Category Archives: トラブル解決調査

トラブル解決調査

身元不明者の写真付き台帳

Published by:

身元不明者の写真付き台帳

この手のトラブルでよくあるのが対象者の情報が少ないからと言ってクライアントの方自ら探せ出せれないと諦めていることが多いのです。
しかし、あなたにとって印象が強い人というのは他の人の記憶にも残っていることが多く、調査を行えば探し出すことが思いのほかにできることが多いのが現実です。

失踪人とは弊社では何らかの理由でクライアントの皆様から姿を隠さなければならない人だと定義しています。
一番多いのがトラブルに巻き込まれた場合がほとんどです。そういう場合はできるだけ早いうちに弊社にご連絡ください。もしかすると取り返しのつかないことになる可能性が高くなります。
早めにご連絡をいただければ見つけ出す可能性は上がり、費用も抑えることができる場合がほとんどです。

家族トラブルは、近年遺産相続の問題であったり、金銭トラブルなど、避けては通れない事も多々あるのが現状です。しかし家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうか?そんなお悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。宗教トラブル、結婚詐欺,いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。
認知症などで氏名や住所が不明のまま保護された人の身元特定に役立てるため、身元不明者の写真付き台帳を警察で閲覧できる制度が昨年始まったにもかかわらず、全国で閲覧可能な台帳は16人分にとどまることが分かった。保護された都道府県での閲覧に限られる23人分を含めても39人分しかない。身元不明のまま保護されている人は全国に300人規模でいるとみられ、身内が行方不明になっている家族らは「きちんと情報を出してほしい」と訴えている。

身元不明のまま保護された人が長年、家族の元に帰れなかったことが昨年相次いで発覚したことで、警察庁は昨年6月、自治体の要請に基づいて身元不明者の情報をまとめた台帳を警察本部か警察署に配備するよう全国に通達した。行方不明者届を提出した家族らに閲覧してもらい、身元判明につなげるのが狙いで、昨年11月には全国の警察で台帳を閲覧できる体制が整った。

ただし、台帳を作るのも閲覧の可否を決めるのも、本人を保護している市区町村の判断で、警察は写真や情報を持っていても無断で閲覧扱いにはできない。警察庁によると、今年4月23日時点で、全国で閲覧できる台帳は16人分、保護した自治体がある都道府県内に閲覧が限られる台帳で23人分。ある県の担当者は「個人情報保護条例との兼ね合いから写真提供について慎重な姿勢を示す市町村は少なくない」という。

全国に先駆けて昨年9月に台帳制度を始めた大阪府警も、府内で保護されている身元不明者40人中、閲覧可能な台帳は4人分だけ。このうち約30人を保護している大阪市は公開の適否について「個人情報の審議会に諮問する予定」と説明する。

身元不明者の情報提供の仕組みは他に厚生労働省ホームページの特設サイトがあるが、こちらも情報掲載に消極的な自治体が多く、性別や推定年齢など基礎情報の公開は今年5月時点で68人分、このうち写真公開は25人分のみ。

トラブル解決調査

ネットの情報

Published by:

ネットの情報

デマ

「デマゴギー」の略

1 政治的な目的で、意図的に流す扇動的かつ虚偽の情報。

2 事実に反するうわさ。流言飛語。「人を中傷する―を飛ばす」

リアルタイムで情報を簡単に得ることができるネット社会となった現在、簡単に誤ったニュースが拡散されていく危険性は高いが、一方ですぐにその情報を訂正できるという利点もある。

情報を拡散したものの責任として、誤った情報を流してしまったのに気が付いたら、流しっぱなしじゃなく、発信者はただちにそれを訂正し再送信することで、軌道修正できるんじゃないかな。

「嘘を嘘と見抜く」うんぬんより、見抜けなくても、きちんとみんなが後始末をしていくことで、ネットの明るい未来が見えてくるはず。とか、しょっちゅう間違いをおかしているパルモに言われても「おまえがいうな!」って感じだろうけれど、そこは一つ、カラパイアを見ている冷静沈着博識なおともだちの「気づき」で、指摘があればその都度訂正していくので、ご協力のほどよろしくお願いしますなんだ。っていうかしょっちゅう訂正してたりしてるので、もうみんな、気が付いているよね。ご迷惑をおかけしてますほんとにあたしったら。

大手のメジャーなサイトでも、たまに間違うこともあって、なんのアナウンスもなしに訂正されていることもあるからびっくりすることもあるけど、こんな大きいニュース配信サイトが間違うんだもの、人間だもの、じゃあしょうがないよなってなって、ちょっとほっとしたりなんかする自分がここにいたりなんかもするんだ。

トラブル解決調査

金銭トラブル

Published by:

金銭トラブル

金銭トラブルは今も昔も絶えることのない難解なトラブルの一つです。お金の貸し借りは、たとえ仲の良かった人に貸す場合でも、後にトラブルになってしまうケースも多々ございます。それが原因で長年培ってきた信頼関係が一気に崩れてしまうケースもございます。また貸した相手の方の行方が分からなくなって、どうしたらいいのか分からないというご相談も近年増加しています。金銭に関して、現在お悩みの方はぜひ一度、私たちにご相談下さい。

 

18歳少女不明事件 少年と少女を監禁の疑いで逮捕

千葉・船橋市の18歳の少女が行方不明になっている事件で、警察が事情を聞いていた少年と少女を監禁の疑いで逮捕していたことがわかった。
船橋市の18歳の少女は、19日夜、知人らと県内の道路を歩行中に、乗用車に乗った男らに声をかけられ、その後、車に乗り、行方がわからなくなった。
少女の知人は「3日前から、うわさは聞いていた。車で誘拐されたみたい」と話した。
乗用車には、成人の男1人と少年ら数人が乗っていたとみられ、警察は、車数台を押収して検証を行い、車に乗っていたとみられる少年と少女から事情を聴いていた。
その後の捜査関係者への取材で、警察が23日、この少年と少女を監禁の疑いで逮捕していたことがわかった。
主犯格とみられる少年らは逃走していて、警察は、監禁事件として行方を追っている。
一方、少女の父親が取材に応じ、「犯人に心当たりはない。18歳になって、家が嫌になって出ていった。どんな形であれ、わたしは帰ってきてほしい」と答えた。

トラブル解決調査

ドローン問題

Published by:

ドローン問題

総理官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、この「ドローン」には、1.2キロ離れた場所からでも操縦を可能にする映像の伝送装置が取り付けられていたことが新たに分かりました。

見つかった「ドローン」は中国製の「PHANTOM2」という機種で、通常は目で見て操縦するものです。しかし、この「ドローン」には、操縦士の手元のモニターにリアルタイムで映像を送る装置が取り付けられていて、最大1.2キロ離れた場所からでも操縦ができるように改造されていたことが新たに分かりました。

また、この「ドローン」は機体全体の色が白から黒に塗り変えられたうえ、4か所のLEDライトに、光が漏れないよう黒いカバーが取り付けられていました。

警視庁公安部は、何者かが「ドローン」を夜間に飛ばす際、発見されにくいようにライト部分も改造していた可能性が高いとみて、「ドローン」が侵入した詳しい日時や操縦していた人物の特定を急いでいます。
首相官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件を受けて、政府は24日午後、関係省庁による連絡会議を開き、規制強化に向けた法整備などの検討を急ぐことにしている。
菅官房長官は「ドローンを利用しての犯罪防止を、まずしっかりとすることができるように」と述べて、ドローンなどを使った犯罪防止に向け、法整備や運用ルールの策定を急ぐ考えを強調した。
具体的には、首相官邸や皇居など、重要施設の上空の飛行を制限する法案を、早ければ、今の国会に提出する方針のほか、ドローンの事前登録制や、操縦の免許制などについても検討することにしている。

トラブル解決調査

大阪市の戸籍不正アクセス事件

Published by:

大阪市の戸籍不正アクセス事件

戸籍という「個人情報の塊」が職員たちの好奇の目にさらされていた。大阪市の戸籍事務担当の職員2人が情報システムに不正にアクセスし、橋下徹前市長や著名人らの戸籍を「興味本位」でのぞき見していたという不祥事が2月、明らかになった。不正は長期間見過ごされてきたが、橋下氏の周辺で起きた「異変」がきっかけで暴かれた。大阪市に本籍がある戸籍は約116万7千件に上るが、今回明らかになった職員の低いモラルは個人情報の流出、犯罪誘発のリスクをはらんでいる。今のところ情報流出は確認されていないが、薄氷の管理体制に背筋が凍る。

大阪市で戸籍担当の多くの職員が戸籍情報に不正アクセスしていた問題で、市の外部監察チームは12日、興味本位など業務に関係なく不正に戸籍を検索した職員が62人で、このうち59人が実際に閲覧していたとする調査報告書を発表した。外部への情報流出は確認されなかったが、市はプライバシーを侵害したなどとして、退職者を除く57人に懲戒処分、監督責任のある上司ら131人に文書訓告などの行政措置を行った。

同チームは職員約980人の自己申告やアクセス履歴から、18区役所と市民局で不正アクセスを確認。大正区の男性職員(31)は1750件、淀川区の女性職員(39)は180件、鶴見区の男性職員(24)は114件の不正検索が確認され、常習性があるとして最も重い停職3カ月の処分となった。

不正アクセスが認定された62人以外でも、151人が端末操作の研修目的、14人が正規の手続きを経ない不適切な検索を行っていたという。

今回、停職3カ月の処分を受けた大正区と淀川区の職員2人が橋下徹市長や著名人らの戸籍情報をのぞき見ていたことが昨年2月に発覚。市が全庁的に調査を進めていた。

トラブル解決調査

抑うつ状態で政治家が務まるのか

Published by:

抑うつ状態で政治家が務まるのか

私は、仕事は体も精神も健康でないと出いないと思うのです。私個人の考えだと政治家に政治を任せてもろくなこと無い。政治判断などの重要な判断は政治家でなくコンピューターに任せるのが賢明だと思うのです。

なぜなら感情を一切考慮せずに、利害関係のみの判断で十分な結果を得ることができるのが政治判断だと考えているからです。もちろん個人を優先することは一切ないのです。

政治家に政治を任せてもろくなことになっていないと思うのです。

 

路上キスの中川政務官「抑うつ状態」と診断
同僚議員と路上でキスをしていた中川郁子農水政務官が、「抑うつ状態」と診断された。

中川昭一元財務相の妻で、2回生議員の中川政務官。西川前農水相が辞任した日に、妻子のいる同僚の門議員と路上でキスをしたことが危機意識に欠けるとして国会でも追及を受けている。

中川政務官のコメント「酒席の後であったとはいえ、私の軽率な行動により、皆様方に大変不快な思いをさせたのではないかと、誠に申し訳なく思っております」

6日の国会への出席を求められていたが、5日に緊急入院したとして欠席した。

医師の診断によると、中川政務官は「抑うつ状態」で、2週間ほどの入院が必要だという。

トラブル解決調査

トラブルを起こす人

Published by:

トラブルを起こす人

ブログを読んで下さってありがとうございます。

わたしは、職業柄もあって人トラブルのお話を毎日聞いています。

お電話や、メールだけではもちろん判断出来ないのですが、

実際にお会いしてお話をすると共通点を感じることが多いんです。

トラブルを抱える人は、

・お金を持っている人。

・『イイ人』

が多いように思いますよ。

前者は、どうしても周りにたかりが入るので巻き込まれることが多いです。

しょうがないのかな・・とも思います。

よほど強い人間でなければ巻き込まれたり、引き込まれると思います。

周りにサポート出来る存在が必要です。

トラブルを運んでくる人を排除する(危機管理が出来る)存在をおくことで、

『情』を切ることが出来るかもしれません。

抽象的ですが、情を逆手にたかってくる人は多いのです。

そして、後者は自己責任です。

優柔不断で、返答が曖昧な人ですね。

なかなか『NO!』と言えない日本人に多いタイプです。

このタイプの人は、よくよく聞いていると言っていることと行動が違っていたり、

発言に責任を持っていなかったりします。

その発言に、相手は左右されるので、

責任ある発言をすることで自分を守ることが出来ます。

ストーカーの被害に遭いやすいタイプでもあります。

貴方は、大丈夫ですか?
アンバサダー調査事務所では、
証拠を活用出来る人材
証拠調査士の育成もしています。
探偵業をされている方のステップUPのための資格です。
クライアント満足度を上げて、
収入アップにつながる資格でもあります。
お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校
086-226-1099

トラブル解決調査

生活保護

Published by:

生活保護

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

生活保護の男性がポルシェに乗っているのは、おかしいですよね。
高級車なので、道を走れば目がいきます。
駐車場の確保も必要です。
管理費やガソリンにもお金がかかります。
兵庫県警長田署に窃盗容疑で逮捕、起訴された男は、韓国籍で神戸市長田区の無職の〇〇被告(49)。
この男は交通事故で1千万円超の保険金を受け取ったが、生活保護費を不正受給していたことも明らかになり、
詐欺容疑で再逮捕されたという。
本来、所有が認められない高級外車を生活保護の受給中に購入したというが、
発覚しないことがおかしいと思う。
保護費を支給していた神戸市も、不正を見破る機会はあったのではないか・・・。

韓国籍の男性に、生活保護を支払うような余裕がこの国に有るのかも疑問だ・・・

岡山 探偵社アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

探偵社アンバサダー調査事務所では、

証拠を活用出来る人材

証拠調査士の育成もしています。

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

クライアント満足度を上げて、

収入アップにつながる資格でもあります。

お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校

086-226-1099

トラブル解決調査

未解決事件

Published by:

未解決事件

 

チェーン店王将の社長が殺される事件が以前起きました。その犯行に使われたと思える自転車が京都城陽市で発見されたそうです。
王将フードサービスの社長(72)が撃たれた事件です。
現場は京都市山科区の普段は静かな住宅街です。本社前で事件は起こりました。
凶行が起こったのは19日。朝から空に報道各社のヘリコプターが飛び交い、騒然とした雰囲気になりました。
近所の住民によると、午前7時すぎにはパトカーや警察官が集まり、しばらくすると規制線が張られた。社長が倒れていた駐車場の入り口はブルーシートで覆われて、捜査員が慌ただしく出入りしたという。

京都市消防局によると、消防隊員が現場に駆けつけた際、従業員が懸命に人工呼吸をしていた。社長の服には血がにじんでいたという。

近所の人とあいさつを交わす愛想のいい人で、気さくな人柄で知られていた大東社長。周囲の人は「恨みを買うようには思えない」との声があるそうです。

探偵調査は、

アンバサダー調査事務所

086-226-1099

 

 

アンバサダー調査事務所では、

証拠を活用出来る人材

証拠調査士の育成もしています。

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

クライアント満足度を上げて、

収入アップにつながる資格でもあります。

お問い合わせは、

アンバサダー探偵学校

086-226-1099

トラブル解決調査

レーシック賛否

Published by:

レーシック賛否

ブログを読んでくださってありがとうございます。

消費者庁は、近視矯正の「レーシック手術」について、注意喚起を促すため記者会見を行いました。

「レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!
希望した視力を得られないだけでなく、重大な危害が発生したケースもあります」と書かれ、
国民生活センターと共同で調べた危害情報件数などを紹介している。
以前から、ネット上ではレーシック手術の危険性を指摘する声があり、術後の目の不具合のつらさを訴える書き込みもありました。
「怖すぎワロエナイ・・・」
「メガネかけてる お医者さん多いのはなぜか」

といったコメントが寄せられている。

対応が遅いですよね。

もちろん、一方では
「レーシックやって3年たつけど余裕で視力1.5です」
「6年目 毎日パソコンをガシガシ使う仕事だが今も1.5です。 運が良かったのかな?」
「5年前に受けて以来何とも無い」

といったレーシック手術が無事に成功した経験者もいます。

ゴルフのタイガー・ウッズ選手やニューヨーク・ヤンキースのブライアン・マッキャン選手など、一流スポーツ選手にも手術を受けたとされる人は多いこの手術。

リスクも考えましょう。

 

リベンジポルノ被害相談

彼氏や、浮気相手などから裸の写真や、性行為の映像で脅される
『リベンジポルノ被害』が増えています。
携帯で簡単に撮影出来る時代です。
ネットにのせるなどと言い、
会うことを強要されたり、金銭を要求される事もあります。
内容が内容なので、誰にも相談出来ず
泣き寝入りをしている人もいるでしょう。
勇気を出してご相談ください。

アンバサダー調査事務所

086-226-1099