・浮気相手がいる場合、あなたはその不倫・浮気相手のせいで、きっと精神的苦痛を受ける事でしょう。

あなたはこの不倫・浮気相手に対して何か償いをさせたいと感じるはずです。

しかし、ひとたび受けた精神的苦痛を回復させる事はとても困難です。謝ってもらえればまだいいのですが、それもなかなか望めませんし、それに実際、心からの謝罪なのかどうかも良くわかりません。又、ちょっとでもいいから不倫・浮気相手をとっちめてやりたいと思う場合もあるはずです(この感情は表に出さないように心の中にしまっておきましょう)。そこで、この精神的苦痛に対する償いについてはお金を払わせる事で手を打とうじゃないか、というこの「お金」が慰謝料であり、これを請求する事が慰謝料請求なのです。

 

不倫の慰謝料請求 浮気の慰謝料請求

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

男女 トラブル  不倫トラブル 盗聴器発見 大阪  思考盗聴 大阪