Tag Archives: 証拠調査士を育成

未分類

証拠調査士を育成

Published by:

証拠調査士を育成

証拠調査士とはトラブル解決、問題解決にあった対策を考え、その事案に関連する証拠を洗い出し、様々な案件に対応します。証拠調査士を育成

法律は全国民が全法律を理解しているという前提で適用されるため、知らなかったは全く通用しないのが当然のことです。

トラブル解決、問題解決は法律を十分に理解し活用することは、法治国家日本では当然のことといえるでしょう。

たとえば、浮気相手に慰謝料請求するとしましょう請求すること自体は当然の権利ですが、誤った請求だと、請求相手に恐喝だといわれかねないのです。

実際に問題となり事件になっているケースもあります。

権利の主張には「主張立証責任」は主張する側にあります。しかし何の証拠もなく主張する人は多くいます。実際に警察に相談しても動いてくれないといわれる方が多くいますが、根拠もなく動くことができないのが当たり前です。そんなことを嘆く前に証拠、根拠を提示するべきです。

アンバサダー調査事務所に相談ください力になります。
アンバサダー調査事務所では、クライアントの情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!クライアントがお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

弁護士盗撮で肖像権侵害
探偵による隠し撮りで肖像権などを侵害されたとして、京都弁護士会所属の弁護士2人が、東京都の探偵業者に計200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、京都地裁であった。橋詰均裁判長は請求を一部認め、業者に30万円の支払いを命じた。
判決によると、探偵業者は2013年7月、京都市内の同族会社の支配権をめぐる争いを調査する過程で、この会社の職務代行者を務めていた弁護士2人の隠し撮りを実施。2人の写真を掲載した報告書を依頼者に渡した。
橋詰裁判長は、弁護士は職業上、接触相手などを第三者に知られることを嫌う職業だと指摘。探偵業者が弁護士の写真を撮る必要性は乏しく、相手を弁護士と認識した後も撮影を続けたことで、肖像権を侵害したと判断した。