Tag Archives: 社内不倫 調査 岡山 倉敷 津山

社内不倫 調査 岡山 倉敷 津山

未分類

大阪市の戸籍不正アクセス事件

Published by:

大阪市の戸籍不正アクセス事件

戸籍という「個人情報の塊」が職員たちの好奇の目にさらされていた。大阪市の戸籍事務担当の職員2人が情報システムに不正にアクセスし、橋下徹前市長や著名人らの戸籍を「興味本位」でのぞき見していたという不祥事が2月、明らかになった。不正は長期間見過ごされてきたが、橋下氏の周辺で起きた「異変」がきっかけで暴かれた。大阪市に本籍がある戸籍は約116万7千件に上るが、今回明らかになった職員の低いモラルは個人情報の流出、犯罪誘発のリスクをはらんでいる。今のところ情報流出は確認されていないが、薄氷の管理体制に背筋が凍る。

大阪市で戸籍担当の多くの職員が戸籍情報に不正アクセスしていた問題で、市の外部監察チームは12日、興味本位など業務に関係なく不正に戸籍を検索した職員が62人で、このうち59人が実際に閲覧していたとする調査報告書を発表した。外部への情報流出は確認されなかったが、市はプライバシーを侵害したなどとして、退職者を除く57人に懲戒処分、監督責任のある上司ら131人に文書訓告などの行政措置を行った。

同チームは職員約980人の自己申告やアクセス履歴から、18区役所と市民局で不正アクセスを確認。大正区の男性職員(31)は1750件、淀川区の女性職員(39)は180件、鶴見区の男性職員(24)は114件の不正検索が確認され、常習性があるとして最も重い停職3カ月の処分となった。

不正アクセスが認定された62人以外でも、151人が端末操作の研修目的、14人が正規の手続きを経ない不適切な検索を行っていたという。

今回、停職3カ月の処分を受けた大正区と淀川区の職員2人が橋下徹市長や著名人らの戸籍情報をのぞき見ていたことが昨年2月に発覚。市が全庁的に調査を進めていた。

未分類

社内調査

Published by:

社内調査

ブログを読んでくださってありがとうございます。

仕事を優位に運ばせるために営業マンはいろいろな手段を考えます。
社内調査では、いろいろなお金の流れが読み取れます。

医療機器会社からチケット…厚労省課長戒告処分

職務上、利害関係のある医療機器会社からコンサートチケットを受け取ったなどとして、厚生労働省は、同省の男性課長を国家公務員法に基づく戒告処分とした。

この課長は、東京都内の医療機器会社が開催した創立記念のクラシックコンサートのチケット3枚を受け取るなど、計6万円相当の利益提供を受けていた。医療機器会社は、複数の同省職員に計9枚のチケットを渡したというが、同省では、課長は同社の製品の許認可に関係する部署にいるため、特に責任が重いと判断した。

医療機器会社によると、都内で開催したコンサートは定員約1800人で、医療関係者や取引先などに招待券を配布したという。同社は「ご迷惑をおかけして大変申し訳ない。社員教育を徹底し、再発防止に努めたい」と話している。

内部告発のご相談は、

岡山 アンバサダー調査事務所
086-226-1099

 

ストーカーでお困りの方は、

対策を依頼してください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

 

 

~詐欺被害解決~

詐欺被害トラブル相談の受付ています。

泣き寝入りをするまえに、どうぞご相談ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

未分類

社内調査

Published by:

社内調査

今夜も、女性探偵のブログを読んでくださってありがとうございます。

雇われている人間と、経営者は違います。

立場も考え方も、行動も

おおきく異なります。

ひどいと、逆であることも・・・

 

「この会社マジぬるすぎ!」 ひとりブラック労働をやめない社員
働く人たちが自分の労働条件に敏感になることは、

職場を健全化させるためによいことかもしれません。

しかし、ひたすら楽な仕事に流れれば、会社の業績が悪化して雇用が保たれなくなることもあるでしょう。

公◯員や、赤◯字の社員は、時間が来るまでそこにいればいい

それで首にならない人もいます。

ある大手企業の支店では、中途入社した30歳男性が「余裕のある仕事ぶり」に反発し、モーレツな働き方で周囲のヒンシュクを買っているという。

しかし会社としては、頑張りが結果につながることも期待しており、その狭間で頭を悩ませている。

同僚たちは「ワークライフバランスを欠いた働き方じゃ持たない・・・」

大手メーカーの支店で総務を担当しています。弊社ではコンプライアンスを重視し、残業時間を1分単位で集計しています。ところが最近入社してきた中途入社のAさんが、集計用のシステムを適当に操作して時間外労働をつけずに仕事をしています。

Aさんは30歳で中堅メーカーからこの春転職してきたのですが、営業部に配属されて数日経ったころから会社の不満を公言するようになりました。
「いやあ、やっぱ大手はぬるい。マジぬるすぎる! 大した仕事もしてないくせに、偉そうにふんぞり返ってさ。こんなことだから会社が傾くんだよなあ。下請けとか非正規とかを安く使ってるんだから、ノウノウと残業代なんか貰ってられませんよ!」

と聞こえよがしに言っています。仕事ぶりはモーレツで、朝は始業前から夜も遅くまで精力的に仕事をしています。

・・・そんな事を言われるような仕事ぶりなら、仕方ないのでは?

過去の営業企画書をあさっては、自分なりにアレンジして客先に提案を積極的にかけており、その甲斐あってか彼の担当顧客からは、問い合わせや引き合いが増えているそうです。上司は「あいつ、いきなり営業トップ取るかもな」とつぶやいていました。
・・・頑張った結果です。
しかし同僚たちは冷ややかで、「あれじゃ“ひとりブラック労働”だよ」「ワークライフバランスを欠いた働き方じゃ持たないよね」などと陰口を言っています。それはAさんの耳にも入っているようですが、
「大して働きもしないくせに、給料が少ないだの結婚できないだの、情けない話だわ。早く帰って家で何してるの? どうせ大したこともしてないくせに」

・・・価値観の違いです。

と聞く耳を持ちません。周囲との調和はともかく、労働時間の管理はちゃんとしてもらわないと本社から叱られてしまいます。しかし仕事を制限すると、支店の売上を抑えてしまうことにもなります…。

 

会社にとって、どちらの人間が必要だと思いますか?

答えは明らかだと思います。

社内調査の依頼は

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

未分類

社内調査の信憑性

Published by:

社内調査の信憑性

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

医薬品や化粧品の臨床検査。

社内でのデータ収集では、信憑性に欠けます。

社員関与、一転「不適切」 製薬会社内部調査
降圧剤「バルサルタン」を巡る臨床試験に、製薬会社「ノバルティスファーマ」(東京)の社員が関与していた問題で22日、同社が社内調査結果を明らかにした。社員が関与したことについて「臨床試験結果に疑念を生じさせることになった。不適切だった」と謝罪した。上司もこの社員を支援していたことが分かったが、組織ぐるみだったかは「確認できなかった」とした。

社員は、▽京都府立医大▽東京慈恵会医大▽滋賀医大▽千葉大▽名古屋大の5大学による薬の効果を検証する試験に関与し、複数でデータ解析にかかわっていた。「試験ごとに関与の仕方は違った」というが、詳細は明らかにしなかった。「意図的なデータの操作や改ざんに導いたことを示す証拠は見つからない」とした。

複数の社員が「企業の社員でも(大阪市立大の非常勤講師という)研究者としての肩書で臨床研究を支援するなら、問題は生じないと信じていた」などと説明したという。

2月の記者会見で当時の社長(現最高顧問)は「試験は医師主導で、我々は一切試験に関与していない」と述べていたが、同社は「事実と相違していた。訂正しおわびしたい」とした。

この社員は今月15日付で退職。同社は「契約が切れたためで、今回の問題とは無関係」と説明した。

 

社内調査を会社の息がかかったところがしても、告発した人物が会社を追われる程度です。

内部告発のご相談は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099
~美容トラブル相談~

美容トラブル相談の受付ています。
女性の心理として『美しくなりたい』と願う事は当然です。
しかし、美容トラブルが多いことも事実です。
契約や金銭の問題、施術の問題、接客態度に不満など、
様々なトラブルが起こっています。
泣き寝入りをするまえに、どうぞご相談ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

未分類

社内調査 金銭問題

Published by:

社内調査 金銭問題

ブログを読んでくださってありがとうございます。

国立大学の教授もお金に目がくらみます。

岡山大学も名前が出てきました。

 

教授逮捕
東京大学の教授が研究事業費2100万円あまりを大学から騙し取ったとして逮捕された。

東京大学・政策ビジョン研究センターの教授・A容疑者(55)は、2010年から翌年にかけシステム関連会社6社と共謀し、業務を発注したように装って東京大学と岡山大学からあわせて2180万円をだまし取ったとして東京地検特捜部に逮捕された。
東京大学は25日夜会見を開き、A容疑者が2009年度からの4年間で国などからおよそ2億1600万円の研究費を受け取っていたことを明らかにしたが、「会計処理上の不正は見当たっていない」としている。

 

社内調査 横領 背任 調査

アイ総合コンサルタント

086-226-1112

 

浮気調査、素行調査は

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

 

ストーカーでお困りの方は、

対策を依頼してください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

 

 

~詐欺被害解決~

詐欺被害トラブル相談の受付ています。

泣き寝入りをするまえに、どうぞご相談ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

未分類

社内不倫調査 岡山 倉敷 津山

Published by:

社内不倫の結末

手を握ったら「気持ち悪い」 社内不倫の結末

49歳シングルマザーと12歳年下男性の悲劇

〇〇・〇〇のラブホテルで8月、会社同僚の男性(37)を刺殺したとして、1人の女が〇〇庁に殺人容疑で逮捕された。〇〇都〇〇区〇〇、会社員、〇〇〇〇容疑者(49)は、2児を育てるシングルマザーだったが、妻子のある、一回り年下の男性と恋に落ち、不倫関係になっていた。別れ話を切り出す男性に、我を失った1人の女性。捜査関係者への取材などから、事件の真相を探ることにした。

「人を殺した」血に染まったラブホテル室内

〇〇日午前10時半ごろ、女の声で110番通報があった。

「人を殺してしまいました」

声の主は泣きながら、自分のいる場所などを説明した。現場はJR〇〇駅〇〇のラブホテル街にある4階建ての古いホテル。〇〇庁〇〇署員が4階の一室に駆けつけると、ベッド横の床に血まみれの男性が仰向けの状態で倒れていた。すでに息はなく、柄の部分まで血に染まったナイフが転がっていた。

室内にいた〇〇容疑者が「私が刺しました」と認めたため、〇〇署員は殺人容疑で緊急逮捕した。逮捕容疑は、同日午前1時ごろ、男性の左脇腹をナイフで刺し、殺害したとしている。〇〇容疑者は、約9時間にわたって、男性の遺体と一緒にいたのだった。

「別れたくなかった。別れ話になったら一緒に死のうと思ってナイフを持っていった。一緒に死のうとすれば振り向いてくれるだろうと思って説得したけど、うまくいかなかった」

この様にこの事件は、相手男性に固執してしまった結果が殺人ということになってしまった。これがお金に対してのトラブルで殺人となれば、お金に固執した結果のトラブルです。

固執がトラブルの原因なら当事者間での解決は考えないのが得策と言えます。

 

社内不倫調査の調査依頼なら

岡山の探偵アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山県 岡山市 倉敷市 津山市

トラブル 解決  不倫トラブル 電磁波調査 大阪  盗聴調査 大阪