Tag Archives: 脅迫文

未分類

脅迫文

Published by:

脅迫文

見ず知らずの女性に乱暴をしようとし、その後に脅迫文を投稿をした事件である。

たぶんであるが、その時の映像などを撮られていなかったから警察に相談できたのでしょうが、これが、勤務先、親元等の個人情報を相手が握りなおかつ、行為の映像や画像があればだれにも相談できずにずっと脅されていることでしょう。

私どもでは、実際にそのような案件を解決したことがあります。私どもに相談に来た時はすでに脅されて3年がったていたのでした。脅す相手が入念に計画を立てていた場合、相手の要求を呑むしかない状況に追い込まれます。

誰にも知られず脅迫を解決したいなら私どもへ相談ください。

元全日本王者、女性乱暴事件後脅迫文を「メールしろ」と投函していた。
ボート競技の元全日本王者の選手が女性に乱暴しようとした疑いで逮捕されました。この男は、事件後に脅迫文を女性の自宅に投函していたことが分かりました。

ボート競技の元全日本王者の遠藤光容疑者(26)は7月、東京・北区に住んでいた面識のない20代の女性のアパートの部屋に押し入り、粘着テープで手首などを縛り、乱暴しようとした疑いが持たれています。その後の警視庁への取材で、事件後、遠藤容疑者が女性が住む部屋のポストに自分のメールアドレスと「バラされたくなかったらメールしろ」などのメッセージを載せた脅迫文を投函していたことが分かりました。取り調べに対し、容疑を認めています。

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

未分類

脅迫文

Published by:

脅迫文

脅迫文の加害者は、意外と身近にいるものです。なぜなら脅迫文を出したら被害者の反応を見たいと思うのが加害者真理と言えるからです。身近にいる加害者だからこそ意外と犯人を見つけ出すことができるのです。犯人が判明すればどのように対応するかは、じっくり考えることを勧めます。

脅迫文は、ある人物・団体に対して一方的な要求を突きつけると共に、文面に書かれている要求が実現されない場合に反社会的な行動により報復・ないしは破壊的行為を以て臨む事を知らせる文書の俗称。なお、ここでは文書以外の例も記す。抽象名詞として恐喝行為自体も意味する。

脅迫文は、差出人の意思を伝える手段であると同時に、差出人の社会的背景を反映する重要な証拠が詰まっている物証ともなる。多くの場合、脅迫状を分析・解析することで、差出人の身元を割り出す事ができると以前はされていたが現代では困難場合が多い。またメールなどでの脅迫文も最近増えてきている。

東京・世田谷で今週末に開催予定だった盆踊り大会を、「中止しないと痛い目に遭う」などと脅す内容の封書が会場の小学校に届き、主催者が盆踊りを中止したことが23日、警視庁北沢署への取材で分かった。同署は強要容疑で捜査を進めている。
北沢署によると、脅迫文は会場の小学校に22日に郵送で届いたという。小学校が23日に同署に相談した。主催する地元の商店街は、25、26日に開催する予定だった盆踊りを中止することを決めた。

未分類

脅迫文

Published by:

脅迫文

 

脅迫文は、嫌がらせでは多い方法です。事実でなくとも脅迫文が届くといやなものです。また加害者は直接、被害者に対峙しなくてもできる嫌がらせなので罪の意識も薄いのです。

脅迫文は、ある人物・団体に対して一方的な要求を突きつけると共に、文面に書かれている要求が実現されない場合に反社会的な行動により報復・ないしは破壊的行為を以て臨む事を知らせる文書の俗称。なお、ここでは文書以外の例も記す。抽象名詞として恐喝行為自体も意味する。

脅迫文は、差出人の意思を伝える手段であると同時に、差出人の社会的背景を反映する重要な証拠が詰まっている物証ともなる。多くの場合、脅迫状を分析・解析することで、差出人の身元を割り出す事ができると以前はされていたが現代では困難場合が多い。またメールなどでの脅迫文も最近増えてきている。

東京・世田谷で今週末に開催予定だった盆踊り大会を、「中止しないと痛い目に遭う」などと脅す内容の封書が会場の小学校に届き、主催者が盆踊りを中止したことが23日、警視庁北沢署への取材で分かった。同署は強要容疑で捜査を進めている。
北沢署によると、脅迫文は会場の小学校に22日に郵送で届いたという。小学校が23日に同署に相談した。主催する地元の商店街は、25、26日に開催する予定だった盆踊りを中止することを決めた。

未分類

教員脅迫文

Published by:

教員脅迫文

 

全国の多数の小中学校教員に3月、現金300万円を要求する脅迫文が届いた事件で、脅迫文の大半は徳島市の発送代行業者が市内の郵便局に持ち込んでいたことが捜査関係者への取材でわかった。

この業者は、犯人とみられる人物からインターネットで発送を依頼されたという。現金を受け取る拠点もタイの「便利屋」が用意しており、警察当局は、犯人が居場所を隠すために国内外の業者を利用したとみている。

捜査関係者などによると、脅迫文は教員約2000人の自宅に届き、「心を傷つけ人格を侮辱した」「体罰を受けた」などとして現金300万円を要求する内容が書かれていた。大半は徳島市の徳島中央郵便局の消印で、警察当局が集配ルートを調べたところ、市内の発送代行業者が大量の封書を一括で郵便局に持ちこんでいたことが判明した。

この業者は、企業などから郵便の発送や梱包作業を受注しており、警察当局に対し、「客からの依頼で発送した」と説明。インターネットを通じて注文を受け、届いた脅迫状入りの封書をそのまま、郵便局に持ち込んだという。
セクスト―ションも対応しています
セクストーション被害 性的脅迫

セクストーションとはsex(性的な)とextortion(脅迫)の2つの単語を組み合わせた「性的な脅迫」を意味する言葉です。
このセクストーション被害がたいへん増えています。
女性だけではなく、男性の被害者も増えているのです。
性的な「恥ずかしい」ことを脅迫や恐喝のネタにされるため、誰にも相談できないのです。