» Blog Archives

Tag Archives: 精神疾患問題 岡山

未分類

精神疾患、孤立する家族

Published by:

精神疾患、孤立する家族

家族トラブルは、近年遺産相続の問題であったり、金銭トラブルなど、避けては通れない事も多々あるのが現状です。しかし家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうか?そんなお悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。宗教トラブル、結婚詐欺,いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。
精神の障害を抱えた家族の暴力に悩み、家族を殺してしまった父親の裁判の記事に、多くの反響が寄せられました。「どうにかならなかったのか」「ひとごととは思えない」。そうしたなかで、切実な思いを打ち明ける手紙を寄せてくれた家族に、話をうかがいに行きました。

 

「私たちも、ありとあらゆる苦難とともに生きています。娘を殺さなければ家族の誰かが殺されるか、巻き添えで死ぬことになるのではという恐怖とともに生きてきました」

神奈川県に住む50代の女性は胸の内を打ち明けた。いまは20代になる長女が摂食障害を起こしたのは、14歳の時。その後、精神疾患の疑いがある、と医師に告げられた。学校に行けなくなり、入退院を繰り返した。16歳ごろからは暴力がひどくなり、女性に塩酸が原料の洗剤を飲ませようとしたり、夜中にわめいて暴れたりすることも増えた。

「警察に連絡をすると、『またか』という対応をされ、それでも何度も呼びました。真夜中のサイレン、無線の音、近所の不審そうな目、いまでも忘れません」

暴力がひどくなった時こそ、長女を入院させてほしかった。しかし、精神科医には「ベッドが空いてない」「本人の意思を尊重した方がいい」と断られることがほとんど。自分や他人を傷つけるなどの恐れがあると認定された時に強制的に入院させられる措置入院を警察に願い出たが、長女は警察官の前では落ち着きを取り戻し、「措置入院は無理です」と断られた。

女性は精神病に関する専門書を何冊も読み、著者である医師のもとへも相談に行った。保健所にも相談した。しかし、解決策は見いだせなかった。「うちでは対応できません」と断られることも。暴れる長女を夫と2人で押さえつけながら、早朝に病院に駆け込む日が続いた。

命の危険を感じ、家庭内暴力(DV)に関する相談所に駆け込んだこともあった。だが、DVの対象は配偶者やパートナーで、子どもからの暴力は対象外として、シェルターに入ることはできなかった。

「子どもが暴れるのは親の育て方が悪いという土壌がある。だから、親が駆け込む先がないのではないでしょうか」「結局、家族が自らの命と引き換えに本人を引き取るしかない」

未分類

近隣トラブル「あいさつ」

Published by:

近隣トラブル「あいさつ」

挨拶はコミニケーションの基本挨拶ができないといけません。
洲本5人刺殺事件

 

 

兵庫県洲本市中川原町中川原の民家2軒とその周辺で、男女5人が刺されるなどして死亡した事件で、うち3人への殺人未遂容疑で兵庫県警に逮捕された近くの無職平野達彦容疑者(40)が事件前夜、死亡が確認された平野浩之さん(62)と口論になっていたとみられることが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 

死亡したのは浩之さんのほか、妻方子(まさこ)さん(59)、母静子さん(84)の親子と、平野毅(たけし)さん(82)、恒子(つねこ)さん(79)の夫婦と確認された。

捜査関係者によると、浩之さんの親族の説明では、事件前夜の8日夜、浩之さんと平野容疑者があいさつをめぐって口論になったという。容疑者のものとみられる会員制交流サイトなどには被害者らを中傷する複数の書き込みがあり、県警が事件との関連を調べている。

県警によると、9日午前7時15分ごろ、家に入ってきた平野容疑者に刺されたという内容で浩之さんが110番。自宅から逃げ出した浩之さんの長女(32)が近くの民家に助けを求め、さらに通報したという。浩之さんは屋外、残る2人は屋内で見つかった。

その後、近くの毅さん方で、刺し傷があり、血を流した状態の夫婦の遺体が見つかった。2人には死後数時間で現れるとされる硬直が始まっていたことなどから、毅さん宅が先に襲われた可能性があるとみられる。

県警は今後、容疑を殺人に切り替えるとともに、毅さん夫婦の死亡にも関与したとみて調べる。

未分類

抑うつ状態で政治家が務まるのか

Published by:

抑うつ状態で政治家が務まるのか

私は、仕事は体も精神も健康でないと出いないと思うのです。私個人の考えだと政治家に政治を任せてもろくなこと無い。政治判断などの重要な判断は政治家でなくコンピューターに任せるのが賢明だと思うのです。

なぜなら感情を一切考慮せずに、利害関係のみの判断で十分な結果を得ることができるのが政治判断だと考えているからです。もちろん個人を優先することは一切ないのです。

政治家に政治を任せてもろくなことになっていないと思うのです。

 

路上キスの中川政務官「抑うつ状態」と診断
同僚議員と路上でキスをしていた中川郁子農水政務官が、「抑うつ状態」と診断された。

中川昭一元財務相の妻で、2回生議員の中川政務官。西川前農水相が辞任した日に、妻子のいる同僚の門議員と路上でキスをしたことが危機意識に欠けるとして国会でも追及を受けている。

中川政務官のコメント「酒席の後であったとはいえ、私の軽率な行動により、皆様方に大変不快な思いをさせたのではないかと、誠に申し訳なく思っております」

6日の国会への出席を求められていたが、5日に緊急入院したとして欠席した。

医師の診断によると、中川政務官は「抑うつ状態」で、2週間ほどの入院が必要だという。