Tag Archives: 離婚の準備 岡山 倉敷 津山

離婚の準備 岡山 倉敷 津山 岡山県 岡山市 倉敷市 津山市

未分類

体罰

Published by:

体罰

ブログを読んでくださってありがとうございます。

教職員らが体罰–「骨折」「鼓膜損傷」など重傷も

東京都教育委員会は11日、大阪市立高等学校の体罰による生徒の自殺事件を受け、都内の全公立学校を対象に実施した体罰の実態把握に関する調査結果(第一報)を発表した。

同調査は、2013年1月21日~3月15日の期間に、都内の公立学校2,184校の校長、教職員および児童・生徒を対象に行われたもので、

教職員については校長による聴き取り、児童・生徒はアンケートにて調査した。

調査結果よると、2012年度の教育活動において、体罰を加えた教職員や外部指導員などは126校で155人いたことが判明。

内訳は、中学校が最も多く69校で93人、

高等学校が28校で33人、小学校が28校で28人、特別支援学校が1校で1人となった。

胸倉をつかむといった不適切と疑われる指導を行ったのは666人。

内訳は、身体に対するものが341校で615人、

発言・行動によるものが43校で51人だった。

体罰を加えた行為者別に見ると、教職員が107校で133人、

外部指導員が16校で16人、卒業生や上級生6校で6人。

場面別の状況を調べたところ、授業などの教育活動中が70校で78人、

部活動中が65校で77人だった。

体罰を行った回数別では、最も多かったのは1回で93人。

2~4回が41人、5回以上が13人で、不明(複数回等)が8人となった。

22人が児童・生徒に怪我をさせており、うち1人に骨折、1人に鼓膜損傷、1人に歯を折る重傷を負わせていた。

このほかの怪我は、あざ・内出血等が5人、鼻血と口内出血が同数の4人、擦過傷・切り傷が2人、その他が4人となっている。

 

調査をしただけでは、解決には至りません。

自分の子供が学校で体罰を受けた場合、あなたはどうしますか?

いじめ問題、嫌がらせ被害の解決は当社にご依頼ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099
~お知らせ~

離婚を自分優位にすすめたいと思っている方、

離婚するには、離婚の準備をしておく事が大切です。

自分の条件を相手にのんでもらうには、コツが必要です。

岡山 アンバサダー調査事務所へご相談ください。

086-226-1099

未分類

男女トラブル・離婚 人事訴訟

Published by:

男女トラブル・離婚

離婚にあたっては、離婚をすることやその条件について、夫婦で取り決め(合意)をしたり、話し合いがつかない場合には調停や裁判をしたりする必要があります。

また、収入が少ない配偶者が、収入が多い配偶者に対して、離婚までの生活費を求めることもあります。

1 人事訴訟とは

離婚や認知など、夫婦や親子等の関係についての争いを解決する訴訟を、「人事訴訟」と言います。

人事訴訟のうち、代表的なものは離婚訴訟です。離婚訴訟では、未成年の子どもがいる場合に離婚後の親権者を定めるほか、財産分与や子どもの養育費などについても離婚と同時に決めてほしいと申し立てることができます。

また、離婚訴訟とともに、離婚に伴う慰謝料を求める訴訟を起こすこともできます。

2 人事訴訟の手続

夫婦や親子等の関係についての争いは、基本的に話合いにより解決するのが適当であると思われますので、まずは家事調停を申立てていただくことになりますが、家事調停で解決ができない場合には、人事訴訟を起こすことになります。

人事訴訟は、民事訴訟の一種ですので、基本的には民事訴訟の審理手続と同じ手続で行われますが、家庭裁判所における人事訴訟においては、参与員が審理や 和解の試みに立ち会い、意見を述べたり、子どもの親権者の指定などについて、家庭裁判所調査官が、子どもに面接して調査したりすることがあります。

3 人事訴訟の管轄
(平成16年4月1日以降に新たに人事訴訟を提起する場合)

原則として、当事者(離婚であれば夫又は妻)の住所地を受け持つ家庭裁判所です。

ただし、その家庭裁判所と人事訴訟を起こす前に家事調停を取り扱った家庭裁判所とが違う場合は、家事調停を取り扱った家庭裁判所で人事訴訟を取り扱うこともあります。

4 人事訴訟の終了等

人事訴訟は、裁判官の判決によって争いを解決するほか、離婚訴訟や離縁訴訟については、和解によって解決することができます。

判決が確定した場合や、離婚訴訟や離縁訴訟について和解が成立した場合には、その内容に応じて、戸籍の届出等を行うことが必要です。また、判決や和解が 金銭の支払いを目的とするような場合には、その支払を受けることができるようになります。

さらに、支払の義務がある人がこれに応じない場合には、地方裁判 所で強制執行の手続きをとることもできます。

未分類

裁判で離婚するための条件

Published by:

裁判で離婚するための条件

離婚する理由は人それぞれだ。「妻が浮気。一緒にいるのが耐えられません」「○○力夫と別れたい」「夫が働かず、私が働いたお金をお酒や○○で使ってしまいます」など、個々の事情は数え切れない。
一方が「離婚したい」と言っても、相手の同意を得られるとは限らない。離婚を切り出されたとたん、「二度と浮気はしない」「一生懸命働く」と宣言し、「絶対に離婚はしない」と抵抗する人も珍しくはない。
夫婦間で話がまとまらなければ、家庭裁判所での「離婚調停」を経て、最終的には裁判という話になる。しかし、裁判で離婚が認められるためには、法律上の「離婚原因」が必要となります。
どのような理由なら、法律上の「離婚原因」として認められるのだろうか。
民法には5つの「離婚原因」が書かれている
「裁判で離婚が認められるためには、民法770条1項各号に定められた5つの離婚原因のうち、1つ以上を満たす必要があります」という。それぞれどんなものだろうか。

(1)不貞行為(770条1項1号)。これは、「既婚者が、自由意思で、配偶者以外の者と性的関係を結んだ場合」だという。
(2)悪意の遺棄(770条1項2号)には、「正当な理由なく夫婦の同居義務、協力義務、扶助義務(752条)に違反する場合です。生活費を入れないようなケースが該当します」という。
(3)3年以上の生死不明(770条1項3号)と、(4)回復の見込みのない強度の精神病(770条1項4号)は比較的、文字通りに近い。
数多くのケースが「その他婚姻を継続し難い重大な事由」にあてはまる
(5)その他婚姻を継続し難い重大な事由(770条1項5号)だ。あっさりとした記述だが、具体的にはどのような内容が当てはまるのだろうか。
「婚姻関係が破綻して回復の見込みがない場合、770条1項1号~4号に該当しなくても、婚姻を継続し難い重大な事由として離婚が認められます。
具体的には、暴行・虐待(DV)、性格の不一致、価値観の相違、宗教問題、性的不能、性交拒否、性的異常(性行為をしてくれないとか、異常な○○癖がある等)、配偶者の親族との不和(嫁姑問題)、不貞に類する行為(不貞行為未満の異性との親密な交際等)、770条1項4号に該当しない○○障害、難病・重度の障害などのケースです。」
さすがに、その他というだけあって、かなり多彩な内容が当てはまるようだ。
しかし、これらに該当しても、裁判所は「離婚を認めない」ことができる
もしこういった項目に当てはまるとしても、それだけで即、離婚が認められるというわけではない。どういうことなのか。
「裁判所は、770条1項1号~4号の事由があっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却できます(770条2項)」
裁判所はあらゆる事情を全て考え合わせたうえで、夫婦を離婚させないこともできるということだ。
結婚を破たんさせた側が離婚を請求しても認められにくい
離婚請求が認められるかどうかについては、もう一つ、重大な注意点があるという。それはどのようなものだろうか。
「破たんについて責任のある者(有責配偶者)からの離婚請求は、原則として認められません。たとえば不貞行為をした夫が、愛人と再婚したいがために、妻との離婚を求めて訴えるのは基本的にはダメだということです」
自分が結婚を破たんさせておいて、「離婚だ!」と裁判を起こすというのでは筋が通らないだろう。ただ、「原則として」ということは、「例外的に」認められる場合もあるということだ。それにしても離婚の理由はずいぶんと色々とある。

未分類

離婚も格差社会の影響を受ける

Published by:

離婚も格差社会の影響を受ける

 

気候も良くなり、食欲もわくころとなりました。
2分に1組離婚する今の時代、

ネットや知人などいろいろな手段で様々な情報を入手できる時代でもあります。

当社では、クライアント様と契約をかわした後で調査や指導に入ります。

ご依頼前にアドバイスをする事はありませんし、簡単に出来るアドバイスは無いのです。

反対に、クライアント様に根拠の無い軽薄な指導はいたしません。

じっくりと経緯や状況、お持ちの証拠や足りない物に関しては収集します。

100人の離婚の案件があれば、100通り内容や状況が違います。

また、無駄だと判断した調査の依頼もお受けできません。

『調停で勝ちたい。横顔で良いから分かるものが欲しい』

もう調停が始まる時期に、今から浮気の証拠収集は必要ですか?

調停を意識した人が、うかつな行動をとりますか?

また、調停に勝ったからと言って、自分の請求を相手が100%受け慰謝料などを支払うとは限りません。

調査を依頼するには費用がかかります。

人を動かすにはお金がかかるのが現実です。

調停に勝つ、負けるに関係なくその費用はかかります。

負債を出してまで、誰も助けてはくれません。

最近、よく思うのです。

離婚も格差社会の影響を受けるな・・・と。

優位にすすめる離婚相談は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

 

~お知らせ~

ストーカー被害でお悩みの方ご相談ください。

盗聴や盗撮、つきまといなど、様々な迷惑行為から

あなたの安全な生活を取り戻しましょう。
岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

未分類

離婚の準備

Published by:

離婚の準備

探偵 岡山・倉敷・津山

離婚を決意する前に

離婚をするには、まず離婚後の生活に向けて準備をしておく必要があります。最低でも離婚する1年前から仕事を見つけたり、住む場所を確保したりといった準備をしていかなくてはなりません。離婚のための準備すべき点を整理しておく必要があります。

準備期間は1年ぐらいをめどに考えましょう。 1, 1年とはいえ、その人その人が抱えているものや状況によって、当然前後してきます。 2, 貯金が全くないという人は、まず離婚を考え出してから1年間分の生活費を蓄えなければい けません。離婚しても生活費がなければ生活もままなりません。 3, 相手の不倫等の原因で離婚する人は、証拠をとることも大切です。離婚原因がパートナーの不貞 行為なら慰謝料の金額、離婚条件も変わってきます。 4,仕事を持ち、定収入がある人でも、慎重に今のうちしておくべきことは何か考えてみましょう。

1,住む場所の確保  実家に住めればそれに越したことはないです。

2, 賃貸マンション・アパートに住む為の資金、〈前家賃・敷金・礼金・手数料などの金額)

3,母子寮各自治体に問い合わせてみましょう。

4, 県営住宅ひとり親家庭の優遇制度がありますが、離婚成立後でないと該当しないこともありますので自治体に問い合わせてみてください。

 

離婚の準備

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山 倉敷 津山

男女 トラブル  離婚トラブル 盗聴調査 大阪  電磁波調査 大阪