» Blog Archives

Tag Archives: LINE

LINE 脅迫

LINEで交際女性脅迫

Published by:

LINEで交際女性脅迫

LINEを利用しての脅迫は多く、加害者は知人が多いのも特徴の一つです。交際が順調にいっているときは問題にはなることはありませんが、こじれてしまうと問題になることが多くあります。

交際を巡るトラブルから知人女性に LINE で脅迫したとして、岡山県警は岡山西署刑事二課巡査部長の 35 歳男を脅迫の容疑で逮捕したと発表した。

脅迫の容疑で逮捕されたのは、岡山西署刑事二課の巡査部長が、容疑を認めているとのこと。
岡山県警によると、容疑者は交際している女性に 20 日夜から 21 日未明にかけて、LINE で女性や家族に危害を加えるような内容を複数回送信した疑いが持たれている。

県警は、木村容疑者と女性に間に交際をめぐるトラブルがあったとしている。

県警は、女性の氏名や住所などのほか、木村容疑者が送信した内容やトラブルについて具体的には明らかにしていない。22 日に女性が県警本部に相談し、事件が発覚。容疑者は妻帯者だという。

県警ではトラブルのいきさつや当時の状況や経緯などについて詳しく調べる方針。

県警本部警務部長「 警察官がこのような容疑で逮捕されたことは遺憾。捜査により全容解明を図り、厳正に処分する 」とのコメントを発表した。

 

しかもこの事件は加害者は妻帯者ということで、本来ならこのようなことになることはあまりないにですが、恋愛感情が絡んでいると話は別です。

感情を上手にコントロールすることは非常に困難なことです。

 

上記のようなトラブルに巻き込まれたら当社に相談ください。あなたの力になります。

 

浮気や不倫の話題は、みなさん多く耳にすると思います。 会社でも浮気や不倫の話が聞こえてくることもあるでしょうし、 ママともやパート先でも浮気や不倫の話で盛り上がることもあると思います。

女子会や飲み会の席でもこのようなトークは日常です。 それほど浮気や不倫が起こっているのが今の世の中です。決して 岡山も例外ではありません。岡山県の浮気調査、不倫調査はアンバサダー調査事務所へご依頼下さい。

未分類

LINEトラブル

Published by:

LINEトラブル

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

LINEトラブルが増え続けています。
現在、大人気のチャットツール、「LINE」。

ユーザー数は4月30日に全世界で1億5000万を突破、日本でも4500万人が登録しているというアプリです。

このラインだが、実は「出会い」を狙うハンターたちの間で、その評判がうなぎのぼりだというのです。

Facebookやラインは、携帯番号の登録アドレスなどから繋がりを探し出します。

それで過去の友人関係が”再発掘”されることがあるのです。

また、ラインの場合はFacebookなどに比べるとアプリに表示される個人情報は少なく

ブロックするだけで避けたい相手からのメッセージも拒否できる手軽さもあって、

”教えても後がラク”というイメージがあるのでしょう。

 

LINEでの出会いで、性被害にあう事もあります。

SNSトラブルでお困りの方は、

岡山 アンバサダー調査事務所までご相談ください。

086-226-1099

 

ストーカーでお困りの方は、

対策を依頼してください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

 

 

~岡山 詐欺被害解決~

詐欺被害トラブル相談の受付ています。

泣き寝入りをするまえに、どうぞご相談ください。

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

未分類

LINEきっかけの事件が多発 原因はスマホ利用

Published by:

LINEきっかけの事件が多発 原因はスマホ利用

LINEの運営会社では、10代向けの「LINE 安心安全ガイド」を作成して安全対策を呼びかけている

恐喝、美人局、少女売春、画像送信など事件が多発

恐喝、美人局(つつもたせ)、援助交際などの事件が次々に報道されている。いずれもLINEでのコミュニケーションをきっかけとしたものだが、LINEだけに問題があるのではなく、安易なスマートフォン利用にも原因がありそうだ。
今年に入って、LINEを悪用したり、LINEがきっかけの様々な事件が多発している。LINEはスマートフォンを中心としたメッセージ・無料電話サービスで、国内利用者はすでに4500万人を突破。スマートフォンでのコミュニケーションツールの定番となった。

LINEをきっかけとする事件は昨年から増えており、未成年が被害者になるものが多かった。今年に入ってから起きた事件を見てみよう(カッコ内は報道された月)。
少女買春容疑。塾講師を逮捕(去年3月)
○○○・ ○○○署は、LINEで知り合った中学3年の女子生徒に2万円を渡し、みだらな行為をした疑いで、 ○○○・ ○○○区の学習塾講師を逮捕。
女子高生に淫行。会社員男性を逮捕(去年3月)
○○○署は、県青少年健全育成条例違反で、 ○○○県の会社員を逮捕。LINEで知り合った15歳の女子高生に対して、 ○○○市内のホテルでみだらな行為をした疑い。
高1女子に裸画像送らせた ○○○官 LINE端緒(去年4月)
○○○中央署は、 ○○○官を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで逮捕。LINEで知り合った高校1年の女子生徒に、裸を撮影させて画像を送信させた疑い。
これらの事件は、いずれも未成年者が被害者になったものだ。淫行や援助交際、画像送信などで、大人が未成年者に被害を与えている。中高校生の利用者が多いLINEを狙って、大人が起こした事件といえるだろう。
これとは逆に、未成年者が加害者になった例もある。
LINEで「美人局」、少年少女4人が恐喝容疑(去年4月)
○○○中央署は14~16歳の少年、少女計4人を恐喝容疑で逮捕。女子中学生がLINEで知り合った男性を呼び出し、殴る蹴るの暴行を加えて、現金約6万円入りの財布を脅し取った疑い。

LINEで知り合った男性を呼び出し、暴行を加える「美人局」の事件だった。14~16歳の少年・少女が加害者であることから、全国ニュースでも報道された。また未成年者ではないが、同様の恐喝容疑の事件も起きている。
LINEで知り合った女に誘い出されて暴行を受ける(去年4月)
○○○市の男性が、LINEで知り合った女に誘い出され、男3人に羽交い締めにされ殴られた。加害者である男女4人は、携帯電話を奪って逃走した。
上記の ○○○の事件と同じように、犯人グループの1人である女性が被害者を呼び出して、お金を巻き上げる手口だ。LINEを出会い系の連絡手段として使う人が増えているため、このような事件が起きていると思われる。