Tag Archives: 詐欺未遂事件 LINEを活用

未分類

詐欺未遂事件 LINEを活用

Published by:

詐欺未遂事件 LINEを活用

LINEで受け子勧誘 
「明日9時から16時まで暇っすか? バイトしましょう。待機して、依頼来たらものをとりにいくみたい。1件3万で依頼の数だけ給料上がります」-。無料通信アプリ「LINE」で友人からのメッセージを読んでから4カ月。前途有望な有名私大生は、うつむいて前橋地裁高崎支部に入廷した。

オレオレ詐欺の現金引き取り役「受け子」の勧誘をしたとして、詐欺未遂罪に問われた青山学院大の男子学生(20)=逮捕時19歳=の初公判が3日開かれ、学生は起訴内容を認めた。

冒頭陳述によると、学生は昨年4月に青学大に入学し、東京都世田谷区で1人暮らしを始めた。今年4月24日、知人に勧誘された。「お年寄りからお金を受け取って他の人に渡す仕事」と聞かされた。翌5月にはLINEで大学のサークル仲間に「運びの仕事。おばさんから500万円受け取った。警察にばれないようにする」「金ほしくて来週学校行かなくていいやついない? 20万円稼げるよ」と送信。立派な「リクルーター」になっていた。

他大学の学生の勧誘に成功した。5月15、16日、高崎市の男性(当時65歳)方に息子を装った男から「友達に700万円の借金ができて連帯保証人になった。400万円用意して」などと電話がかかる。しかし、詐欺に気づいた男性が通報し、現金を自宅に取りに来た他大生は詐欺未遂容疑で現行犯逮捕された。勧誘した男子学生は7月に逮捕された後、20歳の誕生日を迎え、成人として起訴された。「あなたは電話の主と被害者の間で何があったかは全く知らない?」「はい」。両親が見守る法廷で、裁判官の問いに学生は力なく答えた。